21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

行橋市議会 2018-06-12 06月12日-03号

こうした環境の大切さを国民で再認識していくため、2008年の洞爺湖サミットが七夕の日に開催されたことをきっかけとして、毎年、7月7日をクールアースデーと定め、施設や事業所、家庭などで一斉に電気を消すライトダウンを呼び掛けております。 具体的に申しますと、ライトダウン運動であり、全国の多くの自治体企業団体家庭等が賛同し、効果と反響は大きいとの報告を聞いております。 

糸島市議会 2012-06-13 平成24年 第4回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2012-06-13

市では市民、事業者向けにエアコンの設定温度を28度に設定、無理のない範囲でエアコンを消し扇風機の利用、すだれやよしず、緑のカーテンの活用、待機電力、不用な照明のオフ、ライトダウンキャンペーンの呼びかけなどの取り組みを中心に広報いとしまや市ホームページを初め、商工会などの業界団体を通しまして節電の依頼と啓発ポスター、チラシの配布を行い、節電協力をお願いすることにいたしております。

福津市議会 2011-09-20 09月20日-02号

市では、電気の節約に対する取り組みとして、6月15日号のお知らせ版に、昼も夜もライトダウンキャンペーンの記事を掲載し、自主的にライトダウンするよう市民節電の啓発を図り、7月7日を「クールアースデー」として夜8時から2時間程度電気を消していただくようお願いしたところです。 

福津市議会 2011-06-22 06月22日-03号

市としましては、6月15日号のお知らせ版に、「昼も夜もライトダウンキャンペーン」の記事を掲載し、自主的にライトダウンするよう市民節電の啓発を行っております。また、7月7日を「クールアースデー」として、夜8時から2時間程度電気を消していただくよう節電の啓発を市民に行っております。今後は、国の節電対策の動向を見ながら、節電対策広報やホームページを通じて市民に啓発していくつもりでございます。 

大牟田市議会 2011-06-20 06月20日-03号

2008年以降、地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や各家庭の明かりのライドダウンを全国一斉に呼びかけるキャンペーンが、毎年夏至の日とクールアース・デー──7月7日ですけども、の2日間に実施されておりましたが、本年度はこの2日間に加え、特に節電が求められます6月22日から8月末までを対象に、昼も夜も自主的なライトダウンの呼びかけを行う「昼も。夜も。

糸島市議会 2011-06-09 平成23年 第3回糸島市議会定例会・一般質問(第3日) 本文 2011-06-09

次に、2番目でございますが、計画停電に至らないためにも、市民節電協力が重要と考えるが、どのように市民に啓発行動を行うかでございますけれども、まず私が思いつくのは、7月7日のライトダウン、クールアースデーの取り組みは本年も継続されると思います。置かれている環境は、まさに激変をしております。事業者等に苛酷な節電を強いりますと、経済雇用、景気に多大な影響を及ぼす可能性が出てまいります。  

行橋市議会 2010-09-14 09月14日-03号

具体的に申しますと、このクールアースディというのは、ライトダウン運動であります。全国多くの自治体企業団体、または家庭等が賛同して頂いて、この3年間の効果と反響は大きいとの報告を伺っております。本市におきまして、このクールアースディの取り組みをされたのか、取り組みをされていないのであれば、来年度は何らかの形で取り組んで頂きたいと思っています。

糸島市議会 2010-06-17 平成22年 第3回糸島市議会定例会・一般質問(第6日) 本文 2010-06-17

環境省は、本年度クールアース・デーという呼び名ではなく、地球温暖化防止のための新たな国民運動チャレンジ25キャンペーンの一環として6月20日日曜日から7月7日水曜日までの間、CO2削減、ライトダウンキャンペーン2010を実施するとともに、6月21日、これは夏至の日です。

北九州市議会 2010-03-04 03月04日-02号

また、北九州青年会議所が市民とともにわっしょい百万夏まつりで花火のCO2をライトダウンでオフセットする運動を展開し、更に、北九州商工会議所が市と共同で環境産業の推進会議を設立し、企業の省エネ活動等に取り組むなど、具体的な行動の広がりもあらわれております。 一方で、市民からどのような取り組みを行えばよいのかよくわからないという声もあることは事実であります。

筑紫野市議会 2009-06-22 平成21年第3回定例会(第3日) 本文 2009-06-22

環境省では、地球温暖化防止のために、6月20日から7月7日の間に、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」が実施されております。特に6月21日、昨日の夏至の日をブラックイルミネーション、7月7日のクールアースデーを七夕ライトダウンと題しまして、その夜の8時から10時までの2時間程度、全国のライトアップ施設等でライトダウンが取り組まれるよう協力の呼びかけがなされております。

大野城市議会 2009-06-11 平成21年第4回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2009-06-11

それと、本市といたしましては、エコスタイルや環境省が実施しておりますライトダウンキャンペーンの実施、それから、各課でエコ・オフィスを推進する上でエコサブリーダーの研修会の開催なども予定しているところでございます。今後は、今議員おっしゃられましたように、いろいろ工夫しながら取り組んでまいりたいというふうに思っております。以上です。 320: ◯議長(永野義人) 8番、白石議員

北九州市議会 2009-03-04 03月04日-04号

第2に、市民運動の展開としてライトダウンやLED導入など、市民の手による運動を支えるアクションプラン推進事業で740万円、太陽光発電等への補助金の拡大、これを2,300万円から2,800万円へ拡大します。 第3に、市の率先垂範として公用車に電気自動車燃料電池車を導入する事業として1,658万円、市営住宅太陽光発電を設置するCO2削減対策モデル事業設計費80万円などがあります。 

小郡市議会 2008-06-18 06月18日-03号

これは、7月7日をみんなで地球温暖化対策を考える日とし、夜間8時から2時間ライトダウンをするものです。ちなみに、100万世帯が2時間ライトダウンをすると、約200トンの二酸化炭素が削減できるそうです。福田首相も、若い人が一生懸命頑張ってくれてありがたい、大変重い署名、無駄にしないようにすぐ取り組むと言われたそうです。 

  • 1
  • 2