174件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

春日市議会 2019-06-19 令和元年市民厚生委員会 本文 2019-06-19

工事の内容は、該当するブロック塀が須玖小学校の通学路に面していることにより、地震等の発生による倒壊など二次被害が発生しないよう、ブロックの上部を切り取りアルミフェンスを取り付けるものでございます。  負担の割合は工事費に対しまして、国が50%、市が25%、残りの25%を事業所が負担することとなっております。したがって、歳出の金額は国の補助金に市の補助金を足した金額となります。  

福岡市議会 2018-12-19 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19

本議案は、鉄、アルミの回収を目的として、燃えないごみの破砕、選別を行う設備更新工事のための契約株式会社タクマと締結するものです。  このプラントについて、1984年の建設工事とその後の2度の設備更新工事とを合わせて3度の工事契約を取り交わしていますが、全てタクマが落札受注しています。しかも、今回はタクマ1社の入札となりました。

福岡市議会 2018-12-11 平成30年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2018-12-11

この施設金属を含む不燃性ごみから鉄、アルミなどの有価物を選別回収して、埋立場の延命化や再資源化を促進するものです。当初の1984年、プラント建設した際に株式会社タクマが落札して以来、2001年に老朽化した破砕機を更新する1回目のプラント工事も同じタクマが落札し、そして今回、2018年の2回目のプラント設備更新も、またタクマが落札、受注することになります。  

春日市議会 2018-11-27 平成30年総務文教委員会 本文 2018-11-27

109: ◯地域教育課長(三丸瑞恵君) 以前、御影石で各市内にですね、してるというのがあるんですけども、若干やっぱり費用的なものもありますので、第15回からはですね、大賞のみをアルミ板にして、今の形で、ふれあい文化センターバスのですね、乗り場から上がってくるところに展示をしているところです。

春日市議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018-09-19

ベル2として「家にいてもできること」として、「ドライヤーや乾燥機を使わず、髪の毛や衣服を自然乾燥させよう」「できるだけ簡易包装の品物を買おう」「紙やプラスチック、ガラスアルミリサイクルをしよう」、このようなことがたくさん述べられています。  レベル3として「家の外でできること」として、「買い物は地元で。地域企業を支援すれば雇用が守られる。

久留米市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第5日 9月12日)

30年ほど前、東京で生活をしていたころ、長男が通っていた幼稚園アルミ缶とスチール缶の分別回収が始まりました。これを契機に我が家の駐車場に自主的に集積所を設置して、御近隣にも声をかけ、リサイクル活動に取り組み始めました。  子供小学校に入ると、PTAの研修で夢の島の見学にも行きました。山積みされた大量の埋め立てごみの中でおびただしい白いものがあちこちではためいていました。

春日市議会 2018-07-25 平成30年市民厚生委員会 本文 2018-07-25

ブロック塀の撤去後は、再利用可能なアルミフェンスを設置することとしております。  今後、公共施設マネジメント担当と協力しながら、安全に十分配慮をしながら工事を進めてまいります。現在は、土どめの下の5段を残して上の部分は既に撤去をしている状況でございます。  報告は以上でございます。

北九州市議会 2018-06-07 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月07日−03号

また、近い将来、大量廃棄が見込まれる太陽光発電パネルから銅やアルミ等を回収し、金属資源として再利用する有価金属リサイクル株式会社新菱であります。また、使用済みの携帯電話自動車のリチウムイオン電池からコバルトなどを回収し、蓄電池の電極材料などに再利用するレアメタルリサイクル日本磁力選鉱株式会社であります。  

志免町議会 2018-03-02 平成30年第2回 3月定例会-03月02日−01号

搬入実績につきましては、缶、瓶、ペットボトル、プラスチック等の収集形態別に集計を出しており、搬出実績量についても、アルミ缶、ペットボトル、スチール缶、瓶、容器、プラスチック等をそれぞれ選別された資源物ごとに集計を出しています。平成29年12月までの総搬入量は約2,539トン、総排出量は2,249トンとなっております。  続きまして、リサイクルセンターの稼働状況について報告します。  

福岡市議会 2017-10-23 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017-10-23

129 △道路下水道局長 道路照明灯全体の効果的な維持管理計画について、28年度から照明灯の柱の標準仕様を従来の鉄製から腐食の起きにくいアルミ製に変更し、長寿命化を図っている。また、照明灯のLED化の推進によって電気料金を縮減して維持管理経費の軽減を図り、照明灯の点検や修繕に要する事業費を確保しているところである。

大野城市議会 2017-10-16 平成29年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2017-10-16

299: ◯委員(平井信太郎) 4款2項1目省資源リサイクル型まちづくり推進費ということで、一番上の古紙回収促進支援事業の中ポツの一番下の古紙等集団回収奨励金の回収量2,737トン、ここに古紙等とありますので、新聞のほかにも雑誌とかアルミとかも指すんでしょうか。どのような種類が中に入っているかをまず教えてください。

福岡市議会 2017-06-15 平成29年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2017-06-15

これらにより回収した資源物については、鉄、アルミ及び空き瓶の一部を売却するほかは、容器包装リサイクル法によるリサイクル業者に引き渡し、資源化をいたしております。これらによる平成27年度の資源物回収量は、金属類が7,175トン、空き瓶が3,703トン、ペットボトルが2,826トンとなっております。

福岡市議会 2017-03-15 平成29年条例予算特別委員会第2分科会 質疑・意見 開催日:2017-03-15

90 [質疑・意見]  今、市内にバス停が約2,100カ所あり、上下線にベンチを置くと約4,200基必要になるが、1万円のアルミのベンチであれば4,200万円で設置が可能である。カワイイ区事業で無駄に使った3,320万円をかければ、十分にベンチが設置できる。浜松市京都市は余り経費をかけずに全てのバス停にベンチを設置している。

志免町議会 2017-03-03 平成29年第2回 3月定例会-03月03日−01号

アルミ缶、ペットボトル、スチール缶、びん容器、プラスチック等それぞれ選別された資源物ごとに集計され、28年度1月までの総搬入量は2,862トン、総搬出量は2,584トンとなっております。  世帯数は、宇美町1万5,280世帯人口は3万7,291人、志免町1万9,101世帯人口4万5,654人となっております。  第1号議案平成28年度宇美町・志免町衛生施設組合一般会計補正予算について。