行橋市議会 > 2019-03-13 >
平成31年 3月 定例会(第13回)-03月13日−04号

ツイート シェア
  1. 行橋市議会 2019-03-13
    平成31年 3月 定例会(第13回)-03月13日−04号


    取得元: 行橋市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-05
    DiscussNetPremium 平成31年 3月 定例会(第13回) - 03月13日-04号 平成31年 3月 定例会(第13回) - 03月13日-04号 平成31年 3月 定例会(第13回)             平成31年3月第13回行橋市議会              定例会会議録(第4日)1 日 時 平成31年3月13日(水)1 出席議員 別紙のとおり1 その他の出席者 (ア)職務のため出席した事務局職員   議会事務局     局 長 坪 根 義 光             次 長 川 中 昌 哉            議事係長 今 川   奨             書 記 中 野 博 一             書 記 奥 畑 裕紀子 (イ)地方自治法第121条により出席した市職員    別紙のとおり1 本日の会議に付した案件及びその結果    別紙のとおり1 議事の経過    別紙速記録のとおり      平成31年3月第13回行橋市議会定例会議員出席表[第4日]                     平成31年3月13日(水)┌───┬───────┬───┐ ┌───┬───────┬───┐│席 順 │ 氏   名 │出 欠 │ │席 順 │ 氏   名 │出 欠 │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 1 │小 堤 千 寿│ ○ │ │ 12 │西 岡 淳 輔│ ○ │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 2 │西 本 国 治│ ○ │ │ 13 │大 池 啓 勝│ ○ │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 3 │田 中 次 子│ ○ │ │ 14 │澤 田 保 夫│ ○ │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 4 │瓦 川 由 美│ × │ │ 15 │藤 本 廣 美│ ○ │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 5 │井 上 倫太郎│ ○ │ │ 16 │鳥井田 幸 生│ ○ │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 6 │小 坪 慎 也│ ○ │ │ 17 │田 中 建 一│ ○ │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 7 │工 藤 政 宏│ ○ │ │ 18 │城 戸 好 光│ × │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 8 │       │   │ │ 19 │二 保 茂 則│ ○ │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 9 │村 岡 賢 保│ ○ │ │ 20 │豊 瀬   尉│ ○ │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 10 │諫 山   直│ ○ │ │ 21 │德 永 克 子│ ○ │├───┼───────┼───┤ ├───┼───────┼───┤│ 11 │小 原 義 和│ ○ │ │   │       │   │└───┴───────┴───┘ └───┴───────┴───┘         平成31年3月第13回行橋市議会定例会[第4日] 地方自治法第121条により出席した者                                 平成31年3月13日(水)┌──────────────┬───────┬──┬───────────┬───────┬──┐│      職 名     │  氏  名  │出席│    職 名    │  氏  名  │出席│├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│市長            │田 中   純│○ │国保年金課長     │木 野 雅 博│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│副市長           │松 本 英 樹│○ │収納課長       │野 本   誠│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│副市長           │義 間 健 二│○ │債権管理課長     │山 本 修 司│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│教育長           │笹 山 忠 則│○ │地域福祉課長     │真 田 幸 典│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│市長公室長兼総務部長    │灰 田 利 明│○ │障がい者支援室長   │津 坂 咲 江│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│市民部長          │寺 尾 一 紀│○ │子ども支援課長    │吉 本 康 一│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│福祉部長          │白 川 達 也│○ │生活支援課長     │有 松 正 一│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│都市整備部長        │和 田 雄 二│○ │介護保険課長     │中 村 浩 行│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│産業振興部長        │鹿 島 英 樹│○ │都市政策課長     │林   善 弘│○ │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│環境水道部長        │小 森 孝 義│○ │PA事業推進室長    │田 邊 正 典│○ │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│教育部長兼学校管理課長   │米 谷 友 宏│○ │建築政策課長     │黒 田 純 一│○ │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│消防長           │進 谷   稔│○ │農林水産課長     │西 村 佳 明│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│消防次長兼消防署長     │髙 橋 一 文│○ │商業観光課長     │西 川 雅 隆│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│総務部参事兼財政課長    │池 永 正 行│○ │商業観光課参事    │宮 下 義 幸│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│総務部次長兼契約検査課長  │新 家 敏 克│○ │企業立地課長     │上 田   純│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│都市整備部次長兼土木課長  │中 原 和 美│○ │上水道課長      │松 本 正 弘│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│農業委員会事務局長     │辻   英 樹│○ │下水道課長      │加 来 和 喜│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│総務課長          │穴 繁 利 雄│○ │環境課長       │井 上 淳 一│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│防災危機管理室長      │吉 田   実│  │環境課参事      │上 原 圭 三│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│秘書課長          │鶴   裕 之│  │環境課事業所長    │松 下 須賀男│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│政策調整監         │辛 嶋 智恵子│  │会計管理者会計課長 │中 村 愛 晴│○ │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│政策調整監         │松 尾 一 樹│  │選挙管理委員会事務局長│末 次 真 樹│○ │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│政策調整監         │池 上 国 浩│  │監査事務局長     │渡 辺 浄 美│○ │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│総合政策課長        │山 門 裕 史│○ │教育総務課長     │土 肥 麻 紀│○ │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│総合政策課参事基地対策室長│土 肥 正 典│  │学校管理課参事    │丸 山   剛│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│情報政策課長        │石 井 健 治│  │教育総務課指導室長  │山 本 有 一│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│情報政策課参事       │岡 野 雅 幸│  │防災食育センター長    │岩 本 秀 夫│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│人権政策課長        │岡 田 正 二│  │生涯学習課長     │上 田 直 美│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│税務課長          │松 本   隆│  │文化課長       │橋 本   明│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│総合窓口課長        │岡 田 公美子│  │文化課参事      │小 川 秀 樹│  │├──────────────┼───────┼──┼───────────┼───────┼──┤│市民相談室長        │井 上 栄 輔│  │スポーツ振興課長     │増 田 昇 吾│  │└──────────────┴───────┴──┴───────────┴───────┴──┘            平成31年3月第13回行橋市議会定例会              議  事  日  程[第4日]                            (平成31年3月13日)日程第1 一般事務に関する質問日程第2 議案に対する質疑、議案の委員会付託 1.報告第1号 議会の議決により指定された市長の専決処分事項についての専決         処分の報告について 2.報告第2号 議会の議決により指定された市長の専決処分事項についての専決         処分の報告について 3.報告第3号 議会の議決により指定された市長の専決処分事項についての専決         処分の報告について 4.報告第4号 平成30年度行橋市一般会計補正予算専決処分の報告について 5.議案第1号 行橋市いじめ問題調査委員会条例の制定について 6.議案第2号 行橋市いじめ問題再調査委員会設置等条例の制定について 7.議案第3号 行橋市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営の基準等を定め         る条例の制定について 8.議案第4号 市長、副市長及び教育長の給与に関する条例の一部を改正する条         例の制定について 9.議案第5号 行橋市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を         改正する条例の制定について 10.議案第6号 行橋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定につ         いて 11.議案第7号 行橋市防災会議条例及び行橋市国民保護協議会条例の一部を改正         する条例の制定について 12.議案第8号 行橋市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について 13.議案第9号 行橋市放課後児童クラブ設置条例の一部を改正する条例の制定に         ついて 14.議案第10号 行橋市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の         制定について 15.議案第11号 行橋市敬老祝金支給条例の一部を改正する条例の制定について 16.議案第12号 行橋市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について 17.議案第13号 行橋市指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サ         ービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条         例の一部を改正する条例の制定について 18.議案第14号 行橋市水道及び公共下水道企業職員の給与の種類及び基準に関         する条例の一部を改正する条例の制定について 19.議案第15号 行橋市共同利用施設の指定管理者の指定について 20.議案第16号 平成30年度行橋市一般会計補正予算について 21.議案第17号 平成30年度行橋市国民健康保険特別会計補正予算について 22.議案第18号 平成30年度行橋市介護保険特別会計補正予算について 23.議案第19号 平成30年度行橋市農業集落排水事業特別会計補正予算につい         て 24.議案第20号 平成30年度行橋市後期高齢者医療特別会計補正予算について 25.議案第21号 平成30年度行橋市水道事業会計補正予算について 26.議案第22号 平成31年度行橋市一般会計予算について 27.議案第23号 平成31年度行橋市国民健康保険特別会計予算について 28.議案第24号 平成31年度地方卸売市場行橋市市場特別会計予算について 29.議案第25号 平成31年度行橋市・苅田町・みやこ町介護認定特別会計予算に         ついて 30.議案第26号 平成31年度行橋市介護保険特別会計予算について 31.議案第27号 平成31年度行橋市農業集落排水事業特別会計予算について 32.議案第28号 平成31年度行橋市後期高齢者医療特別会計予算について 33.議案第29号 平成31年度行橋市水道事業会計予算について 34.