254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

そこに、少子化進行により公立幼稚園の園児数が減少するなど需要が低下している中、教育内容の一層の充実化に取り組むとともに、北幼稚園、松陵幼稚園のあり方を検討し、子供にとっての最善の利益を前提とした方策を実施していきますと記されています。  「少子化進行により公立幼稚園の園児数が減少するなど需要が低下している中」とありますが、公立幼稚園需要が低下しているのは少子化進行だけではないと思います。

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

近年、全国的に救急出場件数は増加傾向にあり、本市におきましても昨年は過去最高となる1,494件の救急事案が発生しました。  今後も高齢化社会の進展に伴い、救急需要がさらに増加することが予想されるため、救急業務の円滑な実施を図るとともに、けがや病気を未然に予防するための方策を含めた救急講習の普及啓発の一層の推進に努めていきます。  

鯖江市議会 2018-12-12 平成30年12月第416回定例会−12月12日-04号

また、上級救急救命講習共同開催という事業があるんですけれども、こちらにつきましてはかなりレベルの高い内容であるということもございまして、もっと一般的な普通救急救命とか応急手当の講習とかというものの受講者をふやすべきであろうということで、そちらの事業には参加しておりません。

敦賀市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文

ことしも何回か救急車の搬送にお世話になっているんです。そういうことを申し出たら、それでは発行しますということで発行してくれました。妻の名前で発行してもらいました。それはわかるんです。  今、部長認知度がないと。そこなんですよ、問題は。なぜ認知度がない。ないからです。東京都の島倉課長、私行ったら、とにかく広めてほしいと。東京都も私には差し上げますと。なぜだ。一般の方には東京都民なら差し上げますと。

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

では次に、在宅医療の実現を図ることも重要ですが、敦賀病院では急性期病院として救急医療を担う機関でもあり、また総合病院としてさまざまな専門分野の治療を行う機関としての役割も担っております。  そこで、ここ数年の救急患者の状況と敦賀病院で不足している診療科についてお尋ねいたします。 ◯敦賀病院事務局長(田辺辰浩君) お答えします。  

敦賀市議会 2018-08-29 2018.08.29 平成30年第3回定例会(第2号) 本文

また、熱中症にかかり救急車で搬送された人数を見ますと、5月から8月27日までに79人の人が搬送され、昨年比より18人多く搬送されております。これ以外にも個人的に病院にかかっている人もたくさんいると思います。  7月には、愛知県で校外学習から戻った小学校1年生の児童熱中症死亡する事案もありました。また昨日の報道には、ある病院のエアコンが故障し、入院患者4名が熱中症の疑いで死亡しております。  

大野市議会 2018-07-24 平成30年  7月 定例会-07月24日−一般質問−03号

堀田議員がご説明されました備蓄を行っている学校の割合が72㌫とありますが、本市の小中学校では約47㌫が救急用品、ライトなどを備蓄しております。  防災頭巾を常備している小学校もあります。  学校は、自然災害などにより児童・生徒の下校が困難と判断した場合は、保護者に連絡して迎えの依頼を行います。  

敦賀市議会 2018-06-13 2018.06.13 平成30年第2回定例会(第2号) 本文

当初、周辺幹線道の交通量データなどを踏まえた交通需要予測に基づき、スマートインターチェンジの利用台数を1日当たり1000台としておりましたが、昨年3月25日の開通からことし3月末までの1年間で1日の平均利用台数が236台にとどまってしまいました。  新聞等でも報道されておりましたが、ふるさと夢市場の店員の方のお話では、開通効果で来客数がふえると期待したが開通前と変わらず、効果は実感できない。

敦賀市議会 2018-03-09 2018.03.09 平成30年第1回定例会(第4号) 本文

これは、人口減少に伴う水需要の減少、水道施設の老朽化、深刻化する人材不足等の水道の直面する課題に対応し、水道の基盤の強化を図ることを改正の趣旨としています。  また、敦賀市においても持続可能な水道事業を実現するために平成28年度からアセットマネジメント基礎データ整備事業が実施されており、さらに敦賀市水道ビジョン等策定検討委員会のもと、平成31年度以降の新水道ビジョンを策定中です。  

敦賀市議会 2018-03-08 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文

豪雪時の医療対策につきましては、地域防災計画におきましても、雪害予防計画の中で交通途絶地域での緊急患者の救援活動体制や医薬品備蓄、それから緊急輸送体制の確立などを明記しておりまして、大変重要なことと認識をしているとともに、災害時の救急活動に支障を来すことのないよう消防など関係機関と連携を図りながら実施に努めてまいります。  

大野市議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会-03月07日−一般質問、討論、採決−04号

しかしながら、附属機関を設置することは、行政民主化の観点から地方行政に住民の意思を十分に反映させることや、複雑化、高度化する行政需要に対応するために専門的な知識技術を導入できること、また第三者の視点を入れることにより公正な行政運営が行えるなど、重要な役割を担っているものと考えております。  次に、雪害対策本部会議についてお答えいたします。  

大野市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会-03月05日−代表質問、一般質問−02号

併せまして、臨時的な財政需要につきましては、これまで同様、国や県の補助金などをできる限り活用するとともに、計画的に積み立ててきた基金の繰り入れや有利な地方債を活用することで、将来的な負担を軽減し、単年度に過度に集中する財政負担の軽減に努めたところであります。  

敦賀市議会 2017-12-08 2017.12.08 平成29年第4回定例会(第4号) 本文

そこで1番ですけれども、夜間の救急診療の駐車場についてお願いしたいんですけれども、夜間など時間外に診察することで訪れる患者のために、時間外通用口の前の広場を一旦とめられる駐車場として利用できるようにすべきと考えますけれども、いかがですか。 ◯敦賀病院事務局長(芝井一朗君) お答えいたします。  時間外通用口の駐車につきましては、以前から御意見があることは承知しているところでございます。

敦賀市議会 2017-06-13 2017.06.13 平成29年第2回定例会(第2号) 本文

全国的に言われることですが、救急車の到着までは約8分から9分と言われており、8分後の成功率は20%とも言われております。救急車が到着する前に、傷病者の近くにいる人でAEDを使って電気ショックをできるだけ早く行うことが重要になります。  そこでお伺いします。現在、敦賀市でAEDはどのようなところに設置されているか、お伺いをいたします。

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

また、今まであるような稲作、いわゆる米の生産につきましては、今後は、県がブランド米を発表しまして、来年度より、そういったことが本格的に作付をしていくということも言われておりますので、そういったものに転換というものを図っていかないとと思っておりますし、市長がいつもおっしゃられますけれども、酒米などの用途が限定されて確実に需要見込みというものがあるようなものへと転換も図っていくことも考えていかなければならないと