ツイート シェア
  1. 春日市議会 2019-03-04
    平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-04


    取得元: 春日市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-08-19
    1:                 開会 午前9時59分                ──── ─ ──── ─ ──── ◯委員長(野口明美君) それでは、皆様おはようございます。白水勝己委員、武末哲治委員から欠席の届け出があっております。定足数に達しておりますので、ただいまから予算審査特別委員会を開議いたします。  本日は地域生活部となっておりますが、地域生活部の審査に入ります前に総務部より、2月27日の審査において、5点におきます回答が後日となっておりましたので、本日のこの冒頭に回答をしていただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。  内田総務部長。 2: ◯総務部長(内田賢一君) おはようございます。総務部でございます。本日はですね、お時間いただきありがとうございます。  先日の委員会におきまして持ち帰らせていただきました質問につきまして、本日、担当の課長のほうから説明をさせていただきます。よろしくお願いいたします。 3: ◯委員長(野口明美君) 横山人事法制課長。 4: ◯人事法制課長(横山政彦君) まず、障害者雇用率について回答をさせていただきます。お手元に平成30年度春日市障害者雇用率の資料を配付をさせていただいております。こちらは労働局調査時点、昨年の6月1日現在の雇用率でございます。  まず全職員数は、これは正規の職員に嘱託職員等を加えて、総数で598人、こちらが障害者雇用率の場合の母数となります。現実的には、障害者として届け出を受けて手帳所持の確認ができている者は正規の職員のみとなっているところでございます。市長事務部局が2.48%、教育委員会が1.96%、特例でこちら市長事務部局と教育委員会は小計で合わせて報告することとなっておりますので、合わせて2.39%、法定雇用率の2.5%を下回っているところでございます。必要な障害者の採用数としては、最終的には切り捨てとなりますので、ゼロ人というふうな報告となります。  前回ちょっと説明をしましたが、こちら特例でですね、その他の事務局も31年度から合わせて障害者雇用率を出すこととなります。そうしますと、今年度の数字でいくと、2.68%程度の数字になると。また来年度、1人障害者採用しますので、これを上回って3%を超えるものというふうに考えております。下回った理由につきましては、法定再任用を予定していた職員の法定再任用できなかったというのが下回った直接の理由となります。  続きまして、ラスパイレス指数について御報告をいたします。春日市の平成30年度のラスパイレス指数は100.4でございます。前年度29年度が100.5でございましたので、0.1下回っているというところでございます。  続きまして、市庁舎大会議棟1階内部改修に際しての起債の制限というふうなものは大丈夫なのかという質問にお答えいたします。本庁舎建設に際し、こちら、財政融資資金を借り入れをしておりました。この財政融資資金は、返済が終わらない期間に目的外使用する場合には承認申請が必要となります。既にこの財政融資資金は借り入れ返済を全て29年度までに全ての返済を終了しているところでございますので、例えば目的外使用とする場合についても承認申請は必要となりません。ただ、今回の改修は目的外使用には当たらないだろうというふうに思われます。  続きまして、定数条例の改正時期についてでございます。直近は、平成24年4月1日改正をしております。  以上でございます。 5: ◯委員長(野口明美君) 大川管財課長。 6: ◯管財課長(大川 剛君) 市庁舎のですね、敷地における草刈りの開始についてということで、お答えをさせていただきます。年3回、現在実施をしております。  以上です。 7: ◯委員長(野口明美君) 以上で総務部の説明が終わりました。質疑ございませんでしょうか。  與國委員。
    8: ◯委員(與國 洋君) 建設戸数が8戸減るというふうにちょっと今言われたじゃないですか。ということは、最初の基本計画から変更するということなんですか、ただ着工が8戸減るだけであって、本計画には変更はないということなんですか、どちらなんですか。 9: ◯委員長(野口明美君) 大川課長。 10: ◯管財課長(大川 剛君) 前回の説明はですね、1棟、実は違う棟の2年目の工事だということで説明をさせていただいたんですが、実際は8戸しか建てないこの工事による減額だということの説明でございまして、全く……。済みません、前回の説明は30年度、要は今年度で終わる工事のちょっと説明をしてしまいました。来年度は、もともとこれは計画どおりでございます。最後、B棟の増築という8戸の工事に入るということで、計画自体は全く変わっておりません。 11: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 12: ◯委員長(野口明美君) 内田部長。 13: ◯総務部長(内田賢一君) 総務部の説明は以上となります。 14: ◯委員長(野口明美君) お疲れさまでございました。  それでは、第27号議案「平成31年度春日市一般会計予算について」を議題とし、そのうち、地域生活部関係の審査を行います。  委員並びに説明員の皆さんに申し上げます。発言の際は、挙手で発言を求め、委員長の指名を受けた後、マイクのスイッチを入れてから発言をしてください。  それでは、審査を始めます。  説明員の説明を求めます。染原地域生活部長。 15: ◯地域生活部長(染原利幸君) 皆様おはようございます。地域生活部でございます。  本日の予算審査に当たり、小池地域づくり課長は不幸がございまして本日欠席させていただいております。かわりに、地域づくり課の林課長補佐、杉浦係長、井上係長を同席させておりますので、よろしくお願いいたします。  それでは、お手元の資料のうち、資料のNo.2、平成31年度当初予算の概要から御説明申し上げます。16ページをお願いいたします。 16: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。お願いいたします。 17: ◯地域生活部長(染原利幸君) 平成31年度において実施いたします主な事業でございますが、(6)地域生活部の欄の、まず継続事業といたしましては、2段目、地区公民館等大規模改修事業でございます。これは、地区公民館の老朽化に伴い、計画的に大規模改修を行うものでございます。  次に、その下の段、ふれあい文化センター管理事業(指定管理)でございます。これは、施設の管理業務と指定事業について、指定管理者に管理運営を委託するものでございます。  また、新規事業といたしましては、上から1段目、春日共同利用施設解体事業でございます。これは隣接する春日幼稚園舎の建て替えに伴い、借地の継続ができなくなった春日共同利用施設を解体するものでございます。  次に、上から4段目、街頭防犯カメラ設置費補助事業でございます。これは街頭防犯カメラの設置を要望する自治会に対し補助金を交付し、その設置を支援するものでございます。  次に、その下の段、スケアードストレート方式交通安全教室実施事業でございます。これは、スタントマンによる交通事故再現を取り入れた自転車交通安全教室を、市内6中学校で実施するものでございます。  次に、19ページをお願いいたします。新規事業一覧表の番号14、空き家総合相談窓口設置事業でございます。これは、空き家等の所有者からの利活用や適正管理に関する相談への対応を行うものでございます。  それでは、第27号議案「平成31年度春日市一般会計予算について」を、平成31年度春日市予算書及び予算に関する説明書に基づき、ページを追いながら御説明させていただきます。  まず予算書の14ページをお開きください。債務負担行為でございます。 18: ◯委員長(野口明美君) 秀島環境課長。 19: ◯環境課主幹(秀島安司君) 債務負担行為の表、上から2段目、健康診査業務集団委託料で南部工場関連でございます。継続でございます。期間は平成32年度から平成33年度となっております。健康スポーツ課が実施しております健康診査業務に含めて実施する集団健康診査であり、既に健康スポーツ課が締結しております委託契約にあわせて実施してまいります。この業務につきましては、南部工場地元5地区自治会の住民を対象に、健康診査が無料で受診できるようにしているものでございます。これまで福岡市南部工場に関連して実施してきたところでございますが、同所に建設されたクリーン・エネ・パーク南部の稼働に伴い、引き続きこれまで同様に実施していくものでございます。  次に、同じく14ページ、債務負担行為の表、上から3段目、環境基本計画策定業務委託料でございます。新規でございます。期間は平成32年度となっております。現行の第2次春日市環境基本計画の経過期間が平成32年度で終了するに当たり、環境の保全と創造に関する施策を総合的かつ計画的に推進するために、計画期間が平成33年度から42年度までの10カ年とします第3次春日市環境基本計画を策定するものであります。策定業務としましては、平成31年度に自然環境現況調査アンケート調査等を行い、32年度には関連計画や施策及び温室効果ガス排出量等の調査を行い、計画書を策定する予定であります。  以上でございます。 20: ◯委員長(野口明美君) 新飼環境課長。 21: ◯環境課長(新飼達郎君) 同じ14ページ、債務負担の表、上から4段目、可燃ごみ細組成調査及び一般廃棄物処理基本計画策定業務委託料です。新規で、期間は32年度となっております。この計画は5年ごとに改定を行っており、今回は平成33年度から37年度までの計画となります。平成31年度はごみの細組成調査分析を行い、32年度にごみの排出量予測、ごみ減量等の目標値検討を委託で行い、最終的な計画案は市で策定するものでございます。  続きまして、同じ表、上から5段目、指定ごみ袋等製造・保管・配送・処理手数料徴収業務委託料、継続でございます。期間は平成32年度となっております。この業務は、入札契約締結後から袋の製造に入り、袋の納品・保管・配送・手数料徴収の業務は平成32年4月1日以降となるものです。今回は消費増税後となるため、製造枚数を約15%少なく見積もっておりまして、前回の債務負担行為と比較して1,579万円減額しているところでございます。 22: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 23: ◯地域生活部長(染原利幸君) 16ページをお開きください。上から5段目と6段目です。大和町共同利用施設整備工事監理業務委託料宝町共同利用施設整備工事監理業務委託料でございます。期間は平成32年度です。例年どおり、平成31年度に設計し、平成32年度に行う地区公民館大規模改修工事の工事監理業務でございます。  債務負担行為は以上でございます。 24: ◯委員長(野口明美君) ただいまの債務負担行為に対しまして、質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 25: ◯委員長(野口明美君) なしと認めます。  次、お願いいたします。新飼課長。 26: ◯環境課長(新飼達郎君) 続きまして、歳入の予算について説明させていただきます。予算に関する説明書の24ページをお願いいたします。  14款1項2目衛生使用料、説明欄、上から3段目その1行目、塵芥処理施設使用料、ほぼ前年度同額継続です。これは多量排出事業者に係る可燃ごみの処理手数料でございます。  2目は以上でございます。 27: ◯委員長(野口明美君) ただいまの説明に対しまして、質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 28: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。新飼課長。 29: ◯環境課長(新飼達郎君) 26ページをお開きください。  14款2項4目衛生手数料、説明欄一番下その1行目、塵芥処理手数料、ほぼ前年度同額継続です。塵芥処理手数料は市民及び事業者が指定ごみ袋等を購入することでごみの処理手数料を負担していただくものです。  続きまして、2行目、犬の登録等手数料、減額継続です。犬の登録、鑑札交付、狂犬病予防注射済み票などの交付手数料で、過去2年の収入実績の減少率の平均から減少を見込むものでございます。  続きまして、4行目、せん定枝葉処理手数料、減額継続です。緑のリサイクル事業における処理手数料収入で、シルバー人材センターの搬入量については8%、家庭系などについては2%減少すると見込んでおります。  4目は以上でございます。 30: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 31: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。猪口安全安心課長。 32: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、41ページをお願いいたします。  16款2項8目総務費県補助金でございます。説明欄、上から4段目、性犯罪防止対策防犯カメラ設置支援事業県補助金でございます。増額継続でございます。歳出がございますので、歳出で御説明をいたします。  8目は以上でございます。 33: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。染原部長。 34: ◯地域生活部長(染原利幸君) 42ページをお願いいたします。  16款3項1目総務費委託金でございます。説明欄4段目、上から6行目、全国消費実態調査委託金でございます。  次に、説明欄、上から8行目、経済センサス基礎調査委託金でございます。