8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

糸島市議会 2014-09-25 平成26年 第4回糸島市議会定例会(第6日) 本文 2014-09-25

先日、テレビ紹介されていた南米コスタリカでは、自然が荒廃したとき、森林使用している、森林を所有している農家に補助金を出し、今では荒廃していた森がよみがえり、豊かな自然のおかげで世界的な観光大国になってきたという報道があっていました。日本でも国土保全の観点に立った農業振興こそが必要ではないかと思います。  

大野城市議会 2007-03-12 平成19年第1回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2007-03-12

それによると、第1位はバヌアツ、南太平洋に浮かぶ小さな島、2位コロンビア、3位コスタリカと中南米の国々が占める。調査には国民総生産といった通常の経済指標を用いていない。平均寿命や生活の満足度、生きていくために必要な環境条件などを要素としたデータをもとに順位づけをした。日本は178カ国中95位、先進国と言われるドイツ81位、アメリカ150位、ロシア172位となっている。今回の結果がすべてはない。

春日市議会 2002-06-21 平成14年第2回定例会(第4日) 本文 2002-06-21

また、軍隊の放棄をうたった日本国憲法と同じような憲法を持っている南米コスタリカは、文字通り軍隊は廃止して、兵隊のいない国になっています。そして、そういうもとで、これまで使っていた軍事費の多くを教育費に充てて、周辺の他の国々に比べて非常に教育ベルが高く、そして、そういうもとで国情も安定して、そういう状況だから、南の特有の自然を生かして観光産業に大いに力を入れられる。

福岡市議会 1999-06-14 平成11年第3回定例会(第1日)  本文 開催日:1999-06-14

先月、コスタリカで開かれたラムサール条約締約国会議において、博多湾の豊かな自然を未来に伝える市民の会のメンバーが、ラムサール会議閉会式で、すべてのNGOの代表として話す機会を与えられました。彼女は次のように述べております。私たち地域に根差したNGOがいつも代表しているバイタルリンク生命の強いつながりをぜひ心にとどめていただきたい。

福岡市議会 1998-03-10 平成10年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:1998-03-10

このことは各種統計にもあらわれており、例えば、国連開発計画のうち、女性が能力を生かして政治経済における意思決定に参画しているかどうかを見るジェンダーエンパワーメントでは、我が国はコスタリカ中国などにも抜かれて世界第27位となっています。その原因は、女性の国会議員の割合がわずか6.7 %で、管理職に占める女性の割合も8.0 %と極めて少ないことにあるとされています。

  • 1