運営者 Bitlet 姉妹サービス
1461件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 また、福岡市科学館での世界天文コミュニケーション会議の日本初開催やアジア太平洋都市サミットの国連ハビタット福岡本部との共同開催などを通して、本市の魅力やポテンシャルをアジアや世界に広く発信できたことは非常に意義深いものと考えております。   もっと読む
2018-12-14 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月14日−05号 ◆7番(中嶋時夫) 厚生労働省の過労死白書での過重労働防止に必要な取り組みは教員の増員、行事の見直し、教員のコミュニケーション、会議の短縮などがベスト4ぐらいに入っております。嘉麻市では30人学級と、早い取り組みをしておりますけれども、ここら辺のところは難しい課題があると思います。 もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 語彙力はコミュニケーションを豊かにできます。日本は消費者、主権者教育、人権意識を高める教育など足りてはいません。日本語指導を受けることができない外国人児童生徒も約2割とされています。さまざまな課題に対し、図書館機能の充実は有効だと考えます。余談ですが、運動より、食事より、読書が長寿に有効だという結果をAIが出したというNHKの番組があっていたそうです。 もっと読む
2018-12-13 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月13日−04号 今後も、現行以上の医療を確保していただけるよう、両病院ともコミュニケーションをとりながら、お願いをしてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(山倉敏明) 田中議員。 もっと読む
2018-12-12 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2018-12-12 窓口におきまして日本語でコミュニケーションがとれない外国人に対しまして、子供の保育園や幼稚園等の入所手続案内を行う際に、母国と日本との幼児保育制度や教育制度の違いによる幼稚園、保育園、認定こども園等の施設の違いや、保育園入所選考の考え方等について御理解をいただくまでに時間を要したり、また、誤解が生じてトラブルになったりすることがございます。   もっと読む
2018-12-12 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第3日) 議事日程・名簿 2018-12-12 1) 取り巻く背景と要因について            2) 外国人人口の現状と推移について            3) 糸島市在留者の傾向について          (2)外国人に対する市役所の窓口での現状と課題について            1) 学齢期・就学前・65歳以上の人口について            2) ことばの問題によりコミュニケーションや情報が得られない場合について           もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 コミュニケーションなくして実のある議論はできないからであります。  これまでの議員生活の間、御迷惑をおかけした執行部の皆さん、議員の皆さん、大変お世話になりました。大恩は報ぜずと申しますが、至らない点も多々あったかと思います。これまでの御厚情に対しまして心から感謝申し上げます。  私の歩んだ24年を振り返り、また、これからの福岡市の発展に思いをはせながら幾つか質問をさせていただきます。   もっと読む
2018-12-07 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月07日−03号 西議員の質問にも答えましたけど、将来はこの分もやはり商品券でなくて、本来岡垣町で生み出された産物、農産物であるとか、特産品であるとか、そういうものを還元品としてやることによってボランティアとそういう生産者とのコミュニケーション、つながりができてくる、そのこともボランティアの活動にとっては有意義ではないかなと、そういうことも考えているわけでありますから、神崎議員が言われる全て公平に、あるいはボランティアポイント もっと読む
2018-12-06 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月06日−02号 ◎企画政策室長(川原政人君) 現状、その課の中の職員であるとか、全体で協力体制を組んでいますし、また、日常のコミュニケーションなんかによって無理なく仕事が続けられているというふうに考えております。これからもこういった状況はきっちりとサポートをして、仕事しやすい、そうした環境づくりに努めていきたいというふうに考えております。 ○議長(太田強君) 4番、平山正法議員。 もっと読む
2018-12-05 直方市議会 平成30年12月定例会 (第3日12月 5日) 一事が万事だなあと私は思って、うまくコミュニケーションとれてないなと、市側とね、いうことで、私3月に質疑しましたら、今の答弁の中に、もう十二分に検討しておりますと。指定管理として十分にやっていただいて、何ら問題もございません、支障もありませんちいう答弁を私3月にいただいた中で、その後で、会期中だったかと思いますけども、取り消しになったという話を聞きまして、私びっくりしたんですけどね。   もっと読む
