35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

行橋市議会 2020-03-04 03月04日-04号

全てが個別な内容で不登校が生じているというぐあいに理解をしておりますので、親御さんも含めて個別の案件として、中にはそういったフリースクールで楽しくやっている方も当然おられるわけですし、蛇足ですけれども、私の個人的な感想ですけれども、風の里の生徒さんたちメロンができました、食べてください、と言ってリンゴの玉くらいしかないメロンを持って来ていただいて、礼状を書いた記憶がありますけれども、そういったかたち

みやこ町議会 2016-09-15 09月15日-03号

先ほど町長の中でもありましたが、アライグマハクビシンそういうのが今の非常に問題になってますよという答弁をいただきましたが、アライグマハクビシン、この在来ですよね、これでなかなか法律的に駆除が難しいと思うんですが、非常に今アライグマハクビシンが食べるのは、スイカとかメロンとかおいしい瓜類ですよね、それから果汁ですと、ブドウ、イチジクは、昔は食べなかったんです。

福岡市議会 2016-03-23 平成28年条例予算特別委員会 本文 開催日:2016-03-23

ここはサトウキビの大生産地で、品質生産性とも主力商品であるが、そのほかに、桃太郎トマトメロン、タンカンマンゴーなど果物生産性も向上している。特に有名なのが無農薬栽培国産ゴマで、白ゴマ地域特産品として人気があり、品質がよく、300グラムで2,430円もするが、その製品としては練りゴマ黒糖ゴマ菓子ゴマ豆腐白ゴマドレッシング人気商品になっている。

直方市議会 2016-03-04 平成28年 3月定例会 (第5日 3月 4日)

今後につきましては、このブランド化協議会中心となりまして、地産地消をより一層推進し、直方の特産物、例えばイチゴとかブドウメロン等、この加工品開発をいかにすべきか。さらに、これらを開発しただけじゃだめなので、販売ルート、いわゆる販路拡大を目指すといったところと、販売するためのデザインですね、それを研究する。それから、販売サイトの構築などを、これはもう単年度ではできません。

志免町議会 2014-09-05 09月05日-01号

これ全国にいろんな特産品のあるところは早くからこのような取り組み展開をしておりまして、特に過疎地といいましょうか、田舎のほうではこのようなことで、例えば牛肉をプレゼントするとか、メロンをプレゼントするとか、本当に貴重品といいましょうか、高価なものを提供しながらふるさと納税でしっかりと頑張っておられるといいましょうか、徴収といいましょうか、いただいておられるということでございますが、私どもは、いろんな

直方市議会 2013-09-19 平成25年 9月定例会 (第3日 9月19日)

近年、いちごメロン、花卉等施設園芸導入が盛んになってきており、複合経営中心となった農業経営が図られてきているところでございます。  平成25年度の作付状況でございますけども、営農計画書の集計結果から、水稲が450ヘクタール、麦29ヘクタール、大豆8ヘクタール、野菜43ヘクタール、果樹6ヘクタール、花卉7ヘクタールといった内容になっております。  

直方市議会 2011-12-08 平成23年12月定例会 (第4日12月 8日)

本市の農業現状といたしましては、地域の特性を生かして水田農業中心に発展をしてきたところですけれども、最近では、いちごメロン、花卉等施設園芸導入が盛んになってきておりまして、複合経営中心となって農業経営が行われてきているという現状にあります。農業形態におきましては、約7割が兼業農家であるということ。

宗像市議会 2009-12-08 宗像市:平成21年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2009年12月08日

迷惑千万で、夕張夕張ということで、メロン夕張で結構ですけれども、財政破綻夕張が出てくるので、私、残念でなりません。  このパネルを見ていただければわかると思いますけれども、平成の大合併、この優等生として、合併促進旗振り役となった兵庫県の篠山市、それから、九州では熊本県の山奥の人吉のさらに上の、朝霧のきれいなあさぎり町、この二つの自治体。  

福岡市議会 2009-09-15 平成21年第4回定例会(第4日)  本文 開催日:2009-09-15

また、給食費のうち、おかずに使える費用が少なくなっていることへの対応につきましては、児童生徒に必要な栄養量を確保しつつ、メロンパンやキャロットパンなどの値段が高い特殊パン果物などデザート類供給量や回数を抑えたり、野菜や肉などの食材を工夫するなどにより対応しているところでございます。  

福岡市議会 2009-03-06 平成21年第1回定例会(第7日)  本文 開催日:2009-03-06

福岡県内でも昨年9月、県立農業高校生徒たちが県産ミカンを使った「みかんdeパン」を開発し、これは福岡や佐賀のコンビニエンスストア約400店の店頭に並び、20万個を売る人気商品となり、さらに第2弾のメロンパンも好評であると聞いています。また、県立水産高校生徒たちも昨年の福岡農林水産まつりで、地魚のすり身を原料とした「水高コロッケ」を発売し、1日2,000個を完売するほどの大盛況でした。

小郡市議会 2008-12-17 12月17日-05号

そこに、またここには書いてありますけど、放棄地を利用した収穫体験とか、その中のやり方としては田植えとかメロン狩りとか白菜の収穫体験とかサツマイモ掘りとかジャガイモ掘りとかがあります。利用者に対してはアンケートをとって、利用責任者として出させて、それを運営に生かすというやり方でございます。 具体的に部長にお尋ねしたいんですが、先ほど県内とか近隣のところで取り組んでいるところを言われましたよね。

  • 1
  • 2