ツイート シェア
  1. 福岡市議会 2018-09-14
    平成30年第4回定例会(第5日)  資料 開催日:2018-09-14


    取得元: 福岡市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-21
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                   委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会は付託議案審査の結果、議案第176号及び議案第177号についてはいずれも原案を承認すべきものと決し、 他はいずれも原案どおり可決すべきものと決したので、会議規則第76条の規定により報告します。                                            平成30年9月13日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様                                   第1委員会委員長  古 川 清 文 ────────────────────────────────────────────────────                   委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会は付託議案審査の結果、議案第176号については原案を承認すべきものと決し、他はいずれも原案どおり 可決すべきものと決したので、会議規則第76条の規定により報告します。                                            平成30年9月13日  福 岡 市 議 会
      議 長  川 上 晋 平 様                                   第2委員会委員長  池 田 良 子 ────────────────────────────────────────────────────                   委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会は付託議案審査の結果、議員提出議案第3号については原案を否決すべきものと決し、議案第176号につ いては原案を承認すべきものと決し、他はいずれも原案どおり可決すべきものと決したので、会議規則第76条の規定 により報告します。                                            平成30年9月13日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様                                   第3委員会委員長  落 石 俊 則 ────────────────────────────────────────────────────                   委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会は付託議案審査の結果、議案第176号及び議案第179号についてはいずれも原案を承認すべきものと決し、 他はいずれも原案どおり可決すべきものと決したので、会議規則第76条の規定により報告します。                                            平成30年9月13日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様                                   第4委員会委員長  川 上 陽 平 ────────────────────────────────────────────────────                   委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会は付託議案審査の結果、議案第176号及び議案第178号についてはいずれも原案を承認すべきものと決し、 他はいずれも原案どおり可決すべきものと決したので、会議規則第76条の規定により報告します。                                            平成30年9月13日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様                                   第5委員会委員長  ひえじま俊 和 ────────────────────────────────────────────────────                   閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会は、審査中の事件について下記により、閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第 74条の規定により申し出ます。                          記 1.事 件  議案第139号 平成29年度福岡市一般会計歳入歳出決算  議案第140号 平成29年度福岡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算  議案第141号 平成29年度福岡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算  議案第142号 平成29年度福岡市介護保険事業特別会計歳入歳出決算  議案第143号 平成29年度福岡市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計歳入歳出決算  議案第144号 平成29年度福岡市集落排水事業特別会計歳入歳出決算  議案第145号 平成29年度福岡市中央卸売市場特別会計歳入歳出決算  議案第146号 平成29年度福岡市港湾整備事業特別会計歳入歳出決算  議案第147号 平成29年度福岡市営渡船事業特別会計歳入歳出決算  議案第148号 平成29年度福岡市伊都土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算  議案第149号 平成29年度福岡市香椎駅周辺土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算  議案第150号 平成29年度福岡市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算  議案第151号 平成29年度福岡市駐車場特別会計歳入歳出決算  議案第152号 平成29年度福岡市財産特別会計歳入歳出決算  議案第153号 平成29年度福岡市病院機構病院事業債管理特別会計歳入歳出決算  議案第154号 平成29年度福岡市市債管理特別会計歳入歳出決算  議案第155号 平成29年度福岡市モーターボート競走事業会計利益の処分について  議案第156号 平成29年度福岡市モーターボート競走事業会計決算について  議案第157号 平成29年度福岡市下水道事業会計利益の処分について  議案第158号 平成29年度福岡市下水道事業会計決算について  議案第159号 平成29年度福岡市水道事業会計利益の処分について  議案第160号 平成29年度福岡市水道事業会計決算について  議案第161号 平成29年度福岡市工業用水道事業会計利益の処分について  議案第162号 平成29年度福岡市工業用水道事業会計決算について  議案第163号 平成29年度福岡市高速鉄道事業会計決算について 2.