1591件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小浜市議会 2020-12-14 12月14日-02号

これを受け、経団連や全国知事会、全国市長会等で構成する日本健康会議2020におきましても、こうした取組を強化するよう求めております。 我が国における今後の健康づくり施策につきましては、行政と民間組織が連携して、特に健康を意識しなくても健康的な生活を営むことができるよう、健康資源開発生活環境整備、また、健康的な行動を後押しするようなインセンティブの創造が必要とされております。 

福井市議会 2020-12-08 12月08日-03号

福井県知事は,未来志向杉本知事に替わりました。福井県と調整を行って,このプロジェクトを再検討して改めて推進していただきたいと思いますし,古川排水路と荒川の治水の問題については進展があるよう期待しております。御見解をお聞きいたします。 さて,福井北ジャンクションインターチェンジ周辺開発すれば,本市と永平寺町に大きな経済成長や雇用をもたらし,まちづくりは急速に進むでしょう。

敦賀市議会 2020-12-08 令和2年第6回定例会(第2号) 本文 2020-12-08

杉本知事もそういうような要望があれば先行してでも走らすと。要望があればですよ。というようなことで、敦賀市は北のほう、こっちから福井のほうに向けて各自治体に、そんなことのないように、一貫した整備新幹線敦賀最終駅舎に降り立つような政策でもってやってもらわんと敦賀としては困るんだと。

福井市議会 2020-12-07 12月07日-02号

市長は本年11月11日以降,知事関係市町方々と各市町の立場や新幹線に寄せる期待も含め関係機関に陳情,要望を行うため上京等をされたと思いますが,どのような活動を展開されましたか。また,今後どのような活動を考えておられるのか,本市の御所見をお伺いします。 11月30日には,鉄道・運輸機構から今回の工期の遅延に係る経過説明と今後の対応等についてお話を聞きました。

越前市議会 2020-12-03 12月04日-04号

トピックスなんですが、実は昨日、前に御紹介いたしました、うちの町内に設置されてるロボット型の獣害対策のモンスターウルフなんですが、杉本知事が視察に来られて、その後仁愛大学でちょっとした意見交換会の場を持たせて、こちらも参加をさせていただきました。 それはさておきまして、またいずれ報告はさせていただきますが、具体的に市では現在、鳥獣害対策に係る補助金等が2つの事業に設けられております。

敦賀市議会 2020-11-30 令和2年第6回定例会(第1号) 本文 2020-11-30

あともう1点が、同じようにインフレスライド条項が出たときに、新労務単価が出たその日に同じく国交省の土地・建設産業局長から各都道府県知事と各自治体市町村担当課のほうに文書が発出されていまして、それのほうが技能労働者への適切な賃金水準確保ということで発出されています。これを見ると、新労務単価の速やかな活用と、あとインフレスライド条項の適用。

勝山市議会 2020-09-15 令和 2年 9月定例会(第2号 9月15日)

このほどの全国知事会の全体会合で、社会経済活動に及ぼすリスクを減少・回避する重要性を強調し、地方創生加速化に向けた提言がまとめられました。  また、コロナを乗り越える日本再生宣言を採択され、全国各地感染症の脅威に強くしなやかに対応し、持続的に成長できる新次元の分散型の国土を創出しなければならないと訴えられました。

福井市議会 2020-09-08 09月08日-03号

7日3日には,全国知事会,全国市長会全国町村長会の3団体も少人数学級実現に向けた教員の確保に取り組むよう,萩生田光一文部科学相要望しました。骨太の方針2020でも,少人数によるきめ細かな指導体制計画的な整備関係者間で丁寧に検討することを7月17日の閣議で決定しました。また,小・中学校や高校,特別支援学校の各校長会も7月30日に少人数学級実現要望しています。 

大野市議会 2020-09-07 09月07日-一般質問-02号

環境アセスメントとは、開発事業環境にどのような影響を及ぼすかについてあらかじめ事業者自らが調査、予測、評価を行い、その結果を公表して一般の方々都道府県知事などから意見を聞き、それらを踏まえて事業計画を作り上げていく制度です。 なおこの制度は、計画に対する環境保全の見地から計画の見直しや配慮事項について意見を述べるものです。 

越前市議会 2020-09-04 09月07日-03号

したがいまして、先月杉本知事やあるいは前田地域戦略部長にお目にかかりまして、本市重要要望をさせていただく際にも、この市町負担軽減ということについては強く求め、平成24年の約束を守るようにということで要望をさせていただいた次第であります。今後も、この要望はしっかりと県に守っていただくように強く要請をしてまいります。 以上です。 ○副議長(大久保健一君) 川崎俊之君。