223件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

勝山市議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会(第3号 6月15日)

今後、情報モラル教育の徹底を図りながら、各学校においてI、情報発信に関する学習部活動を進めることによりまして、児童生徒情報発信力を高め、総合的スキルを持ったPR能力の高い人材育成に努めてまいります。  また、市民を対象にしたSNS活用講座の開催でありますとか、またそのサポート体制の充実を図ることによって、さらに多くの市民によるさまざまな情報発信が期待できます。  

敦賀市議会 2021-03-09 令和3年第1回定例会(第2号) 本文 2021-03-09

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止対策経費について、子供たち学習保障を行うために必要となる新たな試みとは何かとの問いに対し、GIGAスクール構想における1人1台端末等IC機器をこれまで以上に授業で活用するため大型ディスプレーの購入を考えている。大型ディスプレー活用し、子供たち一人一人の考えを効率的に提示したり共有することができる。

勝山市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第3号 3月 4日)

全ての分野でのICT活用、これは今、何度か申し上げているかもしれませんが、全く新しい、誰も見たことのないすばらしいIC技術、それを勝山で取り入れたいといったことを申し上げているのではありません。  私どもが市議会のリーダーシップによって、今、こうしたタブレットで議会の答弁もさせていただいています。このタブレットは、昨日今日できたものではありません。もう何年も前からこういったものはあった。

敦賀市議会 2020-12-21 令和2年第6回定例会(第5号) 本文 2020-12-21

次に、学校IC環境整備事業費について、小学校及び中学校にそれぞれ整備する学習用端末周辺機器等の単価について伺うとの問いに対し、小学校整備する画面転送装置は1台当たり1万7100円、iPad用液晶保護フィルムは1枚当たり1500円、また、中学校整備する画面転送装置は1台当たり1万4800円であるとの回答がありました。  

小浜市議会 2020-12-15 12月15日-03号

そのようなことから、導入時にはIC機器になじみのない職員でも導入しやすいよう、機器に精通した方が中心となりましてサポート体制を充実させ、導入効果を検証していく必要がございます。 市といたしましては、県をはじめとします関係機関と連携し、ICT導入成功事例等介護事業所に対し、情報提供するなどの支援をしていきたいというふうに考えております。 以上でございます。

敦賀市議会 2020-12-08 令和2年第6回定例会(第2号) 本文 2020-12-08

これまで新幹線敦賀開業まちづくり推進会議において事業進捗確認や今後実施する事業について議論してきましたが、開業の遅れに関する報道が出ていることから、先日、敦賀商工会議所敦賀観光協会、港都つるが株式会社、NPO法人HAP敦賀市で構成する推進会議コアメンバー連絡会を開催いたしました。

勝山市議会 2020-12-08 令和 2年12月定例会(第3号12月 8日)

議員お尋ね勝山市内小学校におけるIC環境整備につきましても、このガイドラインに基づき決定者以外の参加者名提案された金額、評価項目評価点等は非公開としております。これは、決定者以外の企業名提案内容の詳細が公表されることになりますと、他社と比較をされまして低く評価されている項目が明らかになります。  

福井市議会 2020-12-07 12月07日-02号

また,都市戦略部長である私を委員長とした各部の次長などを委員とするIC利活用推進委員会を設置し,全庁的に電子自治体推進する体制を構築しているところです。 そして,本市情報資産管理情報セキュリティー対策に関する権限と責任を有する最高情報セキュリティー責任者,いわゆるCISOにも副市長が就任しています。

越前市議会 2020-11-26 12月01日-02号

このような現状の中、現在認識されている新たな課題問題点、また今後の情報教育に対する方向性や、それらを進めるためのIC環境整備をどのように進めていくのか、お考えをお伺いいたします。 また、危惧しているのは、このような学校IC環境整備するに当たって、家庭におけるネット環境が整っていない生徒もおられます。

勝山市議会 2020-09-15 令和 2年 9月定例会(第2号 9月15日)

来年度以降に予定される全学年における本格的な活用に向けて、勝山市の児童生徒1人1人に個別最適化され、創造性を育む教育IC環境実現に向けた取組を行ってまいります。 ○副議長(乾 章俊君) 伊藤行政管理幹。              (行政管理幹 伊藤寿康君 登壇) ○行政管理幹伊藤寿康君) ただいまの御質問の二つ目四つ目についてお答えいたします。  

敦賀市議会 2020-09-11 令和2年第5回定例会(第4号) 本文 2020-09-11

敦賀市では、これまでもICT活用した教育推進しており、各学校IC機器整備しております。  整備状況としましては、普通教室や一部の特別教室大型モニター教室用指導者用パソコン、それから有線LAN整備しています。また、全ての学校コンピュータ室があり、指導者用パソコン学習者用パソコン、プロジェクター、書画カメラ等整備しています。  

小浜市議会 2020-09-10 09月10日-02号

今後は、IC機器などの活用による在宅学習の方法などの検討を進めていくことも重要であることから、今後の感染状況によって学校臨時休業となりましても、児童生徒の健やかな学びが保障されるよう、学習環境整備も行い、引き続き学校支援してまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○副議長藤田靖人君) 12番、能登恵子君。

福井市議会 2020-09-09 09月09日-04号

次に,アプリAI活用についてですが,本市では平成30年度に策定した福井市IC利活用推進計画に基づき,IoTやAIなど先進情報技術活用し,業務効率化窓口業務サービス向上推進しております。また,市民生活スタイルや働き方の多様化に伴うニーズに対応するため,今年度はAIチャットボット導入し,窓口手続に関するスマートフォンからの問合せに,土日や夜間を含め24時間対応したいと考えております。