理 由   会期中結論を得るに至らないため                                            平成30年9月11日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様                                       決算特別委員会                                        委員長 今 林 ひであき ────────────────────────────────────────────────────                   閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会に付託された次の請願は、結論を得るに至らないため閉会中もなお継続審査を要するものと決したので、 会議規則第74条の規定により申し出ます。                                            平成30年9月13日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様                                   第1委員会委員長  古 川 清 文                                   第2委員会委員長  池 田 良 子                                   第3委員会委員長  落 石 俊 則                                   第4委員会委員長  川 上 陽 平                                   第5委員会委員長  ひえじま俊 和 ┏━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃所管委員会│          請   願   受   理   番   号             ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨
    ┃     │平成27年 第6、第12、第15、第17、第19、第20                      ┃ ┃ 第 1 │平成28年 第1、第2、第5、第11、第13、第15、第17、第18、第25、第32          ┃ ┃     │平成29年 第2、第4、第5、第8、第16                         ┃ ┃     │平成30年 第3                                     ┃ ┗━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ┏━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃所管委員会│          請   願   受   理   番   号             ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨ ┃     │平成27年 第8、第13、第14、第22、第24、第28、第29                   ┃ ┃ 第 2 │平成28年 第3、第4、第6、第7、第21、第24、第26、第29、第31             ┃ ┃     │平成29年 第3、第12、第13、第14、第17、第18                      ┃ ┃     │平成30年 第1、第4、第5、第7、第8                         ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨ ┃ 第 3 │平成28年 第9、第16                                  ┃ ┃     │平成29年 第9                                     ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨ ┃     │平成27年 第25                                     ┃ ┃ 第 4 │平成28年 第19、第27、第33                               ┃ ┃     │平成29年 第10、第20                                  ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨ ┃ 第 5 │平成29年 第7、第19                                  ┃ ┗━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ────────────────────────────────────────────────────                   閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会に付託された次の請願は、結論を得るに至らないため閉会中もなお継続審査を要するものと決したので、 会議規則第74条の規定により申し出ます。                                            平成30年9月14日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様                                 議会運営委員会委員長  阿 部 真之助 ┏━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃所管委員会│          請   願   受   理   番   号             ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨ ┃     │平成27年 第7、第9、第18、第21、第27                         ┃ ┃ 議 運 │平成28年 第14、第34、第35                               ┃ ┃     │平成29年 第11                                     ┃ ┃     │平成30年 第6                                     ┃ ┗━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ────────────────────────────────────────────────────                    請  願  文  書  表 ┏━━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━┓ ┃  │受 理│              │             │          │所 管┃ ┃番号│   │   請  願  者    │   紹 介 議 員   │  件    名  │   ┃ ┃  │年月日│              │             │          │委員会┃ ┠──┼───┼──────────────┼─────────────┼──────────┼───┨ ┃  │   │              │             │          │   ┃ ┃  │ 30 │中央区平尾四丁目11-16-605 │田中(し)、星野、熊谷  │          │   ┃ ┃  │ ・ │平尾地区自然と住環境を守る │堀内、綿貫、中山     │マンション建設指導│   ┃ ┃9 │ 9 │会             │ひえじま、倉元、楠、荒木 │について(中央区平尾│第 4┃ ┃  │ ・ │会長 礒田 秀幸      │森(あ)         │四丁目地区)    │   ┃ ┃  │ 12 │          外393人 │             │          │   ┃ ┃  │   │              │             │          │   ┃ ┠──┼───┼──────────────┼─────────────┼──────────┼───┨ ┃  │   │              │             │          │   ┃ ┃  │ 30 │東区馬出二丁目1-22    │             │出来町公園休養施設等│   ┃ ┃  │ ・ │福岡・住環境を守る会    │荒木、森(あ)、倉元、星野│設置・管理運営事業に│   ┃ ┃10 │ 9 │代表世話人         │ひえじま、熊谷、堀内   │係る事業契約解除に│第 3┃ ┃  │ ・ │池永 修          │綿貫、中山        │ついて       │   ┃ ┃  │ 13 │          外169人 │             │          │   ┃ ┃  │   │              │             │          │   ┃ ┠──┼───┼──────────────┼─────────────┼──────────┼───┨ ┃  │   │              │             │          │   ┃ ┃  │   │城南区七隈七丁目37-15   │             │          │   ┃ ┃  │   │女性の政治参加を進める会  │熊谷、中山、綿貫     │市議会議員定数をふ│   ┃ ┃11 │ 〃 │共同代表          │ひえじま、星野、堀内   │やすことについて  │議 運┃ ┃  │   │坂田 幸子         │倉元、荒木、森(あ)   │          │   ┃ ┃  │   │          外149人 │             │          │   ┃ ┃  │   │              │             │          │   ┃ ┠──┼───┼──────────────┼─────────────┼──────────┼───┨ ┃  │   │              │             │          │   ┃ ┃  │   │早良区原団地80-403     │             │          │   ┃ ┃  │   │高齢者乗車券ICカードの継 │荒木、森(あ)、熊谷、綿貫│高齢者乗車券(交通用│   ┃ ┃12 │ 〃 │続を望む会         │堀内、星野、中山     │福祉ICカード)制度│第 2┃ ┃  │   │共同代表          │ひえじま、倉元      │の継続、拡充について│   ┃ ┃  │   │村上 邦彦         │             │          │   ┃ ┃  │   │          外237人 │             │          │   ┃ ┃  │   │              │             │          │   ┃ ┗━━┷━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━┛ ────────────────────────────────────────────────────                   閉 会 中 調 査 申 出 書  本委員会は次の事件について閉会中調査を要するものと決したので、会議規則第74条の規定により申し出ます。                                            平成30年9月13日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様                                   第1委員会委員長  古 川 清 文                                   第2委員会委員長  池 田 良 子                                   第3委員会委員長  落 石 俊 則                                   第4委員会委員長  川 上 陽 平                                   第5委員会委員長  ひえじま俊 和 ┏━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃委員会名 │                事          件                ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨
    ┃     │1.福岡市土地開発公社                                 ┃ ┃     │2.公益財団法人福岡アジア都市研究所                          ┃ ┃     │3.公益財団法人福岡市施設整備公社                           ┃ ┃     │4.公益財団法人福岡市スポーツ協会                           ┃ ┃第1委員会│ 上記4団体に関する次の事項について                          ┃ ┃     │ (ア)事業計画                                    ┃ ┃     │ (イ)資金計画                                    ┃ ┃     │ (ウ)決算に関する資料(事業報告書、財産目録、貸借対照表、損益計算書)        ┃ ┃     │5.市行政に係る重要な計画(基本計画を除く)の策定、変更又は廃止に関する事項について  ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨ ┃     │1.社会福祉法福岡市社会福祉事業団                          ┃ ┃     │2.地方独立行政法人福岡市病院機構                          ┃ ┃     │3.