運営者 Bitlet 姉妹サービス
321件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-03 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月03日−02号 今は財政再建で市民にも痛みを一緒に感じてもらうというのであれば,何の希望もありませんし,市民も心配になります。  市長の役割は,現在の厳しい状況を多くの方に知っていただいた上で,今から財政の立て直しに全力を尽くせば,これから数年間は最も厳しい状況を強いられることになるけれども,必ず財政悪化の状況を脱することができる。そうすれば,福井市の財政は大丈夫です。 もっと読む
2018-03-14 小浜市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月14日−03号 拉致被害者家族の心の痛みや思いなど拉致問題の実態を知り、拉致被害者やその家族が高齢化していることから、早期に解決が望まれる問題だと強く感じました。  そこで、小浜市の拉致問題への取り組みと現状について、お伺いをいたします。 ○副議長(小澤長純君) 総務部次長、檀野君。 ◎総務部次長(檀野清隆君) お答えいたします。   もっと読む
2018-03-07 おおい町議会 平成30年 3月 定例会(第1回)-03月07日−02号 いずれにいたしましても、過疎化した一番の悩みといいますか、つらい部分は、今さまざまな事業を立ち上げなければならないときに、あるいはまた専門家が必要とされるときに、人材がなかなか育ち得ないというような痛みも同時にあるのかなと思ってますので、まさに人材を育てるという観点も大切にしなければならない観点だというふうに理解をしております。 ○議長(浜上雄一君) 原田君。 もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 家族が通える範囲で、当事者である妹が痛みから逃れられ、そして人間としての尊厳をなくさず、家族とともに死を迎え入れられる心をケアしてくれることが第一条件でした。  そこで出会ったのが彦根市立病院の緩和ケア病棟でした。入院してから死を迎えるまでの16日間、私たち家族は毎日彦根に通いました。 もっと読む
2018-02-27 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月27日−03号 戦略的に縮んでいくためには,多くの痛みを伴う改革を迫られるだろう。」  福井市の今後の経営にとっても重要な示唆に富んでいると思います。  未来づくり推進局長にお伺いしたいと思います。戦略的に縮む,そのような発想はお持ちでしょうか。今具体的に取り組んでいること,今後取り組んでいくことはあるでしょうか。  最後に,7,災害対策基金条例の改正について。   もっと読む
2017-12-11 鯖江市議会 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号 SNSを活用した自殺対策についてのお尋ねでございますが、教育委員会といたしましては、学校は子供の心の痛みに敏感でなければならず、教師を初め身近な周りの人に相談できるような人間関係づくりに努めなければならないというふうに考えております。しかしながら、不幸にも誰にも相談できずに自死を選ぶ児童・生徒がいるのが現状でございます。 もっと読む
2017-12-11 鯖江市議会 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号 SNSを活用した自殺対策についてのお尋ねでございますが、教育委員会といたしましては、学校は子供の心の痛みに敏感でなければならず、教師を初め身近な周りの人に相談できるような人間関係づくりに努めなければならないというふうに考えております。しかしながら、不幸にも誰にも相談できずに自死を選ぶ児童・生徒がいるのが現状でございます。 もっと読む
2017-12-05 福井市議会 平成29年12月定例会-12月05日−03号 しかし,10月22日の衆議院議員総選挙の翌日,一般社団法人日本経済団体連合会の榊原会長が安倍首相に,国民の痛みを伴う改革も推進してほしいと要請し,その声に呼応したかのようにその後の内閣府の経済財政諮問会議,財務省の財政制度等審議会では,平成30年度予算編成に当たって要介護1,2の方の介護サービスを介護保険給付から外して総合事業へ移すことが再び提案されました。 もっと読む
2017-09-12 福井市議会 平成29年 9月定例会-09月12日−03号 行政側には少しも痛みはないのではないですか,企業なら血のにじむ努力をします。現状の人件費,毎年5億8,100万円が今後平成40年度まで変わらないなんてことはあり得ません。今後,毎年水道料金収入が減少し,平成40年度には平成28年度比で8億円,率にして22%の減少が見込まれるのにもかかわらずです。   もっと読む
2017-09-11 福井市議会 平成29年 9月定例会-09月11日−02号 お金がないため体の痛みとつらさを長期間我慢し続け,病院にかかったときには末期がんで手おくれだった自営業者の60代男性。これら実際に相談に乗ってきた方々はどれも収入の水準は生活保護を下回るか,それと同等であるにもかかわらず国保税が課税され,とても払うことができない。そのうちに資格証明書発行となり,事実上保険証が取り上げられて病院にかかれなかった方々です。 もっと読む
