426件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

次に、第34号議案 市道路線の認定の件については、主な質疑として、敦賀駅東口線について、道路部分でなく駅前広場やバスの待機場も含めて市道と認定するメリットは何かとの問いがあり、メリットについては、道路部分及びバス、タクシーの乗降場等について一体的な管理ができることであるとの回答がありました。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

その他、子供が多く過ごす場所として各児童クラブがございます。  この中で、議員さんがヒアリングの際にお聞きになられました7施設について利用状況等をお答えさせていただきたいと思います。  この中で、児童文化センター、敦賀児童館、松原児童館、子育て総合支援センター、粟野子育て支援センター、敦賀市福祉総合センターあいあいプラザ、キッズパークつるがの7施設についてお答えをいたします。

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

その際には、防災教育の観点から、対象地区内にございます小中学校ヘチラシ等を配付いたしまして児童生徒の参加を呼びかけたところでございます。  当日は、松陵中学校の生徒さんや親子連れなど児童生徒にも御来場いただき、各関係機関が行う体験展示型の訓練などに参加をいただきました。会場となった松陵中学校の教職員の皆さん方にも訓練のお手伝いをいただきました。  

敦賀市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

次に、児童館の拡充についてです。  児童館は、地域で18歳未満の児童の遊びの拠点、居場所であり、健全な遊びを通して健康を増進し、情操を豊かにする施設です。  ことし10月に厚生労働省が児童館の機能拡充を目指して児童館ガイドラインを改正しました。  そこで、まず敦賀市内の児童館の利用状況をお聞きします。

敦賀市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文

今回の一般質問は、1、敦賀ムゼウム整備事業について、2、児童生徒の郷土愛醸成についてであります。  発言通告書に沿って質問させていただきますので、よろしくお願いいたします。  まず、敦賀ムゼウムの質問に入る前に、敦賀のイメージ戦略について伺います。  

鯖江市議会 2018-09-21 平成30年 9月第415回定例会−09月21日-04号

さらに、認定こども園となることに伴い、待機児童の解消が期待される一方で保育士の不足が懸念されるが、どのような対応を行うのかとの質疑があり、県が検討している保育士支援センターを有効活用することや、臨時保育士の待遇改善に引き続き努めながら人材確保を行いたいとの答弁がありました。また、園庭工事に伴い、取り外し型のフェンスが設計されているが、小学校のグラウンドが狭くなることが懸念される。

敦賀市議会 2018-08-31 2018.08.31 平成30年第3回定例会(第4号) 本文

ということですけれども、守口市など既に保育料を無料化にしている自治体では、前回も言いましたけれども入園希望者がふえて待機児童がふえたと。無償化にする敦賀市の対策を伺います。 ◯福祉保健部長(山本麻喜君) 無償化に対する敦賀市の対策ということで、今回、3歳から5歳児が無償化になるということで、受け入れができるかという部分でよろしいでしょうか。対策。というあたりでよろしいでしょうか。  

敦賀市議会 2018-08-29 2018.08.29 平成30年第3回定例会(第2号) 本文

熱中症に対する児童生徒の管理体制とエアコン設置状況について、文科省の発表によれば、平成29年度4月現在、エアコンの設置状況は、全国では普通教室49.6%、特別教室34.6%、体育館は1.2%であり、福井県では普通教室86.5%、特別教室31.2%、体育館は1校で0.3%でした。  そこで伺います。

敦賀市議会 2018-06-15 2018.06.15 平成30年第2回定例会(第4号) 本文

◯6番(中野史生君) 頭の中は相当かたくなっておるようでございますが、例えば駅前ロータリーのど真ん中、タクシーの待機所とか、駅西A、Bゾーンにつくらなければならない公園の待合場所として、またあるいは駅東の緑化する場所に設置するのはどうでしょうか。再度伺います。  都市整備部としての考え方はどうでしょうか。 ◯都市整備部長(鳥羽学君) おはようございます。  

敦賀市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第3号) 本文

潜在的待機児童の解消ということで、敦賀市は待機児ゼロということで言われていますけれども、待機児というのは保育所への入所、利用資格があるにもかかわらず、保育所が不足していたり定員がいっぱいのため入れない、待っているのを待機児童というんですけれども、それに対して、ほかに入所可能な保育所が、入れる保育所があるけれども、第一希望の保育所に入れないので待機してそれ以外の機関を利用しているという、そういった子供

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

まず、待機児童問題についてですが、昨年、10月1日の厚生労働省の待機児童の調査において、福井県は29人で、そのうち14人が本市の待機児童とのことでした。もとより待機児童問題は、認可保育所に入所申請しても希望する保育所に入所できない児童がいるという社会問題であります。

鯖江市議会 2018-06-11 平成30年 6月第414回定例会−06月11日-02号

まず、待機児童問題についてお聞きをいたしたいと思います。厚生労働省の調査によると、昨年10月時点で認可保育園などに入れない県内の待機児童が29人確認されました。内訳は鯖江市14人、越前市8人、福井市7人、本市の年齢別では0歳児が12人、2歳児が2人です。待機児童が発生した背景については、保育士が思うように追加採用できず、年度途中の入園希望に対応できなかったと思われます。

敦賀市議会 2018-06-05 2018.06.05 平成30年第2回定例会 目次

件(平成29年度敦賀市水道事業会計) ─────  22 ○日程第10 第40号議案〜第46号議案(説明、質疑、委員会付託 ただし、第       40号議案は説明・質疑省略)  (説 明)  第41号議案 敦賀市空き家等の適切な管理に関する条例制定の件 ────────  23  第42号議案 敦賀市市税賦課徴収条例の一部改正の件 ─────────────  25  第43号議案 敦賀市放課後児童健全育成事業

鯖江市議会 2018-05-28 平成30年 6月第414回定例会-05月28日-01号

│ 可決 │ │     │                       │  教民  │    │ ├─────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │ 第43号 │鯖江市税条例等の一部改正について       │  総務  │  〃  │ ├─────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │ 第44号 │鯖江市放課後児童健全育成事業

福井市議会 2018-03-16 平成30年 3月16日 予算特別委員会-03月16日−01号

◎竹内建設部長 通常は16時に発表されます福井気象台の降雪予報や県の除雪待機状況を踏まえ、対策本部が除雪協力企業と除雪業務職員の待機の有無を判断しています。除雪作業の実施に当たりましては、定点観測地点での積雪が10センチメートル以上ある場合に、本部から除雪協力企業に除雪作業の指示をしているところです。