88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-20 令和元年 9月定例会 (第5日 9月20日)

さまざまなビッグデータを活用し、先進なスマートシティ化を目指すことを望んでおります。  次に、直方市の地価推移についてお伺いをいたします。市内の不動産事業者の方々から、他の自治体の地価は上昇傾向にあるように思うんだけれども、本市の地価はなかなかその傾向が見えてこないと。地価が上がらねば不動産取引も活性化しないため、何とか対策してほしいとの声をいただく機会が直近ふえております。  

大野城市議会 2019-03-14 平成31年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-03-14

人口知能AIやビッグデータなどの活用などの技術革新が急速に進んでおります。こうした社会の大転換を乗り越えるために、全ての人が豊かな人生を生き抜くために、教育の果たす役割は大きいと考えられます。  文部科学省では、新学習指導要領の実施を踏まえ、2018年度以降の学校におけるICT環境の整備方針を取りまとめました。

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2019-03-13

IoTやAIといった先端技術ビッグデータを活用することにより新サービスの創出と社会課題の解決を図り、多くの市民がその恩恵を実感できる超スマート社会の実現にしっかりと取り組むよう要望いたします。  また、世界的な規模に成長するスタートアップ企業の誕生を目指し、国家戦略特区の活用と、それに合わせた本市の独自施策を打ち出し、さらなる雇用創出や本市経済の活性化につなげていくよう要望いたします。  

春日市議会 2019-03-11 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-11

187: ◯道路管理課長(渡邉一雄君) 効果につきましては、例えばですね、国が持っていますビッグデータを参考にさせていただいたりとか、あと、実際人身事故の発生件数が導入後どれだけ減ってるのかという形を通して、効果としてあらわれているかどうかを検証しております。 188: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。前田委員。 189: ◯委員(前田俊雄君) 惣利地区だけですかね。

北九州市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号

一方、ビッグデータ、IoT、AIなど新しい技術サービスの登場によりIT需要の拡大が進む中、国内のIT人材不足は深刻で、経済産業省の報告書によると、IT人材不足規模は2015年が約17万人であり、2030年の中位のシナリオでは約59万人になると推計されています。こうした状況から昨今、人材確保を求める首都圏のIT企業の多くが本市に進出しています。

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

       優良な排出事業者の評価・認定制度、適正な処理委託の推進など     (イ)産業廃棄物処理業者向けの取り組み       透明性、トレーサビリティの向上、優良事業者の評価、公表制度や       指針、ガイドライン作成、イメージアップなど     (ウ)全体の高度化に向けた取り組み       再生利用指定制度やグリーン調達による再生利用推進、最終処分場       の有効活用、ICT、AI、ビッグデータ

久留米市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3日 2月28日)

AIやIoT、ビッグデータなど、第4次産業革命がもたらす技術革新により、私たちの生活や経済社会が画期的に変化する時代に入っております。  さらには、1月7日にアメリカのラスベガスで開幕した、世界最大級の家電・情報通信技術の見本市・CESで、現在の通信速度の100倍の次世代の移動通信技術5Gが、新たな産業構造を変化させるツールとして注目を集めています。  

福岡市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-02-20

さらに、IoTなどを活用した実証実験の支援やビッグデータ、AIの活用促進などに取り組み、最先端の技術を暮らしやまちづくりのさまざまな場面で活用する超スマート社会へのチャレンジを進めます。  福岡市が、今、元気なまちとして知られ、住みたいまち、働きたいまちとして選ばれているのは、市民の皆様を初め、福岡市の発展を支えてこられた先人たちの長年にわたる御尽力のたまものです。  

宗像市議会 2018-12-06 宗像市:平成30年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月06日

AIやビッグデータを活用し、社会のあり方を根本から変えるような都市設計の動きが、国際的に急速に進展しています。暮らしやすさやビジネスのしやすさにおいても世界最先端を行くまちづくりで、第4次産業革命を先行的に体現する最先端都市となるのがスーパーシティーです。

北九州市議会 2018-12-05 平成30年12月 定例会(第4回)-12月05日−01号

そのコアとなる技術革新の一つは、ICTの発達によりさまざまなものがインターネットにつながり、IoT、それによって収集、蓄積された大量の情報ビッグデータを人工知能、AIが逐次分析し、新たな価値を生み出していることです。これらは産業のみならず、働き方や生活などを根底から変える可能性を秘めております。  

北九州市議会 2018-10-05 平成30年 9月 定例会(第3回)-10月05日−07号

・ ビッグデータやアンケート調査等を活用し、個人旅行客の移動経路やし好、   本市の強み、弱みを分析中であり、分析結果を踏まえ、戦略的なプロモーシ   ョンを実施予定。  ・ メディア広告や宿泊助成による旅行社とのタイアップ、ホームページの作   成、SNSの3つについて、費用対効果、メリット・デメリットを考慮して、   効果的な組み合わせで戦略的なインバウンド誘致に取り組みたい。

直方市議会 2018-09-25 平成30年 9月定例会 (第5日 9月25日)

IoT、これ、インターネット・オブ・シングス、ロボット、人工知能、ビッグデータ等の先進技術を活用することで新たな価値を創出し、地域年齢、性別、言語等による格差なく多様なニーズ、潜在的なニーズにきめ細かに対応したモノやサービスを提供することのできる超スマート社会のことを示しています。