62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2014-06-17 平成26年第2回定例会(第3号) 本文 2014-06-17

数軒しかない部落に、人一人しか通れなかったところに、ある代議士の選出によって、びっくりするような隧道と幅の広い国道ができているんですね。数軒ですよ、家は。だけどもそれは暮らしを優先させなきゃいかんというようなモットーにやられたことだと思うんです。  敦賀市も私も振り返ってみますと、一時は全てが砂利道で、舗装されておった道なんてほうが少なかったんですね。選挙の折に、市長選でもしかりです。

おおい町議会 2012-09-13 09月13日-02号

その支流にもそれぞれ部落、集落がありまして、何をやるにしても非常に効率の悪いところでありますし時間もかかります。 そうした特殊事情の中で、名田庄に1カ所しかない学校あるいは保育所も、現時点ではスクールバスの運行で児童達の通学、通園の足が確保されているという状況であります。

小浜市議会 2012-09-12 09月12日-02号

もうちょっと広い道がほしいな、すぐにいたんでしまう土の橋のかわりに鉄きんの橋をかけたいなあ、部落に一つずつくらい電話もほしいし、できたら山にトンネルをぶちあけて村にいつも新しい風が通り抜けるようにしたいなあ。そのためには、もっともっと農業のやり方も考えて、村を豊かにする方法を考えねばならぬなあ。また、もっと勉強してしっかりした考えをもつようにもならなければならぬだろう。

鯖江市議会 2011-12-13 平成23年12月第385回定例会−12月13日-03号

部落、集落のところは、かなり管理がされているのかなというように思いますけども、私の町内の一帯、西大井地区でありますけれども、その後、なかなか管理もできてないような状況に陥っております。もちろん、私どもの町内としてもある面では協力をしながらやっていかなくてはならないということも思っておりますけども、その辺なかなか難しい部分もあるのかなというふうに思っています。

敦賀市議会 2008-12-10 平成20年第4回定例会(第3号) 本文 2008-12-10

部落としなさいとかではないし、全部集金しなさいというわけではなくて、市税は集金してほしいですけれども、健康保険税につきましては生活実態調査をやっていただいて、これは無理やわというのは皆さんで精査していただいて一たんきれいにしないと、10年、15年以上前の税金を手形でずっと持っておっても仕方ないと思うんです。  

小浜市議会 2008-06-16 06月16日-02号

その主婦の管理田の収量が、平年作を上回った場合は、その平年作との差額の米代金を努力賞として主婦に無条件に手放すことを、この部落の集会で決定してもらい、当時の市長の指導希望する支部を募集されたそうであります。一部落平均5、6人の希望者が出てきて、もっともそれはその主婦の自発的な行動ではなかったらしいです。

敦賀市議会 2007-12-10 平成19年第5回定例会(第2号) 本文 2007-12-10

それから国道476の歩道のほうなんですけれども、これも見てきましたけれども確かに村といいますか部落といいますか、そこはちょっとできているように思うんですけれども、何か変なところでとまっていたり、今左へついていたら次右へついているとか、このままで本当に最終的にできるのかなというような感じのするような設置の仕方の歩道ばかりでした。そこで、もっときちっと計画性を持っていただきたい。  

福井市議会 2007-06-29 06月29日-04号

ある農家の方は,「私の部落の水田を全部足しても6ヘクタール,まして1軒で4ヘクタール以上の田んぼを持つ農家は一軒もない。この品目横断的経営安定対策は私たち中山間部で農業を踏ん張ってきた中小農業者を切り捨てる制度だ」と憤慨しています。この品目横断的経営安定対策という制度自体が,日本の農業や農家の実態を無視した中小農業者切り捨ての制度です。このような制度に賛成することはできません。 

鯖江市議会 2007-05-22 平成19年 6月第362回定例会−05月22日-01号

────────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │H17年 │人権侵害救済法の早期制定を│部落開放

鯖江市議会 2007-03-02 平成19年 3月第361回定例会−03月02日-01号

────────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │ H17年│人権侵害救済法の早期制定を│部落開放

鯖江市議会 2006-12-01 平成18年12月第360回定例会−12月01日-01号

────────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │H17年 │人権侵害救済法の早期制定を│部落開放

鯖江市議会 2006-09-13 平成18年 9月第359回定例会−09月13日-03号

また、集落営農等の担い手、認定農業者以外に品目横断的の補助金対策加入できない農業者に対してはどのような対応をするのか、また集落営農というのか、部落に20町に満たさない農家組合がたくさんあるわけでございますね。それらをどのような、集落を合併させて集落営農組織をつくるか、また担い手の農家をふやして、それらに対応させるか、お聞かせいただきたいと思います。  

鯖江市議会 2006-09-01 平成18年 9月第359回定例会−09月01日-01号

──┤ │ 請 願 │教育基本法「改正」案の徹│福井県職員組合    │教育民生 │採 択│ │ 第2号 │底審議を求める意見書の提│鯖江支部長       │     │   │ │    │出について       │ 藤崎 真一 他3名   │     │   │ ├────┼────────────┼────────────┼─────┼───┤ │ H17年 │人権侵害救済法の早期制定│部落開放

鯖江市議会 2006-06-05 平成18年 6月第357回定例会−06月05日-01号

───────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │    提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │H17年│人権侵害救済法の早期制定を│部落開放

鯖江市議会 2006-03-07 平成18年 3月第356回定例会-03月07日-01号

────────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │    提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │陳 情│人権侵害救済法の早期制度を│部落開放

鯖江市議会 2005-11-29 平成17年12月第354回定例会−11月29日-01号

────────────┴───────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌───┬─────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│   件     名   │    提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼─────────────┼───────────┼─────┼───┤ │陳 情│人権侵害救済法の早期制度を│部落開放

勝山市議会 2005-09-14 平成17年 9月定例会(第3号 9月14日)

これは部落の若い方、年寄りの方も一丸となって、何とかしていかなければならないというようなことでできたのが阿難祖にしても新河原にしてもそのようなことでございます。  それで、市長が申し上げておりますように、このようなことを勝山でもやっていただけば、JAあるいは行政協力はしていかなければならないと、このように思っておるわけでございます。  

鯖江市議会 2005-09-13 平成17年 9月第353回定例会−09月13日-01号

│     │   │ │平成17年│および「地域給」の導入│組合共闘会議     │ 総  務 │不採択│ │請願第1号│に反対する意見書の提出│ 議 長 皆藤富士雄 │     │   │ │     │について       │           │     │   │ ├─────┼───────────┼───────────┼─────┼───┤ │     │人権侵害救済法の早期制│部落開放