2018-09-20 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第3日 9月20日) 非認知能力が高いことは、以後の学力の伸びやグローバル社会において求められるコミュニケーション能力や問題解決能力の向上にもつながるということで、現在、幼児教育・保育の重要性に注目が集まっているところです。  そのような中で、国は平成31年10月からの幼児教育の全面的な無償化を目指して作業を進められております。 もっと読む
2018-09-13 糸島市議会 平成30年 第4回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2018-09-13 地域における防災講座、防災訓練、災害リスクコミュニケーションを通じまして、自主防災組織の取り組みへの支援を今後も継続して行ってまいりたいというふうに考えております。 もっと読む
2018-09-11 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月11日−04号 本市におきましても、本市でお生まれになった新生児に絵本をプレゼントするブックスタート事業や絵本による赤ちゃんとのコミュニケーション講座を実施しております。また、市立図書館や地区公民館を初め、各学校においても、読書ボランティアの皆さんによる読み聞かせの活動も盛んに行われております。   もっと読む
2018-09-11 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月11日) 加えて、駐屯地一般開放や定期演奏会の実施、地元校区の暴追パレード、清掃活動への参加など、地域住民とのコミュニケーションも積極的に図っていただいているところでございます。  続きまして、御質問がございました久留米市には陸上自衛隊久留米駐屯地、陸上自衛隊高良台分屯基地や、全国で唯一の陸上自衛隊幹部候補生学校がございます。 もっと読む
2018-09-10 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第3日 9月10日) そして、声をかける、コミュニケーションの徹底、こういうことを皆さんとともにやっていただきたいと思います。  それから、新幹線のことも不信感につながっております、行政に対して。信頼を深めるためにも、ぜひ早急に進めていただきたいと思います。これで私の質問を終わります。(拍手)                      =〔降 壇〕= ○議長(佐藤晶二君) 23番山下尚議員。 もっと読む
2018-09-06 福津市議会 平成 30年 9月定例会(第5回)-09月06日−04号 そのためには、子どもと日ごろからコミュニケーションをとっておかないと、子どもは口を開きません。  そういう意味で言うと、週16時間、52週というこの現在の時間は、とても少ないと思います。また、スクールカウンセラーについても、現在でもなかなか相談ができないという状況があるというふうに聞きます。  スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラーの増員が必要だと考えますがいかがでしょうか。 もっと読む
2018-09-06 宗像市議会 宗像市:平成30年第3回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月06日 民間では、行政では体験できないような、やっぱり営業利益を出さなきゃいけないとか、そのためには接遇研修を受けて、一人一人のコミュニケーション能力を上げる。また、相手の立場になって業務を遂行する。そういった営業のようなものもあります。   もっと読む
2018-09-05 福津市議会 平成 30年 9月定例会(第5回)-09月05日−03号 コミュニケーションの手段としては手話がございます。手話ができるのは、聴覚障がい者全体の10%台だと言われております。有効な手段といたしましては、筆談であったり、ゆっくりはっきりしゃべるということでございます。聴覚障がい者にとって、まちの中にあるサインは重要な情報源だと思っています。   もっと読む
2018-06-29 久留米市議会 平成30年第2回定例会(第7日 6月29日) 祭りを地域のきずなづくりの最も大切な場と考えているのであれば、地域の理解を得るためにもっと早い時点から地域と協議し、市議会にも相談があってよかったのではないか」との質疑があり、市長より「市長に就任後、地域の皆様や市議会とコミュニケーションを図ってきたが、至らなかった部分があった。 もっと読む
2018-06-21 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第4日 6月21日) また、運動や音楽、調理実習など、体験活動を通して自立心やコミュニケーション能力を高めるようにしています。以上です。 ○15番(渡辺幸一)  大和郡山市は小中学校全ての教員に対して不登校対応ガイドブックを配付し活用してます。本市では、不登校対応ガイドブック等をつくる予定はありますか、お尋ねします。 もっと読む