334件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-27 2019.06.27 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

次に、2項目めの特定空き家等──老朽危険空き家と申したほうがわかりやすいかと思います──について伺います。  私の近所にも、玄関のガラスが割れ、屋根の一部に穴があき、外壁も一部剥がれ落ち、特定空き家等に該当すると思われる空き家があります。その空き家の隣の家の方は、シロアリの発生や倒壊のおそれもあり、子供さんには近づかないよう注意を促しているそうです。

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

次に、子育て世帯と移住者への住まい支援事業として、空き家の購入補助50万円、空き家リフォーム補助50万円がありますが、この補助金が使えるのは空き家バンクに登録された空き家にしか補助金は適用されません。敦賀市には875件の空き家があるにもかかわらず、空き家バンクへの空き家登録数はわずか875件分の11件と非常に少なく、選択枠がほぼない状況です。  

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会 目次

について   2.ハーモニアスポリス構想について  4番 縄 手 博 和 君 ───────────────────────── 219   1.姉妹都市親善友好少年交歓研修について   2.中学校サッカー部創部について  第4号(6月27日) 〇日程第1 一般質問  14番 川 端 耕 一 君 ───────────────────────── 227   1.観光客誘致について   2.特定空き家

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

そして、総合的に結果をまとめてみますと、防災減災に関するアンケートでは、改善が必要な地域危険箇所として3割以上が空き家道路河川との回答があったと。そして、市民の多くが豪雨土砂災害による河川の氾濫、道路の寸断、そして所有者が管理を行っている空き家や空き地がもたらす被害の拡大を心配されることがこのアンケートでわかっております。  

鯖江市議会 2019-05-20 令和 元年 6月第418回定例会-05月20日-01号

また、地域事業主わどう等が準備を進めております空き家を活用した民泊施設ジャパンラフトハウス」におきまして、地方に移住体験しながらライターやブロガーを目指して学ぶ「田舎フリーランス養成講座」が、本日から来月14日までの約1カ月間にわたり、県内外の若者が参加して行われます。県内初の開催であり、市といたしましても積極的にサポートしてまいります。  

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

また、移住者が住民との交流がうまくいかずに、定住につながらなかったケースが全国的にも多く見受けられることから、集落単位で移住者を受け入れる仕組みづくりを目指し、昨年度より阪谷地区の八町区をモデル地区として、区民の方との交流会や、空き家での宿泊体験を通して地区の雰囲気を感じてもらう体験ツアーを実施しています。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

平成30年度の空き家の実態調査では875戸の空き家数になっておりますけれども、この空き家数には市営住宅空き家512戸は入っておりません。市営住宅空き家を含めますと敦賀市全体の空き家数は1387戸になりまして、そのうち512戸、空き家全体の4割近くが敦賀市所有の空き家ということになります。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

それらの中で、LIFULLが先月、河和田の別司の古民家、楽天LIFULL STAYが、今は仮営業ですけども、7月から本格営業しますので、そこで空き家のコンテストもやってまして、LIFULLのインターン生が21人来てくれたんです。私もここでいろいろとまたお話しさせていただきましたし、向こうのほうへも行ったんですが、これも非常に好評だったですね。

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

近年は地震台風、そして豪雨に豪雪など異常気象による自然災害が多発し、空き家についても少子高齢化核家族化など生活環境の変化によりふえてきております。そういう中、今後もますますふえてくるであろうと思われる市民からのニーズに現在の体制で対応できるのだろうか、私は心配をいたします。安全・安心なまちづくりについても喫緊の課題だと思うのでありますが、組織改編は考えなかったのかお伺いをいたします。

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

新年度におきましては、製造業をはじめとした産業団地への誘致を進めるとともに、まちなかの空き家などを活用したオフィスの誘致や、地元企業への支援強化による産業の活性化を目指し、雇用の創出に努めていきます。  次に、公共交通について申し上げます。  このたび本市の地域公共交通基本方針や目標、実現するための施策を示した大野市地域公共交通網形成計画を策定いたしました。  

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

次に、空き家対策について申し上げます。  昨年の6月定例会において議決いただいた空き家等の適切な管理に関する条例に基づき、空き家問題の解消に向けた取り組みを実施しております。特に、老朽化し危険な状態にある空き家が周辺住民の生活環境に悪影響を及ぼすため、新年度も引き続き、こうした空き家の除却に要する費用助成に取り組んでまいります。  

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

また、「地域事業主わどう」を初め、LIFULLと楽天LIFULL STAYが今年7月ごろの正式オープンを目指して準備を進めております、空き家を活用した伝統文化体験型の民泊モデル事業についてでありますが、このたび別司町の古民家の改修が完了し、完成披露プロジェクトとしまして、本日から4日間、この空き家を舞台に、全国から大学生が集まり、地方空き家の利活用プランを立案する合宿を行っております。

敦賀市議会 2018-12-18 2018.12.18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文

今回の補正予算の内容全般につきましては、ふるさと納税の増収を見込んだ予算措置、市民参加型のドライブレコーダー見守り事業、空き家対策事業費、それぞれ含まれておりまして、補正予算内容全般につきまして評価するものです。  次に、今回の予算修正により削除されました新ムゼウムについてです。