これは歳出がございますので、歳出のほうで説明させていただきます。  1目は以上でございます。 35: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 36: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。 37: ◯地域生活部長(染原利幸君) 51ページをお願いいたします。  21款3項1目貸付金元利収入でございます。説明欄2行目、市中銀行預託金でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。市から金融機関に預託する預託金が年度末に返還されますので、その歳入でございます。  1目は以上でございます。 38: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 39: ◯委員長(野口明美君) 次、染原部長。 40: ◯地域生活部長(染原利幸君) 53ページをお開きください。  21款5項5目雑入でございます。説明欄3段目、上から5行目、自治総合センターコミュニティ助成事業助成金でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。歳出がございますので、歳出のほうで説明させていただきます。 41: ◯委員長(野口明美君) 次、新飼課長。 42: ◯環境課長(新飼達郎君) 54ページをお願いします。  21款5項5目雑入、説明の欄2段目、下から3行目、事業系古紙回収事業売却収入、ほぼ前年度同額継続でございます。 43: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 44: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、55ページ、中段をお願いいたします。21款5項5目雑入、説明欄、上から3段目、消防団員退職報償金でございます。減額継続でございます。歳出がありますので、歳出にて御説明をいたします。 45: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 46: ◯地域生活部長(染原利幸君) 56ページをお願いいたします。  説明欄1段目、下から1行目、春日共同利用施設解体工事地区負担金でございます。歳出がございますので、歳出のほうで説明させていただきます。  5目は以上でございます。 47: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 48: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。染原部長。 49: ◯地域生活部長(染原利幸君) 続きまして、57ページをお願いいたします。  22款1項6目消防債、説明欄、上から3段目、防災・行政情報通信ネットワーク整備事業債でございます。歳出がございますので、歳出にて御説明をいたします。  6目は以上でございます。  歳入予算は以上でございます。 50: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。染原部長。 51: ◯地域生活部長(染原利幸君) 続きまして、歳出予算について説明させていただきます。予算に関する説明書の61ページをお開きください。  2款1項1目一般管理費でございます。説明欄1段目、コミュニティ推進費、あんどん祭り補助金でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。続きまして、説明欄2段目、国際交流推進事業費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。続きまして、説明欄の3段目、地区関係費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  この中で、下から3行目、コミュニティ助成事業助成金でございます。これは、平成31年度は光町地区自治会と春日地区自治会に、光町は視聴覚設備と、春日は放送設備と、それぞれその他コミュニティ活動備品の助成を行うものでございます。この助成金は一般財団法人自治総合センターからの助成を財源としているものでございます。  済みません、歳入の53ページをお願いいたします。21款5項5目雑入でございます。説明欄3段目、上から5行目、自治総合センターコミュニティ助成事業助成金をこの目に充当しております。  次に、61ページをお開きください。説明欄3段目、下から2行目、まちづくり交付金でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして、その下の欄から62ページにかけてでございます。市民活動振興費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして62ページ、説明欄2段目、まちづくり支援センター事業費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。これは、ぶどうの庭に対する管理運営費でございます。 52: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 53: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、62ページの下段でございます。説明欄、下から1段目から63ページ説明欄、上から1段目までの防犯・暴追推進費でございます。増額継続でございます。主なものといたしましては、市南部地区周辺に3カ所12台の街頭防犯カメラを設置する予定としております。  該当防犯カメラ設置に伴います歳入につきましては、41ページをお願いいたします。16款2項8目総務費県補助金、説明欄、上から4段目、性犯罪防止対策防犯カメラ設置支援事業県補助金でございます。  63ページにお戻りください。新規といたしましては、説明欄1段目13行の防犯カメラ設置費補助金でございます。この補助金は、対象は自治会で、対象経費は市内において新たに設置する街頭防犯カメラ設置等に要する費用で、補助金は1自治会につき1台、経費の2分の1以内の額、上限を10万円としております。  続きまして、63ページ中段をお願いいたします。説明欄上から2段目、防犯灯費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。
     続きまして、64ページをお願いいたします。64ページ下段でございます。説明欄、下から1段目から65ページ説明欄、上から1段目までの空き家対策推進費でございます。増額継続でございます。  新規といたしましては、65ページ上段の説明欄1段目の6行目、委託料で空き家総合相談窓口業務でございます。この業務は、空き家等の所有者などから、空き家等の利用や適正管理に関する相談を、専門家である公益社団法人福岡宅地建物取引業協会筑紫支部で行うものでございます。相談件数に応じまして1件当たり2,000円プラス消費税を委託料として支払うものでございます。  1目は以上でございます。 54: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。川崎委員。 55: ◯委員(川崎英彦君) ありがとうございます。61ページのですね、国際交流推進事業費なんですけども、内訳を見ると、委託料が定住外国人生活支援事業となってますけど、これは具体的にはどういった事業になりますか。 56: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 57: ◯地域生活部長(染原利幸君) 外国人を対象とした春日市内居住の日本語教室でございます。  以上でございます。 58: ◯委員長(野口明美君) 川崎委員。 59: ◯委員(川崎英彦君) 日本語教室の運営費ということで理解してよろしいんですかね。 60: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 61: ◯地域生活部長(染原利幸君) これは委託料でございます。すくすくクラブという団体にですね、お願いして運営をしていただいております。  以上でございます。 62: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。米丸委員。 63: ◯委員(米丸貴浩君) 62ページお願いいたします。ページは62ですけれども、市民活動振興費の中の真ん中あたり、市民活動活性化事業補助金ですけれども、これはたしか、今年度の補正で73万6,000円の減額と大幅な減額になったかと思っております。また、同じ予算規模でありますけれども、まず一つは、何でこれ、減ってるのに、また同じ予算でいかれるのか、そのあたりの背景をお聞かせください。 64: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 65: ◯地域生活部長(染原利幸君) 平成30年度に相談件数としては15件ありまして、このうち3件が補助要件が満たされているとして補助対象となりました。ただですね、補助要件が満たされていないものがございましてですね、そのうち、相談のみが5件、それから次年度申請が3件ということでございまして、31年度についてもですね、申請のほうは30年度よりも増加するだろうと見込んで、30年度と同額の予算を計上したものでございます。 66: ◯委員長(野口明美君) 米丸委員。 67: ◯委員(米丸貴浩君) 前回も私、同じような質問したかと思いまして、補正でどんと減って、また同じ額をということなんですけれども、応募が少ないのか、それとも1件当たりの規模が小さいからなのか、よくわかりませんけれども、そうであればですね、団体を育成していくためにはですね、ある意味補助要綱の見直し、もっと使いやすいような補助事業、補助金のあり方というのも見ていく必要があるんじゃないかと思いますが、そのあたりはいかがでしょうか。 68: ◯委員長(野口明美君) 井上地域づくり課協働推進担当係長。 69: ◯協働推進担当係長(井上章子君) 市民活動活性化事業補助金の対象団体にはですね、今後のニーズ調査も含めまして、2月の末にアンケート調査を実施しております。そういったことも、御意見を聞きながら補助制度のあり方についてもですね、研究を進めていきたいと思っています。  以上です。 70: ◯委員長(野口明美君) 米丸委員。 71: ◯委員(米丸貴浩君) 委員長、その下いってもいいですか。 72: ◯委員長(野口明美君) はい、どうぞ。 73: ◯委員(米丸貴浩君) 多分これに関連してくるんでしょうけど、まちづくり支援センター事業費ですけれども、ここではですね、ボランティアコーディネート機能の強化を図っていきたいというお話はこれまでもずっといただいておるんですけれども、ちなみに、平成30年度のこの相談件数というのはどのくらいあったか教えてください。 74: ◯委員長(野口明美君) 井上係長。 75: ◯協働推進担当係長(井上章子君) ぶどうの庭の相談件数は、平成30年度、現時点で確認しております数値は37件となっております。 76: ◯委員長(野口明美君) 米丸委員。 77: ◯委員(米丸貴浩君) これは、課長がかわられてからって言ったらあれですけど、地域づくり課の努力でですね、ここ3年を見ますと40件近い相談件数で、この伸びは非常に私も評価するところですけども、これが実際にですね、団体の育成につながっていくのかというところがやっぱり大事かと思っておりますけれども、ぶどうの庭で相談があって、それが先ほどの補助金につながったという、採択をされたという例はあるんですか。 78: ◯委員長(野口明美君) 井上係長。 79: ◯協働推進担当係長(井上章子君) 今年度に関しましては、相談の件数としましては1件、出そうだということで確認をしておりましたが、実際には申請に至っておりません。  以上です。 80: ◯委員長(野口明美君) 米丸委員。 81: ◯委員(米丸貴浩君) 確認をさせていただきたいんですけど、この相談というのはですね、ぶどうの庭に行かれる相談と、ひょっとすると地域づくり課の窓口に直接行かれる方もいらっしゃるんですか。 82: ◯委員長(野口明美君) 井上係長。 83: ◯協働推進担当係長(井上章子君) 市民活動活性化事業補助金に関しては、直接市の地域づくり課のほうに問い合わせがある場合も多々ございます。ですので、ぶどうの庭の窓口のほうに相談があるものと必ずしも全てが一致するわけではなく、あっておりますので、今年度地域づくり課のほうで内容についての御相談があった件数としましては、合計で15件ほどいただいております。  以上です。 84: ◯委員長(野口明美君) 米丸委員。 85: ◯委員(米丸貴浩君) ありがとうございます。そうであればですね、一つはぶどうの庭も窓口ですので、大事なことは、必要な人、それから必要な団体にですね、この制度があって、そして、先ほど言いましたように使いやすい補助金であること、このあたりが大事でありますので、係長からさっき答弁がありましたけども、見直しも含めてですね、皆さんに使いやすい補助金のあり方、それから発信のあり方は、これはぶどうの庭ですね、こちらのほうにどうかまた指導、助言等をされるようにお願いいたします。 86: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 87: ◯地域生活部長(染原利幸君) ただいま委員から御意見いただきましたので、今後も使いやすく、それから発信にも努めてまいりたいと考えておりますので、どうかよろしくお願いいたします。 88: ◯委員長(野口明美君) ほかに。前田委員。 89: ◯委員(前田俊雄君) 62ページの最初の枠の一番下、市民活動活性化事業補助金、30年度のですね、予算書見ますと、市民公益活動事業補助金となっていますけど、この名称が違うのはどういったことなのか、私が説明を聞いて忘れているのか、ちょっと教えてください。 