議案第30号 平成31年度行橋市公共下水道事業会計予算について            平成31年3月第13回行橋市議会定例会            付 託 事 案 一 覧 表( 議 案 )                             (平成31年3月13日)┌─────┬──────────────────────────────────────┐│ 付託先  │付   託   事   案                         │├─────┼──────┬───────────────────────────────┤│     │報告第4号 │平成30年度行橋市一般会計補正予算専決処分の報告について  ││     │議案第2号 │行橋市いじめ問題再調査委員会設置等条例の制定について     ││     │議案第4号 │市長、副市長及び教育長の給与に関する条例の一部を改正する条例の││     │      │制定について                         ││     │議案第5号 │行橋市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正││     │      │する条例の制定について                    ││     │議案第6号 │行橋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について││ 総 務 │議案第7号 │行橋市防災会議条例及び行橋市国民保護協議会条例の一部を改正する││     │      │条例の制定について                      ││ 委員会 │議案第8号 │行橋市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について  ││     │議案第16号 │平成30年度行橋市一般会計補正予算について(所管部分)    ││     │議案第17号 │平成30年度行橋市国民健康保険特別会計補正予算について    ││     │議案第20号 │平成30年度行橋市後期高齢者医療特別会計補正予算について   ││     │議案第22号 │平成31年度行橋市一般会計予算について(所管部分)      ││     │議案第23号 │平成31年度行橋市国民健康保険特別会計予算について      ││     │議案第28号 │平成31年度行橋市後期高齢者医療特別会計予算について     │├─────┼──────┼───────────────────────────────┤│     │議案第1号 │行橋市いじめ問題調査委員会条例の制定について         ││     │議案第3号 │行橋市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営の基準等を定める ││     │      │条例の制定について                      ││     │議案第9号 │行橋市放課後児童クラブ設置条例の一部を改正する条例の制定につ ││     │      │いて                             ││     │議案第10号 │行橋市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制 ││ 文 教 │      │定について                          ││     │議案第11号 │行橋市敬老祝金支給条例の一部を改正する条例の制定について   ││ 厚 生 │議案第12号 │行橋市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について     ││     │議案第13号 │行橋市指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービ ││ 委員会 │      │スの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を││     │      │改正する条例の制定について                  ││     │議案第16号 │平成30年度行橋市一般会計補正予算について(所管部分)    ││     │議案第18号 │平成30年度行橋市介護保険特別会計補正予算について      ││     │議案第22号 │平成31年度行橋市一般会計予算について(所管部分)      ││     │議案第25号 │平成31年度行橋市・苅田町・みやこ町介護認定特別会計予算につい││     │      │て                              ││     │議案第26号 │平成31年度行橋市介護保険特別会計予算について        │└─────┴──────┴───────────────────────────────┘┌─────┬──────────────────────────────────────┐│ 付託先  │付   託   事   案                         │├─────┼──────┬───────────────────────────────┤│     │議案第14号 │行橋市水道及び公共下水道企業職員の給与の種類及び基準に関する ││     │      │条例の一部を改正する条例の制定について            ││     │議案第15号 │行橋市共同利用施設の指定管理者の指定について         ││ 建 設 │議案第16号 │平成30年度行橋市一般会計補正予算について(所管部分)    ││     │議案第19号 │平成30年度行橋市農業集落排水事業特別会計補正予算について  ││ 経 済 │議案第21号 │平成30年度行橋市水道事業会計補正予算について        ││     │議案第22号 │平成31年度行橋市一般会計予算について(所管部分)      ││ 委員会 │議案第24号 │平成31年度地方卸売市場行橋市魚市場特別会計予算について   ││     │議案第27号 │平成31年度行橋市農業集落排水事業特別会計予算について    ││     │議案第29号 │平成31年度行橋市水道事業会計予算について          ││     │議案第30号 │平成31年度行橋市公共下水道事業会計予算について       │└─────┴──────┴───────────────────────────────┘                平成31年3月13日(4)                開議 10時00分 ◎議会事務局長(坪根義光君)  おはようございます。開会前に御報告いたします。城戸好光議員から体調不良のため、及び瓦川由美議員から病気のため、欠席の届け出があっております。以上でございます。 ○議長(田中建一君)  おはようございます。定足数に達していますので、これより本日の会議を開きます。 本日の議事日程につきまして、議会運営委員会で協議願っていますので、委員長から報告を願います。  議会運営委員会委員長。 ◆14番(澤田保夫君)  おはようございます。本日の議事日程について、議会運営委員会で協議を行いましたので、その結果を御報告申し上げます。  本日の議事日程は、日程第1として、昨日に引き続き、一般事務に関する質問を行います。質問通告のあった13名の内、昨日までに9名の質問を終了しました。なお、瓦川由美議員より、都合により質問通告を取り下げたいとの申し出があっております。これにより、本日は3名の議員の質問を行うことといたします。  日程第2として、議案に対する質疑、議案の委員会付託を行います。なお、議案の委員会付託につきましては、別紙お手元に配付しております付託事案一覧表のとおり、各常任委員会に付託し、審査願うことといたします。  また、議会運営委員会の申し合わせにより、決議、意見書の提出は、本日午後5時までといたします。  以上のとおり協議が整いましたので、議員各位の御賛同をよろしくお願いいたします。 △日程第1 一般事務に関する質問 ○議長(田中建一君)
     報告は終わりました。報告のとおり御了承願います。  日程第1 昨日に引き続き、一般事務に関する質問を行います。  順次、発言を許します。 この際、申し上げます。村岡賢保議員より資料配付の申し出があっておりますので、これを許可しております。  最初に、村岡賢保議員。 ◆9番(村岡賢保君)  おはようございます。政友会の村岡でございます。一般質問に入る前に、これまで永年にわたり市発展のために御努力いただきました職員の皆さんには、改めて敬意を表する次第であります。今後は体に、健康に十分御留意されまして、頑張っていただきたいと思う次第であります。  それでは、早速、発言通告に基づき質問させていただきます。執行部の皆さん、どうぞよろしくお願いします。  それでは、最初に行橋市立地適正化計画について。これまで担当部局は市民の皆さんに理解を求めるために、有識者会議、あるいはパブリックコメント、校区住民説明会などを一生懸命行ってきた経過がございます。しかし目の前の市民生活に直結する課題でないせいか、今ひとつ市民にその計画内容が周知されていないという感じがいたします。そこで、改めてこの計画のポイントについて、質問をさせていただきます。  最初に、この計画の意義と目的について、質問いたします。よろしくお願いします。 ○議長(田中建一君)  執行部に答弁を求めます。  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。立地適正化計画策定の意義と目的でございます。本市は非線引き都市であるため、商業施設や住宅が市内各所に拡散し、市街地が薄く広く形成されてまいりました。今後予想される人口減少や少子高齢化社会では、このままの状態が続けば、人口密度の低下による商業施設等の生活サービス施設の撤退が生じまして、生活不便地域が拡大し、都市としての機能を維持することが困難になることが予想されます。  また薄く広がった市街地における道路や排水処理施設など、インフラを維持する費用が増加し、行政運営も非効率的となり、市域全体の市民生活や産業活力が低下することが予想されます。  立地適正化計画は、このような状況を回避するため、集約型都市づくり、いわゆるコンパクトシティ・プラス・ネットワークを推進し、持続可能な都市を目ざすことを目的とした計画であります。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  つまり端的に申せば、将来的に市街化の区域が広すぎると整備費用もかかりますし、また維持費もかかる、財政上もたなくなる。そのために今のうちにコンパクトにしようと、そういうことですよね。  それでは、基本的なことをもう一つお伺いします。全国的に見て、この計画の策定率は、どの程度でしょうか。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。立地適正化計画の全国的な策定状況ということでございますが、現在、昨年末、平成30年12月末で、全国の市町村が1724ございます。その内、立地適正化計画に着手している市町村が全部で440ほどございます。率にいたしまして、25.5%となっております。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  全国で4分の1いま策定をしている、そういうことですね。それではこの計画を策定するメリット、これは何でしょうか、質問いたします。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。この立地適正化計画策定のメリットでございますが、この計画を設定することによりまして、都市機能誘導区域と居住誘導区域を設定することになります。このことで市街地の活性化を図り、持続可能な都市づくりを行うことが策定のメリットと考えております。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  何となく漠然として、今の説明では少し分かりづらいと。私は、この立地計画書を、結構分厚いんですが、それなりに何度か読み返す中で、例えば、計画書の中に都市機能立地支援事業の交付対象の誘導施設とありますけど、この誘導施設というのは、どういうものをさすんでしょうか。  次に、またその交付対象にはどのような、例えば補助金、あるいは補助率があるんでしょうか。ただ、これを一つ一つ事細かに説明を受けますと、とても時間が足りませんので、例えばいま現在進行中の図書館等複合施設を例にとりますと、どのようになるんでしょうか、その点をお伺いします。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。都市機能誘導区域内に誘導する誘導施設とはどういうものか、そしてまたそれに対して誘導したくなる分の事業として、現在行っています図書館等複合施設の状況ということでございます。  まず、都市機能誘導施設といたしましては、大きく分けまして、5つに分かれます。行政機能ですね、市役所、それから合同庁舎とか消費者センターとか、そういうものになります。それから商業機能ですね、これについては大規模な小売店、それから映画館、娯楽館とか、そういうものですね。それから医療機能、これは病院になります。それから金融機能ですね、銀行、信用金庫とか、そういうかたち。それからもう一つ教育文化施設というのがありまして、これは劇場、多目的ホールとか、博物館美術館図書館というかたちになります。このような都市機能誘導施設というのを、都市機能誘導区域内に寄せていくということであります。  それから、支援策としましては、国土交通省のホームページの中に、ずらっと一覧表に出ております。特に都市機能誘導区域内での活用可能な支援策といたしましては、17項目あります。そしてまた別に金融措置の分が6項目ありまして、その中のひとつで都市再生整備計画事業というのがありまして、その中で都市再構築戦略事業というのがございます。それが現在、着手しております図書館等複合施設整備事業になります。これは前に、旧まちづくり交付金という事業がありまして、その流れをくんだものでありまして、もともと補助率にしましては、40%であります。こういう都市機能誘導区域ということで支援策を受けて補助率が5%ほど上がるというようなかたちになっております。補助率が40%から45%に上がるということです。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  この適正化計画の中で、確かにいま誘導施設というのはどんなのかと、行政サービスの例えば市役所だとかいろんな公共物、それからスーパーマーケットだとか銀行とか、分かるんですけども、例えば福祉施設なんかが、例えば老人のデイサービスだとか小規模多機能型の介護施設だとか、こういうものも例えばこの誘導施設となるんですが、ちょっと単純に考えて、これも誘導施設以外については、仮に後で例えば誘導地域外のところには建築が結構難しいんですかね、その辺をちょっとお伺いしたいんですが。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  先ほど大きく5つの項目に分けて説明しました、都市機能誘導施設ですね、それを都市機能誘導区域外に設定する場合には、その計画に着手する30日前までに届け出をいただくということになります。その中で、いろいろお話を聞かせていただいて、できれば都市機能誘導区域の中にいってもらえませんかとか、そういう話をさせていただく、届け出だけになります。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  その辺ずっと掘り下げていくと、もうここで質問が終わってしまいそうなので続けます。結局、先ほどの質問の中で、図書館等の複合施設なんかは、やはりこの整備をすると補助率も上がってくると、そういうことですよね。  その中に続いてですが、この計画の柱の一つである届け出制度、この計画の中では都市誘導区域外について開発行為、もしくは建築行為を行おうとする場合には、事前に届け出が必要であると、さっき言った30日前ですよね。その中で、事前届け出を申請する場合には、市域全体や既存施設の立地状況などを勘案し、適正な場所への立地誘導を図る、協議をするとありますけど、これは具体的にどのようなかたちでするんですかね。基本的にこれは強制力だとか、もし嫌だと言ったらどうするんですかね。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  届け出制度について、お答えいたします。届け出制度につきましては、先ほど言いましたように、都市機能誘導区域外に誘導施設を設置する場合、誘導施設の建築物、それからまたそれに伴う開発行為を行う場合ですね、それからまた、その誘導施設を休廃止する場合にも届け出が要るようになります。  それから、居住誘導区域外で一定規模の開発、また建築行為を行う場合には、事前の届け出が必要になってまいります。その一定規模と言いますのは、建物にしては3戸以上、1戸、2戸でも土地面積が1千平米以上の場合には届け出が要ると。じゃあ届け出だけでいいのかということでございますが、現在、先ほど申し上げましたように、全国1724の内の400の自治体が取り組んでおります。実際に計画を公表しているのが190くらいあるんですが、いろいろ確認したところ、法律上は勧告までいけるようなかたちになっておりますが、今のところそこまでやっている自治体もないということで、現段階では福岡県下の自治体でも、一応届け出をしてもらって、まずどの地域にそういうような建物を建てる傾向があるのかとか、そういうのを探る意味で届け出をまず受けてみる。それで状況を暫く確認していく、そういうことをやります。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  もう1回ちょっとその辺ね、しっかり確認したいんですけど、居住誘導区域内にかかる開発行為の届け出、本市の現状ですよね、開発指導要綱に基づく開発行為というのは、現在では3千平米以上の開発事業、それから住宅規模が10区画以上の開発事業、戸数が20戸以上の共同住宅、もしくは階数が3階以上の建築物の開発事業が、いわゆる都市計画法第29条に基づく、これは許可になるんですが、そういうのが適用対象になっているわけでありますよね。  いま少しちょっと部長のほうから説明がありましたけども、もう一度、この計画では具体的にどういうふうになっているのか、明確に答弁してください。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  お答えいたします。開発にかかわる立地適正化計画での制度上の取扱いということになりますが、届け出ですね、居住誘導区域内に開発する分は、今までと全く変わりません。居住誘導区域外で開発する場合には、建物が3戸以上の場合、それから1戸、2戸でも1千平米を超える場合は届け出が必要になるということになります。  それで現在、行橋市の開発要項では、3千平米以上が県の開発ということで、3千平米以下の場合については、先ほど言われましたように区画が10区画、アパートであれば20戸ですか、それについては市のほうの開発の同意というかたちをとっておりますので、この立地適正化計画が一応1千平米という面積の区切りがありますので、いま県のほうと協議もしながら、現在、行橋市のほうでは3千平米しかまだちょっと区切りがありませんので、それを含めて今後検討をやっていこうかなと思っているところであります。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  この計画は、実際に小規模の開発だとか、そういうことが、いわゆる行橋市で言うと、スプロール化現象ですよね。そういうのをやはり防ごうということなんでしょうけど、じゃあですね、区画外だったら、例えば私の子どもが隣に、今度返って来るので家を建てたいと。ところがそれがたまたま300坪、いわゆる1千平米くらいの、田舎ですから広いから、その宅地で1軒建てるということであれば、今のこの法の計画に適用されれば、当然届け出が要るということですよね。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  建物1つでありましても、1千平米を超える場合は、1千平米というのはかなり広うございますけど、その場合には届け出が必要になります。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  この計画の中には、誘導施策として、様々な施策が体系的に述べられているわけでありますけど、この立地適正化計画は、行橋市総合計画にどのように位置づけられ、また連動させていくのか。またさらには、これをどう具現化していくのか、その具体的な計画の管理はどう行っていくのか。この計画は、単に美辞麗句に飾られた、いわゆる絵に描いた餅にならないためにも、今後この計画のチェックはどのように行っていくのか、その点についてお尋ねします。