公益財団法人福岡市学校給食公社                           ┃ ┃第2委員会│ 上記3団体に関する次の事項について                          ┃ ┃     │ (ア)事業計画                                    ┃ ┃     │ (イ)資金計画                                    ┃ ┃     │ (ウ)決算に関する資料(事業報告書、財産目録、貸借対照表、損益計算書)        ┃ ┃     │4.市行政に係る重要な計画(基本計画を除く)の策定、変更又は廃止に関する事項について  ┃ ┗━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ┏━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃委員会名 │                事          件                ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨ ┃     │1.一般財団法人福岡市水産加工公社                           ┃ ┃     │2.公益財団法人九州先端科学技術研究所                         ┃ ┃     │3.公益財団法人福岡市中小企業従業員福祉協会                      ┃ ┃     │4.公益財団法人福岡観光コンベンションビューロー                    ┃ ┃     │5.一般財団法人福岡コンベンションセンター                       ┃ ┃     │6.公益財団法人福岡市文化芸術振興財団                         ┃ ┃第3委員会│7.博多港開発株式会社                                 ┃ ┃     │8.博多港ふ頭株式会社                                 ┃ ┃     │ 上記8団体に関する次の事項について                          ┃ ┃     │ (ア)事業計画                                    ┃ ┃     │ (イ)資金計画                                    ┃ ┃     │ (ウ)決算に関する資料(事業報告書、財産目録、貸借対照表、損益計算書)        ┃ ┃     │9.市行政に係る重要な計画(基本計画を除く)の策定、変更又は廃止に関する事項について  ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨ ┃     │1.福岡市住宅供給公社                                 ┃ ┃     │2.公益財団法人福岡市緑のまちづくり協会                        ┃ ┃     │3.公益財団法人博多駅地区土地区画整理記念会館                     ┃ ┃     │4.一般財団法人福岡市交通事業振興会                          ┃ ┃第4委員会│ 上記4団体に関する次の事項について                          ┃ ┃     │ (ア)事業計画                                    ┃ ┃     │ (イ)資金計画                                    ┃ ┃     │ (ウ)決算に関する資料(事業報告書、財産目録、貸借対照表、損益計算書)        ┃ ┃     │5.市行政に係る重要な計画(基本計画を除く)の策定、変更又は廃止に関する事項について  ┃ ┠─────┼────────────────────────────────────────────┨ ┃     │1.公益財団法人ふくおか環境財団                            ┃ ┃     │2.株式会社福岡クリーンエナジー                            ┃ ┃     │3.公益財団法人福岡市水道サービス公社                         ┃ ┃第5委員会│ 上記3団体に関する次の事項について                          ┃ ┃     │ (ア)事業計画                                    ┃ ┃     │ (イ)資金計画                                    ┃ ┃     │ (ウ)決算に関する資料(事業報告書、財産目録、貸借対照表、損益計算書)        ┃ ┃     │4.市行政に係る重要な計画(基本計画を除く)の策定、変更又は廃止に関する事項について  ┃ ┗━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ────────────────────────────────────────────────────                   閉 会 中 調 査 申 出 書  本委員会は次の事件について閉会中調査を要するものと決したので、会議規則第74条の規定により申し出ます。                                            平成30年9月14日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様                                 議会運営委員会委員長  阿 部 真之助 ┏━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃ 委員会名 │              事             件              ┃ ┠──────┼───────────────────────────────────────────┨ ┃議会運営  │1.議会の運営に関する事項について                          ┃ ┃      │2.議会会議規則委員会に関する条例等に関する事項について             ┃ ┃委 員 会 │3.議長の諮問に関する事項について                          ┃ ┗━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ──────────────────────────────────────────────────── 意見書案第14号    室見川等の氾濫防止対策を求める意見書案  上記の意見書案を次のとおり福岡市議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。                                            平成30年9月14日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様      提出者 福岡市議会議員          鬼 塚 昌 宏      津 田 信太郎      大 森 一 馬          大 坪 真由美      今林 ひであき      阿 部 真之助          福 田 まもる      山 口 剛 司      大 石 修 二          とみなが 正博      森   あや子      浜 崎 太 郎          熊 谷 敦 子      倉 元 達 朗      近 藤 里 美          田 中 丈太郎                  室見川等の氾濫防止対策を求める意見書  平成30年7月豪雨災害では西日本の広い範囲で甚大な被害が生じました。福岡市内では,約66万人に避難勧告,1,551 世帯3,715人に避難指示が発令され,最大1,179人が避難所避難しました。現在も南区の一部の地域において避難指 示が継続されているため,避難生活を余儀なくされている方がいます。  市内の早良区,西区を流れる室見川は,今回の豪雨で氾濫しなかったものの,上流では護岸が一部崩壊し,流域に は避難勧告が発令されました。こうした中で住民からは,「河床掘削してほしい」「川が増水して怖い思いをした」と いう声が寄せられ,8月27日に早良区と西区の室見川流域校区自治協議会会長から福岡県知事宛てに要望書も提出さ れています。  1999年,2003年など過去に水害が発生した市内の河川は,その多くが改修されていますが,室見川は1963年の氾濫
