29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

まず越前おおの元気プランの1番目の柱、人が元気から、SDGsの取り組みについてお尋ねします。  市長の提案理由の説明では、本市の平成30年間の歩みとその歴史を振り返り、SDGsという世界基準である、持続可能な開発目標に本気で向き合うとし、本年2月8日に大野のワカモノまちづくり座談会を開催し、SDGs推進のキックオフをしております。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

国連が掲げる持続可能な開発目標、いわゆるSDGsを推進するため、庁内で研究を重ね、去る2月8日に大野青年会議所や大野商工会議所青年部、市の若手職員が参加する大野のワカモノまちづくり座談会を開催しました。  次期総合計画にもSDGsの考え方を取り入れていくこととしており、市民とともに進めるまちづくりに向けた準備を整えています。  

大野市議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会-目次

≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 101一般質問 9番 堀田昭一君(清風会)………………………………………………………………… 1091 越前おおの元気プランについて ○ 人が元気について  ①SDGsの取り組みについて  ・各地区で座談会の仕組みと参加者は。  ②エキサイト広場について  ・トレーニングルームの利用状況は。  

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

SDGsの推進について伺いたいと思います。その1点目であります。拡大版SDGsアクションプラン2018に示される8分野の中で、市が取り組むところはということで質問をさせていただきたいと思います。  本年5月末には鯖江のSDGsの取組として、ニューヨークの国連本部で「ものづくりのまちさばえ」で活躍する女性像について、牧野市長はスピーチをいたしました。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

次に、ものづくり博覧会においてSDGsの普及啓発を行っておられます。今後SDGsの取組を加速させて、ロールモデルの確立につなげるとおっしゃっておられます。そこで、お尋ねをいたします。これまでSDGsのどういった取組をしてこられたのか、またロールモデル確立につなげるための具体的な行動についてもあわせてお伺いをしておきます。  続きまして、「めがねのまち鯖江」元気再生事業について、お尋ねをいたします。

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

そのために、市長の目指す地域づくりの実現のために、前倒しをしてSDGsにつながる物差しを作って進めていってですね、産業と環境と社会が循環する価値観を醸成して、次年度の計画に反映されていくことを切に期待をして質問に入りたいというふうに存じます。  まず大野市地域公共交通網形成計画素案について質問いたします。  

大野市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−一般質問−02号

それからもう一つ、つながりを大切にするというところの点におきまして、国連の持続可能な開発目標SDGsにつきましてということを、これも各団体での座談会ですとか、ご説明会の中でも、これ私らしい施策として申し上げさせていただいておりますけれども、このSDGs17の目標をプロジェクト型で取り組むこともあれば、民間の方では進んでおりますけれども、中長期的な目標の方に取り入れていくというような作業を行っております

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

まず、総合戦略につきましては、9月20日に総合戦略推進会議を開催し、数値目標(KPI)の達成状況について御意見をいただくとともに、持続可能な開発目標(SDGs)への取組など、市が注力している事業の追記やKPIの補強を行うなどの一部改訂を行いました。来年度末に戦略の計画期間が終了することから、今後、国や県の状況を注視しながら、来年度中の新たな総合戦略の策定に向けて作業を進めてまいります。  

大野市議会 2018-11-26 平成30年 12月 定例会-11月26日−議案上程、説明−01号

また、世界基準であるSDGs(エス・ディー・ジーズ)の17の目標を本市の状況に照らし合わせて、私たちの生活を持続可能なものにしなければならないと考えています。  今後は、市民向けの講演会も計画しており、市民の皆さまと一緒にSDGsと総合計画を考える機会にしたいと考えています。  次に、連携中枢都市圏の連携協約について申し上げます。  

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

さらに、2017年6月に開催されました国の第3回SDGs推進本部の会合におきまして、安倍総理は、これはまさに地方創生の実現に資するものであり、関係閣僚が連携してSDGsの達成に向けた地方の取組を促進する施策を検討・実施してほしいと発言されております。  これらのことから、SDGsの推進におきまして住民に一番近いところにある地方自治体の果たす役割というものは大変大きいと考えております。

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

6月30日、市長はニューヨークでSDGsの取組ということで、鯖江市の女性活躍推進についてのスピーチを行ってまいりました。全世界に鯖江という名を広げてきたわけであります。そして、国内ではやはり鯖江市の取組というのは各自治体が注目をしているというふうに思われます。

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

次に、持続可能な開発目標(SDGs)の推進に向けた本市の取組についてでありますが、先月5日に、外務省および内閣府地方創生推進室、自民党の衛藤外交調査会長を訪問し、国連ニューヨーク本部で5月に開催されSDGs推進会議の概要を報告してまいりました。特に、議長のアンワルル・K・チャウドリー国連大使や参加者の皆様から高い評価を受けました本市の女性活躍に関する取組を中心に紹介し、意見交換を行いました。  

大野市議会 2018-07-23 平成30年  7月 定例会-07月23日−一般質問−02号

さらに、本年度からは、世界基準であるSDGs(エス・ディー・ジーズ)の取り組みの推進について検討しております。  SDGsは、国連の持続可能な開発サミットにおいて採択された保健や教育、水、衛生などに関する17の開発目標で、行政や経済界を問わず、全ての国々が人間、地球及び繁栄のための持続可能な開発となるよう、15年間で達成すべきとされている目標です。  

大野市議会 2018-07-17 平成30年  7月 定例会-07月17日−議案上程、説明−01号

次に、SDGs(エス・ディー・ジーズ)への取り組みについて申し上げます。  SDGsは、2015年9月に国連の持続可能な開発サミットにおいて採択されました保健や教育、水、衛生などに関する17の目標で、行政や経済界を問わず、全ての国々が、人間、地球及び繁栄のための持続可能な開発となるよう15年間で達成すべきとされているものです。  

大野市議会 2018-07-01 平成30年  7月 定例会-目次

≪2回目以降質問≫………………………………………………………………………………52一般質問 11番 藤堂勝義君(誠和会・公明党)…………………………………………………………551 SDGsへの取り組みについて ○ SDGsとは、どのような取り組みか詳細を聞きたい。 ○ 議論した方法や研究した成果を今後策定する総合計画に盛り込むとのことだが、そ  の時期や今後の計画を聞きたい。

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

男性2人と女性1人でございますが、これも鯖江がいち早くSDGsに取り組んでいるんだということで、牧野市長が国連に行かれると発表した直後にやはり鯖江に来て勉強させていただきたいということで、福井の市議会議員、公明党3名もいち早く寄せていただきまして、勉強させていただいたということで、内外ともに非常に話題性があったのかと私は思います。  

鯖江市議会 2018-06-11 平成30年 6月第414回定例会−06月11日-02号

そうした中で静岡市の市長さんのお話の中で書いてありましたのがSDGsは、まだ比較的新しい概念であり、新しい取組でありますので認知度がまだまだ不足しているんですよ、そんな発信がこうしたスピーチの中でも静岡市の市長は発信されたわけです。昨年の静岡市の独自調査の中で、SDGsについて知っていますかという取組の中で市民として知っているよとおっしゃった方は2%であったそうです。

鯖江市議会 2018-05-28 平成30年 6月第414回定例会-05月28日-01号

また、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の推進に向けた本市の取り組みについてでありますが、持続可能な地域モデル“めがねのまちさばえ”の確立に向け、今月25日に推進本部を立ち上げたところであり、全庁を挙げてさらなる推進手法や戦略的施策、シェアリングエコノミーの活用等について協議・検討を行ってまいります。  

  • 1
  • 2