90: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 91: ◯地域生活部長(染原利幸君) これ、一般質問で昨年、御指摘がございましてですね、私どものほうでそこのところを見直しまして、負担金という名称から補助金という名称に変えさせていただいたという経緯がございます。  以上でございます。 92: ◯委員長(野口明美君) 前田委員。 93: ◯委員(前田俊雄君) 30年度の予算書にも市民公益活動事業補助金となって、31年度は市民活動活性化事業補助金と、いずれも補助金、補助金なってますけど。これは違うもんなんですかね。 94: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 95: ◯地域生活部長(染原利幸君) 井上係長から答弁させていただきます。 96: ◯委員長(野口明美君) 井上係長。 97: ◯協働推進担当係長(井上章子君) 市民活動活性化事業補助金自体は同じものです。恐らく、負担金という名称の変更というのは、そのもう一つ上の名称の呼び名について御指摘をいただいておりましたので、そこの部分を修正させていただいております。詳細のこの負担金の名称については昨年と変更ございません。  以上です。 98: ◯委員長(野口明美君) 前田委員。 99: ◯委員(前田俊雄君) 済みません、名称が変わっていないという説明ですけど、私が変わっているから逆に私が……。いいですか、もう一回言いますよ。平成30年度においては市民公益活動事業補助金となっております。で、96万円の予算です。これに対して、平成31年度は市民活動活性化事業補助金96万と計上があります。同じものなのか、単なる違うものなのか、同じもので事業名称が変わるのはどういったことでしょうかということを聞いているわけです。 100: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 101: ◯地域生活部長(染原利幸君) 井上係長に答弁させてよろしいでしょうか。 102: ◯委員長(野口明美君) 井上係長。 103: ◯協働推進担当係長(井上章子君) 大変失礼しました。市民活動活性化事業補助金ですね、一度見直しを行っている年がありまして、そのときに本来ちょっと修正すべき名称だったものをですね、そのまま平成30年度までちょっと残っていた状況がございました。それで、今回の予算書のほうには正しい名称で記載をさせていただいているというところです。整理をさせていただいたと御理解いただけたらと思います。よろしくお願いします。 104: ◯委員長(野口明美君) 前田委員。 105: ◯委員(前田俊雄君) 同一の性格のものということで理解していいですね。 106: ◯委員長(野口明美君) 井上係長。 107: ◯協働推進担当係長(井上章子君) おっしゃるとおりです。 108: ◯委員(前田俊雄君) わかりました。 109: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。西川委員。 110: ◯委員(西川文代君) 63ページです。防犯カメラ設置費補助金ですね、70万円ですけれども、これは新規事業ということでですね、別紙資料No.2の16ページにも説明がありますとおりですけれども、これ、街頭防犯カメラ設置を支援すると書いてありますが、公民館の中にですね、つけるものとかは設置の対象ではない。まあ、中ていっても公民館の玄関から外に向けてとかですね、駐車場から外に向けてとか、それはどうなっていますか。 111: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 112: ◯安全安心課長(猪口 功君) 今、西川委員のほうから出た部分につきましては対象外でございます。あくまでも道路上における設置の街頭防犯カメラということでございます。 113: ◯委員長(野口明美君) 西川委員。 114: ◯委員(西川文代君) これがですね、要望のある自治会に対し補助金を交付しということですから、自治会が自主的に、ここはちょっと危ないということで上げてきたものに対して行政が動くというような形になるのだろうと思いますが、そこちょっと一応確認よろしいですか。 115: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 116: ◯安全安心課長(猪口 功君) 御要望が出ました自治会に対しては、設置される箇所のほうを自治会と市、それと春日警察署で現地のほうの立ち会いを行います。それで、こういう目的で、この角度でというふうなことをですね、三者で立ち会いまして、それから動くということに予定しております。  以上でございます。 117: ◯委員長(野口明美君) 西川委員。 118: ◯委員(西川文代君) 市のほうがですね、性犯罪がここは多いよとか、そういう情報というのはキャッチしている部分もあるかと思うんですね。で、逆に、市のほうがここは自治会から上がってはいないけれども、市のほうで、ここはやっぱり優先的につけるべきだというようなパターンの場合ですね、それはこの補助事業は使われるんですか。 119: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 120: ◯安全安心課長(猪口 功君) 市がですね、設置する部分につきましては、63ページの説明欄1段目の工事請負費、防犯カメラ設置、こちらのほうで市のほうが31年度につきましては、市域南部地区に3カ所12台の街頭防犯カメラを設置すると。この分につきましては、春日警察署の確認をとりながら、大きい交差点を中心に市のほうは進めさせていただいているということでございます。 121: ◯委員長(野口明美君) 西川委員。 122: ◯委員(西川文代君) わかりました。この新規のですね、自治会から要望できる補助金ができたということはありがたいなと思っています。最後にですね、1点確認なんですけれども、これは毎年毎年、これ、1地区につき1台を対象となっています。例えば、来年度31年度ですね、つけました、どこかの自治会が。そして、また引き続き32年度も、新規ですから継続していった場合に、もう去年あなたのところはつけたから、ことしはもう出ませんとか、そういうのって、まだそこら辺までは考えられていないんですか。 123: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 124: ◯安全安心課長(猪口 功君) 今のところですね、予算書のほうの63ページ見ていただきますと、70万円を予算計上させていただいていますので、基本的には1自治会1カ所ですから7カ所分で、今、市のほうが考えているのは、35地区に5年で行き渡ると。ただし、2年目も要望されて、要望が少なかったら市が特に認める限りというのはございますので、それは御相談に応じていきたいというふうに思っております。  以上でございます。 125: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。川崎委員。 126: ◯委員(川崎英彦君) 今の防犯カメラの設置費補助金なんですけど、これは設置した後の記録の管理だったりとか、電気料も使いますですね。そこら辺の費用というのは自治会持ちになっているんですかね。 127: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 128: ◯安全安心課長(猪口 功君) こちらのほうにつきましては、設置に対する補助金のみでございます。だから、電気代とかは自治会が負担、それとデータ管理でございますが、うちのほうに要綱というのがございます。自治会のほうも、既に公民館の中に設置してある方、例えば、農協から寄贈を受けて設置している自治会もございますけども、それ、公民館の中なんですけれども、その場合はですね、うちのほうに要綱案というのがございまして、そちらのほうを自治会でつくっていただいてと。基本的なことから申しますと、市のほうもそうなんですけども、管理者としてですね、見ることができるのは、市のほうで補助でつけている防犯カメラの画像を見るのは私だけです。管理者のみということになっています。それで、基本的に犯罪とか警察からの照会とかがあればデータを提供するというふうな形で、プライバシーの関係のほうも整理させていただいております。  以上でございます。 129: ◯委員長(野口明美君) 西川委員。 130: ◯委員(西川文代君) 65ページですね、上から8行目の空き家総合相談窓口業務ですね。これも新規事業ということで6万円ですね、上がってますけれども、これは今までは負担金2,000円ぐらいを負担するていうことだった、それを補助するとかいう説明がありましたよね。筑紫地区の相談窓口があるんですか、ちょっともう一回そこを説明していただきたいと思います。 131: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 132: ◯安全安心課長(猪口 功君) この分につきましては新規事業でございまして、空き家対策に対応する協議会を設置しておりまして、今もう2年目でございますけども、この協議会の中で、当然ながら相談窓口としてはですね、市のほうが受けるわけですけども、専門的にですね、相続の問題であったりとか利活用の問題とかっていうふうなことになると、どうしても私たち職員だけでは対応が難しいということがございまして、その協議会において空き家等の適切な管理の促進に関する協定書を3月末に締結を予定しております。そちらのほうが先ほど御説明しました公益社団法人福岡宅地建物取引業協会筑紫支部ということでございます。で、そちらのほうと新年度は、これ委託料でございますので委託契約をさせていただいて、件数に応じて支払いをするということでございます。  この相談業務でございますが、筑紫地区では春日市が初めての取り組みでございます。  以上でございます。 133: ◯委員長(野口明美君) 西川委員。 134: ◯委員(西川文代君) ありがとうございます。そうですね、何か相談業務まで、忙しい安全安心課に窓口ができるということでですね、大変危惧しておりました。そういう専門的なことをですね、きちっとそういう委託して事業が行われるということでうれしく思ってます。  以上です。 135: ◯委員長(野口明美君) ほかに。米丸委員。 136: ◯委員(米丸貴浩君) 同じところです。昨年まで委託料で赤色回転灯装着車両塗装と、それからスピーカーの設置の委託料が計上されておったものが今年度はなくなっておりますけれども、どこか費目が変わったんですか、それとももうなくなったんですか。なくなったんであれば、その理由を教えてください。 137: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。
    138: ◯安全安心課長(猪口 功君) そちらの昨年度の分につきましては、市のほうで2台青パトを持っております。そのうちの1台が買いかえになりましたので、その関係の分で市のほうが設置をするということでしておりますので、平成31年度はございません。  以上でございます。 139: ◯委員長(野口明美君) よろしいですね。ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 140: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。染原部長。 141: ◯地域生活部長(染原利幸君) 104ページをお願いいたします。2款5項1目統計総務費、説明欄1段目、統計事務費でございます。増額継続でございます。  1目は以上でございます。 142: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。金堂委員。 143: ◯委員(金堂清之君) この統計、今、国で問題になっとう関係で、これは大丈夫なんですか。この統計はしても意味があるとですか、これ。ちょっとお尋ねしますけれども。 144: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 145: ◯地域生活部長(染原利幸君) 国のほうで今、統計関係の問題が出てきておりますが、市のほうに影響があるというものはないということで所管のほうからも聞いております。それから、この統計事務に当たる幾つかのデーターについてはですね、市の施策にも反映されているということでございます。  以上でございます。 146: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 147: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。染原部長。 148: ◯地域生活部長(染原利幸君) 次に、2目委託統計調査費、説明欄3段目、統計調査員確保対策事業費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  次に、説明欄4段目、国勢調査費でございます。新規でございます。平成32年度に実施する国勢調査事務を円滑に実施するための支援システムの導入業務でございます。  次に、説明欄5段目から105ページにかけて、工業統計調査費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  次に、説明欄明欄2段目、農林業調査費でございます。増額継続でございます。  次に、説明欄3段目、全国消費実態調査事業費でございます。新規でございます。全国消費実態調査は、家計の構造を所得・消費・資産の三要素で総合的に把握することを目的として5年ごとに実施されております。なお、この調査は県を経由した国からの委託金を財源としております。  42ページをお願いいたします。歳入でございます。