    以降,大規模な改修が行われていません。専門家からも護岸の老朽化等による氾濫の危険性が懸念されており,改修 が必要との意見が出されております。  今回の豪雨で他に市内を流れる宇美川,御笠川,博多川が氾濫危険水位を超えました。九州台風の常襲地帯であ ることに加え,最近は数十年に一度と言われる豪雨が頻発しており,あらゆる事態を想定して備えを強めることが求 められています。市民の命と財産を守るため,安心・安全のまちづくりに取り組むことは,市民の強い要望であると ともに自治体の責務です。  よって,福岡市議会は,福岡県が,市内を流れる河川のうち室見川など県管理の河川について,河床掘削,老朽化 した護岸のかさ上げ・改修等の氾濫防止対策に早急に着手し,完成されるよう強く要請します。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。                                            平成 年 月 日  福岡県知事 宛て                                            議  長  名 ──────────────────────────────────────────────────── 意見書案第15号    地方財政の充実・強化を求める意見書案  上記の意見書案を次のとおり福岡市議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。                                            平成30年9月14日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様      提出者 福岡市議会議員          鬼 塚 昌 宏      津 田 信太郎      大 森 一 馬          大 坪 真由美      今林 ひであき      山 口 剛 司          とみなが 正博      森   あや子      浜 崎 太 郎          熊 谷 敦 子      倉 元 達 朗      近 藤 里 美          落 石 俊 則      田 中 丈太郎                  地方財政の充実・強化を求める意見書  地方自治体は,子育て支援策の充実と保育人材の確保,高齢化が進行する中での医療介護など社会保障の充実, 地域交通の維持など,果たすべき役割が拡大しております。さらに,人口減少対策を含む地方版総合戦略や大規模災 害を想定した防災減災事業の実施など,新たな政策課題に直面しています。一方,地方公務員を始めとした公的サー ビスを担う人材は限られており,新たなニーズへの対応と細かな公的サービスの提供が困難であることから,これに 見合う地方財政の確立を目指す必要があります。  このため,2019年度の政府予算地方財政計画の検討に当たっては,歳入・歳出を的確に見積もり,地方財政の充 実・強化を目指すことが必要です。  よって,福岡市議会は,政府が,次の事項を実現されるよう強く要請します。 1 社会保障災害対策環境対策地域交通対策人口減少対策など,増大する地方自治体財政需要を的確に把  握し,これに見合う地方一般財源総額の確保を図ること。 2 子ども・子育て支援新制度地域医療の確保,地域包括ケアシステムの構築,生活困窮者自立支援介護保険制  度や国民健康保険制度の見直しなど,急増する社会保障ニーズに対応するため,国が担うべき分野については,必  要な経費全額を国が負担するとともに,地方自治体が担うべき分野については,国庫補助金を廃止し,所要額を全  額税源移譲するなど社会保障予算の確保及び地方負担額について地方財政措置を的確に行うこと。 3 住民の命と財産を守る防災減災事業は,これまで以上に重要であり,自治体庁舎を含めた公共施設耐震化や  緊急防災減災事業の対象事業の拡充を行うこと。 4 地方財政計画に計上されている「まち・ひと・しごと創生事業費」については,自治体財政運営に不可欠な財  源となっていることから,現行水準を確保すること。 5 地方自治体基金は,財政調整や特定目的のために積み立てるものであり,基金残高を理由に地方交付税の削減  などを行わないこと。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。                                            平成 年 月 日  内閣総理大臣総務大臣財務大臣,  内閣府特命担当大臣経済財政政策) 宛て                                            議  長  名 ──────────────────────────────────────────────────── 意見書案第16号    キャッシュレス社会の実現を求める意見書案  上記の意見書案を次のとおり福岡市議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。                                            平成30年9月14日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様      提出者 福岡市議会議員          鬼 塚 昌 宏      津 田 信太郎      大 森 一 馬          大 坪 真由美      今林 ひであき      山 口 剛 司          とみなが 正博      浜 崎 太 郎      近 藤 里 美          田 中 丈太郎                 キャッシュレス社会の実現を求める意見書  キャッシュレス社会の実現は,事業者の生産性向上やインバウンド需要の取り込み,消費者の利便性向上に加え, データの蓄積を通じたイノベーションの実現にもつながる等,経済全体に大きなメリットがあります。しかし,我が 国のキャッシュレス化は,欧米諸国と比べ進展していないのが現状です。  そのため,政府は「日本再興戦略」改訂2014において,2020年オリンピック・パラリンピック東京大会等の開催等 を踏まえ,キャッシュレス化に向けた対応策を検討するとし,これまで5回に渡りキャッシュレス推進の方針を打ち 出してきました。「未来投資戦略2017」では,2027年6月までにキャッシュレス決済比率を倍増し,4割程度とする ことを目指すとしています。  