210件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野城市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-03-13

101: ◯危機管理部長(伊藤廣高) 緊急地震速報国民保護サイレンなどの全国瞬時警報システム、いわゆるJアラートによる放送は、現在運用している災害情報伝達システムを自動起動して屋外拡声子局からサイレン等が吹鳴されます。したがいまして、学校において授業中などで窓を閉め切った状態の校舎内等では、災害情報が届きにくい状況にあります。  

大野城市議会 2019-03-06 平成31年予算委員会 付託案件審査 本文 2019-03-06

内訳といたしましては、先ほど申しました災害情報伝達システム改修工事を1億1,474万6,000円の減額、また、J-ALERT改修事業のうち、サイレン緊急地震速報を小中学校の校内放送に連携するための工事費を3,013万9,000円減額しております。J-ALERTの校内放送連携につきましては、災害情報伝達システムの親局の更新が確定をしないと、工事が執行できないためでございます。  

宗像市議会 2018-12-06 宗像市:平成30年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月06日

まず、(1)サイレンをメロディーに変えてはどうかについてお答えをいたします。  本市では、市内において火災が発生したときに地域消防団員をいち早く招集するため、また、地域の皆さんへの周知や注意喚起することを目的として、火災が発生した際にサイレン──これはモーターサイレンといいまして、モーターを回転させて、その風切り音でサイレンを鳴らすという仕組みでございます──を鳴らしております。

北九州市議会 2018-10-02 平成30年 9月 定例会(第3回)-10月02日−06号

豪雨に伴う畑貯水池の放流については、少なくとも1時間前には関係機関や下流域の町内会小学校などに連絡するとともに、広報車やサイレン等を用いた下流域への周知、職員による定期巡回を行い安全確保に努めている等の答弁がありました。  なお、委員から、次期中期経営計画での口径別納付金の廃止の検討とともに、現行計画での納付金の引き下げについても検討されたい等の意見がありました。  

大野城市議会 2018-09-18 平成30年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2018-09-18

サイレンはわかりますよ。正直何を言っているか聞き取れないというのが現状だと思うんですね。そうしたときに、いわゆる登録者数、この方法がいいか悪いか、それはわかりませんけれども、多くの方が万単位で登録しないと、これはわからないんじゃないかと思うんですけれども、そこら辺はどうですか。

行橋市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月11日−03号

あがっているこの件に関しては、きのうからLアラートや避難勧告避難指示のサイレンなどを検討している、ということでございましたが、大雨の予報など、気象庁、また自衛隊などの内容で、天気にかかわることが分かった時点で早い段階から広報車などで巡回し、安全を呼び掛けるなどに努めていただきたいと思います。  続いて、避難所についてお尋ねしたいと思います。

福津市議会 2018-09-06 平成 30年 9月定例会(第5回)-09月06日−04号

◆17番(永島直行) この前、勝浦浜でサイレンがウーウー鳴ったんですよ。いつだったかちょっと記憶しておりませんが、ため池の土手の草焼きしていたときにサイレンが鳴って、どこが火事かなと見てみましたら、その土手焼きのときにものすごく煙が上がったんです。どこかの火事じゃなくて玄海の福津市消防は出ておりませんでしたが、宗像市の消防が出たということです。

宮若市議会 2018-06-11 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年06月11日

ただ今回、聞こえないというような地区も出ておりますので、サイレン等の部分で最大の音を鳴らしまして、聞こえるか聞こえないかといった部分を今後調査して参ります。こういった時には、事前に広報等での周知が可能であれば、そういった周知も行いますが、事前にテストを行う前にアナウンスで呼びかけをして、テストですよということでお知らせしてやるという形も今後出てくるかと思っております。

北九州市議会 2018-06-11 平成30年 6月11日 保健病院委員会-06月11日−01号

これは現病院でもそうですけれども、病院に来る目の前までサイレンを鳴らしているわけではございませんで、少し手前でサイレンはとめていただいております。ですからこれは新病院に移っても、救急消防のほうでも同様の対応をしていただけるのではないかというふうに考えております。以上でございます。 ○委員長(本田忠弘君) 大石委員。

大野城市議会 2018-03-12 平成30年予算委員会 付託案件審査 本文 2018-03-12

これは、災害情報伝達システムによる放送が聞き取りにくいなどの意見が多くあることから、少なくとも緊急時のサイレンなどは聞こえるように配置を再検討し、今回、子局の増設や移設を行うものでございます。平成30年度は移設が4局、増設が7局の工事を予定しておりまして、工事費は約4,460万円となっております。  

大野城市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第2日) 代表質問・質疑・付託 本文 2018-03-02

また、Jアラート改修事業では、Jアラートを市内全小中学校の校内放送設備に連動させることで、緊急地震速報国民保護サイレンが瞬時に児童・生徒、教職員へ伝達することが可能となり、速やかな避難行動等の対応をとることが可能となります。  次に、ソフト面では、新たに防災人材育成事業を開始いたします。  

大野城市議会 2018-02-22 平成30年第1回定例会(第1日) 提案理由説明 本文 2018-02-22

また、緊急地震速報国民保護サイレンなどの「Jアラート」については、児童・生徒にも情報が行きわたるよう、全小中学校放送設備との連携をし、各教室放送されるよう整備をいたします。さらに、避難勧告などの情報を「緊急速報メール」で発信するなど複数の手段を駆使しながら、確実に市民の皆様に災害情報を届ける体制を整えてまいります。  

春日市議会 2017-12-13 平成29年第4回定例会(第4日) 本文 2017-12-13

ポータルサイトには、弾道ミサイルは発射からわずか10分もしないうちに到着する可能性もある、ミサイル日本に落下する可能性がある場合は、国からのJアラートを活用して防災行政無線で特別なサイレンとともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせすると国民に示しております。  このように、国は瞬時の情報伝達が重要であり、手段として防災行政無線の有効性と必要性を示しております。

糸島市議会 2017-12-12 平成29年 第4回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2017-12-12

災害が起きたとき、地震があったときとかにも私あごらに行ったときに思ったんですが、災害が起きたとき、耳の聞こえない方たちは防災無線の音が聞こえない、サイレンの音が聞こえないために逃げおくれてしまう、あるいは避難所においても周囲の人とコミュニケーションができずに孤立しやすい傾向にあります。

大野城市議会 2017-10-16 平成29年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2017-10-16

7: ◯危機管理課長(田代崇憲) Jアラートにつきましては、通常、災害時に使っております災害情報伝達システム使用してサイレンを鳴らしているところでございます。Jアラートを鳴らす訓練としては、年2回ほど消防庁から電波を受けまして、Jアラートを鳴らすという訓練を行っております。ただし、このときはサイレンは鳴らしておりませんで、言葉による放送でございます。

春日市議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(第3日) 本文 2017-09-13

どの場所にいても警報サイレンは聞こえる配置です。避難勧告はもちろん、災害時や防災訓練に大いに役に立っているようです。また、災害行政無線に加え、固定電話やファクス、電子メールでも、避難勧告や緊急情報を伝えられるシステムも導入されていました。パソコン、携帯電話はなくとも、誰にも一堂に緊急事態をお知らせできる二重、三重の手厚い情報の伝達方法です。