47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

大谷吉継、これは隣の余呉町の小谷という部落があるんですね、今でも。そこの出身だとも言われているんですよ。だけどそれはわかりません。戦国ロマンというのは、つくりものが多いんですよね、話としたら。私お聞きしたら、つくったもん勝ちだという話もあります。  そういったこともあって、変な建物を建てるんじゃなく、しっかりとしたそういう昔のつくり話でもやって誘客する必要はあると思うんですが、いかがですか。

敦賀市議会 2014-06-17 2014.06.17 平成26年第2回定例会(第3号) 本文

数軒しかない部落に、人一人しか通れなかったところに、ある代議士の選出によって、びっくりするような隧道と幅の広い国道ができているんですね。数軒ですよ、家は。だけどもそれは暮らしを優先させなきゃいかんというようなモットーにやられたことだと思うんです。  敦賀市も私も振り返ってみますと、一時は全てが砂利道で、舗装されておった道なんてほうが少なかったんですね。選挙の折に、市長選でもしかりです。

鯖江市議会 2011-12-13 平成23年12月第385回定例会−12月13日-03号

部落、集落のところは、かなり管理がされているのかなというように思いますけども、私の町内の一帯、西大井地区でありますけれども、その後、なかなか管理もできてないような状況に陥っております。もちろん、私どもの町内としてもある面では協力をしながらやっていかなくてはならないということも思っておりますけども、その辺なかなか難しい部分もあるのかなというふうに思っています。

敦賀市議会 2008-12-10 2008.12.10 平成20年第4回定例会(第3号) 本文

部落としなさいとかではないし、全部集金しなさいというわけではなくて、市税は集金してほしいですけれども、健康保険税につきましては生活実態調査をやっていただいて、これは無理やわというのは皆さんで精査していただいて一たんきれいにしないと、10年、15年以上前の税金を手形でずっと持っておっても仕方ないと思うんです。  

敦賀市議会 2007-12-10 2007.12.10 平成19年第5回定例会(第2号) 本文

それから国道476の歩道のほうなんですけれども、これも見てきましたけれども確かに村といいますか部落といいますか、そこはちょっとできているように思うんですけれども、何か変なところでとまっていたり、今左へついていたら次右へついているとか、このままで本当に最終的にできるのかなというような感じのするような設置の仕方の歩道ばかりでした。そこで、もっときちっと計画性を持っていただきたい。  

鯖江市議会 2007-05-22 平成19年 6月第362回定例会−05月22日-01号

────────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │H17年 │人権侵害救済法の早期制定を│部落開放

鯖江市議会 2007-03-02 平成19年 3月第361回定例会−03月02日-01号

────────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │ H17年│人権侵害救済法の早期制定を│部落開放

鯖江市議会 2006-12-01 平成18年12月第360回定例会−12月01日-01号

────────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │H17年 │人権侵害救済法の早期制定を│部落開放

鯖江市議会 2006-09-13 平成18年 9月第359回定例会−09月13日-03号

また、集落営農等の担い手、認定農業者以外に品目横断的の補助金対策加入できない農業者に対してはどのような対応をするのか、また集落営農というのか、部落に20町に満たさない農家組合がたくさんあるわけでございますね。それらをどのような、集落を合併させて集落営農組織をつくるか、また担い手の農家をふやして、それらに対応させるか、お聞かせいただきたいと思います。  

鯖江市議会 2006-09-01 平成18年 9月第359回定例会−09月01日-01号

──┤ │ 請 願 │教育基本法「改正」案の徹│福井県職員組合    │教育民生 │採 択│ │ 第2号 │底審議を求める意見書の提│鯖江支部長       │     │   │ │    │出について       │ 藤崎 真一 他3名   │     │   │ ├────┼────────────┼────────────┼─────┼───┤ │ H17年 │人権侵害救済法の早期制定│部落開放

鯖江市議会 2006-06-05 平成18年 6月第357回定例会−06月05日-01号

───────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │    提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │H17年│人権侵害救済法の早期制定を│部落開放

鯖江市議会 2006-03-07 平成18年 3月第356回定例会-03月07日-01号

────────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │    提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │陳 情│人権侵害救済法の早期制度を│部落開放

鯖江市議会 2005-11-29 平成17年12月第354回定例会−11月29日-01号

────────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │    提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │陳 情│人権侵害救済法の早期制度を│部落開放

鯖江市議会 2005-09-13 平成17年 9月第353回定例会−09月13日-01号

│     │   │ │平成17年│および「地域給」の導入│組合共闘会議     │ 総  務 │不採択│ │請願第1号│に反対する意見書の提出│ 議 長 皆藤富士雄 │     │   │ │     │について       │           │     │   │ ├─────┼───────────┼───────────┼─────┼───┤ │     │人権侵害救済法の早期制│部落開放

鯖江市議会 2005-06-07 平成17年 6月第351回定例会−06月07日-01号

     │   │ │平成17年│および「地域給」の導入│合共闘会議       │ 総  務 │継 続│ │請願第1号│に反対する意見書の提出│ 議 長 皆藤富士雄  │     │審 査│ │     │について       │            │     │   │ ├─────┼───────────┼────────────┼─────┼───┤ │     │人権侵害救済法の早期制│部落開放

鯖江市議会 2005-03-08 平成17年 3月第350回定例会−03月08日-01号

     │   │ │請願第1号│および「地域給」の導入│組合共闘会議      │ 総  務 │継 続│ │     │に反対する意見書の提出│ 議 長 皆藤富士雄  │     │審 査│ │     │について       │            │     │   │ ├─────┼───────────┼────────────┼─────┼───┤ │     │人権侵害救済法の早期制│部落開放

鯖江市議会 2003-12-10 平成15年12月第339回定例会−12月10日-03号

その部落としても大変皆さんが困っており、苦情、要望が強く出ております。  農家の方々は、イノシシの侵入を防ぐためにブルーのネット(網)で野菜畑の周りを囲ったり、鉄筋の棒で囲ったり、トタン板、ブリキ板、ビニールテープ、木製の目皿、中にはトタン板を40枚ずらりと並べて山沿いの田んぼの周りにさくをしている方など、いろいろな材料、資材を使って必死の防御の努力をされております。  

敦賀市議会 2001-12-13 2001.12.13 平成13年第6回定例会(第2号) 本文

講師の桑原先生は、人権感覚のある人にということで講演されましたが、私が特に自分として大事にしなければならない問題として、みずからの人権感覚を問うという項目で障害者、女性、部落等大きくいって6項目にわたって差別の例を挙げ、こんなことは許せない、何とかしなければならないという思いになれるかどうか。