16款3項1目総務費委託金、説明欄4段目、上から6行目、全国消費実態調査委託金をこの目に充当いたしております。  次に、105ページをお願いいたします。説明欄4行目、経済センサス調査区管理費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  次に、106ページをお開きください。説明欄5段目、経済センサス基礎調査事業費でございます。新規でございます。経済センサス基礎調査は、事業所及び企業の産業、従事者規模等の基本構造を明らかにすることを目的として5年ごとに実施されております。なお、この調査は県を経由した国からの委託金を財源としております。  42ページをお願いいたします。16款3項1目総務費委託金、説明欄4段目、下から1行目、経済センサス基礎調査委託金をこの目に充当いたしております。  次に、106ページをお願いいたします。説明欄2段目、国勢調査準備事業費でございます。新規でございます。国勢調査は、我が国に住んでいる全ての人と世代を対象とする国の最も重要な統計調査でございます。5年ごとに実施され、次回平成32年度調査の準備のためのものでございます。  2目は以上でございます。 149: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。前田委員。 150: ◯委員(前田俊雄君) 106ページの一番上、経済センサス基礎調査事業費ですけど、新規事業で5年ごとになりますけども、30年度の予算書を見ますと、経済センサス基礎調査準備事業費、新規です、5年ごととなってるんですけど、新規、新規と、5年ごとと言いながら続くのはどういったことなんですかね。 151: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 152: ◯地域生活部長(染原利幸君) ちょっと確認させていただいて、後ほど回答させていただきます。 153: ◯委員長(野口明美君) 金堂委員。 154: ◯委員(金堂清之君) 105ページの農林業調査費ですけれども、春日市に農林業してある方がいらっしゃいますか。春日市でその調査が必要なんですか。それはたしか、国か県から申し入れはあったかもしれませんけれども、今、農林業で生活を立ててある方は春日市にはいらっしゃらないと思いますけども、その辺いかがでしょうか。 155: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 156: ◯地域生活部長(染原利幸君) 春日市のほうで農業関係で、農地の台帳面積が春日市では21ヘクタールとなっておりますので、この調査を実施しているものでございます。 157: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。ほかにございませんでしょうか。與國委員。 158: ◯委員(與國 洋君) 各種調査の中で、国勢調査は全員が対象ですが、その他の調査は県からあるいは国から来てるんですが、これ抽出なんですか、それとも、今言われたような全戸が対象で、農林なんかはこれだけありますということですから、全部を対象にした調査なんですか。その辺は市が直接やるわけじゃないかもしれませんけど、どういうふうな調査の形態になってるんですか。 159: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 160: ◯地域生活部長(染原利幸君) 済みません、これも確認させていただいてですね、後ほど説明させていただこうと思います。 161: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 162: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。猪口課長。 163: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、159ページをお願いいたします。  3款4項1目災害救助費でございます。説明欄1段目、災害救助費でございます。安全安心課にかかわるものにつきましては、職員手当、需用費の食糧費、委託料のうち、災害応急対策業務、工事請負費、原材料費が対象でございます。増額継続でございます。 164: ◯委員長(野口明美君) 新飼課長。 165: ◯環境課長(新飼達郎君) 同じ説明欄で環境課に関する項目は7行目、役務費、災害応急し尿汲取り手数料、その下、委託料、災害応急消毒業務災害応急塵芥収集運搬業務、ほぼ前年度同額継続でございます。  1目は以上でございます。 166: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 167: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。秀島主幹。 168: ◯環境課主幹(秀島安司君) 164ページをお願いします。  4款1項1目保健衛生総務費、説明欄4段目の健康診査費でございます。当課にかかる分は、165ページの説明欄1段目の4行目、健康診査業務(南部工場関連)で、ほぼ前年度同額継続です。  1目は以上でございます。 169: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 170: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。新飼課長。 171: ◯環境課長(新飼達郎君) 166ページをお願いいたします。  4款1項2目予防費、説明欄一番下の丸から次のページの1段目、狂犬病予防費、ほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして、次の丸、動物愛護事業費、ほぼ前年度同額継続でございます。  2目は以上でございます。 172: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 173: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。秀島主幹。 174: ◯環境課主幹(秀島安司君) 169ページをお願いします。  4款1項3目環境衛生費、説明欄2段目の環境総務事務費でございます。増額継続です。増額の理由は、31年度から32年度にかけて取り組む第3次春日市環境基本計画策定の業務に伴う委託料の増額によるものでございます。  続きまして、説明欄3段目の環境審議会費でございます。ほぼ前年度同額継続です。  続きまして、説明欄4段目の環境啓発・学習事業費でございます。増額継続でございます。  続きまして、170ページをお願いいたします。  説明欄2段目の壁面緑化事業費でございます。増額継続でございます。増額の主な理由といたしましては、風雨等で劣化いたしました壁面緑化用の支柱やロープ等につきまして、維持管理面におきまして安全性等を考慮いたし補強修繕等の補修工事を行うことによるものでございます。  続きまして、説明欄3段目の環境フェア事業費でございます。増額継続です。 175: ◯委員長(野口明美君) 新飼課長。 176: ◯環境課長(新飼達郎君) 続きまして、同じ170ページ、説明欄一番下の丸から次の171ページ1段目、環境衛生事務費、ほぼ前年度同額継続です。 177: ◯委員長(野口明美君) 秀島主幹。 178: ◯環境課主幹(秀島安司君) 続きまして、同じく171ページをお願いします。  説明欄2段目の環境保全活動事業費でございます。ほぼ前年度同額継続です。 179: ◯委員長(野口明美君) 新飼課長。 180: ◯環境課長(新飼達郎君) 続きまして、次の丸、説明欄、上から二つ目の丸ですけども、有害鳥獣対策事務費、ほぼ前年度同額継続でございます。 181: ◯委員長(野口明美君) 秀島主幹。 182: ◯環境課主幹(秀島安司君) 続きまして、説明欄4段目の福岡都市圏南部環境事業費でございます。福岡都市圏南部工場の運営を5市共同で行います福岡都市圏南部環境事業組合の経費でございます。増額継続です。増額の理由は、福岡都市圏南部環境事業組合の負担金の増によるもので、それは施設建設費に伴う借り入れの償還開始により公債費がふえるためでございます。  3目は以上でございます。 183: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 184: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。新飼課長。 185: ◯環境課長(新飼達郎君) 172ページでございます。  4款1項4目公害対策費、説明欄、上から一つ目の丸、公害対策費、ほぼ前年度同額継続です。  続きまして、次の丸、環境保全対策費、ほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして、説明欄一番下の丸ですね、生活環境保全事業費、ほぼ前年度同額継続です。  続きまして、173ページをお願いします。  説明欄一つ目の丸、東浦・西浦環境改善対策費、ほぼ前年度同額継続です。  4目は以上でございます。 186: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 187: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。新飼課長。 188: ◯環境課長(新飼達郎君) 173ページでございます。5目環境衛生施設整備費、説明欄、上から二つ目の丸、筑慈苑施設組合負担金、ほぼ前年度同額継続です。 189: ◯委員長(野口明美君) 秀島主幹。 190: ◯環境課主幹(秀島安司君) 続きまして、同じく173ページをお願いします。  説明欄3段目の衛生施設等整備基金積立金でございます。ほぼ前年度同額継続です。  5目は以上でございます。 191: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 192: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。新飼課長。
    193: ◯環境課長(新飼達郎君) 同じ173ページ、6目除草対策費、説明欄、上から四つ目の丸、除草対策費、ほぼ前年度同額継続です。  6目は以上でございます。 194: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 195: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。新飼課長。 196: ◯環境課長(新飼達郎君) 176ページをお願いいたします。  4款2項1目清掃総務費、説明欄、上から一つ目の丸、清掃総務事務費、ほぼ前年度同額継続です。  続きまして、次の丸、環境衛生施設管理費、ほぼ前年度同額継続です。  続きまして、次の丸から177ページの1段目、廃棄物減量等推進費、増額継続です。  続きまして、同じ177ページ、上から一つ目の丸、春日大野城衛生施設組合負担金、ほぼ前年度同額継続でございます。  1目は以上でございます。 197: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。西川委員。 198: ◯委員(西川文代君) 176ページですね、それの三つ目の丸の廃棄物減量等推進費ですね。ちょっとさっと見てたんですけど、増額継続ってことですが、もともとがそんな大きい金額ではないかと思いますが、昨年がですね、73万1,000円、そして、今年度が348万5,000円で増額がかなり、ちょっとパーセンテージとしては高いなと思っているんですが、もうちょっとここを説明していただけたらありがたいです。 199: ◯委員長(野口明美君) 新飼課長。 200: ◯環境課長(新飼達郎君) 申しわけありません。ここではですね、債務負担のときにも申し上げましたけれども、委託料のところに一般廃棄物の処理基本計画策定業務がございます。この分、細組成調査を今年度行うというふうに説明させていただいておりましたので、その分がここに計上されているためでございます。申しわけありませんでした。 201: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 202: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。新飼課長。 203: ◯環境課長(新飼達郎君) 同じ177ページ、4款2項2目塵芥処理費、説明欄、上から二つ目の丸、塵芥収集費、ほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして、次の丸から178ページの1段目、塵芥処理事務費、増額継続でございます。主な理由は、177ページの説明欄7行目、委託料のうち、指定ごみ袋製造・保管・配達・処理手数料徴収業務において、31年度は消費増税に伴う需要増を見込むためでございます。  続きまして、178ページ、説明欄、上から一つ目の丸、古紙等集団回収事業費、減額継続でございます。回収量を30年度の最終見込みと同程度として、30年の当初と比べて8%、約234トン減少すると見込んでおります。  続きまして、次の丸、緑のリサイクル事業費、ほぼ前年度同額継続です。  2目は以上でございます。 204: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。西川委員。 205: ◯委員(西川文代君) 178ページの一つ目の丸ですね。古紙等集団回収事業費ですけれども、これちょっと、減るということでですね、見込みがですね。それはどういう理由で。団体とかでそういう取り組みがちょっと減ってきているということですか。 206: ◯委員長(野口明美君) 新飼課長。 207: ◯環境課長(新飼達郎君) 団体につきましては、昨年度29年度より、現在4団体減っております。