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。まずこの計画の位計画ですね、総合計画、それからマスタープランとございますが、その上位計画とどういうふうに連動しているのかということ、それから今後具体的にどうやっていくのかということ、そしてまたチェックはどういうかたちでやるのかということでございます。  立地適正化計画は、第5次行橋市総合計画の後期基本計画におきまして、基本施策の1のインフラ整備プロジェクトの施策項目の一つであります、適正な土地の利用の推進の主要施策、主要事業として位置付けられております。  そしてまたこの計画は、マスタープランとしての性格を持つものでありまして、一応、都市計画マスタープランの一部としての機能があるということで位置づけられております。まちのかたちがどうあるべきなのか、都市構造の観点から、将来の対応を考えていくものであると規定しております。  したがいまして、誘導施策につきましては、市の多くの分野にかかわる施策となりますので、基本的にはその分野の各個別の計画や事業において、この計画の基本的な考え方、趣旨を踏まえて、実現化・具現化を図るものと考えております。  それから、チェックのことになりますが、これにつきましては、この計画は、おおむね5年ごとに施策の実施状況について、調査、分析、及び評価を行うようになっております。ですが質の高い取り組みへと発展、継続させていくために、誘導施策の効果の発現状況や目標値の達成状況につきまして、適宜適切に把握することが望ましいと考えております。  また、施策の効果が十分でない場合には、再度施策を含め計画全体を見直していくことが必要であるということで考えております。  庁内の情報共有、それからこの実現するための体制整備等を、今後についても引き続き十分に行い、取り組んでまいりたいと考えております。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  ありがとうございました。質問は今からが実は本題なんですが、この計画書をずっといろいろ書かれていますが、この中で、これは、私は気付いた部分ですが、補完すべき内容が若干あるんじゃなかろうかということで、今回、質問に立たせていただいていたわけですが、まず誘導地域です。都市機能の集積による市街地の活性化の中で、そういう項目があるんですが、この計画は、いわば単に2年、3年を見通した計画ではなく、この先、10年、20年を目ざした計画であるはずであります。しかし何となくこの計画では、これまでの施策を羅列しているように感じられます。  例えば一礼として、都市機能誘導施策に係る都市機能の集積による市街地の活性化の中では、本市市街地の縦軸に当たる行橋市停車場線等についての記述はあるものの、いわゆる横軸の発想がこの中にはどうもないようです。
     例えば、民間活力の導入を図るために、この中では容積率や用途制限の緩和を行うということであるんですよね。そうなれば当然骨格となる街路整備、これは不可欠になるわけでありまして、特に今着々と進められております図書館等複合施設に誘導する都市計画道路の整備、これについてはやはり私は触れるべきではなかろうかと。特にいわゆるハミング通りは長峡川で行き止まりですよね。その辺は、やはり橋を架けたり旧201ですか、行事のほうに行く、この路線は、やっぱり私は不可欠だと思うんですよね。縦軸と横軸、この辺がやはりしっかり軸を決めた中で民間の投資を図っていく、こういう発想が必要じゃないでしょうか。  また、居住誘導施策にかかる都市インフラ整備の中で、今ますます飽和状態にある国道496、いわゆる安川通りについての記述も、この計画の中ではこう書いています。  関係機関と協議し改善を図る。もちろんそのことも当然重要ですが、行橋市として、じゃあどうするのかと、その辺の主体性をもっと強く、この中に記述しても良かったんじゃなかろうか。例えば、新たなバイパスを設置するなど、そういう発想も良かったんじゃなかろうかと考えます。この辺、市長、お願いします。 ○議長(田中建一君)  田中市長。 ◎市長(田中純君)  お答えします。安川通りは、これはもう本当に我が市のインフラ、特に道路整備については本当に頭が痛い問題で、議員御指摘のように、何とかしなければという思いが強い反面、それに対してコスト・パフォーマンスを考えたときに、どんな有効な手が打てるのかということに関しましては、今のところ妙案がないというのが現実でございます。妙案があればそれに書き込むということに当然なったでしょうけど、今のところ、これも議員御指摘にように、ハミング通りを延ばすと、思い切ってあそこにもう一本橋を架けるという選択肢も我々のシミュレーションの中には当然入っているわけで、私どもの事務方ではそれはやるべきだという声があることも否定はいたしません。それも一つの選択肢だと思います。  ですが、いま現在リアルティをもってこれでいくんだ、というような具体策は、残念ながら、今のところ持ち合わせていない。将来の大きな課題だというぐあいに考えております。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  確かに安川通りをどういうバイパスを使って、今のを緩和していくかと。誰が見てもその中に入ったら、もう夕方だとか朝は動けないわけですよね。だからこの辺はやはり調査費を付けるとか、いろんなアクションは要ると思うんですよね。市長、ぜひその辺は取り組んでいただきたい。  それとですね、私は一般質問で何回か質問もしたんですが、これは都市計画決定した、いわゆる都市計画街路ですよね、さっきの部分。これもやはりそんなに一朝一夕にできる事業じゃないんですが、やはり将来を考えるときに、市長もぜひですね、あそこの部分については調査するくらいだとか、少し前向きにどうか考えていただけないでしょうか。もう1回お願いします。 ○議長(田中建一君)  田中市長。 ◎市長(田中純君)  お答え申し上げます。先ほども申し上げましたように、駅前のいわゆる停車場線の拡幅は、既にもう県の同意を得て着手をしているわけです。これをようやく着手したばかりで、まずこれを成功させることが我々の当面にとって最大の課題でありまして、ハミング通り横軸を何とかしようという話は、先ほども申し上げましたように、内部では様々な議論をしておりますし、その中でハミング通りを延長して橋をもう一本架けて、201から抜くという選択肢は、大きな考え方の一つの選択肢だろうというぐあいに考えていることは事実でございますので、より一歩踏み込んだ回答をさせていただければ、駅前通りが完成した際には、そのことも具体的に考えなければならない、というぐあいに考えています。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  次に、郊外・集落居住計画の施策という項目がございますが、この計画は、いわゆる市街地を中心とした計画であるため、郊外の部分だとか内容が希薄になるのは仕方がないのかもしれませんけれども、それにしても単に従来の、これも施策を並べているだけの印象は拭えないわけであります。  中でも私が気になったのは、公共交通の形成及びアクセス機能強化に向けての施策という中では、行橋市地域公共交通網形成施策に基づき施策の展開を図る、というふうにあります。しかし一方で、こう述べています。持続可能な公共交通へ向けた取り組みの充実の中では、費用負担、役割分担の考え方の明確化、及び不採算路線の廃止の検討もある。しかしこれはですね、効率性のみを優先し、いわゆる郊外にお住いの人々や交通弱者の人々に対して配慮が少し欠けているんじゃなかろうかと感じられます。  しかも、いよいよ、いわゆる団塊の世代が後期高齢者になってくる時代が目の前に迫っている現状を鑑みる中で、車の運転が困難になってくる人も多くなるでありましょうし、また、テレビでも出ておりますが、頻発する高齢者交通事故に起因する免許証の返還もですね、やがて法令化する場面もあるのではなかろうかと考えられます。そのような状況が予想される中で、公共交通の空白地域バス系統、ルートの見直しなど、本当に私は真剣に取り組んでいるんであろうかと。  確かに計画を策定するときは、何度も審査する場面も見られておりましたが、計画策定が終わった後は、本当にどのようにこの問題に取り組み、どのように審議がされているのか、私は甚だ疑問であります。その点についてもお答えください。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。郊外・集落居住区域の施策の中で、公共交通のところの標記が、議員は効率性のみを考えているんじゃないかということと、それを含めて今後の公共交通の考え方はどうなのか、それについて実際どういうような動きをしているのかと、そういうことであります。  まず、先ほどの効率性のみを優先した標記になっているんじゃないかということでございますが、費用負担、役割分担の考え方の明確化という行があります。これにつきましては、公共交通の利用者、それから交通事業者、それから行政の三者で費用負担、役割分担の考え方が、明確化が欠けている部分があるという課題をあげた、という意味であります。そしてまたそれを今後しっかり連携して推進していきます、という意味であります。  そしてもう一つ、不採算路線の検討という標記があります。これはパブリックコメントを出した案につきましても、こういう標記をしておりましたが、パブリックコメントの中では、ちょっと表現が厳しいのではないか、ということもありまして、パブリックコメント後ですね、その表現を採算面からの路線の在り方の検討というかたちで、ちょっと修正させていただいております。  これについても行橋市公共交通網形成計画というのが、もう来年くらいに32年度からまた見直しになりますので、そのときにまた標記のほうは修正させていただきたいと思います。  それから、公共交通空白地域の解消につきましては、現在、この網形成計画の実施計画の中で、現在、市内の2地区で、仲津校区・南校区のほうでモデル地区に指定して、対策と言いますか、施策を実施しているところであります。  それから、バスルート等の全体の見直しにつきましても、今回、3月議会において来年度の当初予算で再編実施計画というのを、ちょっとあげさせていただきまして、バスルートの再検討をさせていただきたいというふうに考えております。  それから、実際に、先ほどの空白地帯の解消に向けての話し合いといたしましては、そのモデル地区の方で委員を選んでいただいて、話し合いも何回もやっておりますし、市の中で大きく二つの公共交通の会議があります。公共交通会議というのと公共交通活性化協議会というのが二つありまして、その活性化協議会の中でこのような網形成計画の実施計画につきまして、協議をやっております。大体年間2回から3回くらい、実施しております。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  この28年に策定した行橋市公共交通網形成計画、非常に良くできているんですが、現実は、例えば一例ですけど、豊津に行く路線があるんですが、そこで雨降りあたりは生徒がもう置き去りにされていくとか、そういう場面が結構あると言うんですよ。しかしそんな声が、例えばそれが活性化協議会ですか、これはことし何回開きましたか。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  お答えいたします。ことしは1回開いて、一応もう1回開く予定にしておりますので、2回開く予定になります。  それから、先ほどの積み残しのことでありますが、それにつきましては、交通事業者さんと協議して、またそういう要望があった場合には、時間帯のこともあると思うんですね。そういうのを加味しながら絶えずやり取りはしています。そういう活性化協議会なり、そういう会議だけじゃなくて、うちの担当と交通事業者さんとのやり取りをやっておりますので、そういう情報が入ったら、直ちに交通事業者さんと協議して、何らかの対策をとっていく、そういうかたちを取らせていただいております。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  実務的にやっていると、そのことを私は信用しますけどね、でも正直言って、この計画をつくるときの熱意と実際にそれが終わった後の熱意の、担当部局も忙しいのかも分からないけれど、私にはそれはやっぱり少し足りないと思います。現実にバス停だとか、そういう部分について本気で計画の実践をやろうとするなら、もう少しやはり担当者も含めて、この件について真摯に私は取り組むべきだろうと。これは私の意見ですが、その辺は、ことしの例えば計画を新たにつくると、もう計画をつくるときに一生懸命やっても、立派な計画をつくることも、それは大変いいんですけど、先ほど言ったように、せっかくつくった計画ならば、ちゃんとやっぱりチェックしたり運用面でやはりそれはしっかりやるように、ひとつお願いします。  ちょっと時間が段々なくなってきたので、少し急ぎます。  次に、郊外・集落区域の施策。この中に浸水想定区域と、この計画の中では、ハード・ソフトの防災・減災に関する対策を強化すると、さらには防衛組織の支援を行い、市民の防災意識を図るとされています。本市は全般的に海抜の低い地域であります。特に海岸部に至っては、地震による高潮などの被害を受けたとき、住民はどこに避難をすればよいのか。総合計画ではこうなっています。  地域防災計画ハザードマップの見直し、さらには地域防災力の向上などが一番にあげられております。しかし問題はここですよね。住民が大体どこに避難をすればいいかと。やっぱりいざというときに避難する場所の確保が、私はやはりかなり優先度が高いと考えるんですね。無論このことは、立地計画の中だけで論じられることはないにしても、現状では市域のどこで暮らしていても当然市民には違いないわけであります。  建設経済委員会の中でも、そういう意見がやはり出されていました。それぞれの地域で暮らしている人には、やはり代々続いた家だとか、あるいは先祖の墓なんかもあるわけで、そんなに簡単に都市誘導区域や居住区域に移転するということは、考えにくいわけでありますよね。無論、将来的には、そういう状況も生まれるかもしれません。少なくとも10年、20年、それくらいの年数では、そんなに変わらないんじゃなかろうかと思います。では問題は、その間どうするかということでありますよね。  これまで永遠にわたって脈々と続いてきたコミュニティを、どう維持発展させていくのか、行政として真剣に取り組む課題の一つであることには違いないわけであります。この点について、どういうふうに考えているのか、お尋ねします。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。2点、防災・減災についてということと、地域のコミュニティのことであると思います。まず防災・減災につきましてでございますが、立地適正化計画で都市機能居住誘導区域の地域は、もう御存知のとおり浸水区域になっております。そういうことで、この立地適正化計画の中では、市域全体で取り組む事業として、やはり防災・減災対策というのを施策として実施していくべきというふうに記載させていただいております。  今この計画を立てるにあたって、説明会をずっとしてまいりました。その中でも市民説明会を1月にやったわけですが、それについても、どこに避難していいか分からないとか、それとか避難場所が川の横にあるので避難したくないとか、そういう具体的な御意見がございました。これについては、立地適正化計画の中では、お答えのしようもないわけですけど、これらの意見については、防災危機管理室と情報共有を行いまして、避難場所の確保については今後十分な検討が必要であるとは、当然考えております。  それから、地域コミュニティについてでございますけど、この説明会等も全体的にお話をさせていただくわけですけど、居住誘導区域を設定したからと言いまして、全ての方を居住誘導区域内に誘導することを目ざすべきものではないというふうな、この計画の考え方であります。これまでの地域コミュニティは当然必要でありまして、そのコミュニティ活動の維持が重要であるということは、当然ベースの考えとしてあります。  その施策の例といたしましては、これは地方創生事業になるんですが、小さな拠点事業ということで、椿市の交流センターの件もございますし、そういうのを通して地域コミュニティの活動の場として活用できるようにしていきたいと認識しております。  それから、またコミュニティにつきましては、まちづくり協議会等で、そういうのを活性化させて、人と人との交流を促進してコミュニティの推進を図っていくということは必要である、というふうに考えています。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  これで、ちょっと第1の質問は終わりたいんですが、確かに国の方針は、まちをコンパクトにせよ、人口は減少してくるし、財政的にも苦しいと。確かにそうであるかもしれませんけれども、日本全国、そのまち、その地域で事情は全く異なるわけであります。一律に金太郎飴みたいな施策を、そのまま地域に当てはめるというのは、やはり基本的に無理があります。その地域の歴史、文化、風土など、地域特性に合わせた施策の展開が必要であろうというふうに考えます。どうぞ、その辺も十分に留意した中で計画の運用をよろしくお願いします。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  それでは、2点目、市有地における遊休地の有効活用について、もう端的にお伺いします。主な遊休地の現状について、お尋ねします。  まず、普通財産については、行橋駅西口の区画整理区域内の土地、それから旧長浜団地、旧魚市場、旧給食センター、上検知市有地、覗山、平尾台、そして行政財産の内、辰第2団地児童遊園について、その現状をお尋ねします。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  お答えいたします。財政課が管理しております市有地についてでございます。先ほど議員のほうから実際の場所をあげられました。まず行橋駅西口の旧区画整理区域内、3箇所ございます。これが1978平米、それから旧長浜団地が3178平米、旧魚市場が5595平米、旧給食センターが3824平米、上検地の私有地が6394平米、覗山につきましては、13万7225平米、平尾台につきましては、30万7032平米でございます。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。