547件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宗像市議会 2019-06-07 宗像市:令和元年第2回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年06月07日

次に、(3)冨地原地区の開発によります事業で、フレコンバッグ──フレキシブルコンテナバッグやドラム缶などが山積みになっていると、産廃ではないかという御指摘に対する御質問でございますが、まずここで一つ整理をさせていただきたいと思いますのは、厳密に申しますと、今、議員が御指摘になっておられます物が置かれておりますところ、これは先ほどの市街化調整区域の開発行為に係る場所ではないということをまずは御理解いただくということでお

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2019-03-13

博多港は我が国の拠点港として、国と連携したコンテナターミナルの機能強化やクルーズ船の受け入れ環境の整備促進など、引き続き機能の充実強化を進めるようお願いいたします。  その中でも、ウォーターフロント地区については、都心部の新たな拠点として早期の再整備が求められており、新たな交通需要に対応するための交通アクセスの強化についても、検討の必要性が認められます。

北九州市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号

津田西の交差点は、東西に苅田方面と市内を結ぶ10号バイパス、南北には門司のコンテナターミナルや小倉南インターチェンジにつながる主要地方道徳力葛原線が交差しており、大変に交通量の多い交差点です。しかも、この交差点は、先ほど述べましたように、津田から近隣のショッピングセンターに買い物に行く方が使用する生活道路でもあります。朝には多くの学生も自転車通学をしています。

福岡市議会 2019-03-05 平成31年条例予算特別委員会第3分科会 質疑・意見 開催日:2019-03-05

また、CAS冷凍やCAコンテナの活用もあわせて提案するがどうか。 [答弁]  輸出強化対策としては、鮮度を保つ出荷方法の調査に取り組んでいる。カキアサリなどを当日の航空便で香港の星付き有名レストランに届け、当日使用してもらうことを売りにして取り組んできた。

福岡市議会 2019-03-01 平成31年条例予算特別委員会第3分科会 質疑・意見 開催日:2019-03-01

[答弁]  コンテナ取扱個数の増加に伴い博多港に入港するコンテナ船の入港隻数は増加し、船舶の大型化も進んでいる。世界の海運動向では、スケールメリットを生かした輸送コスト低減のため、世界を流通する国際コンテナの約7割が発着するアジアを起点に、欧州、北米とをつなぐ航路では、コンテナ船の超大型化が進んでいる。

福岡市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-02-27

港湾施設の不足につきましては、アイランドシティコンテナターミナルにおいて、岸壁2バースに3隻のコンテナ船が同時に着岸する状態がたびたび発生するなど混雑しており、平成30年度からいよいよD岸壁の一部について、国によりC2岸壁を延伸する形をとりながら整備に着手されたところでありますが、引き続きD岸壁全体の早期完成に向けて整備を推進していく必要があります。

福岡市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2019-02-26

特に国際海上コンテナ取扱量の増加やクルーズにおける国内他港との競争の激化、さらには船舶の大型化への対応が急務となっております。アイランドシティDコンテナターミナルの早期整備に向けた岸壁延伸整備など、引き続き国と連携してコンテナターミナルの機能強化に取り組むとともに、クルーズ船の受け入れ環境の整備促進など、博多港の機能の充実強化を進めていく必要があると考えますが、所信をお伺いいたします。  

福岡市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-02-20

成長を牽引する物流、人流のゲートウェイづくりについては、国際海上コンテナ取扱個数の増加やコンテナ船の大型化に対応するため、アイランドシティコンテナターミナルの機能強化を進めます。  福岡空港については、国や県とともに、平行誘導路二重化や滑走路増設の早期完成に向けた取り組み、周辺地域のまちづくりや環境対策を推進するとともに、新たな運営会社と連携をし、航空路線のネットワーク強化に取り組みます。  

福岡市議会 2019-02-19 平成31年第1回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-02-19

新たに生じた土地は、人工島第3工区D岸壁のコンテナヤードとなる土地です。第3工区におけるD岸壁後背地の埋め立ては竣功したが、供用開始時期は未定となっています。また、C2岸壁の延長は順調にいって3年後であり、必ずしも見通しは明確になっていません。さらに、D岸壁の整備の見込みは明らかになされていません。  

福岡市議会 2018-12-19 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19

コンテナ取扱量も2016年は91.1万TEU、2017年は92万TEUとなっており、博多港の取り扱い貨物が今後飛躍的にふえるとは考えられず、むしろ超高齢化、人口減少に加え、背後地の九州地方都市人口減少が加速化することを考えれば、むしろ減少すると考えられます。  加えて、世界経済は成長が鈍化しております。