ただ、この団体さんの回収量はそんなに多くなくてですね、やはり回収ポイントが市内に結構、トラックの荷台みたいな感じの分が置いてあったりとか、あとやっぱり新聞も新聞社が集めたりとか、そういう形になっておりますので、全体的に減ってきている状況でございます。 208: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 209: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。新飼課長。 210: ◯環境課長(新飼達郎君) 続きまして、178ページ、3目し尿処理費、説明欄一番下の丸、し尿処理事務費、ほぼ前年度同額継続でございます。  3目は以上でございます。 211: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。竹下委員。 212: ◯委員(竹下尚志君) 昨年も質問したんですけども、昨年に比べて、どれぐらい減って、あと何軒ぐらい残っとるのか。 213: ◯委員長(野口明美君) 新飼課長。 214: ◯環境課長(新飼達郎君) 現在の残っている戸数はですね、128収集世帯が残っておりますので、昨年から比べると8世帯ほど減っている状況でございます。  以上でございます。 215: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。竹下委員。 216: ◯委員(竹下尚志君) これは国の法令からいくと、もう終わっとかないかん話よね。 217: ◯委員長(野口明美君) 新飼課長。 218: ◯環境課長(新飼達郎君) 確かに下水道の整備からいくと速やかに接続していただくという形になりますので、下水道課と一緒になって接続のお願いには参っておりますけれども、ただ、し尿につきましては、工事現場等の臨時収集等もございますので、それがある限りはですね、一般廃棄物としての収集は続くという形になりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 219: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 220: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。染原部長。 221: ◯地域生活部長(染原利幸君) それでは、181ページをお願いたします。  6款1項1目農業委員会費、説明欄1段目、農業委員会費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  1目は以上でございます。 222: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 223: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。 224: ◯地域生活部長(染原利幸君) 次に、2目農業総務費、説明欄2段目、農業委員会事務費でございます。増額継続でございます。  次に、説明欄3段目、農業総務事務費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  次に、182ページをお願いいたします。  説明欄1段目、農業団体等補助費でございます。減額継続でございます。  2目は以上でございます。 225: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 226: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。 227: ◯地域生活部長(染原利幸君) 次に、182ページから183ページでございます。  6款1項3目農業振興費、説明欄4段目、農業振興事務費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  同じく183ページ、説明欄2段目、農地環境保全支援事業費でございます。増額継続でございます。  3目は以上でございます。 228: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。金堂委員。 229: ◯委員(金堂清之君) これ、貸し農園も整備してあると思うんですが、今の状況で、貸し農園のほうは希望者に対して充当できておるんでしょうか、それとも待ちがあるんでしょうか。ちょっとその辺をお聞かせください。 230: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 231: ◯地域生活部長(染原利幸君) 毎年募集はかけておりますが、倍率約1.5倍でございます。 232: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 233: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。染原部長。 234: ◯地域生活部長(染原利幸君) 185ページをお願いいたします。  7款1項1目商工総務費、説明欄1段目、商工事務費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  1目は以上です。 235: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 236: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。 237: ◯地域生活部長(染原利幸君) 次に、2目商工振興費、説明欄3段目から186ページにかけて、商工振興対策費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして、186ページをお願いいたします。  説明欄2段目、商工振興対策貸付金でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして、その下の段、商店街活性化事業費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  2目は以上でございます。 238: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 239: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。猪口課長。 240: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、同じ186ページ下段でございます。  3目消費者対策費、説明欄、上から4段目、消費者対策事務費でございます。減額継続でございます。  続きまして、説明欄、下から1段目から187ページの1段目までの消費生活センター事業費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  3目は以上でございます。 241: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 242: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。猪口課長。 243: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、194ページをお願いいたします。  8款2項4目交通安全対策費でございます。説明欄、上から3段目でございます。交通安全対策管理費でございます。増額継続でございます。安全安心課に係る項目といたしましては、職員旅費、需要費の消耗品、印刷費、委託料、負担金、補助及び交付金でございます。新規といたしましては、委託料の交通安全教室実施業務でございます。この業務につきましては、31年度、中学校の2校において、スケアードストレート方式の交通安全教室を行うこととしております。スケアードストレートとは、スタントマンによる交通事故再現を行うものでございます。項目といたしましては8項目を予定しているところでございます。一つ目が衝突実験、二つ目が六つの違反、三つ目が左折の巻き込み、四つ目が傘差し、五つ目が飛び出し、六つ目が斜め横断、七つ目が死角、8個目が歩道の暴走ということでございます。  続きまして、説明欄、下から1段目から195ページ1段目までの交通安全指導員費は、ほぼ前年度同額継続でございます。  4目は以上でございます。 244: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。中原委員。 245: ◯委員(中原智昭君) 今のところの交通安全のスケアードストレート方式ですけど、それは他市とかでしてて効果とかの面はどうなんですか、出てるんですか。あれでしょうから難しいとは思うんですけど、効果があるからしようということ、今までと違うのをされるんでしょうけど、される理由というのは何ですか。 246: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 247: ◯安全安心課長(猪口 功君) こちらのほうにつきましては、高校生を対象といたしまして筑紫地区におきまして、福岡都市圏の取り組みでチャリンコプロジェクトというのがございます。この中で、各筑紫地区内の高校を2校ずつ順次回ってきて、高校生に対する部分のスケアードストレートを実施をしています。ちなみに春日高校でございますが、昨年の10月17日に実施をしたところでございます。  私のほうも実際に2回ほどこちらのほうを見せていただきました。グラウンドでする場合と、雨天でございましたので体育館でする場合とですね、2種類、ちょっと見せていただきました。衝撃的なんですけども今からは中学生においても、高校生のほうが大体行き渡りましたので、今度は市としての事業ということで、6中学校区を3カ年で2校ずつ実施をしていきたいというふうに。とりあえず3年間はさせていただきまして、その状況は見せていただきたいというふうに思っているところでございます。  以上でございます。
    248: ◯委員長(野口明美君) 西川委員。 249: ◯委員(西川文代君) 今のところですけれども、ぜひですね、中学生にアンケートとかとっていただきたいなと思いますが、そういう予定はありますか。 250: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 251: ◯安全安心課長(猪口 功君) アンケートの予定は今のところ考えておりませんが、今のところ、この開催をさせていただく中学校でございますが、春日中学校と春日東中学校を予定をさせていただいています。これ、全校生徒プラスのPTAプラスの地域の方にお声をかけて、中学生から高齢者までお集まりいただいた形でのですね、実施をする予定でございます。  先ほど、西川委員のほうからありました部分については、今後ちょっと検討してまいりたいというふうに思っております。  以上でございます。 252: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 253: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。猪口課長。 254: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、212ページをお願いします。  9款1項1目常備消防費でございます。説明欄、上から1段目、消防施設整備事業費は増額継続でございます。目的といたしましては、災害時に国県との情報連絡手段を確保するための施設整備でございます。  関連する歳入といたしましては、57ページをお願いいたします。22款1項6目、説明欄3段目防災・行政情報通信ネットワーク整備事業債がこの事業の起債となるものでございます。  続きまして、212ページにお戻りください。  説明欄、上から2段目、春日・大野城・那珂川消防組合負担金は増額継続でございます。  続きまして、説明欄、上から3段目、常備消防事務費はほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして、説明欄、上から4段目、国民保護法総務事務費はほぼ前年度同額継続でございます。  1目は以上でございます。 255: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 256: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。猪口課長。 257: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、213ページをお願いいたします。  9款1項2目非常備消防費、説明欄、上から2段目、消防団員費はほぼ前年度同額継続でございます。  これに伴います歳入がございます。55ページをお願いいたします。21款5項5目雑入、説明欄、上から3段目、消防団員退職報償金、それと、2行下、消防団福祉共済事務費の二つでございます。  続きまして、213ページへお戻りください。  説明欄、上から3段目、消防自動車維持費は増額継続でございます。  続きまして、説明欄、下から1段目から214ページの説明欄1段目までの非常備消防事務費は減額継続でございます。  2目は以上でございます。 258: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。金堂委員。 259: ◯委員(金堂清之君) 消防団費なんですけども、団員、春日市は女性の団員まで入れて128名だと思います。その中で今、消防団員に入団していただける方が非常に少ないと、少なくなっておるということをお聞きしておりますけれども、自治体としてどんなふうに支援していこうと思われるんですか。  