運営者 Bitlet 姉妹サービス
904件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月14日−05号 そのためには、議員ご指摘のとおり、まず実態の把握が必要でございますので、各種テスト、それから個別の指導の結果等を受けまして、その子に応じた習熟度別分割事業の実施や個別の指導、それから必要な補充的な指導、それから家庭学習を個に応じた個別的な家庭学習、いわゆる宿題等を出す、あるいは未来塾へ誘う、あるいは学校が独自でやっています学校外補修学習の取り組みのほうに参加させると、こういった手だてが功を奏するんじゃないかということで もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 439 ◯教育長(星子明夫) 福岡市における英語力の測定につきましては、市内の全ての中学校3年生を対象に英語チャレンジテストを実施しております。以上です。 もっと読む
2018-12-07 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月07日−03号 全学年の学力の現状を分析するために、全国や県単位で実施される学力調査だけでなく、民間実施のテストの結果も全学年で分析し、授業改善や学力向上に活用しています。  このような取り組みは、町内各小中学校から選出された教員で組織している学力向上検討委員会で情報交換や協議を行い、校長会では各校に取り組みを徹底させるよう指導しています。  次に「(2)課外授業の実施について」に対してお答えします。   もっと読む
2018-12-06 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月06日−02号 試験のやり方としては、通常のテストなんですけれども、今おっしゃったような、例えば、点字とかを使った試験となりますと、雇用後にまたそうした環境が、整備が必要となるということであろうと思います。そういった点を、先ほども申し上げたようなことで、なかなか非常に難しい課題であるというふうに考えております。 ○議長(太田強君) 4番、平山正法議員。 もっと読む
2018-12-05 直方市議会 平成30年12月定例会 (第3日12月 5日) そのため、毎月1回職員参集メールの配信によりまして、職員に届くかどうかと着信が確実にできているかという点に対してテストを行いまして対応をしているところでございます。メールに関しましては、職員への注意喚起等も同時に行っております。  それから、また風水害の場合に関しまして、災害が予測される場合につきましては、事前に自宅待機等の周知を行っているところでございます。 もっと読む
2018-11-29 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-11月29日−02号 これはまわりの人との協議がありますが、例えば全国的にいうと県単位で行っている学力テストを休止したり、それから研修や各種研究授業の簡素化。先ほど出ましたが、スポーツ庁ガイドラインに沿った部活動のあり方の見直しなど、福津市でもできることというのはありますので。 もっと読む
2018-09-26 宗像市議会 宗像市:平成30年第3回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年09月26日 全国7カ所のテストセンターで受験可能とした。公共交通整備事業費では、ふれあいバス・コミュニティバスを運行するとともに、西鉄路線バス4路線に対し合計214万円の赤字補填を行った。防災対策事業費では、自主防災組織への助言、災害対策本部での図上訓練、関係機関との災害発生を想定した訓練等により防災力強化を図った。また、防災マップは、韓国語、中国語、英語に対応した多言語版を作成した。 もっと読む
2018-09-25 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第5日 9月25日) ○学校教育課長(川原国章)  直方市教育委員会では、学力テストの結果と学習状況を分析し、直方市学力向上検証委員会での協議を通して、具体的な取り組みの検証、改善を行っています。  また、調査結果を受けてではありませんが、本年度4月に学力向上重点取り組みを3点定め、確実に実行するよう指導しております。  1点目は、授業改善の取り組みです。 もっと読む
2018-09-20 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第6日 9月20日) 次に、1年間の運営を通じた主な成果と課題でございますが、まず、成果につきましては、4市2町の地元事業者が、首都圏において商品販売やテストマーケティングの機会ができたことによりまして、取引先が拡大した事業者があること、各自治体と地元事業者との連携によるイベントの実施により、地域の魅力を首都圏の方々に直接訴えることができたこと、圏域自治体の中心市としての役割を果たしていることなどが成果であると考えております もっと読む
2018-09-07 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月 7日) しかし、学力テストの結果が全国の平均まであと一歩ということで、それぞれ引き続き努力する必要があると考えます。  そこで、児童生徒の学習習慣への意識や自尊感情への意識を高め、学習への意欲につなげていくために、今後、どのような取り組みを進めていくのか、お尋ねいたします。  3項目めの農業の担い手の育成については、私は、重要課題であると考えております。 もっと読む