児童遊園の状況でございますが、行橋市児童遊園は、現在、170箇所ございまして、遊具がある児童遊園の数が117箇所、遊具がない児童遊園が53箇所となっております。この状況につきましては、遊具等につきましては、4年に一度、定期点検等をやっております。以上です。            (村岡君「辰団地については」の声あり) ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  すみません、お答えいたします。続きまして、辰第2団地横の空き地でございます。この土地につきましては、昭和47年に辰第2団地建設に併せて購入した、地番が金屋の721番の3で、面積としましては、約6800平米の市営住宅建設用地というかたちでなっておりますが、今のところ建設の予定がなく、未利用地となっております。以上です。             (村岡君「何平米あるの」の声あり)  6800平米です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  お手元の資料を、私が先日、ちょっと回ってとってみたんですけど、私ども回れる所だけだったんですけど、もう実際に活用状況を見たら、工事残土が置かれていたりとか、実際にもう本当に使われていません。  それで単純に活用可能な土地であるのに、そのまま放置するというのは、もったいないと。もっと民間活力を活用するなど、その土地有効活用すべきじゃないかと、そういうことで、市として具体的に、じゃあそういう遊休地をどうしようと動いているのか、そういうことで今般取りあげたわけです。  その中でも、旧魚市場、給食センター、上検地の市有地、覗山、先ほどの市営住宅の辰団地の横の部分、それから利用されていない児童遊園の今後の有効活用について、基本的な考え方と取り組み方針について、お尋ねします。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  まず、財政の管理している所について、お答えいたします。上検地につきましては、公募による売却の方針でございます。旧魚市場につきましては、平成29年度に中央の建物を解体してございます。現在は平屋の建物2棟と、それから土木課等で再利用ができる資材が残っておりますので、今後は平屋の解体と資材等の撤去を計画的に行う予定としております。  旧給食センターでございますけれども、現在、書庫の用地として利用しているところであります。覗山につきましては、今後の方針は、まだ未定でございます。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  まず、児童遊園でございますが、行橋市児童遊園におきまして、維持管理状況や利用状況については、実際のところ十分に把握できていない状況でございます。まず地元と協議を行いまして、管理状況や利用頻度の調査を行いたいと考えております。  児童遊園の中でも、開発により設置された公園につきましては、開発区域の施設として、今後も残すことが必要でございまして、児童が遊べる空間として必要に応じ遊具等の更新を行う予定でございます。その他の児童遊園につきましては、調査の結果を参考にしながら今後の活用方法を検討することとなります。しかし本市におきましては、都市公園を含めた公園の面積が十分でないというところがございますので、公園全体の整備の面からも、その際には検討が必要と考えております。
     それともう一つ、辰第2団地横の未利用地につきましては、現在できております公共施設等総合管理計画、及び今年度末に公表いたします立地適正化計画を反映いたしまして、来年度、31年度に行橋市住宅長寿命化計画を見直すことになっておりまして、その見直す際に、住宅用地として活用するかを検討していきたいと考えております。  そしてまた見直しの計画の中で、用途廃止という位置づけになった場合には、一旦普通財産に落とすかたちになってくると考えております。以上です。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  時間の配分がとても悪かったと思います。確かに、私は全部が全部見えるわけじゃないんですが、特に毎日通る所の旧魚市場、一時はもう屋根が敗れたまま何年もあったときもあったわけですが、この部分について、やはり活用したいという声も、実は企業サイドもちょっと私の耳に入ってきたりするのがあるんですね。  今の現状のままですね、あのままではとても使えないので、これはもう早めにやはりしっかり普通財産に、土地利用というのができるように、それからもう一つ、やはり普通財産化にしないと、特定目的のそういう部分で、なかなかその土地がそういうふうに簡単にいかないんじゃないかと。例えば辰団地もまだ、昭和47年ですよ、もう本当にこれはもう全く、いわゆる塩漬けの土地もいいところなんですよ。この辺をやはりしっかり考えていただきたい。  それから覗山、これはもう本当に塩漬けもいいところの塩漬けなんですが、実際に私は行ってみましたけども、ここの山そのものについてですね、これはもう提案です。できれば、ちょうど中腹の少し高い所にあるわけですね。ここに多目的グラウンドだとか、あるいは企業の誘致の用地でもよろしいんですが、いざというときに、ここの海岸沿いの人たちが車で逃げて行っても一時的にここに避難できるくらいの高さのスペースを確保しておくと。恐らくお金だとか文化財の問題だとかたくさんのいろんな課題があることは十二分に承知しておりますが、やはりいざというときに、先ほどの話じゃありませんけど、これはもう今元校区の中でも、やはりいつもこれは話題になる問題であります。お金も時間も結構かかる課題かも分かりませんが、ぜひこれは前向きに取り組んでいただきたい。以上、それで、要望でこの2問目は終わります。 ○議長(田中建一君)  村岡議員。 ◆9番(村岡賢保君)  最後のいわゆる祇園様、須佐神社の災害復旧、これは初日に城戸議員のほうからいろんな質問がございました。ほとんどが重複するところがございますので、これもですね、ひとつ要望にかえさせていただきます。  さて、私くらいの年代の人は、今井の祇園様と言えば、もうほとんどの人が知っているような、かつては京築地域代表するような祭りでございました。特に皆様御存知のように、夜祇園は大勢の人々がごった返す大変賑やかな祭りでございました。  実は大雨の当日、地元の人と私が現場に駆け付けたわけですけど、神社の絵馬堂は傾き、鳥居は実は折れて、石垣には亀裂が入る、これまで本当に想像できないような甚大な被害を受けていました。また山からの水は神社の入り口に隣接する民家に、行ってみたら玄関に流れ込む、周辺は非常に危険な状況でありました。  先の質問に対する回答にもございましたが、県のほうでも現地調査を行ったというふうにされていますが、その結果を早く把握したうえで、やはり一刻も早く地元住民もどういうふうになるのかと、非常に皆さん心配しております。その情報を示し、行政として対応できる部分については全力で取り組んでいただきたいと、強く望むものであります。  また、地元でも復興対策委員会も設置され、その復興に向けて歩みを進めております。ぜひですね、行政がこれは全面的ということにならないことは、法に照らし合わせても、そういう認識は十分しております。郷土の文化であり、郷土の歴史であるわけであります。何度も申し上げますが、極めて難しい課題であるかもしれませんが、行橋市として、さらには県との連携を取りながら郷土の財産でもある今井の祇園様の復興に力を注いでいただきたいと強く強く要望して、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。 ○議長(田中建一君)  会議運営上、ここで10分間休憩いたします。                 休憩 11時01分                 再開 11時12分 ○議長(田中建一君)  定足数に達していますので、ただいまから会議を再開いたします。  次の質問者、西本国治議員。 ◆2番(西本国治君)  おはようございます。市民の会、西本です。今回の質問は、様々なところで市民の方と話す中で、現在の市政に対しての疑問や不安を大きくまとめての質問になります。  それでは、質問通告に従いまして、質問を始めたいと思います。市長はじめ執行部の皆さんには、分かりやすく丁寧な答弁をお願いします。  まず、今川PA活用事業について。今までも私は、他の議員も今川PA交流拠点整備事業に一般質問が行われてきたと思いますが、再確認を含め、質問を行います。  本事業は当然のことながら公共事業ですので、総合計画はもちろんのこと、まちづくりの計画である都市計画マスタープランや関係する諸計画に整合性が保たれていなければなりません。それらにおける今川PA交流拠点の位置づけについて、どの計画でどのように整合性が保たれるのかをお聞きします。 ○議長(田中建一君)  執行部に答弁を求めます。  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。この今川PA交流拠点のこの事業でございますが、この事業が上位計画である計画と、どのように関連付けられているかという御質問であります。  まず、最初に第5次総合計画につきましては、基本目標の1、ひとが賑わうまち ゆくはし、の中に位置づけられておりまして、本事業により、まちの都市基盤、道路交通基盤など、交流と定住を支える基盤づくりを進め、人・物・情報が集まり交流する賑わいのあるまちづくりの実現を目ざす、となっております。  そして都市計画マスタープランにおきましては、市内の地域別に地域の将来像や地域づくりの方針を定めておりまして、その中で、今川PAを活用することで、地域の賑わいを形成し、地域づくりの目標に広域交通網を生かした、人・ものの交流促進の達成に寄与するものとしております。  それから3つ目は、立地適正化計画、これは3月に公表となっておりますが、その中の位置づけといたしましては、今川PA周辺は、行橋インターチェンジと共に広域的な交通結節機能を生かした産業集積や、観光、交流の拠点を形成するエリアと位置づけられております。よって、本事業の導入機能検討の際には、教育施設文化施設等の都市機能を誘導する都市機能誘導区域との役割分担や連携を考慮する必要がある、というふうに考えております。  それからもう一つ、まち・ひと・しごと創生総合戦略におきましては、人口問題に対応すべく、基本方針の一つの中に、交流人口の増加をあげております。本事業は、その基本方針に寄与するものとして期待されるものと考えております。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  本事業は、市全体のまちづくりに、どのように寄与するのか、考え方や目標を示していただきたい。PA事業のみで人口増、また定住者の増を狙うのは難しいのではないかと思います。  現在ですね、市が行っている様々な事業等を連携させて、と答弁がありましたが、どの事業と連携させて、というのがあれば、お願いいたします。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  質問にお答えいたします。まだ基本構想ができあがった段階、いま基本計画を策定している段階で、まだ、どの事業という具体的なものはございませんが、この事業が市全体のまちづくりにどのように寄与するかということについて、答弁させていただきたいと思います。  市全体のまちづくりにつきましては、第5次総合計画をはじめ、都市計画マスタープラン、それから立地適正化計画、まち・ひと・しごと総合戦略ですね、そういう計画に基づいてまちづくりを行っていきます。  本事業の考え方につきましては、昨年度策定いたしました基本構想で、今川PAを行橋駅と併せた二つの玄関口、ダブルゲートウェイとして位置づけまして、導入機能、サービス基本方針を、賑わい、これはレクレーションです、それから休息・くつろぎ、これはリラクゼーション、そして飲食、リフレッシュメント、この3つの英語の頭文字から3つのRとして提唱させていただいているところであります。  それから、現在、基本計画の策定を進めておりますが、先ほどのどういう事業と関連があるかということにつながるかも分かりませんが、基本的に都市公園としての整備を検討しておりますが、その中でも市の財政負担を抑えつつ、最大限の効果を発揮できる事業スキームを考えることは、大きなテーマになりますので、現在、継続して行っております企業サウンディングや関係機関との協議に時間をかけて、慎重かつきめ細やかに進めてまいりたいと考えております。  さらに現在、行橋市の経済行動分析に取り組んでおりまして、交流拠点の整備に伴う経済波及効果の算定を、今後行ってまいります。これは、当事業のみならず、他事業との連携を図っていくうえでも重要な指標になると考えております。  当拠点の整備は、通過都市化を防ぎ、新たな賑わいの創出による交流人口の増加を実現させ、本市全体の活性化を促し、さらには定住人口の増加に資するものとして、まちづくりに寄与していくものと考えております。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  例えばですね、図書館建設や行橋停車場線の道路拡張など、行橋駅東口の活性化事業を進めている中で、民間が行橋駅前の再開発を進めているようですが、そこで中心市街地と今川PA交流拠点との関係性及び役割等については、どのように考えておられますか。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。今川PA交流拠点と行橋駅周辺中心市街地との関係性でございますが、行橋駅周辺につきましては、商業・業務・文化公共施設等の多様な都市機能の集積や中高層住宅の立地を誘導することによる、まちなか居住を促進することにより、コンパクトシティの趣旨を加味した日常的空間としての機能の向上を目ざしております。  一方、本事業によって整備する交流拠点は、郊外・集落区域の施策である観光資源の活用に寄与し、高速ネットワークに通じる今川PA、スマートインターチェンジ利用者、及び一般道を利用する市内外の方々への行橋の様々な魅力の発信や憩いの場の提供など、余暇、非日常的な空間を提供する機能の向上を目ざしております。  これらのことから、今川PAと行橋駅の関係性につきましては、基本構想の中で二つの玄関口、先ほど申し上げましたが、ダブルゲートウェイとして位置付けておりますので、それぞれが連携し、相互を補完し合いながら集客に関する相乗効果を生み出す工夫が必要であると考えております。  さらにこの二つの玄関口が二つのエンジン、ダブルエンジンという関係を築いて、本事業によって新たな賑わいを生みだすことで、交流人口を増やし、最終的には市内に定住してもらうことを目ざす、目標とするものでございます。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  今の答弁でありましたけど、今川PA交流拠点を行橋市の玄関口等を設定し、行橋駅とのダブルエンジンの関係を築き、交流人口の増加を図り、最終的には定住者の増加及び活性化へつなげたいと考えているのでしょうけど、では、玄関口から家に行くように、具体的にどのような仕掛けを想定しておられるか、ありましたら御答弁をお願いいたします。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。それを実現するために、具体的にどのように考えているか、ということでございますが、それにつきましては、現在、基本構想のイメージが現在できている段階で、それを実現するための基本構想、グラウンドデザインというかたちで策定委員会の中で、いま策定しているところであります。  それがちょっと固まらないと具体的な話というのがまだ出てきていない状況でありますので、申し訳ありませんが、今のところはその辺のところは、具体策は出ていないということであります。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  今回の質問で、この今川PAのことを再確認も含めて、それと今からの質問は、一番今回のことで伝えたいことなんですが、今年度行う基本計画の策定に当たっては、地元住民及び市民の意見をしっかりと反映させていただきたい。  というのも通学路になっている所もあり、安全な歩道や水路など、地元との調整は十分に協議を行っていかなければ、当然のことながら協力は得られないと思います。十分に協議ができていると考えていますか。もし十分に協議ができていると考えておられるのなら、それは大きな間違いだと私は思っております。  なぜなら、今川区長会をはじめ、平成32年4月26日に、今川公民館で行われて以来、何も開催されておらず、協議どころか現在の状況さえ報告されていない、この状況、これについては、どうお答えいたしますか。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。確かに平成30年4月26日に基本構想ができあがった段階で、意見交換会を開いた後、まだ説明会等をちょっと開いておりません。その理由といたしましては、いま基本構想に取り掛かっておりますが、現在、庁内のプロジェクトチーム会議とかグラウンドデザイン策定委員会、それから国県の関係団体の協議をする中で、いろんな整理しなければならない点、論点等がたくさん出てきて、その整理にちょっと時間がかかっている状況であります。  そういう状況で説明が足りない状況であるのは、もう間違いないと思いますので、来年度初めには地元の皆様と意見交換を行いまして、現在の状況報告をさせていただきたいと思っています。十分、地元の皆さんとの意見を交換して、認識の違いが生じないように、十分にかつ慎重に協議を進めてまいりたいと思います。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  地元住民としては、これが果たしてできるものなのか、できないのか、現在どのような状況で、どのように進んでいるのか、全く知らない状況はまずいと思います。  この事業を進めるにあたり、サウンディング型市場調査を行い、高速からの連結の問題、またハイウェイオアシスとしての連結など、費用にも様々な問題、検討が必要で時間もかかることが分かっています。また時間をかけるのも当然のことだと思います。  しかし、きちんと現在の状況、また財政状況を含め、市民に報告し、事業に理解をいただき、本当に本事業が必要か、必要ではないのか、また考え、進めてほしいと思います。  議長、このまま次の質問にいってよろしいですか。 ○議長(田中建一君)  はい。 ◆2番(西本国治君)  次に入ります。行橋市の財政についてですが、平成29年決算ベースで一般会計が約296億円、特別会計が約167億円、合わせて約463億円の規模です。  その内、一般会計の歳入を見ますと、自主財源が約125億円、依存財源が約171億円となっています。歳出は扶助費などの義務的経費が139億円、建設費などの投資的経費が約44億円となっております。また財政指数では、財政力指数、経常収支比率、実質公債費率など、軒並み県平均より優れた数字となっています。  しかし、これは現在の数字であり、将来の視点、10年、20年、また30年後では、どのようになっていくのか、中長期的な財政計画等はありますか、御答弁をお願いいたします。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  お答えいたします。現在のところ、中長期的な財政計画は作成してはございません。 ○議長(田中建一君)