というのは、非常事態には、必ず地域のボランティアの方もいらっしゃいますけれども、すぐ消防団に出動命令が下って、消防団は必ず地域の安全対策に赴いておるわけでございますけれども、その団員数が非常に少ないということをお聞きしておりますけども、行政としてどうお考えなのか、ちょっとお聞かせください。 260: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 261: ◯安全安心課長(猪口 功君) 現在の消防団員でございますが、今、金堂委員がおっしゃられたように定数は128名でございます。現在、今時点の消防団員116名でございます。こちらのほうにつきましては、昨年の3月31日で退職が7名で、新規で入ったのが5名、うち女性1名ということでございますので、昨年の4月1日現在からいくと、マイナス2ということでございます。  この分につきましては、春日市としては市報等に消防団員の呼びかけとかはしております。あとはもう口コミにおける部分でございます。  新年度でございますが、消防団員であった方の息子さんが入られるとか、そういった部分での、4月に1名新規で入るというのは確認はしております。  以上でございます。 262: ◯委員長(野口明美君) 金堂委員。 263: ◯委員(金堂清之君) 市の職員採用が行われておると思うんですけれども、その中で、春日市外の職員の方々、採用された方々は別問題といたしましても、地元から職員採用された場合、地域の消防団に入っていただけるようにお願いするっていうことはお考えなんでしょうか。 264: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 265: ◯安全安心課長(猪口 功君) 新入団員につきましては、うちの市の職員でございますが、入った後に消防団員が市役所の中にもいますので、加入のほうは直接行わせていただいているということでございます。  以上でございます。 266: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。ほかに。岩切委員。 267: ◯委員(岩切幹嘉君) 同じところなんですけども、やっぱり消防団員さんの不足というのが、ある程度深刻とは思いますが、もっと幅広く、例えばOBの活用とかですね。あと、一番大変なのは、時間の制約とかがありますから、例えばいろんな立場の人がもっと幅広く、今後ですね、何か参加できるようなシステムも必要かと思いますが、その辺のお考えについて。 268: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 269: ◯安全安心課長(猪口 功君) ただいまの岩切委員からの御質問でございますが、今のところ、所管としてはすぐさま御回答ができない状況でございますので、今の御意見をいただきながら、うちの内部でも少し中身を精査したいというふうに思っております。  以上でございます。 270: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 271: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。猪口課長。 272: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、215ページをお願いいたします。  9款1項3目消防施設費、説明欄、上から1段目、消防施設維持補修費は増額継続でございます。  続きまして、説明欄、上から2段目、消防施設整備事業費は減額継続でございます。  3目は以上でございます。 273: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 274: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。猪口課長。 275: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、同じページ、215ページの中段をお願いいたします。  4目水防費、説明欄、上から3段目、水防費はほぼ前年度同額継続でございます。  4目は以上でございます。 276: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 277: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。猪口課長。 278: ◯安全安心課長(猪口 功君) 続きまして、同じ215ページの下段でございます。  5目災害対策費、説明欄、上から4段目、防災会議費はほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして、説明欄、下から1段目から216ページ1段目まで、災害対策総務事務費は減額継続でございます。  続きまして、216ページをお願いいたします。  説明欄、上から2段目、市民防災対策活動等支援基金積立金は、ほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして、説明欄、上から3段目、防災訓練費は、ほぼ前年度同額継続でございます。  5目は以上でございます。 279: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 280: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。染原部長。 281: ◯地域生活部長(染原利幸君) それでは、260ページをお願いいたします。  10款4項1目社会教育総務費、説明欄3段目、社会教育団体育成費でございます。減額継続でございます。地域づくり課で所掌いたしますのは、下から1行目の文化協会補助金及び261ページの上から2行目の大会参加補助金でございます。  続きまして、265ページをお願いいたします。  10款4項3目ふれあい文化センター費、説明欄2段目、ふれあい文化センター事業総務費でございます。減額継続でございます。こちらは文化芸術事業を企画運営するための経費で、文化芸術審議会の報酬等を計上いたしております。減額の主な理由は、文化芸術企画専門員の任用を見合わせたものでございます。  説明欄3段目から266ページにかけまして、ふれあい文化センター自主文化事業費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。その中で、266ページの説明欄1段目、下から2行目、会場使用料でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。  続きまして、説明欄2段目、ふれあい文化センター管理費でございます。ほぼ前年度同額継続でございます。その中で、説明欄7行目、ふれあい文化センター管理業務でございます。こちらは、平成30年度から指定管理者制度の導入に伴うものです。施設管理業務及び指定事業について指定管理者が管理運営をいたしております。  3目は以上でございます。 282: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。西川委員。 283: ◯委員(西川文代君) 266ページのふれあい文化センター管理費ですね。これ、指定管理業者に委託するようにですね、指定管理して、今、管理運営していただいてますが、市民の方からですね、いろいろ、さまざまな意見が出てるかと思いますが、主な、いろんなよくなった点、悪くなった点って言ったらおかしいですけど、どのような意見が出ておりますでしょうか。 284: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 285: ◯地域生活部長(染原利幸君) 林補佐に回答いたさせます。 286: ◯委員長(野口明美君) 林地域づくり課長補佐。 287: ◯地域づくり課長補佐(林 武志君) 指定管理者制度導入後には、文化サークルの講座数が減少したことによりまして、当初、市民の方からの問い合わせが複数件ございましたけども、その後はおおむね御好評いただいているかと思います。 288: ◯委員長(野口明美君) 係長、もう少し声を大きくお願いいたします。 289: ◯地域づくり課長補佐(林 武志君) 喫茶スペースに関しましても、市民の皆さんからの要望に対しまして迅速に対応してメニューをふやしたりですとか、芝生広場のかさが下がった件に関しましても迅速に対応しているということで、お褒めの言葉をいただいております。  以上です。 290: ◯委員長(野口明美君) 西川委員。 291: ◯委員(西川文代君) 大体、大まかなところはわかりました。私が聞いてるのはですね、貸し館っていうかですね、借りるときですね、そのときに何か融通がきかないっていうかですね、時間とか。やはりですね、直営であれば、まあ、こういう、前の方の団体と今度の団体とですね、少し連携して、少し早目に入ったりとかですね、少し準備をさせていただいたり、そういうことができたんだけれども、もう時間から時間でびっちりで、そういう融通がきかなくて借りにくいとか、ちょっとそういう声を聞いてます。ちょっとそこらあたりはですね、指定管理業者にも、ちょっと市のほうから、どのようになってるかをもうちょっと詳細にですね、聞いて、また市民の皆さんのお声も市のほうも聞き取っていただきたいなと思います。  以上です。 292: ◯委員長(野口明美君) それは要望ですか。西川委員、最初から質問をちょっと明確におっしゃってくださいね。  それでは、ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 293: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。染原部長。 294: ◯地域生活部長(染原利幸君) 続きまして、272ページをお願いいたします。  10款4項5目社会教育施設整備費、説明欄2段目、社会教育施設管理費でございます。増額継続でございます。  続きまして、説明欄3段目、社会教育施設維持補修費でございます。増額継続でございます。主な増額の理由といたしましては、一番下の行と下から5行目の春日共同利用施設解体工事と、これに伴う設計管理業務を計上しております。これは、隣接する春日幼稚園舎の建てかえに伴い借地の継続ができなくなった春日共同利用施設を解体し、公民館機能を春日地区内の春日地区若水会館に移管するものでございます。説明欄の……、済みません、失礼しました。なお、この解体工事は一部春日地区の負担金を財源としております。  歳入のほう、56ページをお願いいたします。21款5項5目雑入、説明欄1段目、一番下の行、春日共同利用施設解体工事地区負担金をこの目に充当いたしております。  それでは、272ページの説明欄の4段目から273ページにかけてでございます。須玖北コミュニティ共用施設整備事業費ございます。その下の欄、下白水北コミュニティ共用施設整備事業費でございます。継続事業でございます。  続きまして、説明欄3段目、大和町共同利用施設整備事業費、その下の欄、宝町共同利用施設整備事業費でございます。新規事業でございます。平成32年度大規模改修工事に向け設計を行う委託料でございます。
     5目は以上でございます。 295: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。岩渕委員。 296: ◯委員(岩渕 穣君) 272ページの社会教育施設管理費なんですけど、弥生コミュニティのこの借上料というのは、これ、どういう性質のものなんでしょうか。 297: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 298: ◯地域生活部長(染原利幸君) 弥生公民館の土地を借地して、そして公民館のほうを建ててるという状況でございます。 299: ◯委員長(野口明美君) 岩渕委員。 300: ◯委員(岩渕 穣君) 借地で建っている公民館て何軒かあると認識してるんですが、この社会教育費で上げている、何か根拠とか理由というのはありますか。 301: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 302: ◯地域生活部長(染原利幸君) 公民館はもともと施設の種類といいますか、そういうと社会教育施設に該当するものでございますので、ここで上げさせていただいております。 303: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。ほかにございませんでしょうか。竹下委員。 304: ◯委員(竹下尚志君) 272ページから273ページにかけて、まあ、これから大規模改修、今も続いていますけれども、この大規模改修の、2階の大広間があるかどうかをちょっと確認していないからわかりませんけども、私が一般質問したエレベーターのね、エレベーターの設置は、これからつけないかん時期にもう来とると思うんですよ。なぜならば、今もう高齢化率が21.7%、超高齢化時代に入ったんですよね、春日市も。あと5年後は24.7%になるわけですよ、見通しとしてはね。それなので、大規模改修をやった今の値段と、新たにつけたら幾らかかるのか。大規模改修、これに加えてやるのとの経費はね、我々素人が考えてもやっぱり安価で済むと思うんですよ。単品で、単独でやるのと。そういう試算をやられたかどうかね。春日市は財源がないないと言っておられるので、そういうところから、やっぱり工面、工夫をしながら、やっぱり市民にサービスを早急にしてやらんといかんのじゃないかなと思いますけど、いかがですか。 305: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 306: ◯地域生活部長(染原利幸君) 竹下委員からエレベーターの設置の御意見いただいております。私どものほうとしましてもですね、エレベーターについては、これまでも御回答しておりましたけども慎重に判断させていただいて、そして決めていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。 