143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

私は、この春、無投票ではありますが同僚の山本武志議員と初当選させていただきました。初めての質問で、お聞き苦しい点も多々あると思いますが、よろしくお願いいたします。  まずは、渕上市長におかれましては、2期目の市長に御就任されましたこと、おめでとうございます。  それでは、市民クラブを代表しまして、発言通告書に基づき順次質問させていただきます。

敦賀市議会 2019-05-24 2019.05.24 令和元年第3回臨時会(第1号) 本文

選挙投票で行います。  議場の閉鎖を命じます。   〔議場閉鎖〕 ◯臨時議長(林正男君) ただいまの出席議員数は24人であります。  投票用紙を配付いたさせます。   〔投票用紙配付〕 ◯臨時議長(林正男君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。   〔「なし。」の声あり〕 ◯臨時議長(林正男君) 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。   

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

50年ぶりの開催となりました福井しあわせ元気国体、障スポ大会では、福井県選手団の活躍で天皇杯、皇后杯を獲得し、多くの県民の皆さま方に感動と勇気を残して閉幕をいたしました。  今後の福井国体を一過性のものとせず、これを契機にスポーツの振興やそれを通じた健康増進といったことを推進していくとしています。  

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

現職と前副知事が同じ総務省出身ということなど、どちらの方も過去の実績と経験はすばらしい方でありますが、県会を二分し、県議会権力闘争に見えて、県民も混乱をし、連日の過熱した報道に対し県民は大変不幸なことだと思っているのではないでしょうか。しかし、県民は冷静な判断をされることと思いますが、将来の福井県や鯖江市にとっても重要な選択肢であります。

大野市議会 2018-07-23 平成30年  7月 定例会-07月23日−一般質問−02号

全国的に投票率が低迷する中、本市においても同様の状況にありますが、先般執行されました市長選挙投票率は61.4㌫となり、2016年7月に執行されました参議院選挙の56.5㌫、2017年10月に執行されました衆議院選挙の54.66㌫を上回る結果となりました。  しかしながら、ご指摘のとおり4割近くの方が投票しなかったということは、重く受け止めなければならないことであると認識いたしております。  

敦賀市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第3号) 本文

一方、福井県と青少年健全育成県民会議が県民運動として開始し、昨年度、福井市の5地区を重点推進地区として取り組んでおります夕方見守り運動がございます。夕方見守り運動とは、登下校時ではなく、子供への声かけ事案等が発生しやすい夕方の時間帯に合わせて花の水やりや犬の散歩などを行っていただき、地域ぐるみで子供を見守る運動でございます。  

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

また、当日は衆議院選挙投票日と重なり、職員が手薄であったことでスムーズな初動体制を図ることが困難でありました。今般の災害対応全体を通じ、避難所開設・運営のあり方や、県、近隣市町や関係機関との情報共有のあり方、避難情報の発令時期や初動対応の態勢など、多くの課題が明らかになりました。  

敦賀市議会 2017-12-06 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第2号) 本文

本日の日刊県民福井に公民館長の記事が載っていましたので、少しだけ紹介させていただきたいんですけれども、今ほど事務局長御答弁あった教員の退職者が公民館長になったという話がけさ新聞に載っていたんです。これが「石川県加賀市の元小学校長、竹本さん」、この方69歳なんですね。「69歳は、定年退職後、地元の公民館長になった。

鯖江市議会 2017-03-24 平成29年 3月第408回定例会−03月24日-04号

私も今後、一県民といたしまして鯖江市の発展と皆様の御健勝を心よりお祈りしてまいります。8年間まことにありがとうございました。(拍手) ○議長(小竹法夫君) 次に、中村修一君。            〇産業環境部長(中村修一君)登壇 ◎産業環境部長(中村修一君) 小竹議長より発言をお許しいただきましたので、一言御挨拶を申し上げます。  

敦賀市議会 2017-03-09 2017.03.09 平成29年第1回定例会(第3号) 本文

北陸新幹線福井延伸と在来線を考える会が北陸線の敦賀を含む8つの駅でアンケートをした結果、県民の7割が新幹線に反対、賛成はわずか2割でした。そして、在来線第三セクターになることを知らない県民が多いこともわかりました。中池見湿地に与える影響、特急駅の問題、在来線の問題などを早急に明らかにして市民に説明をすべきと考えますが、いかがですか。

敦賀市議会 2017-03-08 2017.03.08 平成29年第1回定例会(第2号) 本文

最低でも住民投票、またはそれを公約に掲げた選挙等、住民の意見を十分に反映していただかなければ、議会としても判断することはできませんし、最後に、設置場所を移すとすると、先ほど申し上げましたように条例改正が必要であるということです。特別多数議決による条例改正ですね。これの時期というのは、9月までに適地選定をして基本構想を発注するということになっていますけれども6月ですか。

鯖江市議会 2016-12-12 平成28年12月第407回定例会−12月12日-02号

今回の代表質問は、9月の市長選挙がございまして、無投票当選を果たされました牧野市長の4期目の市政運営、そして平成29年度の当初予算編成、最後に諸課題への対応の三つにつきまして、幾つかの点で質問をさせていただきながら、会派としての考え方も述べさせていただきたいというふうに思います。

鯖江市議会 2016-11-30 平成28年12月第407回定例会-11月30日-01号

────┤ │請 願│政府への「農業者戸別所補償福井県農民連    │ 産業建設 │継続審査│ │第1号│制度」の復活を求める請願  │ 会長 玉村 正夫 │     │    │ ├───┼──────────────┼──────────┼─────┼────┤ │陳 情│教員の働き方の改善に関する陳│福井の教育をよくする│ 教育民生 │趣旨採択│ │第2号│情             │県民会議

大野市議会 2016-09-05 平成28年  9月 定例会-09月05日−議案上程、説明−01号

福井選挙区におきましては、山崎正昭先生が、県民の皆さまの厚いご支持を得て、見事5度目の当選を果たされましたことに対し、心からお祝いを申し上げる次第であります。  山崎先生は、当選後の7月25日、約3年間の任期を終え、第30代参議院議長を退任されましたが、副議長時代を入れますと約4年間、わが国の発展と国民福祉向上のために、粉骨砕身して職務を全うされました。  

鯖江市議会 2016-08-24 平成28年 9月第406回定例会-08月24日-01号

報道によれば、JR西日本社長は、現時点では福井駅までの特急乗り入れは困難と発言されているようではありますが、西川福井県知事は、県民の利便性が高まるよう、与党検討委員会で議論してほしいとも発言されており、今後、この特急存続問題が国政の場でも広く議論されることを期待しております。  

敦賀市議会 2016-06-14 2016.06.14 平成28年第2回定例会(第2号) 本文

若者を含む有権者の投票率向上の取り組みについて質問させていただきます。  選挙での有権者の投票率が年々低下傾向にある中、有権者が投票しやすい環境を整備すること、それによって投票率のアップを図ることは重要な課題であります。今回の参議院選挙から選挙権が18歳に引き下げられることもあり、有権者一人一人に着目した投票機会の利便性の向上が求められます。  

福井市議会 2015-11-10 11月10日-03号

北陸新幹線建設に対する県民市民の声は,以前市民団体が行ったアンケート調査でも,少なくない県民市民が反対と回答しています。本来なら,国,県,市は事業全体について,建設費の負担,第三セクターの負担,並行在来線の買い取りや利便性など情報公開した上で理解を求めることが必要ですが,これらの重要な問題が明らかにされていません。市として情報公開が必要,重要だという認識をお持ちですか,お尋ねします。