     西本議員。 ◆2番(西本国治君)  近年ですね、全国的に見ても中長期的な財政計画は、他の自治体では既に作成し、市民に分かりやすく市のホームページなどで公表しております。私は、これが本来の市の姿だと、そして責任であると思っております。  市民の皆様からいただいた大事な血税ですから、それを何にどのくらい使うのか、また将来のために何に使い、どれだけ積み立て、何年の計画で、どのように考えているのか、明確に示さなければいけないものではないでしょうか。急にこの事業を行うだとか、箱物をつくるだとか、思い付きにもとれる政策ではなく、きちんと現状、現実と向き合い、そのうえで行橋市の将来を見据えて市政運営すべきです。  財政計画については、市民のために早急に作成していただき、公表し、行橋市の将来に向けての市政運営を示していただきたいと思います。執行部長、どのように考えておられますか。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  お答えいたします。現在、本市が行っております財政運営といたしましては、まず歳入の見込みに関しまして、過去の実績と近年の傾向、それから国の動向を踏まえまして、市税、地方交付税等の収入を推測しております。  次に、歳出の見込みに関しましては、今後増加が見込まれる人件費、扶助費などの義務的経費を勘案をいたしまして、毎年度実施しております第5次総合計画の実施ヒアリングにおきまして、中期的な視点も交え、建設事業の進捗、実施の可否を決定しているところであります。  その他、財政運営に影響を与える要素を盛り込みながら、歳入と歳出のバランスを保ち、財政の健全な運営に取り組んでいる、いま現状としては、これが財政の運営のやり方でございます。  議員が御質問をいただきました、中長期的な計画、将来にわたって計画が必要ではないかと、そういった計画につきましては、私も必要性については認識をしているところでございます。現在のところは、まだ、この中長期的な計画につきましては、作成していく予定ではございませんけど、必要が生じるのであれば、この計画は作成していきたい、そのように考えます。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  私は必要だと思います。ぜひとも作成する方向でお願いいたします。  行橋市の財政を本気で考えるのであれば、人件費や公共建築物の削減、インフラ資産等の更新費用も抑えるべきだと考えます。なぜなら人口は減少していくと予想されるからです。  歳入部門での一番構成比率の高い市税は、減っていきます。しかし借金である地方債は返していかないといけない。そこで平成29年3月に市が策定した公共施設等総合管理計画についてですが、第1章では基本理念や目的の記述があり、第2章は現状、第3章では基本方針を示していますが、公共建築物の延べ床面積の構成割合で見ると、一番多いのが学校教育施設で全体の35.2%、2番目が公営住宅、27.4%となっており、合わせて62.6%を占めております。  学校教育施設は1960年代後半から整備され、1970年代にはピークとなっております。また公営住宅は1950年代から1970年代にかけて整備されております。さらにインフラ資産の道路や橋梁についても更新費用がかかることが掲載されています。公共建築物の建替え費用とインフラ資産の更新費用は、40年間で総額2887億円、年平均で約72億円かかると試算しており、市としては支出や維持費の削減が必要であると考えています、と宣言しています。  公共建築物については、市は選択と集中により、必要なものは新設するが、全体の総量、延べ床面積は削減する、と述べておられますけど、市が削減した施設、もしくは削減しようとしている施設はありますか。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  公共施設の総合管理計画についての御質問でございます。この公共施設の総合管理計画、もう議員がおっしゃるとおりの内容でございます。  全体的な大枠について、計画を立てておりますので、今後、各所管におきまして、実際にどういった施設が必要なのか、また、どういった施設をなくしていくのか、そういったところを今後考えていく予定としてございますので、現在のところ、この公共施設総合管理計画の中で統廃合された施設、そういったところは、現在、まだ把握をしてはございません。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  公共施設等の更新費用が最も高くなるのが2025年です。これは福祉の視点で見た2025年問題とも重なってきます。市長が就任する前年の平成25年決算では、特別会計の国保、介護、後期高齢者医療の合計が約148億5300万円です。平成29年決算では、約169億9400万円となっており、5年間で約21億4千万円も増大しております。団塊の世代が75歳以上になれば、当然、福祉にかかる費用の増大は、これ以上に大きくなります。  このような状況の中、図書館事業や長井浜公園、平築新駅、長浜公園、今川PA事業等、公共事業を推進し、また建設しようとしておられますけど、公共施設等の更新費用、及び福祉にかかる費用等を勘案しておられますか。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  先ほども議員の御質問の中にもございました。現在のところ、市の財政運営については、数値のうえで健全な財政運営を行っているところでございます。現時点、中長期的な計画はないということで、私も答弁をさせていただきました。  現時点におきまして、これから増加してくる投資的経費、それから扶助費等、これは議員がおっしゃられたとおりでございまして、これからは増加をしていく傾向にあると思います。その中で公共事業公共施設の総合管理計画にもございますけれども、公共事業について統廃合、また必要な施設については新しくつくっていく、現時点の中では、そういったことを考えましても大丈夫と、そのように考えております。 ○議長(田中建一君)  田中市長。 ◎市長(田中純君)  追加でちょっとお答えさせていただきます。議員のおっしゃることは、基本的に縮小する自治体というNHKの番組が1年くらい前にありまして、これで大いに注目をあびた番組があったわけでありますけれども、自治体が縮小していくということを前提に物事を考えていったときに、歳出の構成内容、あるいは歳出のトレンド、そういったもののみに着目をした議論をしていても、自治体の活性化というのはできないんですよ。だから歳入の観点をより強く全面に出して、そして歳入と歳出のバランスをとるというのが、これは財政の基本的な計画のありようですから、いま私どもが常に考えていますのは、歳入をいかに増やすかということなんですよ。現実に歳入が増えているじゃないですか。市税も含めて、この数年間。少なくとも私がお預かりしてから、年2億円弱、毎年毎年増えていますよ。  つまり自主財源を増やす、歳入を増やす、このことにまず全力を挙げるのが市の自治体の生き残りと言いますか、今後進んでいくあり様でありまして、私どもはそのために人口問題が大事だということを常々申し上げているわけでありまして、今のところ2、3年のタームで見れば、まだまだ人口も増えていく余地もあるし、財政も好転していくだろうというぐあいに我々は見ているわけです。  そして2、3年後の収支というのは、これはリアルティのある数字ですから、大きな間違いはない。そのもとに計画を立てているわけですから、10年後、20年後というタームで長期予測を出す場合は、議員も当然御承知のことと思いますけれども、今のトレンドをそのまま伸ばすか、目標値を立てるか、あるいはその中間か、その3種類しか長期目標というのは立てようがないわけです。                 (西本君、挙手あり) ○議長(田中建一君)  いま答弁中ですので、お待ちください。 ◎市長(田中純君)  答弁中でしょ。     (西本君「質問と答弁が違うと思いますので、よろしいですか」の声あり)  答弁中でしょ。 ○議長(田中建一君)  答弁を聞いてから。           (西本君「手短にお願いいたします」の声あり) ◎市長(田中純君)  ですから、そういった意味で、縮小する原理ではなくて、まちが拡大していくという原理を観点に入れないと、まちの財政であろうが投資であろうが、それはできないということを申し上げているわけです。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  いま市長の答弁については、2、3年後のことを考えてと言われますけど、財政だけを見た2、3年後だけを見て話をするのではなく、借金があるじゃないですか。これを10年、20年後、次世代の子どもたちまで負ってくる問題なんですよ。だから私は言っているんです。10年、20年後、将来のことを考えておられるのかと。2、3年後のことを話しているわけではないです。  ちょっとすみません、話がそれましたけど、先ほども言いましたけど、やはり財政計画をきちんと立てたうえで事業を行っていかないと、行き詰まることになると思いませんか。行き当たりばったりでは、市民には説明がつきません。  例えば、市の最上位計画である第5次行橋市総合計画後期基本計画の中で、公園整備については既存の公園の長寿命化、利用率の向上を図っていくことに重点を置いていく必要があります、と述べておられます。しかし実際は長井浜公園や長浜公園など、新規公園を整備しておられますが、言っていること、やっていることが違いますが、その点、市長はどのように考えておられますか。 ○議長(田中建一君)  田中市長。 ◎市長(田中純君)  言っていることとやっていることが違うと、私は全く思っていません。いま先ほど申し上げましたように、要するに新たな投資をやっていく力のない自治体から滅びていくんですよ。だから新たな投資をやって、常に新局面を開いていく、そういう自治体でしか生き残っていけないというのは、先ほども申し上げたとおりでありまして、そして幸いにして、いま行橋の財政は、まだ決算は出ていませんけども、当年度の決算は驚くような数字が出ますよ。即ち現状でこのままのトレンドを伸ばしていったら10年後、20年後、ものすごく行橋の財政はいいというような結果になりますよ。  そういう現状にあるわけですよ。だからいま10年後、20年後の数値を出すよりも、1年後、2年後、3年後をいかに確実に、いかにバランスを欠かないようにやっていくかが重要だ、ということを申し上げているわけです。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  市長はですね、先の定例会で、今の財政状況は最高だと、今も答弁の中で言われていますけど、確かに数字はいいと思います。先ほどの複数の施設整備費は、国県の補助金と単費及び地方債で捻出するのでしょうけど、地方債は借金ですが、では運営費、維持管理費はどうでしょうか。完全な単費です。人口減少及び少子高齢化が進む中、全国的に問題視されているのは、公共施設にかかる更新費用や運営費だと思います。  田中市政は、全国的な人口減少、及び少子高齢化の中で、施設を増やし、維持管理費を増やす方向で進めるんでしょうか。そのことで何が生まれますか。時代に逆行していると思いませんか。これが次世代に大きな負担となっていくとは考えられませんか。  先ほどの市長の答弁の中では、こういった考えはないということなんでしょうけど、他の公共サービスがこのままで維持できますか。私は様々な料金が高くなり、直接市民に跳ね返ってくるのではないかと心配していますが、いかがでしょうか。 ○議長(田中建一君)  田中市長。 ◎市長(田中純君)  お答え申し上げます。いいですか、借金が増えているという御指摘ですけども、大雑把に言って、いま200億円借金がありますよ。その内半分は、100億円は臨財債と言って、これは国が元本保証しているわけですから、実質のネットの行橋の債務は100億円ですよ。それに対して恐らく今年度末は預金に当たる基金の合計は、120から130億円に達しますよ。つまりネットで、流動資産だけで20億円から30億円のプラスなんですよ、今の行橋は。  そしてこれが皆さん、もうずっと将来のことが、財政負担が心配だから赤字になるとか、そういう観点ばかりをおっしゃいますけども、このトレンドを続けていくことが重要なことでしょ。私が就任以来、ずっと財政が赤字になる、財政が赤字になる、とおっしゃっている一部の皆さんがおられる。だけどずっと良くなっているじゃないですか。今年度の決算は、5月くらいに出納閉鎖して9月くらいの議会でまた御審議いただきますけども、今の見込みですと、また史上最高と私が言いたくなるような数字になっています。  つまり我々は常に2、3年後がいかにリアリティあるか、リアルティのある数字として掴めるかということを観点にやっているわけですから、責任を持てるのは2、3年後、その10年後、20年後のことは、それはトレンドとしてこのままいけば、今の状況が負債が300億円で預金が200億円ということであるならば、それは当然、10年後であろうと2年後であろうと危機財政ですから、それ自体が起きれば当然ながらその時点で抑制する方法なり他の方法を考える。いま現状はそういう方向にはないということを重ねて申し上げておきます。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  200億円の債務を半分は国が保障してくれると今おっしゃっていますけど、実際は払っていかないといけないもので、市民は、これは将来に不安を感じておられると思います。  将来の負担に対しての心配をしているのに、現在の財政状況がいいと言ったところで、私は答えになっていないのではないかと思います。だから基金を食いつぶし、借金まみれになる、と心配の声があがっていると思います。  そもそもですね、市長は常々言う人口増で10万人を目ざすことについてですけど、人口増につながる政策、ここが一番大事だと思いますけど、生産年齢人口を増やす政策とは、一体何があるのでしょうか。お願いいたします。 ○議長(田中建一君)  田中市長。 ◎市長(田中純君)  お答え申し上げます。それは即ち新たな投資ということですよ。要するに都市化をしていくということです。いま中心的にやっていますのは、駅東口の再開発をやっていくということ。ここに居住人口を増やすということ、これは人口増の端的な政策ですよ。  後それと行橋市全体を他の市町村から見て、住みたくなるようなまちにしていくと、抽象的に言えばそういうことになるわけで、特によそのまちから来られた方は、この近辺で、京築でどこに住もうかと考えたときに、様々な要素があるわけで、教育ベルの高い所、あるいは公園の多い所、あるいはコンビニエントな所等々等々、リストがあるわけですけど、そのリストのどのリストで比較しても近隣の市町村に負けないという状況をつくることが人口を増やすことの最も正解なあり様だと思っています。  そのためには新たに投資をする。投資をして行橋を魅力あるまちにする。そしてそのためには財政をきちんと歳入を確保するということ、その正の循環をもたらすということに尽きる、というぐあいに私は考えています。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  私はですね、市長の行うことに対して、全て反対というわけではなく、いいものはいい、悪いものは悪いで、是々非々でやっていきたいと思っております。  ただ、今回のこの財政についての質問についてですけど、やはり先ほどの市長の答弁の中で言われていましたけど、2、3年後だけでなく、中長期的な考えを、計画をもって進めていってほしいと思っております。  それでは、議長、このまま次の質問に入らせていただきます。  事業の進め方について、お聞きします。図書館事業について、契約も終わり、平成30年10月31日に起工式を行ったようですが、当初、公募したときにはPFI事業でパートナーである企業の手挙げはゼロ、その後、要求水準書を変更して何とか1社、長井浜公園事業について、飲食等事業者の公募を行うも、これもまた応募者ゼロ、その後はどうなって、どういう状況なのか。  今川PA事業についても、手挙げゼロとなるのではないですか。事業の進め方に疑問を感じられますけど、執行部、答弁をお願いいたします。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。まず長井浜の状況でございますが、長井浜につきましては、議員がおっしゃられたとおり、一度公募して、なかったという状況でありますが、今後は当然公園施設ということで、指定管理者制度を使って、今後運営していくことになると思うんですが、その中で公募の条件として利用の案を募る、そういう方向でいま考えて進めております。
