ツイート シェア
  1. 春日市議会 2019-03-18
    平成31年総務文教委員会 本文 2019-03-18


    取得元: 春日市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-07-15
    1:                 開議 午前9時58分                ──── ─ ──── ─ ──── ◯副委員長(内野明浩君) それでは皆さんおそろいですので、ちょっと早いですが、始めます。おはようございます。  武末哲治委員長から、春日市議会会議規則第91条の規定に基づき、本日の委員会を欠席する旨の届け出があっております。よって、春日市議会委員会条例第10条第1項の規定により、副委員長の私が委員長の職務を行います。  また、私が発言を行う場合は、同条第2項の規定により、年長の委員が委員長の職務を行うことになりますので、竹下委員に暫時委員長の職務を行っていただきます。  それでは、定足数に達しておりますので、ただいまから総務文教委員会を開議いたします。  本日は、今定例会において本委員会に付託を受けた議案のうち、既に審査結果の報告を終えたものを除く議案について採決を行います。  初めに、各議案について執行部に確認しておきたい事項があればお受けいたします。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 2: ◯副委員長(内野明浩君) ないようですので、それでは、これより各議案につきまして討論をお受けした後、直ちに採決を行いたいと思いますが、御異議ございませんでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 3: ◯副委員長(内野明浩君) 異議なしと認めます。  初めに、第4号議案「春日市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。  これより討議に入ります。この議案に対し討論はありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 4: ◯副委員長(内野明浩君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  それでは、第4号議案について採決を行います。  本議案について原案のとおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。                   〔賛成者挙手〕 5: ◯副委員長(内野明浩君) 全員賛成であります。よって、第4号議案については原案のとおり可決することに決定いたしました。
     次に、第5号議案「春日市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。  これより討論に入ります。この議案に対し討論はありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 6: ◯副委員長(内野明浩君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  それでは、第5号議案について採決を行います。  本議案について原案のとおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。                   〔賛成者挙手〕 7: ◯副委員長(内野明浩君) 全員賛成であります。よって、第5号議案については原案のとおり可決することに決定いたしました。  次に、第6号議案「春日市行政財産使用料条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。  これより討論に入ります。この議案に対し討論はありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 8: ◯副委員長(内野明浩君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  それでは、第6号議案について採決を行います。  本議案について原案のとおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。                   〔賛成者挙手〕 9: ◯副委員長(内野明浩君) 全員賛成であります。よって、第6号議案については原案のとおり可決することに決定いたしました。  次に、第8号議案「春日市立学校校舎校庭使用料条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。  これより討論に入ります。この議案に対し討論はありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 10: ◯副委員長(内野明浩君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  それでは、第8号議案について採決を行います。  本議案について原案のとおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。                   〔賛成者挙手〕 11: ◯副委員長(内野明浩君) 全員賛成であります。よって、第8号議案については原案のとおり可決することに決定いたしました。  次に、第10号議案「春日市のぼり窯体験広場使用料条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。  これより討論に入ります。この議案に対し討論はありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 12: ◯副委員長(内野明浩君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  それでは、第10号議案について採決を行います。  本議案について原案のとおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。                   〔賛成者挙手〕 13: ◯副委員長(内野明浩君) 全員賛成であります。よって、第10号議案については原案のとおり可決することに決定いたしました。  次に、第34号議案「平成31年度春日市一般会計補正予算(第1号)について」を議題といたします。  これより討論に入ります。この議案に対し討論はありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 14: ◯副委員長(内野明浩君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  それでは、第34号議案について採決を行います。  本議案について原案のとおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。                   〔賛成者挙手〕 15: ◯副委員長(内野明浩君) 全員賛成であります。よって、第34号議案については原案のとおり可決することに決定いたしました。  次に、第37号議案「平成31年度春日市一般会計補正予算(第2号)について」を議題といたします。  これより討論に入ります。この議案に対し討論はありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 16: ◯副委員長(内野明浩君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  それでは、第37号議案について採決を行います。  本議案について原案のとおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。                   〔賛成者挙手〕 17: ◯副委員長(内野明浩君) 全員賛成であります。よって、第37号議案については原案のとおり可決することに決定いたしました。  次に、報告第1号「専決処分について(部活動における児童の負傷事故に伴う損害賠償の額の決定について)」を議題といたします。  これより討論に入ります。この議案に対し討論はありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 18: ◯副委員長(内野明浩君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  それでは、報告第1号について採決を行います。  本報告について承認することに賛成の委員の挙手を求めます。                   〔賛成者挙手〕 19: ◯副委員長(内野明浩君) 全員賛成であります。よって、報告第1号については承認することに決定いたしました。  次に、報告第2号「専決処分について(生徒指導における児童の負傷事故に伴う損害賠償の額の決定について)」を議題といたします。  これより討論に入ります。この議案に対し討論はありませんか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 20: ◯副委員長(内野明浩君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  それでは、報告第2号について採決を行います。  本報告について承認することに賛成の委員の挙手を求めます。                   〔賛成者挙手〕 21: ◯副委員長(内野明浩君) 全員賛成であります。よって、報告第2号については承認することに決定いたしました。  以上で、総務文教委員会に付託されました議案の採決は終了いたしました。  これより休憩に入り、委員長報告案の作成を行いたいと思いますが、報告案の中に特に付記しておきたいことはございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 22: ◯副委員長(内野明浩君) それでは、委員長報告案を作成いたしますので、ここで暫時休憩いたします。                ──── ─ ──── ─ ────                 休憩 午前10時06分                 再開 午前10時20分                ──── ─ ──── ─ ──── 23: ◯副委員長(内野明浩君) 休憩前に引き続き、委員会を再開いたします。  案文について御意見はありませんか。  高橋委員。 24: ◯委員(高橋裕子君) 2ページの上から2行目に、「それに該当することになる」というふうに訂正をしていただきたいと思います。 25: ◯副委員長(内野明浩君) はい、わかりました。異議はありませんね。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 26: ◯副委員長(内野明浩君) では、そのように訂正させていただきます。  そのほかにございませんでしょうか。  北田委員。 27: ◯委員(北田 織君) 5ページの上から9行目のところですけれども、「委員から、国が100%補助するため執行残が出ないように」という文言がありますけれども、この執行残というのはいろんな捉え方があるかと思いますので、「対象者に漏れが出ないように」というように、同じ意味かと思いますけど、その文言がわかりやすいかと思いますので、そのように訂正をお願いしたいと思います。 28: ◯副委員長(内野明浩君) 異議はございませんでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 29: ◯副委員長(内野明浩君) ないようですので、ここも訂正させていただきます。  ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 30: ◯副委員長(内野明浩君) ないようですので、それでは、これをもちまして、委員長報告案の調整を終わります。  以上で、本日予定されておりました日程は全て終了いたしました。  次回の委員会は、3月20日水曜日、閉会中の調査事件の調整等を行います。  これをもちまして、本日の総務文教委員会を散会いたします。どうもお疲れさまでございました。ありがとうございました。                ──── ─ ──── ─ ────                 散会 午前10時42分...