4918件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

春日市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第5日) 名簿 2019-06-28

                  │ │     │10 学校教育行政について                    │ │     │11 社会教育行政について                    │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │     │1 民生委員児童委員の改選に伴う役割と現状について       │ │     │2 地域包括ケアシステム

春日市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第5日) 本文 2019-06-28

また、保育システム改修業務について、委員から、新たな幼児教育保育の無償化制度では、現在の保育料の制度である第2子半額、第3子以降全額免除等は適用されるのかとの質疑が出され、執行部から、多子世帯の減免については現在の取り扱いが踏襲される、また、今回は無償化という言葉が強く捉えられているが、完全に無償の状況ではない。

田川市議会 2019-06-27 令和元年第3回定例会(第2日 6月27日)

このASVの導入についてですが、高齢者による事故を防止し、本人及び家族の不安を取り除くため、運転免許証の自主返納を推進するのは当たり前ですが、安全運転を支援するシステムを搭載した自動車の普及が望まれるということは、議員の考えと相違ありません。今現在の状況といたしましては、国のほうがASV技術で国が今後定めようとしている基準等がございます。

春日市議会 2019-06-27 令和元年市民厚生委員会 本文 2019-06-27

また地域包括ケアシステムの取り組みについても、調査事件として加えていただきますようにお願いをいたしたいと思います。 3: ◯委員長(内野明浩君) ほかにございませんか。船久保委員。 4: ◯副委員長(船久保信昭君) 調査事件につきまして、放課後児童クラブの現状と課題、夏休みも始まりますのでそのあたりをお聞きしたいと思います。 5: ◯委員長(内野明浩君) ほかにございませんか。原委員。

春日市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 2019-06-25

そして、本市も高齢化の進む中でも、春日市市民協力し、連携を図り、現在のさまざまな方法を使うなど、手助けをみずから伝えられない方々が少しでも暮らしやすくなるシステムづくりを進めていくことが大切だと考えます。今後、本市、春日市でもどのようなシステムづくりを進めていくのか、見解をお聞かせください。  

福岡市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5日)  資料 開催日:2019-06-24

2 子ども・子育て支援新制度地域医療の確保,地域包括ケアシステムの構築,生活困窮者自立支援介護保険制  度や国民健康保険制度の見直しなど,急増する社会保障ニーズに対応するため,国が担うべき分野については,必  要な経費全額を国が負担するとともに,地方自治体が担うべき分野については,国庫補助金を廃止し,所要額を全  額税源移譲するなど社会保障予算の確保及び地方負担額について地方財政措置を的確に行うこと

春日市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 2019-06-24

これまでの支援はですね、やはり行政システム上、縦割り型に進んできた経緯もあろうかと思いますが、今後はさらに一人一人にですね、焦点を合わせて、年齢による異なるサービスを受けることに支障がないようにですね、ライフステージを見据えた支援が充実できますように、各領域の連携をぜひとも進めていただきたいと思います。  

福岡市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-06-24

技術革新により無線式になったとのことでしたが、一連のシステムでふぐあいが起こるおそれは否めません。特定小規模施設の中には300平米未満の宿泊施設も含まれるとのこと。民泊に関する条例にもまだまだ不備があり、現実には後を絶たない違法民泊があることや、さらにふえてきたと言われる家主不在型の民泊であれば、点検や訓練などが十分には行われない可能性もあります。消防法によって私たちの暮らしは守られています。

大野城市議会 2019-06-20 令和元年第4回定例会(第5日) 報告・討論・採決 本文 2019-06-20

消費税増税に伴うシステム改修費用ということで反対します。なお、消費税増税は取りやめた上で、介護職員の処遇改善はさらにさらに進められるべきです。  最後に、議員各位と市執行部の皆様、住民の福祉の増進を図ることを基本とする地方公共団体として、地方自治の担い手として、国の方針に従うだけではなく、市民第一に、創意工夫、何らかの施策ができないのでしょうか。また、私たち議員は、市民の負託を受けた者です。

行橋市議会 2019-06-20 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月20日−05号

審査の中で、委員より、デジタル化したシステムを他課と共有し、より良い活用を行っていただきたい、との意見が出されております。  審査終了後、とりまとめの中で、長井浜公園については、来年7月の供用開始前までは、市が維持・管理を行うため、その期間は、使用許可等を含め、管理・運営をしっかり行っていただきたい、との意見が出されております。

春日市議会 2019-06-19 令和元年市民厚生委員会 本文 2019-06-19

16款2項1目民生費県補助金で、説明欄、幼児教育保育無償化システム改修等事業費県補助金で、関連歳出予算が障がい福祉保育システムの改修事業費の2項目ございます。内容は歳出予算のところで御説明いたします。なお、補助率は10分の10でございます。  1目は以上です。 113: ◯委員長(内野明浩君) 久原福祉支援課長。 114: ◯福祉支援課長(久原徳子君) 18ページをお開きください。  

大野城市議会 2019-06-18 令和元年第4回定例会(第4日) 名簿 2019-06-18

   │ │         │2.大利アンダーパスの安 │(1) 大雨や台風時の対応について          │ │         │ 全対策について    │  1)大雨や台風時の非常時は、大利アンダーパスが │ │         │            │   冠水する可能性があるが、冠水を防止するため │ │         │            │   に、現状ではどのようなシステム

古賀市議会 2019-06-18 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

国からの方針で地域包括ケアシステムが打ち出され、各地方自治体でも取り組まれていると思います。地域包括ケアシステムとは、医療介護、住まい、生活支援介護予防が一体的に提供されることで、高齢者ができる限り住みなれた地域で、人生の最期まで尊厳を持って自分らしい生活を送ることができる社会をめざすという考え方のもと取り組まれていると思います。

大野城市議会 2019-06-18 令和元年第4回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-06-18

大雨や台風時の非常時は、大利アンダーパスが冠水する可能性がありますが、冠水を防止するために、現状ではどのようなシステムで対応されていますでしょうか、お尋ねします。 64: ◯議長(山上高昭) 建設環境部長。 65: ◯建設環境部長(高原正宏) では、お答えいたします。大利アンダーパスの冠水対策としましては、一番低い地点に受水槽と3台の排水ポンプを備えつけております。