     それから、今川PAの事業につきましても、基本的には民間活力の導入ということで、できるだけ行橋市のほうの支出を少なくするような、恐らくPPP・PFI事業と言っておりますが、その手法を利用して取り組むことになってくると思います。以上です。 ○議長(田中建一君)  田中市長。 ◎市長(田中純君)  蛇足ですけども、一言だけ申し上げておきますけども、今川PAに関してですね、西本議員を含めて地域の今川校区を中心とした地元の方が、設置に反対という意思表明をされるんだったら、やめますよ。その地元の方の反対を押し切ってまでやろうなんて思っていませんから、それはもうここではっきり申し上げておきます。地元の方が反対ということであるというならばやめます。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  市長がどのように感じ取られて、今そういう答弁をされたのか、私には全く理解できませんけど、地元が反対と言っているんじゃなく、私が言っているのは地元の協力を得るために、いきなり突発的に、じゃあこれをします、つくります、そういうのじゃなくて、ちゃんと地元と協議をしてくださいと、ただ僕はいま言っているだけで、何をどう理解されて、そういう答弁をされたのか、ちょっと僕は理解しかねます。  執行部長、図書館の起工式ですが、私は日にちも時間も知らされておりませんでした。私は図書館建設に確かに反対しましたけど、議会で契約締結の結果が出されましたので、建設が進んでいくのは分かります。しかし、これを全議員に知らされていないということは、どういうことですか。あれほど議会において議論し、行橋市にとっては大事業です。どういう考えで知らせなかったのか、執行部に答弁を求めます。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。この件につきましては、前々回ですか、議会の一般質問の中でお答えしたと思いますが、起工式自体は事業者主催の事業でありまして、私ども公共のほうは来賓というかたちで出席することになります。  当然、企業側のほうからは、来賓の方に対して、こういうようなメンバーで、というような打ち合わせはありました。それにつきまして、議会事務局を通じて御相談はさせていただいております。その結果が、あのときの出席状況になった次第であります。以上です。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  図書館事業、公募時0社、さらに図書館建設反対の請願書提出。駐車場用地では予定地一部買収できていません。長井浜公園事業、公募時0社、さらに地権者、地元とトラブル。椿市交流センター事業、地元負担が出ています、地元からの評判はいかがでしょうか。行事団地跡、長浜公園事業、単費で実施予定、下水道整備され、しかも居住誘導区域内、立地適正化計画との整合性はどうでしょうか。それに、すぐそばには行事桜公園があります。  このように、市長が行う事業のほとんどが問題のある事業となっています。全て問題なくスムーズにいく事業も、これまた難しいと思いますけど、事業を進めていく中で、市民の声、地元の声を聞く時間を十分に持たずに進めているのではないでしょうか。行政がやると決めれば何でもできる、こういうふうに思っておられませんか。  やった場合、やらなかった場合、いずれにしろ地元住民の感情とか思いに寄り添ったことがありますか。地元の声を聞いていれば、事業着手後に地元や地権者ともめるような事態にはならないでしょう。そのような事態になるということは、世間では、地元の声をきちんと聞いていない、ということになるんです。協議する時間を十分にもっていない、スピード重視の田中市政の進め方がまずいと思います。  時間をとり、ときには市長自ら足を運び、市民に説明をし、事業に対する考えや意気込みを語る、この姿勢がどれほど市民の理解を得られると思いますか、答弁をお願いいたします。 ○議長(田中建一君)  田中市長。 ◎市長(田中純君)  いや、だから先ほども申し上げましたように、行政がやると言ったら、どんな反対があっても必ずやるというようなことは全く思っていませんよ。ですから議員を含めて今川校区の皆さんが今川PA反対だという意思表示を明確にされるんだったら、即刻やめますよ。だからそのように申し上げているじゃないですか。地元の皆さんの意向を無視するつもりは全くないと。  図書館の場合も、駐車場もまだ1件残っておられる方々との話し合いのときにも、強制は全くしないと、残りたければ残ってくださいと。現に立ち退きを行政が無理やりにやったなんて事例は一個もありませんよ。長井の浜にしてもそうですよ。道路にブロックを立てるような非常識なことをするような人がいても、そのことに対しても何もやっていませんよ。  つまりそこでそういう地元の方が反対だというような事業を強行した事例というのは、悪いけど1件もありません。そのことだけは念のため申し上げておきます。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  市長、言葉の裏を返せば、地元が反対したから全てが反対ではないと思いますが、じゃあ例えば、仮に一部の人間が反対すれば、事業を取りやめるんですか。そうじゃないでしょ。人口増、将来のことを考えて、いま市長が将来に向けての政策を行っているのであれば、いくら反対があっても市長自ら足を運び、それを納得させるくらいの説明ができないんですか、と私は言っているんですよ。地元との時間を取ってくださいと。  市長はですね、平成30年9月の定例会において、向こう3年間の財政状況は把握できており、今の答弁もそうですけど、数字は確実に良いと。ただし将来20年後、30年後の責任となると、それは役人の作文ですので、今のトレンドを伸ばしたらという類いになりますので、私個人が責任を取ってやろう申し上げても意味がない、このように答弁をされておりました。  先ほどお聞きをしました、現在策定中の立地適正化計画や公共施設等総合管理計画などは、将来を見据えて策定しているのではないでしょうか。自治体の首長ですから、その自治体の市政運営や方向性は、現在のことはさることながら将来の予測をきちんと示して、議会や市民と議論すべきではないでしょうか。  次世代に持続可能な行橋市を残していくために、どうすれば良いのか、短期的な視点で物事を判断するのではなく、長期的な視点に立つことも求められているのではないかと私は思いますけど、いかがでしょうか。 ○議長(田中建一君)  田中市長。 ◎市長(田中純君)  お答え申し上げます。何度も申し上げますけどね、要するに私はリアルティを持って現実性をもって語れる数字が、2、3年後までしか分からない、と言っているんですよ。中長期のものをつくれったって、先ほども言いましたがトレンドを伸ばすか、願望か、その中間にするか、その3種類しかないわけですよ。そういったものは、もう皆さん飽きるほど見ているでしょ、国の予測、何とかの予測、国連の予測、当たった試しがないじゃないですか、10年後、20年後。  それよりも、そういうことにエネルギーを割くよりも、2年、3年先のリアルティのある数字を一生懸命掴んでいくと。2、3年後に、だから負債が基金を上回れば、その時点で、あっ、危険信号だということで、我々はストップをかけにいきますよ。当然のことでしょ。  だから2、3年後とは言いつつも、長期10年後、20年後から将来の数値から演繹をして持ってきて考えている、これは当たり前のことでしょ。2、3年後の数字を確定させるためには、将来の10年後、20年後の数字をこれは演繹した数字を置いていくわけですよ。だからそれなりに長期、2、3年後とは言いつつ、長期の数字の観点が入っているわけですよ。そこを御理解ください。 ○議長(田中建一君)  西本議員。 ◆2番(西本国治君)  市長、私も先ほどから言っていますけど、2、3年後の話じゃなくて、将来的に、2、3年後のことは、はっきり言ったら、執行部の皆さんもそうでしょうけど、私たち議員も、誰でもある程度の予測はできるんですよ。その上でこの債務が増える新しい事業を新規で事業を予定して進めていく。すると10年、20年後、市長も次に選挙に出られてとか、そういったことは分かりませんけれど、10年、20年後の先のことを今考えてもと言われますけど、考えなきゃいけないんですよ。だから総務部長にも言いましたけど中長期的な計画も立ててほしいと、予定をやはり作成してほしいと思います。  ちょっとこのまま、ちょっと市長と意見がかみ合わないと言いますか、考え方の違い、これはもうしようがないと思いますので、これはもう最後に一言。  市長含め執行部の皆様、そして私たちもそうですけど、行橋市のことをもっと真剣に考え、行橋市の将来を、そして次世代の子どもたちに自信を持って手渡せる行橋市をつくっていただきたい、またつくっていこうと心から思い、願い、本日の私の一般質問を終わらせていただきます。どうもありがとうございました。 ○議長(田中建一君)  以上で2名の一般質問を終わり、休憩後、引き続き一般質問を行うことといたします。  これより、暫時休憩をいたします。                 休憩 12時02分                 再開 13時00分 ○議長(田中建一君)  定足数に達していますので、ただいまから会議を再開いたします。  休憩前に引き続き、一般質問を行います。  次の質問者、大池啓勝議員。 ◆13番(大池啓勝君)  最後の質問者となりました。大池でございます。よろしくお願いいたします。  まず、本題に入る前に、ことし退任される義間副市長、また白川部長、そして進谷消防長、中原次長、そして辻局長は、専門分野で、また義間副市長には短い間ではございましたけれども、勉強させていただきました。ありがとうございました。また退任された後も、いろいろと行橋市発展のために御尽力をいただければと考えておりますので、お願いいたします。  では、このまま、議長、本題に入らせていただきます。  行橋市未来都市づくりについてでございます。行橋市の財政について、平成31年度当初予算についてでございます。本市の平成31年度の一般会計予算規模は、約312億円となっています。この金額が、本市にとって適切な予算規模なのか、どうなのか。私は素朴な疑問を感じています。  一般論ではありますが、地方自治体は、市町村税、及び交付税や国や県からの補助金などを主な財源として財政を運営していますが、ほとんどの自治体では、さらに地方債を発行することにより、足りない収入を穴埋めしています。  しかし地方債は債券の一種でありますので、発行している自治体は、当然元本や利息を後年度、返済しなければなりません。さらに地方債を発行して建物を建設することにより、後年度に施設の維持管理費、人件費なども新たに発生します。地方自治体の財政が健全に運営されているうちは良いのですが、財政運営を誤り、これらの経費の支払いができなくなったときには、財政破綻を迎えることになり、現実にこのように破綻した自治体日本存在しています。  財政状況の認識でありますが、現に富山県の高岡市、皆さんも御存知だと思います。人口17万人、予算約680億円、行橋市の約2.3倍でございます。高岡市の財政難は、近年の大型事業のつけが回ってきた結果、2015年3月の新幹線開業前後に取り組んだ新幹線在来線両駅の周辺整備が市の財政を圧迫する要因になった。  また、一気に推し進めた小中学校の耐震化などをあげ、市長は身の丈を超えていた、と過剰投資を認めております。事業費を捻出するための市債発行は増えた。旧高岡市と旧福岡町合併に伴う建設事業の市債返済に充てる工事費が増加したという特殊な要因はあるとはいえ、2016年に支出が収入を上回る歳出超過状態に陥り、基金を約17億円取り壊し、財源不足に対応。これは高岡市の財政状況を伝える報道機関等による情報であります。  また、議会が市財政あるいは市事業に対しチェック機能を果たしているか否かの報道で、高岡市議会は市民から厳しい状況に置かれた、チェック機能が弱かった例として紹介されました。  行橋市の財政は、市長は過去最高に良好であるとの認識、チェック機能を果たす議会、あるいは一議員としては、今の市財政を、市長と違う認識をもっている。  一つは公共施設等総合管理計画に示されている今後必要とされる経費が、約年間40億円増加するということ。これはこの計画書に示されていますが、過去10年間における投資的経費の平均から試算しているようです。この投資経費の平均からという物事自体が、このやり方でいいのかということも疑問に思います。  約40億円という財源をどのように確保していくかという筋道が見えない。だから立地適正化計画を策定するとか、公共施設等総合管理計画の個別計画を策定するとか、いろいろな考え方があると思います。計画書を策定する話はいつも出ているんですが、毎年約40億円という必要財源、当然圧縮もあるでしょうが、この財源の方向性が見えないのが気にかかっております。  もう一つは、一昨日、豊瀬議員も指摘しましたが、都市部の浸水被害を最小限にする方策を講じる政策予算が必要だということ。中心部の地形上、排水ポンプの機能は欠かせない。これは最優先に考えなければならない事業であり、優先度の高い事業と考えています。即ち財源をすぐに投入しなければならない事業だと。その他、小中学校校舎の老朽化対策等々を考えると、今の財源状況は、数字上は過去最高であっても内容は厳しいものがあると私は認識している。ここは私の考えだけを述べさせていただいておりますので。  また予算書を見ても、財政状況の詳細や後年度負担の状況は分かりませんが、先に述べたことには、本市は絶対にこのような事態にならないよう、中長期的な視点に立った財政運用を切にお願いいたしたい。  まず、第5次行橋市総合計画において、行橋市の目ざす将来像を次のように掲げられている。  豊かな自然の中で、農業・漁業の特産物に恵まれていること。特色ある地域文化歴史文化を生かしてアジアを中心とした世界を視野に入れた、人・もの・情報が集まり、賑わう、活力あるゆくはしの実現。そして安全安心のまちの実現を目指すとしている。この計画は立地適正化計画や地域公共交通網形成計画などと連携し、期間平成33年度までとなっています。  そこで質問ですが、計画のように数年先の行橋市ではなく、もっと長い期間について、次代を担う子どもたちにとっての未来都市について、そのときどういう都市を目ざすのか、どんな将来都市を描いているのか、お聞きしたい。  というのも、先ほど申し上げました、次年度の当初予算は約312億円と、過去最高額となっています。私が議員になった当初からすると、約100億円増額となっています。微増とは言え、人口が増えている。本市でも人口減少はやってくる。人口が減少すれば財源も減少する。人口の一番大事なところは、一番働き手の部分が減って、高齢者が多いということですね。そういう部分を加味しながら、行政運営に努めていただきたい。  今後、インフラは修繕等、手を加える必要が出てくる。現に手を加えなければならない、いろんな公共物もある。未来は人口が増加していれば心配や不安は持たないが、立地適正化計画等で人口減少社会になるという説明では、市民は不安になると思うが、どういうイメージを持つか、夢と現実の乖離は、市民にとって負担とならないのか。  また、市民からの税金をいかにかたちにするか。全国どの地方公共団体も同じ課題を持っていると考えるが、本市はどのように取り組んでいるか、お尋ねいたします。  市長には、予算の中長期を含めて、考え方を述べていただきたいと思います。 ○議長(田中建一君)  執行部に答弁を求めます。  田中市長。 ◎市長(田中純君)  中長期の財政ということで、午前中の質問にもございましたけども、いま考えていただきたいのは、国研究所等々の、あるいは自治体でもいいですけど、等々の経済の長期の予測というものが、どういうものかを考えてもらったらいいと思います。  その中で社人研の出す人口問題研究所の出す数値は、これは最も当たりやすい、最も予測が当たりやすいと言われている数値が出ているわけです。当然のことですよね、生まれた人間をずっと伸ばしていけばいいわけですから、まさにトレンドを伸ばせばいいわけですから。その最も当たりやすいと言われている社人研を、いま行橋市は上振れして外しているんですよ。これはトレンドが一定のトレンドで下がり出したら、これは10年後だって20年後だって当たりますよ。そのままトレンドを伸ばせばいいんだから。  だけどいま行橋市がやっているのは、その最も当たりやすい社人研でも、行橋は、今はマイナスになっているはずなんですよ。それを今はプラスに外しているんですよ。つまりそういう革新的なことでいま動いているわけですから、その長期トレンドでマイナスになっていっている自治体とは同じ尺度で、同じ観点で見たくはない、というぐあいに私は思っています。  それと先ほど来、2、3年後なら俺でも分かる、というような発言がありましたけども、2、3年後だって確実なことは分かりませんよ。現実に一部の議員の皆様方は、2、3年前に、行橋は赤字再建団体になる、なる、と言っていたじゃないですか。今まさにそれと全く逆の現況が起きているわけで、恐らくいま大池議員がおっしゃった、来年度の310数億円の予算よりも、今年度決算は、もう320億円を超す予定ですので、300億円を20億円ほど超す予定になっていますので、もう既に今年度は超しているわけですよ、実態は。確定の数字は出ておりませんけども、いま現在の見込みですけど。  つまり私が申し上げたいのは、長期トレンドで計れるような状況には今ないと。今は短期で見ながら、そして一定のトレンドが出てきたときには、それは長期トレンドでトレンドを伸ばせば、そんなに外れない。だけど今は動いているときなんです。動いているときは動いているときなりの政策をとっていくべきだろう、というように思っています。  それと、これも午前中にありましたけども、市債がいま200億円、借金が200億円ですね。それで基金が230億円から240億円あります。後ふるさと納税がどうなるかによって少し数字がまだ増える可能性もありますけども、まあそれはともかくとして、ネットの流動資産でプラスなんですよ、ネットで。これは今の7、8万人の規模の自治体で、ネットの流動資産でプラスということは、これはそんなに例はないと思いますよ。  それと同時に、一番最もベースとなる人口がいまだに増えている。私はこの傾向は2、3年後までは自信を持ってまだ増えるだろうと。また増やすべきだろうというぐあいに思っていますので、経済の、あるいは財政の全ての基礎である人口が減少に転じない限りは、この2、3年をターゲットにした政策でもってやっていくべきだろうと。  つまり長期トレンドが必要な状況と有効な状況というのは、一定のトレンドができあがったときに有効になってくるわけで、いま行橋はこんなに動いているわけですから、誰も今年度の決算が230億円に近い数字が出るとも思っていない、私自身も思っていなかった。それくらい大きくいま動いている状況ですので。それから人口問題にしても、こんな、決して田舎とは言いませんけども、福岡県の中でも端っこのほうにある地域人口が伸びているといったら、誰しも驚きますよ。  つまり、そういう状況にあるわけですから、この状況は、当面常にドレッシングをして若い世代を呼び込むと、そのドレッシングをするには投資は絶対に必要だというぐあいに思っています。現に今までは学校関係を主に投資をしてきて、来年度は当初予算で210億円という数字が出たのは、議員、当然御承知のことと思いますけども、図書館で30億円近く出る、一気に出るからポンと上がったということでありますけれども、今年度の決算では既に220億円を超しているということを御理解いただいて、そんなにサプライズではないなというぐあいに私は感じております。以上です。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  高岡市をですね例として質問申し上げました。高岡市には申し訳なんですけれども、新聞報道等、いろんな報道機関が中身の状態を執行部側と議会側ということの二つの部分について御批判を浴びたわけであります。  単に人口17万人と言いますと、680億円という予算であれば、行橋は、今年度は312億円ですか、それをすると、先ほども言うように行橋市の約2.3倍です。それを換算すると、717億円もうちは組んでいるのかということになるんですけれども、市長の説明の方向性との、今の御答弁の中ではやれるという状況であれば、投資する、ここぞというときもあるでしょう。  また、今までですね、もう今川PAは、先ほど西本議員のほうから質問がありましたので、しかしながら、立地適正化計画あたり、都市計画をするときにはそういう部分を含めて策定していく、いろんなかたちの条件を入れてしていくと思うんですよね。だからそういう部分が、長井浜のクラブハウスも今後どうなるのか、私も楽しみにしております。  また、椿市の地域交流センター、これについても今後の運営については、教育委員会のほうだったと思いますけれども、聞くと、あまり芳しくなくてリニューアルした、という話もお聞きしとるわけです。やり方だと。  投資はしてもついてくる方々の認識とか、そういうものをしないと、せっかくいいものを建てても、その地域にはいくらか、新しいものが建ちますから、いいかも分かりませんけれども、この税というのは、行橋市7万全体の地域の皆さんの理解を得らなければならない、ということだと思うんですよね。  では、次の公共事業で、社会資本整備ということで、要旨のほうをあげていますので。公共事業は、市場によって適切な量の供給が望みにくい、財・サービスを提供する事業。先ほど言った、市長はいま投資をする時期だと考えていると、私はそのように御推察しているんですが、ある意味では投資の状況を見ますと、まだまだ私には行橋市の将来像というのは浮かんでこないんですけれども、行橋市未来都市づくりの黎明期、新たな時代の始まりかもしれませんね。こういう部分は、今後の事業そのもので、結果として後で付いてくるわけですから。財源状況も踏まえながらそういう未来都市づくりの状況を、リスクをなるだけ少なくして、メリットとデメリットのところは何かというところを、もう一度精査する必要もあるんじゃなかろうかと。
