6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

福津市議会 2018-09-04 平成 30年 9月定例会(第5回)-09月04日−02号

原因の主なものといたしまして、返礼品のお得感がない、返礼品の種類・数が少ないという、こういった基本的なことから、ウェブページが充実していない、掲載するウェブサイト自体の数が少ない等のシステム上のこと、さらにはこれらも含めましてPRが不足しているという等が考えられます。  

福津市議会 2016-11-29 平成 28年12月定例会(第4回)-11月29日−01号

ウェブページ内のコンテンツから市への苦情・要望を寄せていただく処理システムで、平成15年からサービスを開始。平成28年にリニューアルを行い、各個別情報のページ末尾に「お問い合わせフォーム」を加えたことにより、直接各担当部署への問い合わせが可能になり、回答などの対応がより迅速になった。  ④くにたちNAVI。  

大野城市議会 2010-03-17 平成22年予算委員会 付託案件審査 本文 2010-03-17

ただ、聞こえてきているところによりますと、そういういろいろな補助資料的なものはウェブページ上からのダウンロードで各学校が印刷をしながら適宜使っていくというような形で対応できるようにそのシステムを整えるというような形で対応していくという方向を、正式ではありませんが、そういう声が聞こえてきております。

田川市議会 2006-09-11 平成18年第3回定例会(第2日 9月11日)

中でも、最も手間がかからずに対応できるのが、ウェブページのバナー広告です。単純にリンク先へ飛べる月決めの広告枠であれば、すぐにでも簡単にできるものといえます。さらには、成功報酬型のアフィリエイトとなれば、より大きな効果が期待できるものといえます。  本市執行部及び職員の皆さんは、本市のウェブサイトを毎日ごらんになり、職務遂行のため利活用し、大いに参考になっていることと思います。

古賀市議会 2005-03-16 2005-03-16 平成17年第1回定例会(第3日) 本文

情報バリアフリー化が行政において必須の課題ととらえらて、総務省では2003年8月にウェブページのアクセシビリティー、これは障害者高齢者など心身の機能に制約のある人でもウェブで提供されている情報に問題なくアクセスし利用できることというのを、点検するツールを都道府県市町村に配布して、推進を図っていると聞きましたが、当市でも活用はされてありますでしょうか。

  • 1