667件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

次に、請願第2号 全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」の実行を求める意見書提出に関する請願について、主な意見として、負担がなくなればよいという理想はあるが現実には日本を守ってもらわなくてはいけないという現状もあるため、この意見書を提出するのは難しいとの意見や、基地の整理、縮小、返還を積極的に促進するという文言が入っているが、現時点でこれが可能かどうかということを考えると意見書は出せないと思うとの

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

まず、請願第1号 全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」の実行を求める意見書提出に関する請願について。この請願の内容はよく理解できるものであるが、全国知事会で議論され、国に提言されているものであり、あとは国が決めるべきものであるという意見が多く出されました。また、日本国民の安心・安全のためにも、日米地位協定の見直しは必要であり、日本全国で議論すべきとの意見も出されました。  

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

それがもんじゅがなくなるとは言いませんけれども、それはもんじゅの求心力をもって、駆け引きということではありませんけれども一つの地域振興として、ここをエネルギー研究の拠点にしましょうというのが当時、栗田知事、そして西川知事の方策だったんですね。それが今、役割を見直さざるを得ない。というのは、求心力はだんだんと薄れつつある。若狭湾エネルギー研究センターの実情を見てもらえば。

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

各款の特徴的な事業などを抜粋して申し上げますと、款1の議会費では、議会運営経費や事務局経費などを、款2の総務費では、新規事業の和泉地区統合施設整備事業、第六次大野市総合計画策定事業やコンビニ収納の導入、臨時事業の知事、県議会議員参議院議員の各選挙執行経費をはじめ、防災対策経費の拡充などを、款3の民生費では、臨時事業の地域密着型サービス拠点等施設整備費補助保育所等整備事業補助、プレミアム付商品券事業

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会 資料

敦賀民主商工会     │「消費税いま上げるべきでは│総務民生      │ │     │            │ない」の意見書を、国へ提出│          │ │     │ 会長 中嶋建治    │を求める請願       │3/19 不採択   │ ├─────┼────────────┼─────────────┼──────────┤ │請願第2号│安保破棄福井県実行委員会│全国知事

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

───────────────────┴──────┴────┘                請願の審査結果一覧 ┌───┬───────────────┬──────────┬─────┬────┐ │番 号│    件    名     │   提 出 者  │付託委員会│ 結 果 │ ├───┼───────────────┼──────────┼─────┼────┤ │請 願│全国知事

大野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

高過ぎる国民健康保険税が国民健康保険制度の構造的危機となって、医療保険制度としての持続性を揺るがしていることは、日本共産党も全国知事会、全国市長会、全国町村会の地方団体と共に、国保の構造問題だとし、国保を持続可能とするためには、被用者保険との格差を縮小するような抜本的な財政基盤の強化が必要と主張しています。  

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

非常に厳しい状況でございますが、福井駅、特急サンダーバードを引き続き運行させるため、福井県主体となって取り組んでいただくよう、市議会議長、区長会長、商工会議所会頭らと9月27日に知事および県議会議長に要望書を提出したところでございます。知事のほうからは「一緒に取り組もう。」というようなお言葉もいただいております。

大野市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−一般質問−02号

全国知事会、全国市長会、全国町村会などの地方団体は、加入者の所得が低い国保が他の医療保険より保険料が高く、負担が限界になっていることを国保の構造問題だとして、国保を持続可能とするためには、被用者保険との格差を縮小するような、抜本的な財政基盤の強化が必要と主張しています。  

大野市議会 2018-11-26 平成30年 12月 定例会-11月26日−議案上程、説明−01号

市民生活課については、国保運営が都道府県化することによる一般会計からの市独自の繰り入れを抑制する方針や、将来的な医療費の適正化をうたい文句に、国の社会保障としての視点からの責任を放棄する傾向には要注意し、1兆円規模の国民健康保険事業会計への公費投入、全国知事会要望を実現すべき視点を強調したい。  教育総務課については、学校再編について、それぞれの委員もかなり厳しい指摘もされていました。  

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

そうしますと、知事ももっとこうしてほしいんだということをはっきりと知事として述べていただきたいというのが本当だと思いますし、鯖江市としましても、やはり今までとってきた鯖江市の立場を思いますと、もっと強固に国に対して言っていかなければならないと、そうしないと実現はこの状況になっても難しいと、このように思うわけなんですけれども、市長いかがお考えでしょうか。 ○議長(佐々木勝久君) 牧野市長。

敦賀市議会 2018-08-30 2018.08.30 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

全国知事会議が防災省というものの設置を求める緊急提言を採択したほど、日本自然災害は恒常化しております。  静岡大学防災総合センター、災害情報学者の牛山教授は、被害に遭うことも遭わないことも偶然にすぎない。今まで大丈夫だったという誤った成功体験は捨てて、自然は怖いという基本に立ち返るべきと訴えています。  

敦賀市議会 2018-08-29 2018.08.29 平成30年第3回定例会(第2号) 本文

このうち治水上緊急性が最も高い来迎寺橋の改築については、機会あるごとに私自身が直接知事に要望した結果、年度内には橋桁を撤去することとなりました。まずは一歩前進するというふうに感じております。  笙の川につきましては、先月23日に県への重要要望として、一日も早い来迎寺橋改築の工事着手と河川整備、加えて全整備工程を早期に示すことなどを知事に要望したところです。

敦賀市議会 2018-08-21 2018.08.21 平成30年第3回定例会(第1号) 本文

なお、笙の川につきましては、先月23日に県への重要要望として、一日も早い来迎寺橋の工事着手と河川整備を知事に要望したところです。今後も積極的に要望活動を行うとともに、市民の皆様の安全、安心のため、関係機関と連携して事業推進に努めてまいります。  一方、梅雨明け後は全国各地で記録的な酷暑となり、連日、熱中症の被害が相次いでいます。

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

平成30年度、ことしですけど、税制改正の焦点の一つとなっているということで発表があったんですけど、この中で今言われたように地方消費税の配分の見直しをめぐり、税収を各都道府県に割り振りする3基準のうち、従業者基準、これを原則廃止し、販売額基準は一部項目を除いて比重を下げ、その分を地方に有利な人口基準に充てる案を検討したということで、ことしの平成30年4月1日からなったということなんですけど、これは全国知事