14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

久留米市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第7日 3月25日)

まず、第4款 若年者在宅ターミナルケア支援事業についてです。  20歳から39歳の末期がん患者の在宅生活を支える新規事業として、介護サービス費用の一部を給付する事業として、近隣では先駆的であるため、マスコミで取り上げられました。私も制度のすき間にある課題として議会質問していましたので、新年度予算に入ったことは大変うれしいです。しかし、なぜ訪問入浴サービスが対象にならなかったのか、残念でなりません。

久留米市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日 2月25日)

また、若年者末期がん患者の在宅での療養生活を支援する若年者在宅ターミナルケア支援事業にも新たに取り組みます。  さらに、住民に身近な圏域での住民同士の支え合いの仕組みを補完し、民間団体や当事者同士の連携体制の構築等による地域の生活課題の解決に向けた仕組みづくりを進めてまいります。生活困窮者の自立支援につきましては、相談支援や子供学習支援に係る体制の強化や施策の充実を図ってまいります。

嘉麻市議会 2017-12-14 平成 29年12月定例会(第4回)-12月14日−04号

最近、各種メディアでも終活だとかターミナルケア、みとりといった言葉を見聞きする機会がふえておりますけども、それゆえに本事業についての情報も、今後ますます多くの市民から関心を持って受け入れられてくるものと考えます。時代とか社会情勢とともに、在宅医療に対する市民意識や要望は変化していくものと思っております。  

久留米市議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第3日 9月 8日)

3.20歳から39歳の在宅ターミナルケアを支える制度について。  ことし、シティプラザで日本ホスピス在宅ケア研究会全国大会が開かれ、市民向けの公開講座に多くの市民参加されました。私は、この大会の中心になられた関係者が時々市民向けに開かれるみとりの体験を御家族と支援者が話されるイベントに参加させていただきます。

北九州市議会 2015-03-03 平成27年 3月 定例会(第1回)-03月03日−02号

認知症対策には予防からターミナルケアまでの専門的な対策が必要ですが、多くの市民の啓発と見守りへの参加が大変有効です。そのための認知症サポーターの養成の優先度合いは高いと言えます。  国の新オレンジプランでは、認知症サポーターの人数を平成29年度に全国800万人までふやすことを目標としています。

福津市議会 2009-11-30 平成 21年12月定例会(第7回)-11月30日−01号

総合相談体制からターミナルケアまで個々の高齢者の状況やその変化に応じたさまざまな支援が継続的、包括的に提供されるシステム地域単位で確立している点について視察、研修を行いました。  府中市でありますが、府中市は2005年度より10年計画の保育所の統廃合や保育サービスの充実に向け保育所再編に取り組んでいる。

宗像市議会 2008-03-07 宗像市:平成20年第1回定例会(第5日) 本文 開催日:2008年03月07日

自宅に戻ろうとしても、いわゆるターミナルケア、あるいはそういった機能が、日本は本当に諸外国に比べて極めておくれている、こう言わざるを得ません。  先日、NHKでこの地域に開業されているターミナルケア専門のお医者さんのドキュメンタリーがあっておりました。本当に患者さんと向き合い、ともに涙を流し合い、その方の本当に尊厳ある最期を迎えるために、本当に走り回っておられました。

岡垣町議会 2006-03-02 平成 18年 3月定例会(第1回)-03月02日−02号

したがって、今述べましたように、国民負担として考えていけば、保険料、窓口負担、税金というものをこよなくきちんとした制度の中で見直していく、そして今回の改正そのものは、このお金のつじつま合わせだけではなくて、ターミナルケアだとか緩和ケア、または予防介護、予防医療ということを大きく取り上げられておるわけであります。そのことを認識をしていただいてるだろうかと、このように思いますがいかがでしょうか。

北九州市議会 1998-03-09 平成10年 2月 定例会(第1回)-03月09日−05号

本市では、死因統計でがんが大阪市に次いで政令市でも第2位の高率となっており、がんに侵されないための予防対策、早期発見、治療、末期がん患者ターミナルケアまで、総合的ながん対策が必要であります。  まず、がん予防のための市民の啓もう・啓発を一層強化するとともに、がんの早期発見のため、受診者が減少傾向にある老人保健法による各種がん検診の受診率を抜本的に引き上げる対策が必要であります。

  • 1