日本でキャッシュレス支払が普及しにくい背景として,暗証番号や個人情報の流出等のセキュリティに対する不安 があります。さらに,我が国の治安の良さや偽札の少なさ等の社会情勢に加え,消費者に必要な情報が十分に周知さ れていないこと,店舗における端末負担コストやネットワーク接続料,加盟店手数料等のコスト構造の問題等が挙げ られます。しかし,近年は実店舗における人手不足やインバウンド対応,スマートフォンを活用した支払サービスの 登場等,キャッシュレス推進の追い風となる動きが見られます。  よって,福岡市議会は,国会及び政府が,キャッシュレス社会の実現のために,次の事項について着実に取り組ま れるよう強く要請します。 1 市民の不安を解消するため,セキュリティ対策の強化について指導すること。また,キャッシュレス化による利  便性向上について,市民へPRすること。 2 店舗等が負担する支払手数料の見直しやQRコード等の支払に関する規格の統一等を検討するなど,事業者が導  入しやすい環境整備を行うこと。 3 キャッシュレス支払を通して新たに生み出されるデータの利活用によるビジネスモデルの構築を促進すること。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。                                            平成 年 月 日  衆議院議長参議院議長内閣総理大臣総務大臣財務大臣,  経済産業大臣国土交通大臣 宛て                                            議  長  名 ──────────────────────────────────────────────────── 意見書案第17号    公立学校の空調整備事業の充実を求める意見書案
     上記の意見書案を次のとおり福岡市議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。                                            平成30年9月14日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様      提出者 福岡市議会議員          とみなが 正博      森   あや子      熊 谷 敦 子          倉 元 達 朗      中 山 郁 美      近 藤 里 美          田 中 丈太郎                公立学校の空調整備事業の充実を求める意見書  今夏は全国各地で猛暑が続き,学校熱中症になる子どもも多く,愛知県では校外学習から戻った子どもが死亡す る事故も発生しています。  しかし,文部科学省が昨年発表した調査結果によると,全国の公立中学校の普通教室への空調設置率は49.6%に とどまっています。学校施設での空調整備は子どもの命に関わる問題であり,未設置の学校施設への対応は一刻の猶 予も許されません。また,普通教室への設置だけでなく,特別教室体育館などでの授業もあり,併せて設置する必 要があります。とりわけ体育館は災害時の避難場所としても使われ,体力のない高齢者などが避難した際,命に関わ る大問題となります。  文部科学省は,来年度予算の概算要求において,空調整備を含めた施設整備費として今年度当初予算の3.5倍に当た る約2,400億円を要求したと報じられています。しかし,空調整備を補助対象とする学校施設環境改善交付金の地方 公共団体への補助率は,依然として3分の1となっており,特別教室体育館を含む全ての学校施設に空調が設置さ れるためには,財政措置の改善が急務となっています。  よって,福岡市議会は,国会及び政府が,学校施設環境改善交付金における空調整備事業について,補助率を引き 上げられるよう強く要請します。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。                                            平成 年 月 日  衆議院議長参議院議長内閣総理大臣文部科学大臣 宛て                                            議  長  名 ──────────────────────────────────────────────────── 意見書案第18号    国による障がい者雇用率偽装問題の徹底解明と再発防止を求める意見書案  上記の意見書案を次のとおり福岡市議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。                                            平成30年9月14日  福 岡 市 議 会   議 長  川 上 晋 平 様      提出者 福岡市議会議員          堀 内 徹 夫      森   あや子      熊 谷 敦 子          倉 元 達 朗      近 藤 里 美      田 中 丈太郎           国による障がい者雇用率偽装問題の徹底解明と再発防止を求める意見書  国土交通省総務省などの中央省庁が,雇用する障がい者の数を42年間にわたって水増ししていたことが明らかに なりました。障害者雇用促進法では,障がい者の就労機会を拡大するため,企業や国・自治体などに一定割合以上の 障がい者を雇うことを義務付けており,原則として,身体障害者手帳精神障害者保健福祉手帳を持つ人,児童相談 所などで知的障がい者と判定された人たちを対象としています。ところが,国は障害者手帳の確認など国の指針で定 めた措置を採らず,対象外の職員を上乗せすることで障がい者の雇用率を引き上げており,対象外の職員を除くと, 多くの省庁雇用率が1%未満という事態となりました。  障がい者の法定雇用率について,国・自治体は2.5%,企業は2.2%と,国・自治体が高く設定されていますが,これは, 国が民間企業の模範となる役割を担っているからです。また,民間企業には法定雇用率を下回れば納付金を課す事実 上の罰則がありますが,国にはありません。障がい者雇用を促進し,指導する立場にある国が雇用率を偽装していた ことは,障がい者施策を行う行政への信頼を根本から覆す裏切り行為そのものです。  厚生労働省が障がい者の雇用状況について調査を始めてから,結果を公表するまでに2か月を要したにもかかわら ず,2016年以前雇用状況については公表されていません。全容解明には程遠い状況であり,国は偽装問題の実態を 過去に遡って明らかにするべきです。障害者権利条約批准した国としての責任が問われている今,中央省庁組織 的・構造的問題にもメスを入れ,不正の根を断つことが急がれます。  よって,福岡市議会は,国会及び政府が,国会での閉会中審査を行うなど,国による障がい者雇用率偽装問題の徹 底解明と再発防止策を早急に講じられるよう強く要請します。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。                                            平成 年 月 日  衆議院議長参議院議長内閣総理大臣厚生労働大臣 宛て                                            議  長  名 Copyright (c) FUKUOKA CITY, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...