運営者 Bitlet 姉妹サービス
1134件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 おおい町議会 平成30年 9月 定例会(第4回)-09月20日−03号 答弁、申請者が87名、交付枚数は110枚となっており、現在までに702枚交付している。  質疑、コスモサンファーム福井の工場は操業がとまっており、経営改善計画に基づき3者協議を行って安定生産体制を支援するとのことだが、経営的に危ないのか。答弁、コスモサンファーム福井の経営状況については、昨年の決算審査において設備トラブルなどにより目標生産量に達していない旨の報告を行った。 もっと読む
2018-09-19 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月19日−05号 次に,予算特別委員会からの調査依頼案件であります,第74号議案 平成30年度福井市一般会計補正予算,土木費中,小型除雪機購入補助事業について委員から,想定以上の申請があった場合,どのように対応するのかとの問いがあり,理事者から,7月に行った各地区との意見交換会等での話をもとに予算計上したものであり,これを超える申請については改めて協議していきたいとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-12 おおい町議会 平成30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−02号 担当課といたしましては、野生鳥獣肉の安心・安全な提供ということで、基準はやはり今よりさらに厳しいものが指定される指針が示されるであろうというようなことも想像しております。 もっと読む
2018-09-05 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月05日−04号 本市の特別支援学級設置と学級数ですが,小学校は4278学級,中学校は2033学級が設置されております。  特別支援学級担当教員数は,講師を含む111人で,うち65人が特別支援学校免許状を持っており,保有率は約59%です。  次に,特別支援学校教諭免許状の取得者の増員配置計画と免許状取得に向けた対応策についてです。   もっと読む
2018-09-04 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月04日−03号 一方で,近年若者の多くがSNSをコミュニケーションの手段として用いていることから,文部科学省では平成29年度補正予算と平成30年度予算におきまして25カ所程度の都道府県と政令指定都市を補助対象とした,SNS等を活用した相談体制構築事業を実施し,試行的にSNSによる相談事業を創設したところでございます。   もっと読む
2018-09-03 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月03日−02号 ことしプール開放を実施した学校は,PTAが主体となって開放した学校が36,児童クラブで開放した学校が3,スポーツ少年団で開放した学校が1の合計40です。プール開放において要した経費は約510万円であり,内訳としては,薬剤費等が約130万円,監視員の人件費が約380万円でございました。   もっと読む
2018-06-22 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−03号 来年4月の小浜美郷小学校の開校に伴いまして、現4につきましては閉校することとしております。閉校に当たりましては、教育委員会が主催をいたします閉校式典を開催させていただくほか、各地区におきましては地域の特色を生かした閉校事業が検討されていると伺っております。 もっと読む
2018-06-21 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−02号 その間につきましては、校舎やプールについては原則使用を禁止といたしまして、体育館や校庭については、地区行事や公民館事業として利用する場合には、申請により利用していただけるものと考えております。   もっと読む
2018-06-21 福井市議会 平成30年 6月21日 予算特別委員会-06月21日−01号 本市がスロベニア共和国をホストタウンの相手国とした理由として、ソバを使った料理を習慣的に食べる文化があること、スイセンの群生があること、またスポーツにおいてはバスケットボールやハンドボールの強豪があることなど、多数の共通点があることからスロベニア共和国を相手国として申請し、昨年12月にホストタウンに登録されました。   もっと読む
2018-06-20 おおい町議会 平成30年 6月 定例会(第3回)-06月20日−02号 その内容は、おおい町が指定する金融機関が、設備投資や新規事業を考えている企業へ融資する場合に係ります利子や保証料への補助を支援としてございます。 もっと読む
2018-06-20 福井市議会 平成30年 6月20日 予算特別委員会-06月20日−01号 ◎吉川教育長 5年前の平成25年度と本年度の児童・生徒数の実人数を比較したところ、小学校50のうち、児童数がふえている学校は16、減っている学校は33、同数だった学校は1でした。また、中学校23のうち、生徒数がふえている学校は4、残りの19は全て減っています。  この5年間で、小学校全体としては278人の減で1.9%の減です。中学校全体としては778人の減で10.8%の減です。 もっと読む