2018-06-21 嘉麻市議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月21日−04号 学校のテストでも、子供が名前で書いて、空白で用紙を上げて、先生は点数をあげません。これは零点ですよ。学校でも、このような報告書は受け付けないと思います。  11万2,800円の余分な広報紙、その配達をしなかった交付金が12万6,900円、おまけにその区長報酬が13万7,616円です。 もっと読む
2018-06-20 春日市議会 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 2018-06-20 現在、本市の学校が活用している統合型校務支援システムに類する無料・有料のソフトについては、テストの自動集計やきめ細かい成績分析診断を初め、成績処理から校務まで幅広く支援するものであり、調査書作成やデータの蓄積等もできるものでございます。教師の業務負担軽減のためにはなくてはならない支援ソフトの一つであると捉えております。 もっと読む
2018-06-19 春日市議会 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 2018-06-19 そこで、春日市でも行われている全国一斉学力テストについて、市内小中学校での実施状況、学力テストの教育上の位置づけと、教育長の見解をお聞かせください。  最後に、春日市における教員の働き方改革の今後の計画と展望についてお尋ねして、1回目の質問とします。 230: ◯議長(金堂清之君) 井上市長。 もっと読む
2018-06-19 宗像市議会 宗像市:平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年06月19日 それで、いろいろ簡易的なスクーリングテストとか、ちょっと先生たちがしてくると、どうもやっぱり特別支援が必要な子どもではないだろうかということがわかって、そこでWISC-IIIの、保護者の方に御了承いただいて、テストをすると、こういうことがわかったと。  つまり検査技術が上がったことによって、多分、今までに見過ごされた子どもたちに光が当たるというか。 もっと読む
2018-06-14 久留米市議会 平成30年第2回定例会(第5日 6月14日) 福井県は、学力テストで全国トップクラスなんですよ。学力テストの点数を上げるために、教員や生徒が過去問などのプリントに追われている、これは久留米も同じですよ。学科嫌いの生徒の増加につながっているとの話を聞いております。  福井県は、過去10年間で9名の教師が自死しているというふうにいいます。福井県高等学校の教職員組合の書記長さんは、「これまで、県の政策がトップダウンで次々と学校現場におろされてきた。 もっと読む
2018-06-07 岡垣町議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月07日−02号 平成20年に改定された学習指導要領では授業時間がふやされ、学力向上の名のもとに全国学力テストの点数を競わせるための繰り返し学習などがはびこり、教員も子どもも疲弊しています。にもかかわらず文部科学省は、平成28年の指導要領改定でさらに授業時間をふやそうとしております。先ほど質問しました道徳の教科化もその一つではないかと思います。 もっと読む
2018-03-23 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会 本文 開催日:2018-03-23 毎年の一斉学力テストと本市独自の生活習慣・学習定着度調査など、慣習的に行われてきた業務について、毎年毎年行う必要があるのか。少しでも点数を上げさせようと対策の授業まで行われている現場もあるが、全く意味がない。 もっと読む
2018-03-15 小郡市議会 平成30年 3月定例会-03月15日−03号 また、食と農の複合施設が市内外から多くの人を呼び込む施設であることから、売れ筋の農産物の傾向をつかんで生産をしていく、まさにマーケットインという取り組みの考え方や、また農業者が試験的農産物を販売し、そこで市場の動向をつかんでから新たな販売戦略を練っていくことができるテストマーケティング的な取り組みを進めていく場としても、その役割を持たせたいと考えています。   もっと読む
2018-03-14 春日市議会 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 2018-03-14 また、当時の文部省の考え方は、教師は労働基準法の労働時間制が適用され、授業準備、テスト等の問題作成、採点、クラブ活動の指導、家庭訪問等は全て勤務時間の割り振りによって時間内に処理すべきで、校長は原則として残業はさせてはならないが、限定4項目に該当し、臨時または緊急にやむを得ない必要がある場合に限り、36協定なしに残業を命ずることができるとしています。 もっと読む
2018-03-08 春日市議会 平成30年市民厚生委員会 本文 2018-03-08 システム改修がまた出てきてるんですけども、システム改修に当たっては、システム稼働させる前にテストを繰り返しして、くれぐれも後で市民の方にごめんなさいって言わんようにお願いいたします。同じことを毎回言いますけど、もう、用心に用心は越したことがないでしょうから、よろしくお願いいたします。 288: ◯委員長(米丸貴浩君) 高尾国保医療課長。 もっと読む