307: ◯委員長(野口明美君) 竹下委員。 308: ◯委員(竹下尚志君) いつまで慎重にされるかわかりませんけど、試算されたことはあるんですかね。そういう単費でやったとと、その上乗せしてやったとの経費がどれぐらい浮くのか。これは春日市29カ所あるんですよ。2階に大広間があって、そのほか2階に台所があるところも。それを加えると29カ所以上になると思うんですけども、上で料理して、下に持っていくというのもね、これもやっぱりエレベーターが要ると思うんですけど。それを加えると29カ所以上になるかと思いますけど、私が調べた範囲では29カ所、必ず2階に大広間があります。それで、その大規模補修やるときに試算をやられて、そんな変わらんよと言って、今現在に来ておられるのか。我々素人だから積算できませんけど、専門屋に積算させたら幾らか差額が出ると思うんですよ、差が。その差を20掛けて出したら、やっぱり何億ぐらい浮くんじゃないんですかね。我々は貧乏人だから、そうしか考えられないんですよ。 309: ◯委員長(野口明美君) お答えお願いします。染原部長。 310: ◯地域生活部長(染原利幸君) エレベーター設置についてはですね、1件当たりどれぐらいするのかというのは一応試算させていただいたりしております。ただですね、施設面積や躯体構造の関係等ありましてですね、ちょっとそこは慎重に判断させていただいているというところでございます。竹下委員の御意見についてはですね、重々重く受けとめております。どうかよろしくお願いいたします。 311: ◯委員長(野口明美君) 竹下委員。 312: ◯委員(竹下尚志君) いやいや、それはわかるて。わかるんだけど、積算してみてくださいよ、積算して、その差を教えてくださいよ。そうすると市民も納得しますよ。ね。普通考えたらさ、やっぱりね。金がうんざりあればいいですよ。ないないって言っておられるのにね、どこかでか削減せんと、ほかのサービスができないんじゃないですか。もうね、目の前に迫ってますよ、この高齢者、障がい者の人が困ってるのは。私なんか誕生会におんぶして上がりましたよ。もう今度はおんぶされないかん年になってますよ。私がそうなっとるから言うんじゃないんだけど、やっぱり市民の皆さんの言われるのは、もうほとんどそうですよ。しかもね、お隣のね、大野城市はね、平成23年に終わりましたよ、全部終わったですよ。全く春日と一緒、29カ所ありますよ。それが、月の浦を最後に、金がないからって言って月の浦はね、宝くじ協賛金の1,000万円もらって、自前で300万円して、1,300万円でつけてますよ。で、そのときの議会報で私、写真をね、撮りに行って載せてますよ、見てくださいよ、議会報の一般質問のところの写真を。まあちょっと、大規模改修やってましたから中は撮れませんでしたが、外観の。3名乗りのね、家庭用のやつを。真剣にちょっとね、部署は考えてもらいたい、本当に。私、来期はいないかわからんけども。よろしくお願いしますよ。 313: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 314: ◯地域生活部長(染原利幸君) 竹下委員の思いは重々承知しておりますけども、このことについてはですね、引き続き、高齢者対応ということの中で必要な設備あたりの、先ほど言われました積算といいますか、そういったのも一応正確な設計になると費用もかかってくるということで、大体の概算とかですね、そういったのは確認していきたいというふうに思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 315: ◯委員長(野口明美君) 金堂委員。 316: ◯委員(金堂清之君) そういう小理屈言わんでね、今そういう要望があるんだということを。できるできないは二の次ですよ。だけども、今要望されるような試算して、今、大規模改修していきよう中で、エレベーターつけたら幾ら増加になるんだというぐらいのことは真剣に検討していくのがね、行政マンのあり方じゃないかなと私は思っております。だから、今そういうふうな言いわけじゃなくて、そういうものを検討して話し合っていくという返答ぐらいは下さいよ。そうしないとやっぱしですね、今、竹下委員の思いていうのは、そういうふうなことを一般質問の中でもおっしゃってるんですから、否定だけをするんじゃなくて、もう少し前向きな考え方も欲しいなと思います。  それと、続けていいですか。 317: ◯委員長(野口明美君) はい、どうぞ。 318: ◯委員(金堂清之君) 弥生コミュニティ、先ほど、用地借上料って書いてありますけれども、この地区公民館で借り上げしている地域は何カ所かあるんでしょうか。それを教えていただきたいと思っております。  そして、各コミュニティの事業費が、須玖北は9,200万円、下白水北は1億500万円、大和町、宝町は500万円、700万円っていうようなあれは、修理される規模の内容が違うんですか、それとも面積が……。ああ、これは設計料か、済みません、申しわけありません。これ、須玖北と下白水北の金額、どう違うのか、ちょっと教えてください。 319: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 320: ◯地域生活部長(染原利幸君) 改修の主なものは両施設とも、まず屋根防水、屋根外壁の防水、それから内装材の工事、多目的トイレの設置、トイレの簡式化、それから和室から洋室へのバリアフリー化、そして省エネ照明設備の更新等の工事、これが主なものになりますけども、やはり建物によって傷みぐあいとか、自治会側の要望とか可能なものはですね、そういったものはなるべく取り入れるようにしておりますので、その部分で積算費の中が違ってきているものと考えております。 321: ◯委員長(野口明美君) 借り上げの件数は。染原部長。 322: ◯地域生活部長(染原利幸君) 借地で、有料でお借りしているのは、先ほどお答えしました弥生の公民館のところ、ここを有料でお借りしてます。 323: ◯委員長(野口明美君) 1件ですか。 324: ◯地域生活部長(染原利幸君) 1件でございます。 325: ◯委員長(野口明美君) 金堂委員。 326: ◯委員(金堂清之君) 弥生の借上料はどういう形で借り上げてあるかわかりませんけれども、今度、春日のコミュニティ施設を、若水会館を今度公民館に移管されますけども、そこは有料じゃございませんし、春日自体が地区が建てたものを無償借地でいくということだから、この辺の公平感がちょっと若干違うんじゃないかなという感じがしますので、これ、できたら買い上げするかというような形を考えたらいかがですか。割かしうちの市長は借地は嫌うでしょうが。なるだけ市の財産にしたいというようなお考えですので、その辺調べて、買い上げるなら買い上げるていうような形、そうすればいいんじゃないかなと思います。  よろしくお願いします。 327: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 328: ◯地域生活部長(染原利幸君) 今、金堂委員がおっしゃられたとおり、所有者に対してはですね、売却の交渉をしておるんですか、なかなかまだ御同意いただいていないということでございます。  以上でございます。 329: ◯委員長(野口明美君) 中原委員。 330: ◯委員(中原智昭君) ちょっと公民館の関連で、須玖北と下白水北の工事請負費なんですけど、今までほとんど公民館、先ほどの改修内容で、多分、ちょっと間違ってたら済みませんが、五、六千万程度だったと思うんですけど、ここだけ、この2カ所、倍ぐらいになってますけど、広さが極端に違うのか、何がそんなに違うんですか。 331: ◯委員長(野口明美君) わかりますか、染原部長。 332: ◯地域生活部長(染原利幸君) 建築物価そのものがですね、上昇しているということで、国が示す予算要求建築単価がございますけども、この伸び率を含めてですね、詳細の設計をした結果がこういう建築費になったということです。ちなみに、5年間でですね、22.3%上昇しているということでございます。  以上でございます。 333: ◯委員長(野口明美君) 中原委員。 334: ◯委員(中原智昭君) 建築は物価とか人件費の高騰ということであれば仕方ないんでしょうけど、もちろんこれ今後入札されるんでしょうから、あまりにも、何年か前と倍ぐらいかかっているということですので、やっぱ内容は内容で検討するべきだと思いますので、その辺は今後注意して見ていただければと思います。お願いします。 335: ◯委員長(野口明美君) 北田委員。 336: ◯委員(北田 織君) 先ほどから公民館のエレベーターの話がなされていますけれども、竹下委員の思いということが前面に出てるようですけども、その背景にはやはり、春日市の特色は35ある自治会で、自治会というか地区公民館で、いかに地域コミュニティーをつくっていくかという、それがやっぱり春日の大きな課題だろうと思うんですよね。そうした中で、この公民館の中に集まってこられる方がいかに使いやすいか、特に高齢者含めてですけど、ある今年度完成したところでは、300万円の基金を全て出すのでエレベーターをつけてほしいという要望があっても、これ却下されてますけど。僕、1度調べたことがあるけど、エレベーター1基、大規模改修と一緒にやれば大体1,500万円かその程度じゃないんですかね、大きいエレベーターは必要ないわけですから。そうすると、これは2,000万円かかっても、29のね、公民館だったらね、6億円で終わるんですよ。たった6億円ですよ。まして公民館は避難所になっているんですよね、災害時の。そういうことで、やっぱもう少しね、真剣に考えてほしいですよね。僕もそういう立場で、自治会長という立場でいろいろ取り組みしてきましたけど、絶対必要です、これ、エレベーターは。ぜひ、慎重にじゃないですよ、真剣に考えてほしい。そのことだけ申し添えときたいと思います。 337: ◯委員長(野口明美君) 答弁要りますか、北田委員。 338: ◯委員(北田 織君) いりません。 339: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。米丸委員。 340: ◯委員(米丸貴浩君) 公民館、私は須玖北なので、あえてお聞きしますが、須玖北公民館にエレベーター設置の設計はなされてるんでしょうか。 341: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 342: ◯地域生活部長(染原利幸君) エレベーターを取りつける設計はなされておりません。  以上でございます。 343: ◯委員長(野口明美君) 米丸委員。 344: ◯委員(米丸貴浩君) 公民館は公の施設ですよね、公の施設。そうであればですね、須玖北はですね、2階に調理室があって、大きな大鍋に料理入れて階段をおりていくんですよね。これ、いつひっくり返るだろうかと、みんな冷や冷やしながら見てるんだけど。福岡県の県のまちづくり条例に照らし合わせたとき、障がいをお持ちの方、例えば車椅子の方はどうやって2階の調理室に行って御利用をされたらよろしいんでしょうか。 345: ◯委員長(野口明美君) 米丸委員。 346: ◯委員(米丸貴浩君) 県のまちづくり条例ではどのようになっているか、これに抵触しないかっていうのが私は聞きたいんですよ。どうなんですか。 347: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 348: ◯地域生活部長(染原利幸君) ちょっとその辺は確認させていただいてお答えしたいと思います。 349: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。近藤委員。 350: ◯委員(近藤幸恵君) お尋ねします。春日共同利用施設の解体工事についてですが、まず歳入のところで一つ聞き漏らしてましたのでお尋ねいたします。共同利用施設解体工事に際しまして、地区の負担金が105万6,000円となっておりますが、これはそもそも解体は市が全面だと私は思っていましたけど、なぜこのような歳入になってる、雑入になっているんでしょうか、お尋ねいたします。 351: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 352: ◯地域生活部長(染原利幸君) 井上係長から説明させます。 353: ◯委員長(野口明美君) 井上係長。 354: ◯協働推進担当係長(井上章子君) 御説明させていただきます。春日地区の共同利用施設のほうですね、こちらのほうは幼稚園舎とつながっている渡り廊下部分、それから管理人室の増築を地区のほうでされておられます。そこの部分の解体費について負担をしていただくように交渉しておりまして、そこで話ができております。 355: ◯委員長(野口明美君) 近藤委員。 356: ◯委員(近藤幸恵君) わかりました。地区のほうで増築なさっているからその分はということで105万円ですね。わかりました。  では、もう一つよろしいでしょうか。 357: ◯委員長(野口明美君) はい、どうぞ。 358: ◯委員(近藤幸恵君) 歳出のほうで解体工事設計業務が今から始まってくるわけですけれども、向こうも改築ということでですね、そして10月から幼稚園児の保育料無償化とか、いろいろ、さまざまな要件が満ちてくるわけなんですけれどもね、そのあたりのところで工程はどのように。何ていうんですか、平成31年度から設計が始まりますけど、崩すのはどのぐらいになって、工程はどのようになっているのかお尋ねいたします。 359: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 360: ◯地域生活部長(染原利幸君) 井上係長に説明させます。 361: ◯委員長(野口明美君) 井上係長。 362: ◯協働推進担当係長(井上章子君) 御説明させていただきます。一応公民館ですね、指定管理のほうの場所の変更も含めまして、地区の行事等で現在活用してある場所の状況も考えまして、10月をめどにですね、変更させていただきたいと。