1315件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

古賀市議会 2019-12-18 2019-12-18 令和元年第4回定例会(第6日) 本文

1、薦野97号線、起点(薦野字麦田1929-22番地先)から終点(薦野字麦田1929-21番地先)までの延長48.00メートル、幅員6.37メートル面積306.06平方メートル。  2、小竹56号線、起点(小竹字七俵855-50番地先)から終点(小竹字七俵855-62番地先)までの延長139.00メートル、幅員6.23メートル面積866.46平方メートル。  

大野城市議会 2019-12-12 令和元年第6回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-12-12

また歩道の幅につきましては、やさしさをもったまちづくり要綱に基づきまして、車椅子あるいはベビーカーなどの交差ができるよう、2メートル程度を確保する予定でございます。  次にバスの動線でございます。バスは、県道112号線から進入をいたしまして、突き当りを左折、さらにまどかぴあ立体駐車場前で再度左折をしてバス専用乗降レーンにて停車をいたします。

古賀市議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3日) 本文

110 ◯議員(4番 内場 恭子君) 市長の発言の中で、今までもたびたびこの質問をやってきました中で、高齢者の皆さんが西鉄バスやコガバスバス停まで約500メートル近くある、このことについて歩くのが大変だというふうなことを言ったときに、そういう大変な方がスーパーやショッピングモールに行ってもお買い物ができるでしょうか、大変でしょうねみたいな話のお返事があったと

川崎町議会 2019-12-11 令和元年度第7回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年12月11日

そのため現在、新しい川崎中学校の正門から、永井の生活館前を通って県道へ出る道を車道自転車専用道、歩道と分離した約10メートルから11メートル幅の道路を整備中です。役場方面からの生徒の登下校は、この道路を利用し、永井地区の他の狭い道を通らないように指導いたします。そして小学生の安全対策を図っていきたいと考えています。  

遠賀町議会 2019-12-11 令和 元年第 7回定例会−12月11日-03号

内水氾濫や堤防決壊時に、自分の住む地域に、どの高さまで水が来るのか、住民にはっきり認識してもらうためにも、想定浸水地域電柱や建物の壁に想定浸水深や避難場所を示す標識を掲示するべきではないかとのご質問ではございますが、ご承知のとおり、遠賀町の大半は平地であり、仮に遠賀川の決壊等により3メートルの浸水が起こった場合、山間部を除いた町域の約8割は1階床上は水没状態となります。  

大野城市議会 2019-12-10 令和元年予算委員会 付託案件審査 本文 2019-12-10

その理由は、昨年度県道飯塚大野城バイパスの開通に伴い旧飯塚大野城線を県から移管を受けたことより、維持管理する道路が約2,700メートル増えたことと、路面下空洞調査業務を行い、結果、緊急対応すべき空洞等が若干見つかりましたので、その対応のために昨年度に比べて1,000万円の増額をお願いしているものです。  

宮若市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年12月10日

キッズゾーンは、主に小学校周辺に設定された既存のスクールゾーンに準じる安全対策の重点地域、また、保育施設を中心に、半径500メートル以内を対象とし、園児の散歩コースなどを踏まえ、自治体保育施設道路管理者、警察などと協議して設定すると言われております。この通知では、キッズゾーンで行う安全対策の例として、園児が通行する可能性を知らせる路面塗装やガードレールの設置等を提示しております。  

久留米市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第2日12月 6日)

現在、久留米市では整備を進めております都市計画道路、東櫛原町本町線の花畑駅付近から国道209号六反畑交差点まで延長約170メートル、さらに国道3号線、諏訪野町3丁目交差点から花畑駅付近までの延長約480メートルについて、無電柱化に取り組んでまいっているところでございます。  続きまして、無電柱化について、対象道路についての質問がございました。

直方市議会 2019-12-02 令和元年12月定例会 (第2日12月 2日)

具体的に申しますと、JR新入駅前の直方屋線を北側に真っすぐ進んだ正面の位置でございまして、現在の天神橋より約130メートルほど下流側へかけかえの要望を行っているところでございます。以上です。 ○17番(村田明子)  市では今の天神橋よりも130メートル下流側へのかけかえを要望しているものの、今の時点ではどのような橋をどの位置にかけかえするのかは決まっていないという答弁でした。

直方市議会 2019-11-29 令和元年12月定例会 (第1日11月29日)

場所は直方第三中学校の北約200メートル付近に位置します宅地分譲予定地内の道路でございます。今回、道路用地の寄附を受け認定しようとするものでございます。大字感田3257番8先を起点に、大字感田3257番5先を終点とします延長48.1メートル、平均幅員6.09メートル道路でございます。  次に、永満寺58号線でございます。  30ページをお願いいたします。  

直方市議会 2019-09-27 令和元年 9月定例会 (第7日 9月27日)

以前基準では、堤高15メートル以上のため池または堤高10メートル以上かつ総貯水量10万トン以上のため池で、ため池の大きさが基準でした。該当ため池は鴨生田中池の1池でした。新たな基準では、決壊した場合の浸水想定区域に家屋や公共施設があり、人的被害を与えるおそれのあるため池と変更されました。つまり、被害の範囲内にどんな施設があるかが基準となりました。該当ため池は87池となっております。以上です。

田川市議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第4日 9月20日)

本案は、下弓削田8号線及び平岡7号線の2路線、総延長141.5メートルを認定するに当たり、道路法第8条第2項の規定により、市議会議決を求めるものであります。  なお、路線の詳細については、議案書に記載のとおりでありますので、ここでの報告は省略させていただきます。  本案につきましては、審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。  以上で報告を終わります。

筑紫野市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 2019-09-19

次に、台風などで暴風雨が発生した場合、4メートル以上も枝葉が伸び、架空線との競合、また老朽木や腐朽木も見受けられ、千葉県で起こっている電柱、電線を巻き込んだ倒木被害、そして停電により生活道路の寸断による災害復旧の遅延などが想定される観点から、項目2、現在、成長した木々の管理はどのようにされているのかお尋ねします。  

大野城市議会 2019-09-19 令和元年第5回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-09-19

先日9月9日未明に関東地方を襲った台風15号では、50メートル近い暴風雨により鉄塔が曲がり、電柱も2,000本以上が倒壊し、関東地方では90万戸以上の停電が発生し、信号機もエアコンも使えず、非常に深刻な状態でありました。今日で発生から既に10日たっておりますが、いまだに倒壊した電柱の修理にすら手が入っていない地域もあり、住民の方々の健康状態がとても心配であります。  

大野城市議会 2019-09-18 令和元年第5回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-09-18

公共施設において、建築基準法に適合しない高さが2.2メートルを超えるブロック塀はなかったが、高さが1.2メートルを超え、控え壁が不足しているまたは構造が不確かであるなど、建築基準法に不適合の可能性のあるブロック塀が15施設で確認とありましたが、これは全て処置が終わったんでしょうか。 54: ◯議長(山上高昭) 総務部長。