205件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

越前市議会 2020-12-05 12月06日-04号

保育士さんの仕事は、4割が書類作成とも言われているので、この保育園ICT活用することで、保育士さんの負担軽減が期待されるところです。 6月議会前に市内の公立、私立それぞれの保育所に幾つか伺ったところ、前向きに使っているところもあれば、少し消極的なところもあって、園によって保育園ICTの使用に差を感じました。

越前市議会 2020-11-28 12月03日-02号

現在進められているICT活用した学習について今後市内小・中学校への計画的な展開をどのように行っていくのか、お教えください。 また、人口減少が叫ばれる中、ふるさと教育推進及びふるさとに対する愛着の育成、地域と一体となった学校教育推進が大変重要となってきます。今後の進め方についてどのように考えておられるのか、お伺いいたします。 安心して学べる教育環境整備について。 

福井市議会 2020-06-01 06月01日-01号

また,児童生徒1人1台端末早期実現に向け,PC端末機器を購入するとともに,学校ICT化を円滑にするため,ICT技術者を配置します。 第3に,各種施策推進するための取組でございます。 まず,子ども医療県補助対象が拡大されることに伴いシステム改修を行います。また,今年10月から定期接種化が予定されているロタウイルスワクチンの予防接種を実施します。 

おおい町議会 2020-03-23 03月23日-03号

1つは、小・中学校ICT教育を充実させる予算の問題です。活用は、より効果的な学習遠隔地特別支援教育などの学習環境整備などのメリットはありますが、個別最適化された学びという中教審ですが、ベネッセ等企業がそのソフト、機器参入を強めているように、公教育への企業参入を一層強めることになります。 さらに、集団的な学びの軽視でできる子供をさらに育てて、学力の差を助長させる危険性があるわけです。

敦賀市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-03-09

委員会審査を付託されました第1号議案 令和年度敦賀一般会計補正予算(第8号)外6件につきましては、全体会での基本質疑の後、分科会による詳細審査を経て慎重に審査した結果、第1号議案 令和年度敦賀一般会計補正予算(第8号)については、反対の立場から、賛成できない事業の一つに学校情報通信ネットワーク環境施設整備事業費があり、学校等ICT活用を否定するわけではないが、今後、小学校1年から端末

大野市議会 2020-03-09 03月09日-代表質問、一般質問-02号

健康づくりをわが事として捉え、健康への関心や目標を持ち、自身の健康づくりに取り組む市民が増えるよう、ICT活用したウォーキングプログラムの実施など、新たな技術活用した事業に取り組み、健康意識が高い中高年層だけでなく、子育て世代など若い世代もターゲットとして、引き続き健康のまちづくり推進し、赤ちゃんからお年寄りまで全ての市民がイキイキと暮らすことができるよう、健康のまちづくりに取り組んでいきます

福井市議会 2020-03-04 03月04日-04号

情報化グローバル化が進展した現代に育ち,これから未来を支えていく子どもたちに必要となるICTや語学の力をしっかりと育んでいただきたいと考え,質問させていただきました。 次に,里地里山活性化事業についてお尋ねいたします。 私が暮らしている美山地区は中山間地域であり,平地が少なく,多くの農地が傾斜地や谷筋に分散して存在しているため,平野部農地に比べると営農条件は決してよくありません。

福井市議会 2020-03-03 03月03日-03号

今や仕事だけでなく,日常生活も含めて社会のあらゆる場所でICT活用は当たり前になっています。これからの時代を生きていく子どもたちにとって,ICTは切っても切り離せないものであります。 昨年の9月定例会での一般質問に対する答弁にもございましたが,本市小・中学校児童生徒に対するパソコン整備状況は,昨年3月1日時点で全国平均と同じ5.4人に1台,中学校に限るとほぼ3人に1台とのことでした。 

勝山市議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会(第2号 3月 3日)

こうした中、ICT活用した箱わなで成果を上げている自治体があります。熊本県高森町と福岡県直方市は、総務省ICTまち・ひと・しごと創生推進事業活用して、ICT化した箱わなで鳥獣を捕獲して農業被害の低減を図りました。これは広域に設置された箱わな情報無線ネットワーククラウド上に集めることで、重労働だった箱わなの見回りの効率化にもつながり、ガソリン代の節約にもつながりました。  

福井市議会 2020-03-02 03月02日-02号

また,京福バスでは,スマートフォンなどでバスの現在地が確認できる京福バスナビなど,ICT活用した便利なサービスを提供しております。これらのサービスを周知することで,バス利用者利便性の向上や利用者の増加にもつながりますので,今後,カーフリーデーなどのイベントでのPR運転免許返納者へのチラシ配布など,事業者と共にPR活動に取り組んでまいります。 

おおい町議会 2020-03-02 03月02日-01号

次に、繰越明許費でございますが、第2表のとおり11事業、2億708万3,000円で、防災対策施設整備事業道路維持補修事業は県との調整関係から、地籍調査事業事前調査関係から、チャレンジショップ整備事業は商工会など関係機関との調整関係から、土木総務事業道路新設改良事業地権者との調整関係から、橋梁維持補修事業小・中学校における学校ICT教育推進事業は国からの補助金等財源関係から、特定環境保全公共下水道事業特別会計繰出事業

大野市議会 2020-03-02 03月02日-副議長の選挙、議案上程、説明-01号

本市では、1月に小学校コンピューター室デスクトップパソコンに代えて、タブレットを各学校1クラス分導入し、よりICT活用しやすい環境を整えたところです。 タブレット活用して、より分かりやすい授業づくりを進めることはもちろん、一人一人の能力や特性に応じた個別学習子ども達が互いに学び合う協働学習など、新たな学び推進していきたいと考えています。 

福井市議会 2020-02-21 02月21日-01号

さらに,義務教育におけるICT活用を促進するため,校内LAN設備の更新や無線アクセスポイントの増設など校内通信ネットワークを強化してまいります。 また,道路交通安全施設整備,馬渡川や底喰川改修,林道の開設,下水道施設機能維持工事などにおいて事業費を追加し,事業の進捗を図ってまいります。加えて個人番号カード普及促進による作成,交付等に必要な経費を追加いたします。 

小浜市議会 2019-12-13 12月13日-03号

KDDI株式会社との連携は、サバ養殖現場におけるIoTセンサーデジタル操業日誌の開発から始まりましたが、昨年12月には小浜市、福井県立大学、KDDI株式会社の3者間でICT活用した地域活性化に関する協定を締結し、今後は本市活性化に向けてさらなる連携を図っていくことで合意しているところでございます。 

小浜市議会 2019-12-12 12月12日-02号

小浜美郷小学校は、児童一人一人の資質や能力を伸ばしていくための教育環境を整えた施設としまして、多目的な学習を行うことができる少人数教室を各学年普通教室に隣接させて設置したほか、コモンスペースや幅広い学習活動を行うことができるラーニングセンターを校舎中央に設けるなど施設配置を工夫したほか、新学習指導要領に位置づけられる情報活用能力を育むためのICT教育環境を各普通教室や一部の特別教室整備をさせていただきました