     それでは、この社会資本整備、私も建設事業の出身ですから、社会資本整備事業の中で、建設産業はかつて経験したことのない大転換期を迎えています。日本の建設投資は平成4年度のピーク時に60万人業者を数えた建設業の許可業者は、約8万業者減少している。各企業も様々なかたちで効率化に努めてきました。しかし建設投資の減少は、これを上回るものであり、建設投資の現状の水準で推移すると仮定しても、残念ながらさらなる再編・淘汰は不可欠という厳しい現実に直面していると考えられます。  その問題点としては、若年労働者の確保、2番目は高齢化及び技術技能の継承、3番目は厳しい経営環境の中での労働条件などがあげられます。  また、地域建設業ですね、戦後地域経済、雇用を支えたインフラの維持管理や災害対応等、地域社会の維持に不可欠な役割を担ってきたのも事実であります。そこで現在の地域建設業の位置づけとは、どのようなお考えか。  1点目の問題点として、インフラの維持管理等の支障、災害対応空白地帯の発生、3番目に地域建設雇用問題等、行橋市社会資本整備事業の維持管理をどのようにお考えなのかを、灰田室長じゃなくて総務部長の立場で御答弁していただきたいと思います。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  お答えいたします。将来の行橋市社会資本、どのように維持していくかという御質問でございます。私のほうからは建設業者の育成というかたちの部分を答弁させていただきたいと思います。  現在、建設業の就労者の高齢化、それから担い手の減少、これが非常に問題になっているところで、本市におきましても同様に同じような状況があるのではないかと、そのように考えてございます。  国のほうにおきましても、危機感を抱いておりまして、建設業者の減少に伴う地方経済の影響、災害対策、今後の社会資本の維持について検討し、建設業者の確保に向けた取り組みを始めております。  本市の現状といたしましては、市内の建設業者、登録数は現在、150社でございまして、だいたい変動がない状態でございます。建設工事の発注件数を見てみますと、年間約190件の、これは一般入札、競争入札や指名競争入札でございますけれども、年間約190件の発注を行っているところでございまして、行橋市は発注する立場としまして、市内の建設業者の育成を第一に考え、その責務として公共工事の品質確保に向けた適正な予定価格の設定、それから円滑な施工の確保に向けて取り組んでおります。  平成30年度におきましては、建設工事における前払金の限度額の廃止、それから中間前払金制度を導入いたしまして、建設業者の資金調達の確保や円滑化を図り、セーフティーネットの拡充に努めているところでございます。  また、将来的には行橋市人口減少とともに建設業者の減少も考えられるのではないかと、一昨年は北部九州豪雨があり、昨年は行橋でも大雨による河川の水位の上昇、また道路等の冠水被害も発生しております。今後、災害対応や将来の社会資本を守っていくためにも建設業者の育成が重要ではないかと、そのように考えます。  受注者であります建設業者の責務といたしましては、公共工事の品質確保、施工体制の充実が求められ、そのためには技術を伝達する担い手である若年労働者の確保、育成が重要でありまして、労働環境の改善に取り組む必要がある、そのように考えております。  現在、国のほうからも地方公共団体労働環境の改善のため、退職者の共済制度、それから社会保険加入など、法定福利費の確保に向けた取り組みを促進するようにと、そういった要望がなされておりまして、本市におきましても、今後、建設業者の状況を注視し、対応を検討してまいりたいと、そのように考えております。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  建設業界なんですけれども、建設業法、昭和24年度の法律の第百号なんですけれども、更新されたのが平成29年ですか、この中で発注者側と請負う業者ですね。それには建設業の標準請負契約約款、それとか建設業の標準下請契約約款あたりを契約検査課として職員の育成に努めているのか。約款あたりを事業課は全部入るんですけれども、そういう部分の指導とか研修会とか、そういうのはどのように研修されているのか、その点を答弁していただければと思います。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  研修という御質問でございますけれども、現在契約に関しては、以前は各所管のほうで行っておりましたけれども、入札関係につきましては、契約検査課のほうで行っております。  契約検査課のほうとして、常にではございませんけども、研修自体は行っておりますけれども、議員が言われるような法律の関係についての研修は、現在のところは行ってはございません。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  私が質問しているのは、職員あたりが契約の約款あたりを、今しているか、していないか分かりませんけれども、中々契約約款を読まない方がたくさんいらっしゃるんですよ。発注者側と契約すれば、同等なんですよね。同等と言いながら、字のごとく請負、請け負けと書きますから、押しつけされることも多々ある。  しかしながら設計変更等ですれば、変更趣意書とか請書とかありますよね。そういう部分の研修あたりをやっているかということなんですよね。 ○議長(田中建一君)  新家総務部次長。 ◎総務部次長(新家敏克君)  議員の御質問にお答えします。議員が言われるとおり、契約約款自体を個々の技術者等がどこまで理解しているかということについては、おっしゃる通り、全てを理解してはいないんじゃないかなというふうには感じております。これは契約検査課のほうとして、感じておるんですけども、これまで様々な取り組み、国などが取り組んだ政策ですね、それの変更が起こっている。労働環境の改善に向けた取り組みですね、そのような制度の変更につきましては、契約検査課として、担当技術者、担当課の課長、係長等を呼んで、事前協議というのを始めております。  これについては、非常にいろんな効果があるんだなというふうに感じておりますので、今後も続けていきたいと、そのように思っております。以上です。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  今回ですね、契約の条件、一般公募なんか条件があると思うんですよ。そういううえで指名委員会あたりを見ますと、国土交通省あたりがランク制度と言っていますけれども、行橋市自体が地域が狭い、どこの市町村も一緒ですれけども、工事現場の場所からコンパスで回してみる、コンパスちゃ御無礼ですけれども、そういう指名ではなかろうかと思うんです。  しかしながら、今回のように災害地は割合と仕事が多いようでありますけれども、その仕事が少ない地域が、やっぱり指名の回数とか、そういう部分を十分配慮しながら、やはり1千万円以下の、行橋市の場合、1千万円以下ですから、するべきだろうと思います。  そして今回、築上町ですか、新聞でも御存知のように、入札の一般公募の条件が厳しく、という報道がありました。中身は取り調べでしょうけども。しかしその業者は、行橋にも受注しているんです。ここで言われる名前は控えさせていただきますけれども、ここの条件のところに行橋市は特定建設工事共同企業体、JVの実績を除く、ということなんですよ。しかしながら地場業者の育成という立場であれば、JVというのは親はだいたい50%はいきますよね。50、30、20とか、そこそこの4社JVとか3社JVとかあるんですよ。その中でJVの実績を除くというのはいかがなものかなと。体力のない業者がJVに入っていって仕事を受注することで実績を付けていくんです。  これもコリンズで、コリンズは分かりますよね、コリンズで登録対象は請負金額の500万円以上ですから、そういう対象に入っている実績があるというのに、こういう排除の対象というのは、いかがなものかなと。これが、いま行橋がやっていることが悪いとか適切ではないとか、ということで私が申し上げているんじゃない。これは将来的に研究課題として、小さい業者が実力を持っておけば、行橋から市外に仕事を受注できるような体力をつけるのが地場業者育成じゃなかろうかと思うんですよ。そりゃ、もう新家部次長は、もう退職間近ですが、その中でその思いを、どう思うかというところを、ちょっと答弁していただきたい。 ○議長(田中建一君)  新家総務部次長。 ◎総務部次長(新家敏克君)  議員の御質問にお答えいたします。確かに一般入札の公告の中で、JVの実績を除く、という言葉が入っています。これは基本的に元受実績というところを重視した関係で、信頼性の関係の中で元受実績がどこまであるかということを考えた中で、そういうかたちで一般公告している現状がございます。  確かにいろんな工事があって、金額によって様々なものがあると思うんですけども、一般競争入札の場合は1千万円以上でございますので、その中で市内業者、これから受注する方針として、そういう言葉が適正なのかどうかというのは、今後、確認委員会等とともに協議をしてまいりたいと思っております。以上でございます。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  これからですね、後進に、いろいろ思ったことは御指導してあげて、そういう部分の、特に新家部次長は印象に残っているんです。民間建設業に就職されて、それから公務員になったということで記憶があります。そういう経験を生かして、やっぱりどうあるかというベテランづくりを、市の職員もいろんな部分で見習わなければいけない、勉強するところは多々あると思います。入札制度、いろいろな部分についても、契約約款からいろいろな部分を職員に把握させて、業者と対どういう立場なのかというところも必要だろうと。  今後ですね、そういう部分を十分理解させるように、3月末をもって職員じゃなくなるので、こういう方向性が良かったなという経験を踏まえて、後進の指導に当たっていただきたい。行橋市のいろんな部分では残るか、残らないか、分かりませんけれども、その点をお願いしたいと思います。  業界は難しいですよね、管理技術者土木で4千万円など、しかし特定建設業という部分がありますよね。一般土木でも特定建設業を持たなくても、管理技術者とかいろいろありますけれども、そこはそことして、独自ですれば特定建設業で持たなくてもいいんですよね、自分のところで全部やればいいから、外注を出さなければいい、そういう設備を自分の所で備えていれば、そういう把握も、やっぱり入札室じゃなくて、今度は現場のほうで把握するということ、いい仕事をしていただく、そういう部分じゃなかろうかと思います。  それとですね、予定価格及び最低制限価格。最低制限価格は、国土交通省福岡県行橋市・近隣自治体という部分であれば、こういうくだらん官製談合とか言われることであれば、もう最低制限価格あたりを県並びに公表することも、ひとつは痛くない腹を探られるよりも、こういうオープン的なことも研究する必要があると思うんですよ。  それは、私がどうとか言うことではなくて、副市長の松本さんに、今後どういう取り合わせというか研究会をやっていくかということで、ちょっとお答えをいただければ助かりますけれども。 ○議長(田中建一君)  松本副市長。 ◎副市長(松本英樹君)  お答えいたします。先ほど新家次長から入札の検討とか話がございましたし、今までの確認委員会等々でも、いろんな協議事項がございますけども、その都度、新家次長からいろんな意見をいただきまして、その内容で確認委員会をしてきた。そういう意味では非常にありがたいなと思っておるんですけども、この最低制限の価格についても、過去から公表するとか、しないとか、事後公表だとか事前公表だとか、いろいろございましたけども、そういったものについても、また新家次長は3月で退職かも分かりませんが、そういった意見を聞きながら今後の確認委員会で確認したうえで方向性を見出していく、その研究・検討はしっかりとやっていきたいというふうに考えております。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  委員長として十分いろんな角度から議論し合って、いい方向性に向けていただきたいと思います。  次に、このまま図書館等複合施設、そして立地適正化策定という部分について、まず改めて聞くのもですが、PFI事業を選択した理由を答弁していただきたいと思います。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。PFI事業を選択して取り組んだ理由でございますが、世間の流れといたしましても、いろんな自治体の運営の在り方とか、それとか業界との関わり合いとか、その辺の考え方がだいぶ変わってきまして、PFI事業そのものは、もとはちょうど2000年当初くらいですが、イギリスのほうで財政難になったときに民間活力を活用して公共施設を、というのが発想であります。  それから日本にも入ってきたわけですけど、やはりベースとして民間活力を導入して少しでも市民サービスが向上するような手法を取ろうということで、このPFI事業を選定した次第であります。以上です。 ○議長(田中建一君)  田中市長。 ◎市長(田中純君)  補足させていただきます。PFIという方式を取るのは、もう議員も十分御承知のことと思われますけども、それこそ先ほど来、議論になっています10年、20年とか、そういうロングタイムでコストを計算したときに、トータルで安くなると、これが日本的なPFIの考え方であります。当然、プレゼンなり何なりで決まったところがベンチャーを組んで、そしてその会社が運営から何からずっと全部やるわけですから、単独で出した場合よりは当然のことながら最初から予定された費用が見込まれていく。  そうすると、いま日本でPFIをやった場合は、だいたい単体で発注した場合よりも2割乃至は3割のコストカットができると言われているのが通常のスタイルであります。  ですから行橋市で、図書館でPFIを採用したのは、そのロングタームで見てコストがカットできるということで採用いたしました。  今後も、もし仮にある程度の規模の事業をやるといった場合は、当然PFIを導入することも視野に入れて考えるということでございます。以上です。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  PFI事業を選択した理由を深く云々ということではなくて、やっぱり市議会、あるいは市民に説明するうえでですね、従来型の方法とPFI、どれだけ有利だったのかということに尽きると思うんですよ。有利だからこの事業のPFI事業を推し進めたと。しかしながらPFIの発祥のイギリスでは、民間事業者が余りにも多額の利益を得ているということの意見等々がありまして、この部分については、もう時代遅れということなんです。  いま現在、PFIに対する批判が多くなっているんです。15年間の管理を任せるだけに、市として責任ある対応を願いたいわけです。また私は賛成しておりますから、賛成議員の一人といたしまして、できたものをとやかく言うんじゃなくて、これからどういう運営でやっていくかということに尽きると思います。  先ほどの小さい椿市の地元の交流施設については、あまり建てて日にちが経たないうちにリニューアルをやったということも、当初の出発点のミスだったのか、そういう部分が出てくるわけです。そういう部分は、都市整備部のほうでされたのか。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。椿市の交流センターにつきましては、教育委員会のほうで担当しております。以上です。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  予算教育部と承知しているんですよ。しかしながらその組み立て、ものを建てるところの状況の中で、教育部が中身に対してまで入って組み立てて作成したのか、あるいは都市整備部の中で中身の運営部分まで立ち上げたのか、ということを質問しているわけですから、それをお答えしていただきたい。 ○議長(田中建一君)  米谷教育部長。 ◎教育部長(米谷友宏君)  お答えいたします。椿市の地域交流センターにつきましては、小さな拠点づくりの交付金を活用する中で構想を練りまして、計画をしたところでございまして、従来の椿市公民館の機能等を併せ持って拠点となるべき地域活力の活用という部分から、現在、法人に管理、そして先ほどリニューアルの話もございましたけれども、カフェの運営等につきましては、地元の組織のほうに運営をしていただいているということで、予算等につきましても教育委員会予算でございましたけれども、計画に伴います構想そのものにつきましては、あくまで小さな拠点という部分から発想して企画、建設をしてまいった経緯がございます。以上です。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  建物を建てる以前の失敗例があるんですよ。都市整備部で今の総合公園の中にキャンプ場があるでしょ、オートキャンプ場。もの凄い費用だったんですね。今はどうか分かりませんけれども。そういう部分があって、予算教育部から出て、ものを建てるそのものは、設計とかいろんな部分では都市整備部でやったとか、建築屋の誰だれがやったとかいうことがあると思うんですよ。そうするとすればですよ、やっぱり教育部のなかで将来的なランニングコストを含めて、メリット・デメリットを含めてやっていくというのが通常だろうと思います。  そういう部分も、もうできていますから、そういう不評がないようなかたちでいろんな取り組みをしていただきたい、これはお願いでございます。  ではですね、社会資本の市道の部分に、このまま移らせていただきます。  昨年12月の定例会時に市道認定議案が出されたですね。そのときに、あっ、と思ったのが、あっ、と思ったというよりも、立地適正化をしながら市道認定の交通量あたりは調べて市道認定されているわけですか、その点をお答えいただきたい。
    ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。市道認定の基準の中に、交通量というのが入っているかということですが、具体的な何台以上交通量があれば市道認定するとかいう基準はございません。  いろいろ構造的なものとか、それとか利用の頻度とか、いろいろあるんですけど、その辺を総合的に判断して、市道として認定してもいいかどうかの判断を最終的に下しているところであります。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  マニュアル、市道認定の基本的な考え方、マニュアルがありますよね。その中で、通学道路は市道じゃなくても指定できますよね。学校側がするんでしょ。しかしですね、通学路として指定されれば、市道として安全に管理しなければならない責務があると思うんですよ。子どもたちの通学道路ですから、安全に通学していただく。  市道ではない通学路、例えば未舗装の農道などが通学道路の場合、どのような手続をするのかなと。幅員確保するのか、歩道工事は都市整備部でするのかとか、産業振興部でするとかとかいうのが理解できないんですよ、押し問答するんですよね。市道認定しないと舗装できない、しかし通行量が多い。  私は先ほどから言っているように、市道認定とか拡幅するということは、安全性とか通行量とか、普通、国土交通省が通行量をよく調べているじゃないですか。高速道路もそうですけど。そういう部分の手続き上の必要条件をクリアする。  特に去年あった泉校区に対して、泉の方に申し訳ないけど、泉校区をするなという意味じゃないですよ。するなという意味じゃないですからね。そういうところを立地適正化だったら誘導地域というのを線引きしようとしている所に、今年度、議会前に私の所の事務所じゃないですけどね、家じゃないですけど、土木課の係長だったかな、来ていただいたんですよ。それはね、入札にしろ、何にしろ、ある程度執行部の中ですればいいんだけれども、部下が知らないことが多いんですよね。そこをやっぱり都市整備部にしては、上から下まできちっとしていかないと、大変なことになるんじゃなかろうかと思います。混乱しているんじゃなかろうかと思います。  だから立地適正化の基本的な考え方、例えば地域小学校11校区をしたけれども、メンバーを見ると、6人とか5人とか10人なんですよ。10何人とか、平均10人にしても11校区110人しか説明ができていない。だからそれをどういうかたちで浸透させるかというところだと思うんですよ。今後の課題としては、どう思いますか。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  御質問にお答えいたします。要はこの計画を市民の方にどうやって浸透させていくかということでありますが、現在いま計画を策定して、今年度末に公表するというかたちで、いま手順を踏んでおります。  平成27年から取り組んで4年間でトータル70回くらい説明会を行いまして、全部足せば1千人を超えるくらいの方に参加していただいております。それで十分かと言えば、とてもそれじゃ足りないと言われれば、そういうことなんですが、できるだけ市報、それからコンピューターを使って、そういう広報に努めてきたつもりでございます。  今後ですね、この計画が公表された後は、各それぞれの分野の計画で、この立地適正化の考え方をベースに、実施計画をつくっていくことになると思いますので、そのときにもまた周知できるような手法を考えていきたいと思っておりますし、その方向で各事業は進めさせていただきたいと思っております。以上です。 ○議長(田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  あと5分になりましたので、早々といきますので、そういう策定を考えるということは、悪くはないけれども、ちょっとここで言わせていただきます。  地域が抱える課題は、都市部、郊外、過疎地では異なると思います。異なるでしょ。地域においては高齢者交通網によって移動弱者を招くことは御承知のことと思うが、デマント交通や相乗り化により、安く採算が取れ、維持可能な地域の足を確保する考えもあると思う。  大都市等になると渋滞や混雑で効率的な移動があるため、複数の交通手段を統合・連携させることで解決を目ざすのですが、行橋市の場合は、特にこの点について考える必要はないと思います。交通渋滞にしても、安川通りとか、ああいう所の渋滞する所は決まっていると思います。そういうところは考える必要はないと思います。  しかしながらモビリティ・マネジメント、多様な交通施策を活用し、個人や組織地域のモビリティ、移動状況ですね、が社会にも望ましい方向へ自発的に変化することを促す取り組みも必要と考える。よく考えてくださいよ、聞いとってください。  私は、まずは地域の課題から取り組み、モビリティサービスを考え、開発しなければならないと思う。具体的な一般の人々が各種の組織を対象としたコミュニケーション施策を中心に、様々な運用施策やシステム導入や改善、実施主体となる組織の改変や新設等を持続的に展開する。それらを通じて市民や各種の組織が、通常は渋滞環境問題、あるいは個人健康といった問題に配慮しつつ、過度に自動車に頼る状態から公共交通機関自転車などをかしこく使う方向へと自発的に転換していくことも一つの考え方ではないか。  現在そのような取り組み等がされていれば、というところで答弁を受けるところですが、時間がないから、もうそこを考えとってください。  あなたの例えば考え方、先ほどからいろんな予算とか流れてきたけれども、ものの事業の考え方というのは、たたき台というのがここにあるけれど、行橋市は、特に自動車関連が多いので、鍛造と鋳造に例えて話します。  鍛造は金属をたたえて鍛える、成型する加工法、鋳造との違いは、鋳造は金属を溶かして液体にし、型に流し込む加工法、どちらも同じかたちの部品をつくることができますが、例え同じ見た目のものをつくっても、両者には大きな違いがあります。鍛造は叩く過程で金属の結晶を整え、気泡などの内部欠陥を圧着させるため、粘り強さが生まれます。鋳造だと内部に気泡ができてしまうことがあり、これらが強度を下げる原因となります。鍛造のようにたたく過程がアイディアならば、新たな事業を行う過程が遺漏のないことが重要なことだと考えます。そういうところを十分議論をし合えるということです。  ただ、マニュアルに沿ってしましたよ、という既成事実だけをつくったって、市民は納得していないことで事業を進めるわけにいかない。そこを十分、事業課の皆さんは聞いていただきたい、お願いしたいということです。  最後に、市長ね、空き家対策の取扱いなんですよ。環境課と都市整備部でしていますけど、査定はほとんど都市整備部でやるんですよ。調査はしますけれども、根本的に。それを一本に絞って、都市整備部のほうでお願いしたいと思います。また改めて6月にいたしますけれども、そこはもう言っておきますので、よく研究してください。終わります。 △日程第2 議案に対する質疑、議案の委員会付託 ○議長(田中建一君)  以上で、一般事務に関する質問を終わります。  日程第2 議案に対する質疑、議案の委員会付託を行います。  今定例会に上程された市長提出にかかる報告第1号から報告第4号まで、及び議案第1号から議案第30号までの計34件を一括して議題といたします。  これより、議案に対する質疑を行います。  はじめに、議案第3号について、德永克子議員から発言通告があっていますので、発現を許します。  德永克子議員。 ◆21番(德永克子君)  議案第3号なんですが、介護関係の施設の問題ですけども、県の権限移譲というかたちの説明がありました。それで一昨年ですか、過去にもこういう権限移譲があっていると思うんですけれども、市が指導・監督をする、この施設がどれくらい増えてきているのか、以前との比較で、どういうふうな状況になっているのか、経過も含めてちょっと教えていただきたいし、またそれ以外の施設についても、どのように経過がなってきているのか。たぶんに私は、かなり増えてきているんじゃないかなというふうに思います。  それに併せて、じゃあこれを指導・監督をする市の職員は、実態は今どうなっているのか、それについてお答えください。 ○議長(田中建一君)  白川福祉部長。 ◎福祉部長(白川達也君)  質問にお答えします。今回の3号の議案は、居宅介護支援事業所ということで、ケアプランセンターと通常言われる所ですね、それで県から移譲されているのが約20箇所ということです。過去にあったという話で、まず平成18年に認知症対応型共同生活介護、いわゆるグループホームですね、これが10箇所、小規模多機能型が5箇所、地域密着型の特養が1箇所ということで、16箇所が移譲されてきています。  そしてその後、平成27年、予防デイサービスと予防ホームヘルパーという箇所が、合計49事業所が移管されてきております。そして直近で言えば、平成28年度地域密着型通所事業所ということで、定員18名以下のデイサービス、これが14箇所移譲されている。そしてこれは合計が今回の20箇所を入れて99箇所です。そしてそれ以外のという話があります。これは、まだいま県のほうから市にきていない分、有料老人ホーム等、様々ありますが、たぶんその倍近くあると思いますが、多分これは権限移譲というかたちで徐々に市のほうにまたくるのかなというふうには考えているところです。  これに対する職員の体制と、どういうことをやっているかと。これは現在、施設指導ということで、原則3年毎に指導を行っております。それと更新というのがありまして、これは原則6年毎にやっているということで、結構手間です。これ、1回につき係長と担当職員ということで、2名体制で赴くことになります。ですから更新タイミングとかリストをつくるのに、実は来年、結構な数があるという話の報告を受けているんですけど、それに対して、じゃあ職員が増えているかというと、増えておりません。  ですから当然ながら担当部局としては人事サイドにこういう人を増やしてくれという要望はしていくんですけど、ただ内部的に言えば、これをタスクとしてどれくらいの業務負担があるかということも、もう1回改めて分析して、それに基づいたかたちで科学的にこれだけの人が要りますよ、という要望はしていこうかなというふうに、内部的にはいま協議しているところです。  ですから、こういうことを含めて、事業所のこういう権限移譲関係というのは、まだこれからも増えてくるだろうと、いま現在も多いですけど増えてくるだろうということです。  資料については、また別途提出したいと思いますので、よろしくお願いします。 ○議長(田中建一君)  德永議員。 ◆21番(德永克子君)  分析をした上でどうするかということですから、それはそれでしていただきたいと思うんですけれども、介護については、高齢者自体は非常に増えていますからね、そういうのも含めると、施設の問題だけではなくて、介護事業そのものがかなりの仕事量が増えてきているんだろうなと。以前に比べて、何年か前ですけれども、増やしてほしいんだけれども、実際は減っていっているというような実態だったと思いますので、ぜひですね、本当に市民のニーズに応えられるだけの事業ができる、特に私はその介護専門職を十分に配置する必要があると思いますので、要望ですけれども、ぜひその点はきちんとしてください。  また資料を後でお願いします。以上です。 ○議長(田中建一君)  次に、議案第6号について、田中次子議員から発言通告があっていますので、発言を許します。  田中次子議員。 ◆3番(田中次子君)  議案第6号 行橋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、お聞きします。  市長からの提案理由には、係長級職員の管理職手当の支給廃止に伴い、所要の改正をするもの、とありましたが、具体的にどう変わるのか、御説明をください。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  お答えいたします。現在、係長級の職員につきましては、管理職手当としまして給料月額の8%を支給しております。兼ねてより県の市町村支援課のほうから、国県というのは、係長級は管理職ではないと、そういった位置づけで係長級職員に対する管理職手当の支給について是正するようにと、再三指導を受けておりました。  そういったことから、今回、管理職手当の支給を廃止するという条例を上程させていただきます。以上です。 ○議長(田中建一君)  田中議員。 ◆3番(田中次子君)  それでは、そのことによって係長級の職員の方々の業務の内容ですとか、中身について、何か影響があるのか、お聞きします。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  業務については、以前と変わりはございません。 ○議長(田中建一君)  次に、議案第16号について、德永克子議員から発言通告があっていますので、発言を許します。  德永克子議員。 ◆21番(德永克子君)  議案第16号 一般会計の補正ですけれども、その内に、今川PA活用事業費として、委託料が691万8千円増えているんですね。これは基本計画作成委託料というふうに書かれているんですけれども、12月議会のときに、私は公共事業関係の財政問題の一般質問の中から、今川PAについては財政の状況をもう少し見極めたうえで、ゆっくりでもしたらどうかというふうに提案をさせていただいて、市長も、急ぐことではありませんというふうに、あのときに答えられました。  それで、この委託料を補正として提案をするというのは、ちょっと矛盾するんじゃないかなというふうに思うんですけれども、それを含めて、この内容はどういうものなんでしょうか。 ○議長(田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長(和田雄二君)  お答えいたします。今川PA活用事業費の基本計画策定委託料につきましては、有識者会議でありますグラウンドデザイン策定委員会において、必要な機能等を議論し、計画を策定しているところでありますが、この委託業務の中で実施してまいりましたサウンディング型市場調査等の結果を参考にしながら、当策定委員会において協議を重ねてまいりました結果、今川PAとの連結、つまり計画をしている交流拠点へパーキングエリアから直接アクセスすることなどの検討項目が出てまいりました。  その辺を検討しないと、今回の基本計画のほうがまとまらないというような結論になりましたので、これに必要な委託項目を追加して、今回補正させていただくことになりました。以上です。 ○議長(田中建一君)  德永議員。 ◆21番(德永克子君)  委員会で、あと十分審査をされるでしょうけれども、十分に私は住民の人の意見、市民の意見を聞くというふうなことも踏まえたうえで、急ぐことはないということですから、そういうことでぜひ委員会としてはお願いしたいし、担当のほうも補正であげるということの意味が、私は非常に合点がいかないんですが、これは議案質疑ですから、ここでとめておきます。終わりにします。これはこれでいいです。 ○議長(田中建一君)  次に、議案第22号について、德永克子議員から発言通告があっていますので、発言を許します。  德永克子議員。 ◆21番(德永克子君)  一般会計の当初予算です。これは資料要求でお願いいたします。  1つ、新規事業、廃止事業、それから多額な変動をした事業の一覧、前年度との比較、また財源や、それに担当課もぜひ含めて一覧で出してください。  それから、2番目に市民の負担の関係で、前年度よりかわったもの。  3つ目に、市民へのサービスで前年度よりかわったもの。  4つ目に、各種団体への補助、助成金の一覧。
     5番目に、同和団体人権団体への助成。教育委員会人権関係の一覧も含めます。  それから、6番目に、基金、市債、それから、債務負担行為、年度途中の見込みと過去5年間の動向。  7番目に、職員、各課での正規と非正規の人数。特に専門職の人数も、そこに加えてしていただきたいと思います。  資料要求ですので、できるだけ早く後でお願いいたします。 ○議長(田中建一君)  灰田総務部長。 ◎総務部長(灰田利明君)  資料ができ次第、提出をさせていただきます。新しく作成する資料でございますので、少し時間を頂戴したいと思います。よろしくお願いします。 ○議長(田中建一君)  いいですか。                  (德永君、頷く) 以上で、議案に対する質疑を終わります。  これより、議案の委員会付託を行います。 ただいま議題となっております、報告第4号、及び議案第1号から議案第30号までの計31件の委員会付託につきましては、お手元に配付をいたしております別紙付託事案一覧表のとおり、各常任委員会に付託したいと思います。これに御了承願います。  以上で本日の日程は、全て終了いたしました。  本日の会議は、これをもって散会いたします。               (執行部一同、起立、礼あり)                 散会 14時16分...