712件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

事業では自転車整備だけでなく、空気入れサイクルラックを設置してくれる協力店との協議なども進め、併せてサイクルツーリズムを全国で推奨するジャパンエコトラック推進協議会認定ルートへの登録を目指します。 次に、令和5年度中の完成を目指して県が進めている県立恐竜博物館の拡充により、さらなる観光客の増加が期待される中、大野市へ誘客する交通手段が不可欠です。 

敦賀市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-03-09

そういう中で、清水町の住民の方からも交通事故などが多発しないか不安視する声が届いております。  そういうことで、国道号空間整備事業については賛成できないです。  もう1点、先ほどありましたように、学校情報通信ネットワーク環境施設整備事業費、小中合わせまして敦賀市の市債が約2億になります。

大野市議会 2020-03-09 03月09日-代表質問、一般質問-02号

また、モンベルが実施する登山やアウトドアに関する情報発信に加え、本市のほか、勝山市や永平寺町と連携し、自転車愛好家をターゲットとして、本道の駅を拠点サイクリングコースを設定し、回遊を促すジャパンエコトラックの認定に向けてモンベル協議しながら進めるほか、オープニングイベントやPRについても連携して、取り組んでまいります。 次に3点目、産直の会についてお答えします。 

大野市議会 2020-03-02 03月02日-副議長の選挙、議案上程、説明-01号

こうした中、猟友会大野支部和泉支部は、1月から3月にかけて、巻狩りを実施し、狩猟技術やマナーの向上を図るとともに、有害鳥獣の一斉捕獲を想定した連絡体制の確認を行い、事故防止捕獲における会員相互連携強化を図っています。 続きまして、3番目の柱「自然が元気」について申し上げます。 最初に、環境基本計画について申し上げます。 

大野市議会 2019-12-18 12月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

指定について(大野市まちなか観光拠点施設及び越前おおの結ステーション) 議案第108号 指定管理者指定について(大野市国民休養地国民宿舎パークホテル九頭竜、森とふれあう交流ステーション及び野外レクリエーション施設)) 議案第109号 指定管理者指定について(大野市国民休養地九頭竜スキー場)) 議案第110号 指定管理者指定について(大野市駐車場(北大野駅前駐車場及び駅前駐車場)及び大野市自転車駐車場

おおい町議会 2019-12-13 12月13日-02号

防波堤や船だまり等、漁港施設における転落事故の際の救助設備として、はしご型防舷材が設置されておりますことは議員御案内のとおりでございますが、この救助設備を設置するに当たっての明確な基準等は示されていないのが現状でございます。 現在の大島漁港におきましては、設置間隔に違いはありますが、おおむね50メートル置きに設置されており、転落等事故に備えております。 

敦賀市議会 2019-12-05 令和元年第7回定例会(第3号) 本文 2019-12-05

東日本大震災による福島1Fの事故は、地震、津波の複合災害によるものであったとはいえ、あのように悲惨な原子力災害が発生したことは、立地自治体住民として衝撃的でありましたが、その後の原子力発電所安全対策のあり方や避難等原子力防災に対し大きな一石が投じられたというふうに理解をしております。  

越前市議会 2019-12-05 12月06日-04号

今のところ大きな事故にはつながってませんけれども、頭を打つ子がそこそこ出てるというところで、あそこのフロアは下は結構かたいコンクリートの上に薄いクッションフロア材というか、クッション材を敷いてるような状況なんで、ちょっと安全対策が薄いように感じました。こちらの下のエアトランポリンは、担当職員の人が気をきかせてマットをふやしてるそうなんですけれども、それでもちょっと安全対策が薄いように感じます。 

大野市議会 2019-12-02 12月02日-議案上程、説明-01号

そのような中、11月8日、木本地区住民が自宅近くでクマに襲われる人身事故が発生しました。 幸い被害を受けた方は軽傷で、命に別条はないとの報告を受けています。 今後も、引き続き猟友会や警察などの関係機関と連携し、市民の安全確保に努めます。 続きまして、3番目の柱「自然が元気」について申し上げます。 最初に、化石の保全について申し上げます。 本年度から新たに、大野化石調査隊を実施しています。 

福井市議会 2019-11-11 11月11日-02号

利用者のための安全対策事故が起きてからでは遅過ぎると思います。イメージダウンにもなりかねません。道路の消雪についても考えるべきと思うわけですが,御所見をお伺いします。 質問は以上でございます。御清聴ありがとうございました。 (市長 東村新一君 登壇) ◎市長東村新一君) 私からは,台風第19号の検証についての御質問のうち,温室効果ガス削減取り組みとその効果についてお答えします。 

敦賀市議会 2019-09-18 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 2019-09-18

原発事故避難訓練について質問いたします。  8月30日、31日に原発事故を想定した避難訓練が行われました。原発事故を想定した住民参加避難訓練は、1999年の東海村のJCOの臨界事故以降行われています。敦賀、高浜、美浜、おおいというふうな感じで順番に行われていたんですけれども、当時は発電所から5キロ圏内の住民のみの参加でした。  

勝山市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会(第3号 9月18日)

また、国民生活環境に合わせて学校を配置するためには、子どもたちが自力で通学できる距離、小学校だと徒歩で4キロ、中学校だと自転車で6キロ、これが学校設置基準の一つとされています。実は現在の勝山市の3中学校は、自転車通学を考慮して6キロ、この基準で設置されており、かなり合理性が高い配置になっています。  

敦賀市議会 2019-09-17 令和元年第5回定例会(第2号) 本文 2019-09-17

ことしの5月には大津でお散歩中の保育園児交通事故がありました。また、6月には川崎でスクールバスを待つ子供たちが暴漢に襲われるという痛ましい事件が起きました。高齢ドライバーによる事故もふえてきております。外を歩く子供たちは、常に危険にさらされているような状況です。  そのような中、敦賀市でも全国に先駆けて幼稚園、保育園散歩コースの安全を確認する取り組みがなされたと聞いております。

勝山市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会(第2号 9月17日)

私は、一人で自転車で通いました。勝山高校時代学生時代も一生懸命になって滑りましたので、スキーバッジテスト1級とか指導員としての基礎をつくってくれたのは雁が原でしたし、こちらに帰ってきましてからも5年間くらい雁が原スキー学校の校長もしましたので、大変思い入れがあります。  しかしながら、現在は雁が原スキー場の経営が温暖化の影響を受けて大変厳しい現状を迎えていると伺っております。

おおい町議会 2019-09-12 09月12日-02号

高齢交通安全、事故防止策について。 高齢ドライバーによる死亡事故など、重大な事故全国各地で相次いでいることから、高齢運転者事故が社会問題となっています。車に乗らないのが一番いいのかもしれませんが、交通の便が悪い本町では、なかなか車を手放せるものではありません。事故防止のための手を早急に打たねばなりません。