994件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

越前市議会 2020-11-28 12月03日-02号

その中で、令和を迎えSociety5.0時代をにらんださらなる産業活性化のためにをテーマに中小・小規模事業者生産性向上支援強化企業における持続可能な開発目標SDGsの取り組みの推進、外部機関と連携した技術、事業産業創出促進企業立地のさらなる誘導、企業労働力確保への支援を主なポイントに同プランの見直しを進めているところです。

越前市議会 2020-11-28 11月28日-01号

まず、庁舎建設については、平成29年8月に起工した本庁舎が完成し、11月17日に竣工式を挙行しました。また、同日に開催をした内覧会には1,060人もの市民が訪れました。来年1月6日の開庁に向け、現在は什器備品搬入等を行っており、市民福祉向上市民の安全・安心の拠点施設としてはもとより、市民交流、憩いの場として利用されるよう準備を進めています。 

福井市議会 2020-06-09 06月09日-03号

また,事業立ち上げ事業者への補助金制度を創設してはどうでしょうか。例えば事業サービス立ち上げに要する費用の補助商品開発に関する補助設備投資に関する補助事業商品を広報PRするための補助などです。 県にはこれと似た事業で小売,サービス業者への補助金事業がございますが,事業者にとって使いやすく,申請しやすいと好評です。

福井市議会 2020-06-08 06月08日-02号

 23番 鈴木 正樹君   24番 奥島 光晴君 25番 今村 辰和君   26番 野嶋 祐記君 27番 堀川 秀樹君   28番 青木 幹雄君 29番 石丸 浜夫君   30番 見谷喜代三君 31番 皆川 信正君   32番 加藤 貞信君──────────────────────〇欠席議員(0名)──────────────────────〇説明のため出席した者 市長         東 村  

敦賀市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-03-09

また、ネット検索に頼って、図書館調べ物をしたり、学校の外で直接見て聞いて調べる機会が減ってしまうのではないか。  昨年、法律が改定されてデジタル教科書も今後導入されます。そのため長時間パソコンを使うことで依存症にならないか、視力や脳への影響はないかなどなど、不安を感じる保護者もたくさんおられます。  

福井市議会 2020-03-04 03月04日-04号

これは,北陸新幹線福井開業に向けて進められている市街地再開発事業が本格化するほか,市民生活向上のために実施する消防庁舎建設事業東安居団地整備事業市立図書館リニューアル事業などの施設整備をはじめ,道路橋りょう改築事業学校体育館照明LED化事業など,多くの事業本格着工となることなどが理由に挙げられます。 次に,普通建設事業財政再建計画との整合性についてです。 

勝山市議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会(第3号 3月 4日)

勝山市独自といたしましては、日本遺産認定を受け、市内3カ所に懸垂幕横断幕等を設置し、市広報6月号による特集記事の掲載、市ホームページトップ画面での日本遺産情報発信公民館図書館、各種団体等と連携した記念講座学習会開催パネル展示特別展イベント等開催などを通して、市民への周知を行ってきたところでございます。  

福井市議会 2020-03-02 03月02日-02号

これに基づき,年度予算では,消防庁舎建設事業市立図書館リニューアル事業学校給食センター整備事業などについて,市民生活に密着しており必要性が高いこと,加えて施設老朽化が著しく進んでおり,安全面に課題があることなど,あらゆる面から総合的に判断し,予算を計上したところです。 次に,施設マネジメントアクションプラン第1期(素案)の修正点についてお答えいたします。 

おおい町議会 2019-12-13 12月13日-02号

次に入りますが、舞鶴ショッピングセンターバザールでは、こういった看板、店内の各所に、お客様各位、このお店の避難場所舞鶴小学校です、災害発生時には従業員避難場所まで誘導いたしますと、こういった看板がレジの至るところ、通路、いろんなとこに立っております、ぶら下がっております。 施設利用者ということで、本町においても町の施設事業者と連携して実施できないのかお伺いいたします。

小浜市議会 2019-12-13 12月13日-03号

ただ、あそこが実際に前の保育の部分であったりとか図書館駐車場であるというところもあるんですけれど、なかなか市民にとってはそこがうまく伝わっていないところもありまして、まちの駅、例えばそこに知り合いが来て、そちらに観光に勧めても、もうそこはいっぱいであったりとかそういうことによって逃してしまっている部分も多いのではないかと思います。