2209件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

勝山市議会 2020-09-16 令和 2年 9月定例会(第3号 9月16日)

私が懸念するのは、幼児の時期から社会的触れ合いが希薄になり、集団の中で自分が今どうあるべきか、何ができるのかが理解できずに成長して、社会に出てから悩み苦しむ人が出てくることです。誰にも相談できずに悩み苦しむ人がいます。精神的な負担を抱え、さらに社会から孤立することも考えられます。

勝山市議会 2020-09-01 令和 2年 9月意見書第1号

令和2年9月28日提出                        総務文教厚生委員会                        委員長  竹 内 和 順              地方財政充実・強化を求める意見書  いま地方自治体には、医療介護など社会保障への対応子育て支援策充実地域交通の維持・確保など、より多く、またより複雑化した行政需要への対応が求められています。

越前市議会 2020-06-17 07月01日-04号

││ 3 住んでいる地域の違いが子どもたちの未来に大きな影響を与えることなく、子ども ││  生活環境や学びの保障、食への配慮など、国の責任において公平な支援を行うこ  ││  と。                                     ││ 4 地域経済を支える中小企業小規模事業者への積極的な支援策を講じること。   

越前市議会 2020-06-16 06月17日-03号

市民福祉部長川崎規生君) 生活保護制度でございますが、こちらは国民が最低限の文化的生活を営む重要な憲法上の権利でございまして、最後のセーフティーネットとしての役割を担っているがために、支援が必要な方は確実に保護することが重要だと考えてございます。 生活保護制度に該当される方の多くは、まずは市社会福祉協議会が窓口でございます生活困窮相談に来られてるものと考えてございます。

勝山市議会 2020-06-15 令和 2年 6月定例会(第2号 6月15日)

また、コロナ感染は、社会保障制度が弱い国ほど深刻な事態を招いたことや、社会保障制度生存権を守るだけでなく、経済活動を支える土台であることも世界共通の認識になりつつあります。  新自由主義は、自己責任論理社会保障を互助制度にして、国の負担、つまりは税負担を免れて経済活動に利益を独占してきました。コロナ危機は、この論理経済そのものを破綻させる危険があることを示したのです。  

福井市議会 2020-06-12 06月12日-04号

もともとマイナンバー制度は財界が導入を求めてきたものです。その狙いは,各人が納めた税,保険料の額と社会保障として給付された額を比較して「この人は負担に比べて給付が手厚過ぎる」などと決めつけ,医療介護福祉などの給付削減しようとするものです。健康で文化的な生活を送る権利を確保するための社会保障を,自分で納めた税金や保険料に相当する対価を受け取るだけのものにしてしまう大変誤った考えです。 

福井市議会 2020-06-09 06月09日-03号

保健所の人員体制の弱さ,医療機関介護施設の経営の困難さ,今,新型コロナパンデミックで改めて問われているのは,これまで政府が構造改革の名の下に進めてきた公的部門削減社会保障分野の削減という路線が正しかったのかということです。このような路線を続けて,また来るであろうパンデミックに耐え得る社会基盤を維持できるかが問われています。 

大野市議会 2020-06-08 06月08日-一般質問-02号

指定管理者制度は、公の施設管理に民間の能力を積極的に導入することにより施設設置目的を効果的に達成し、市民サービスの向上を図ることを目的とした制度です。 本市においては現在、46施設指定管理者制度を導入しており、そのうち9施設を公募により指定管理者を選定しています。 指定管理者指定に当たっては、相手方と基本協定書を締結するとともに毎年の年度協定により指定管理料支払方法を定めています。 

勝山市議会 2020-06-01 令和 2年 6月定例会目次

    2.国民健康保険税の(減税・減免による)値下げについて     3.生活困窮者救済の為の緊急な支出金の準備について     4.地方行政地方自治体から国・県への要望について  16番(山 田 安 信 君) …………………………………………………………………… 37     1.コロナ対策に必要な緊急課題について      (1)「感染の第2波」に対応する緊急対策について        ①社会

敦賀市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-23

次に、移住定住促進事業費について、市独自の支援金制度において、関西中京圏出身者に加算する理由と、敦賀キャンパスで履行する福井大学生への家賃補助について伺うとの問いに対し、支援金制度の加算については、本市からの転出状況において、転出割合が5割弱を占めている関西中京圏をターゲットにU・Iターン就職定着のための支援を行い、効果的に移住定住を促進したい。

勝山市議会 2020-03-23 令和 2年 3月定例会(第5号 3月23日)

例えば、中・軽度障害児保育への支援制度は、福井県が助成制度を廃止するために、勝山市がその負担を肩がわりして約1,560万円で継続する事業は、福井県に制度の復活を求める必要があります。  法恩寺山有料道路令和4年に償還が完了することに伴う対応も大きな課題です。県道の路線変更を求めることが必要です。  

大野市議会 2020-03-11 03月11日-一般質問、討論、採決-04号

また、同制度認定を受けることにより、国のモノづくり補助金持続化補助金が優先的に採択されるなどのメリットもあります。 先ほどの県の調査によると、この認定制度について、知らない、又は聞いたことがあるが詳しくは知らないと回答した企業が8割を超えており、制度を周知し、取り組む企業を増やしていくことが重要と考えます。 

大野市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

今後は児童・生徒の健康を守るとともに、学力の保障にも配慮し、状況を見極めながら適切に対応していきます。 ○議長(梅林厚子君)  髙岡さん。 ◆16番(髙岡和行君)  はい、丁寧な答弁ありがとうございます。 ただ、正にそのとおりだと思うんですけど、そのとおりはやっておいでになられないんじゃないかなと。 それでは少しお聞きしますが、緊急で小中学校を休校いたしました。 

敦賀市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-03-09

また、歳出においては、急激な高齢化社会の進行に伴い、扶助費、そして社会保障費の大幅な増加、市庁舎の建設や新清掃センター整備等大型プロジェクトが重複するために多額の一般財源が必要になり、その進捗状況に伴い起債残高が増強しています。今後、敦賀市が持続可能な行政運営ができるよう、経常経費削減等も含めて慎重な財政運営が必要だと考えます。  

大野市議会 2020-03-09 03月09日-代表質問、一般質問-02号

年度当初予算においては、増加傾向にある社会保障関係費など必要な予算を確保した上で、中部縦貫自動車道県内全線開通北陸新幹線敦賀開業など、高速交通網整備を最大のチャンスと捉え、その整備効果本市が取り組むべき事柄を市民と共有するためにまとめた大野市高速交通アクションプログラムの着実な推進、赤ちゃんからお年寄りまで全ての市民が健康で生き生きと暮らすことができる健康のまちづくりの実践、本市の若者が

福井市議会 2020-03-04 03月04日-04号

それから,中小企業の育児短時間勤務制度等利用促進奨励金などの奨励金制度についてです。予算平成30年度平成31年度が90万円,令和年度は105万円と非常に少ない。それからこれは中小企業事業主が,対象となる制度労働者に初めて利用させた場合に使える制度であって何回も使えるわけではなく,使いづらい。それから添付書類も多い。