2017-09-09 敦賀市議会 2017.09.15 平成29年第3回定例会(第4号) 本文 ◯総務部長(刀根茂君) 公共施設におけるトイレの洋式化ということにつきましては、今ほど議員さんがおっしゃったように、やはり市民のニーズというのが、高齢化になっている中で御利用される方々の体上の問題、膝とか腰の痛みとかいうことで、洋式のほうがなれているという方もふえているのは事実でございます。   もっと読む
2017-06-12 鯖江市議会 平成29年 6月第409回定例会−06月12日-02号 喫煙および受動喫煙による健康被害についてでございますが、県の受動喫煙防止対策の資料によりますと、たばこの煙にはニコチン、タール、一酸化炭素など200種類以上の有害物質が含まれておりまして、喫煙や受動喫煙により引き起こされる健康影響は目の痛みや心拍数の増加などすぐにあらわれる症状や、また肺がん、呼吸機能の低下、慢性閉塞性肺疾患、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病などの長期的な影響、さらには流産、早産、新生児の低体重化 もっと読む
2017-03-17 越前市議会 平成29年 3月第 1回定例会-03月17日−07号 現在は精神対話士として孤独感や寂しさ、心の痛みを感じている人々に寄り添い精神的な支援を行うとともに、スペシャルオリンピックス日本・福井の理事として御活躍されております。今回人権擁護委員の候補者の推薦に当たり、人格識見ともに高く誠実な人柄はまことに適任であると存じまして御提案をいたしたものでございます。   もっと読む
2017-03-13 鯖江市議会 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号 鯖江市は、平成の大合併という国が主導した大きな転換期の中では、合併をせず、自主自立という道を選択したわけでありますので、厳しい台所事情は、市長を筆頭に、みんなで痛みは分かち合い、そして、みんなで助け合う、そして、みんなで知恵を出し合い、みんなで取り組むというオール鯖江の精神で、未来が明るい鯖江をつくっていくということではないかと思いますし、そうでなければならないという考えでおります。   もっと読む
2017-03-13 鯖江市議会 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号 鯖江市は、平成の大合併という国が主導した大きな転換期の中では、合併をせず、自主自立という道を選択したわけでありますので、厳しい台所事情は、市長を筆頭に、みんなで痛みは分かち合い、そして、みんなで助け合う、そして、みんなで知恵を出し合い、みんなで取り組むというオール鯖江の精神で、未来が明るい鯖江をつくっていくということではないかと思いますし、そうでなければならないという考えでおります。   もっと読む
2017-03-02 越前市議会 平成29年 3月第 1回定例会 現在は精神対話士として孤独感や寂しさ、心の痛みを感じている人々に寄り添い精神的な支援を行うとともに、スペシャルオリンピックス日本・福井の理事として御活躍されております。今回人権擁護委員の候補者の推薦に当たり、人格識見ともに高く誠実な人柄はまことに適任であると存じまして御提案をいたしたものでございます。  もっと読む
2016-09-16 敦賀市議会 2016.09.16 平成28年第3回定例会(第4号) 本文 じゃどうしたらいいんだという、要は痛みに対するカンフル剤を打つだけじゃなくて、そもそも病気の根本は、この事業を行うことが、それが正しいのかどうかというところを見直していく必要があると思うんです。  そんな細かい事業まで全部、市長、副市長でやってくれということではありませんけれども、いわゆる対症的対応も必要なときはありますよ、確かに。数値目標が達成されていない。 もっと読む
2016-09-09 敦賀市議会 2016.09.16 平成28年第3回定例会(第4号) 本文 じゃどうしたらいいんだという、要は痛みに対するカンフル剤を打つだけじゃなくて、そもそも病気の根本は、この事業を行うことが、それが正しいのかどうかというところを見直していく必要があると思うんです。  そんな細かい事業まで全部、市長、副市長でやってくれということではありませんけれども、いわゆる対症的対応も必要なときはありますよ、確かに。数値目標が達成されていない。 もっと読む
2016-09-07 福井市議会 平成28年 9月定例会-09月07日−04号 しかしながら,今後の状況によっては公共施設等の統廃合や使用料金の改定,つまり値上げするということですが,市民の痛みを伴う取り組みが必要となってくることも想定されますと書いてあります。今後の状況によってはということでございますけれども,この今後の状況とはどういう状況かということを質問させていただきます。   もっと読む
2016-09-06 鯖江市議会 平成28年 9月第406回定例会−09月06日-03号 いわゆる痛みも享受していただきながら、理解もしていただいた。そうした中で今日があるとも思っております。  そこで、もう1点お尋ねしたいと思います。牧野市長は、前回、アクションプログラム、前倒してこのプログラムを見直される際、こう議会の中で述べられております。その発言を引用いたします。「私は、このアクションプログラムは市民の皆さんがわかるような形にしたいと思う。 もっと読む