で、そこから工事が始まるような形で安全に行いたいということで協議をしております。  以上です。 363: ◯委員長(野口明美君) 近藤委員。 364: ◯委員(近藤幸恵君) 10月をめどに変更し、その後に解体をするということでよろしいですね。じゃ、解体はもう1カ月ぐらいで終わるという、何月ぐらいで終わる予定というのは、今から設計ですからね、その辺で決まっていくんでしょうね、最終的にはですね。そのあたりは向こうの、向こうといいますか、春日地区とですね、やっぱり重々コミュニケーションを図りながらしていかないと、向こうも営業というか、幼稚園を経営しておりますのでね、その辺は十分にしていただきたいということを申し伝えときます。  ありがとうございます。 365: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。西川委員。 366: ◯委員(西川文代君) 273ページの、また公民館のほうになりますけど、二つ目の丸と三つ目の丸、大和町と宝町、平成32年度に大規模改修をするということで、平成31年度には施設整備事業費で設計ですね、をされるということです。先ほどから聞いておりますと、エレベーターは設置しないということの方向性での設計をしていただくためのこの委託料になるかと思うんですけれども、このですね、大和町と宝町は、先ほどからから出てました問題になってる集会室とかキッチンというか、調理スペースですね、それは2階にあるだけではないんですか。 367: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 368: ◯地域生活部長(染原利幸君) 両施設とも2階に集会室がございます。 369: ◯委員長(野口明美君) 西川委員。 370: ◯委員(西川文代君) そうしましたら、その調理スペースとか集会室を下におろすような大規模改修をしようという方向性でこの設計業務は進むんですか。 371: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 372: ◯地域生活部長(染原利幸君) 設計に当たってはですね、自治会のほうとも十分協議しながら、できるものとできないものを振り分けてですね、進めていくようになります。 373: ◯委員長(野口明美君) 西川委員。 374: ◯委員(西川文代君) もしですね、エレベーターをつけないんであれば、間違いなく1階に移すべきです。それをなぜできないのか。そういうところから一歩一歩進めないと意味がないです。2階に残したままにして、エレベーターはつけない。確かに新しくなってバリアフリーになる部分はあるかもしれませんけど、先ほども米丸委員が言われてましたけど、全くバリアフリーじゃないです、その公民館は。 375: ◯委員長(野口明美君) 西川委員。 376: ◯委員(西川文代君) 済みません、そこら辺をしっかり考えて、そこら辺も加味した上で、設計をしていただきたいと思います。 377: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。竹下委員。 378: ◯委員(竹下尚志君) 済みません、くどくどとエレベーターの件でえらい長引いて申しわけないですけども、いや、執行部の皆さんがわからんからわしは言うんだよ、わかってもらうために。ね、理解してください。というのはね、大規模改修やって、後5年ぐらいは大体いじれないでしょうが。またすぐ大規模改修やったら、それ、市民怒りますよ、5年以内にやったらね。5年間はもう大体普通扱われないから。事故とかね、災害があれば別ですよ。普通またそれをね、改造なり何かするということはあり得ないので、今やるのにすぐやったらどうですかと言うんですよ。そうすれば、休館も1回で済むし、新たにエレベーターをつければ、また休館しなきゃいかんですよ。そういうロスとかね、いろいろ加味した上でね、私は言いよるんですから。  あえて説明しておきます。 379: ◯委員長(野口明美君) 近藤委員。 380: ◯委員(近藤幸恵君) 済みません、改修のことです。エレベーターも私も一般質問で2回ほどさせていただきました。哀願が悲願となっているということもですね。それは終わりまして、トイレのことなんですよ。改修はしたもののですね、トイレが和式の部分が。洋式が1個でとか、和式とか。よく行政はね、平準化という言葉を使います。でも、今はですね、高齢者が集まらなきゃいけない場合、和式は無理ですよね。まして幼児もそうです。私どもも、もう洋式のほうがようございます。そういう意味ではね、そこのところをしっかり考えて、やっぱり全て洋式にしていくべきだと思いますよ。設計で十分、今から改修するところもありますけども、そのあたりはですね、設計変更をしてでもですね、洋式にしてほしいと思いますけど、いかがでしょうか。 381: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 382: ◯地域生活部長(染原利幸君) 近藤委員から、トイレの洋式化ということで、今、大規模改修を進めておりますところは洋式化で進めるようにしております。  以上でございます。
    383: ◯委員長(野口明美君) いいですか。 384: ◯委員(近藤幸恵君) 済みません、申しわけありません。私が見たところが和式が随分残っているところがございましたんで、そのように平準化を図るという意味が大好きな行政でございますので、そう思っておりました。失礼いたしました。 385: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 386: ◯委員長(野口明美君) 次、お願いいたします。染原部長。 387: ◯地域生活部長(染原利幸君) それでは、291ページをお願いいたします。 388: ◯委員長(野口明美君) あとどのぐらい残っていますか。 389: ◯地域生活部長(染原利幸君) これで終わりです。 390: ◯委員長(野口明美君) そうですか。じゃあ、お願いします。 391: ◯地域生活部長(染原利幸君) 11款3項2目社会教育施設災害復旧費、説明欄2段目、社会教育施設災害復旧費、ほぼ同額継続でございます。  2目は以上でございます。 392: ◯委員長(野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 393: ◯委員長(野口明美君) じゃあ、今までの説明に対しまして、質疑ございませんでしょうか。吉居委員。 394: ◯委員(吉居恭子君) 済みません、215ページのですね、消防費の5目災害対策費のところで、そこをずっと右に行くと防災会議費ってありますよね。それの防災会議委員18名分って書いてあるんですけど、ここの男性女性比だけ教えてください。 395: ◯委員長(野口明美君) お願いいたします。女性何名かだけ教えてください。猪口課長。 396: ◯安全安心課長(猪口 功君) 女性はですね、防災会議につきましては2名でございます。防災会議自体は予算上18名分でございますが、委員は20名でございます。そのうち2名が女性でございます。  以上でございます。 397: ◯委員長(野口明美君) よろしいですか。ほかにございませんか。北田委員。 398: ◯委員(北田 織君) 185ページの商工振興対策費、その中の商工会一般事業補助金ですけど、これ、恐らくこの項だけでも、平成30年度から比べたら40万円ぐらい上がってるんじゃないかなと思うんですが、これは賛助会員も含めて補助金出されてると思うんですが、補助金の交付要綱によれば、事業に対して出すべきものなのに、これも一般質問でやったところですけれども、これを会員に対して出すのは僕はちょっとおかしいということを思ってるんですけれども、ここの部分は幾ら増額になって、なぜ会員を対象とするのかということをちょっと、いま一度説明をいいですか。 399: ◯地域生活部長(染原利幸君) これにつきましては、商工会は会員非会員等を問わず、地域の事業者の経営の改善発達を支援するという商工会法に基づいての運営指針がございます。賛助会員に対しても、ほか会員と同様のサービスを提供しており、その事業に係る経費について市が補助することにつきましては、交付要綱第2条に合致するというふうに考えております。  以上でございます。 400: ◯委員長(野口明美君) 北田委員。 401: ◯委員(北田 織君) いや、幾ら増額になっていますかと僕はお聞きしてるんですよ。商工会一般事業補助金は会員に対するもののことに対しては増額になっているでしょう。 402: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 403: ◯地域生活部長(染原利幸君) 予算上は55万5,000円でございます。 404: ◯委員(北田 織君) その分、会員さんがふえたということですよね。 405: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 406: ◯地域生活部長(染原利幸君) そのとおりでございます。 407: ◯委員(北田 織君) その中に賛助会員、何名入ってますか。賛助会員って、要するに春日市以外の会員ってことですよね。 408: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 409: ◯地域生活部長(染原利幸君) 数字については今、把握はしておりません。  以上です。 410: ◯委員長(野口明美君) 北田委員、そしたら……。 411: ◯委員(北田 織君) 僕は、補助金交付要綱には決して適応はしてないというふうに思ってます。このことは申し上げておきたいと思ってますけど。 412: ◯委員長(野口明美君) 春日市外の人数はよろしいですか。 413: ◯委員(北田 織君) 教えてください、後で結構ですから。 414: ◯委員長(野口明美君) 後日ね。じゃあ、後日よろしくお願いいたします。  ほかに。米丸委員。 415: ◯委員(米丸貴浩君) 159ページ災害救助費の中の、これは食糧費になるんですかね。総合スポーツセンターの備蓄品はここでよろしいですかね。アレルギー対応食の備蓄というのは今回されるんでしょうか。ほかにも液体ミルクがありますけども、液体ミルクはまだ間に合わないだろうと思いますけれども、アレルギー対応食の備蓄はいかがでしょうか。 416: ◯委員長(野口明美君) 猪口課長。 417: ◯安全安心課長(猪口 功君) こちらのほうのですね、食糧費のほうで平成31年度予定しています分につきましては、アレルギー対応の備蓄食糧としまして、アルファ米の白米から山菜おこわまでの7種類、各150袋、計1,050袋を購入をする予定でございます。この分につきましては、116人分ということでございますので、2年間で総備蓄食の25%以上を賄うということを予定しておりますので、2年目も同じ数だけ購入する予定でございます。  以上でございます。 418: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。はい。 419: ◯委員(内野明浩君) 181ページのですね、農業委員会、農業委員10人ていう、春日市に農業委員って本当に10人必要なのかどうか。これも決まってるんでしょうかね。 420: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 421: ◯地域生活部長(染原利幸君) 条例で定数が決まっておりますので、この人数となっております。 422: ◯委員長(野口明美君) 北田委員。 423: ◯委員(内野明浩君) この金額というのは、減額というのはないんでしょうか。 424: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 425: ◯地域生活部長(染原利幸君) 現時点では減額のほうは考えておりません。 426: ◯委員長(野口明美君) 次、西川委員。 427: ◯委員(西川文代君) 済みません、先ほどはちょっと感情的になりましたけど、1点、最後、ちょっとまた設計業務について確認なんですが、この具体的な数字出てますよね、504万6,000円とか……。 428: ◯委員長(野口明美君) 何ページですか。 429: ◯委員(西川文代君) 273ページです。共同利用施設の整備事業費の設計業務ですね。やはり先ほどのように、どのような設計にするかっていうことによって金額が変わってくると思うんですね。さっきの答弁を聞くと、自治会の現場の意見を聞きながら今から考えていきますというような形で、2階のものを下におろすかどうかていうことはまだ決定しない、方向性がわからないまま、今こういう事業費の具体的な数字出てますが、この数字自体はどういう根拠をもとに出てるんでしょうか。 430: ◯委員長(野口明美君) 染原部長。 431: ◯地域生活部長(染原利幸君) 国の建築単価に平米数を掛けて出したもの、それから、あとアスベスト調査など必要なものがございますので、そういったものを合計しているものになりますので、詳細については今後自治会のほうと協議していきたいと思います。 432: ◯委員長(野口明美君) ほかにございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 433: ◯委員長(野口明美君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。  以上で、地域生活部の審査を終了いたします。  大変御苦労さまでございました。速やかに退席をお願いいたします。  以上で、本日予定しておりました審査は全て終了いたしました。  次回の委員会は、あした3月5日火曜日、本会議終了後に教育部の審査を行います。  以上で、本日の予算審査特別委員会を散会いたします。大変御苦労さまでございました。                ──── ─ ──── ─ ────                 散会 午後0時17分...