2018-06-13 福井市議会 平成30年 6月定例会-06月13日−04号 次に,指定特定相談支援事業所の相談支援について,障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定計画相談支援の事業の人員及び運営に関する基準があるわけですが,この基準において同一法人系列の福祉サービス事業者のみの利用を指示することは禁止されております。 もっと読む
2018-03-16 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会−03月16日-04号 その後、商店の方からこの事業を活用したいとの相談をいただいたものを市に申請してもらう流れになるとの答弁がありました。  これに対して委員から、まちなかの商店街全体がきれいになるのであれば事業の意味も理解できるが、限られた店舗だけがきれいになってもどれだけの効果があるのか疑問である。 もっと読む
2018-03-15 福井市議会 平成30年 3月15日 予算特別委員会-03月15日−01号 ◎竹内建設部長 冬期間、12月1日から3月15日までの申請件数は、平成29年度では道路を掘削する申請としては512件ございます。 ◆谷本委員 今回の大雪では、この占用している区間の除雪と管理が全くできていない。私は何カ所か見ておりますけれども、この占用区間があるために、前後の除雪はきれいに終わっていても全く使えない路線が何カ所かありましたけれども、その点は把握していますか。 もっと読む
2018-03-14 小浜市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月14日−03号 民生委員・児童委員の業務には、社会的な信用から会議の委員、委員の委嘱や各種申請書における証明事務も増加してまいりましたが、負担軽減を図るためにも最小限とするよう各関係課では見直しに努めているところでございます。 もっと読む
2018-03-07 おおい町議会 平成30年 3月 定例会(第1回)-03月07日−02号 ◎建設課長(川尻孝司君) 通学路ということにつきましては、現在福谷区あるいは安川区の児童の皆さんが、主に福谷区では福谷区から石山橋に出てくる福谷線でございますとか、それから佐分利川の左岸堤でございますね、あそこの道路でございます石山万願寺線、そういったところが通学路に指定をされておりまして、迂回路となりました道としましては、福谷線というところがその通学路と重なっていたというようなところがございます。 もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 具体的には、超過勤務の申請、年次有給休暇の申請、病気休暇や特別休暇等の申請を電子化するということによりまして、各課の庶務担当者の書類作成とか上司の決裁といった処理を軽減することができると思っているところでございます。 ◯3番(北川博規君) 入力する職員には、その入力の負担というのはないということでよろしいですか。 もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.07 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 現在の敦賀市の農産物直売所、2店舗ありますが、今定例会の指定管理者の指定の議案にも上がっていますふるさと夢市場もJA敦賀美方の農産物直売所も、どちらも直売所の形態としては地元消費者型です。  これに対し、やはり敦賀を訪れる人々への観光客型の対策も考えなければなりません。将来的には施設の整備が必要であると考えますが、すぐにはできないと思います。 もっと読む
2018-02-21 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-02月21日-01号 サービスの事業の人員、設備│   〃   │  〃  │ │     │および運営に関する基準等を定める条例および鯖江│      │    │ │     │市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、│      │    │ │     │設備および運営ならびに指定地域密着型介護予防サ│      │    │ │     │ービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法│      │     もっと読む
2018-02-13 福井市議会 平成30年 2月13日 議員全員協議会-02月13日−01号 また、新たに申請者の負担軽減のため、申請書類の郵送受付を開始します。  38ページをお開きください。  分野Ⅲ 活き活きと働くまち。  政策8、若者が希望を持てる農林水産業のまちをつくるでございます。  61番、園芸総合振興事業2億1,000万円でございます。農業者の育成や農業所得の向上に向け、園芸生産に必要な施設や機械の導入に対して支援をするものでございます。   もっと読む