運営者 Bitlet 姉妹サービス
390件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-21 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−02号 ご質問されましたとおり、有料老人ホームやサービスつき高齢者住宅におきましては、訪問介護事業所などと同一の敷地に設置されている場合は同じ敷地の建物に高齢者が入居しておられるため、通常の高齢者のご自宅等に伺います訪問介護サービスを提供する場合と比較しまして、訪問するためのコストが少なくて済みますので、介護報酬が減算されるという制度になっております。 もっと読む
2018-06-11 福井市議会 平成30年 6月定例会-06月11日−02号 このこととあわせて,特にパワーハラスメントに関してですが,消防が人の命にかかわる職務である以上,一定程度の厳しい指導・訓練は必要であるが,業務の適正な範囲を超えた指導及び暴力行為は断じて許されない。また,消防の職場には災害現場で安全,確実,迅速な部隊行動を遂行するため指揮命令系統を明確にする階級が存在し,職員には厳格な規律保持が求められる。 もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 看護師さんと医師との連携ということで、敦賀病院の敷地といいますか、スープの冷めない距離と言っていいぐらいのところですけれども、そういう敦賀病院との連携も欠かせないと考えますが、その方向性についてお伺いします。 ◯福祉保健部長(上坂義明君) お答えいたします。  病児保育施設の規模につきましては、220平米程度を予定しております。 もっと読む
2017-12-12 敦賀市議会 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 放置していると二次障害、つまりは不登校やいじめの対象、また思春期になると家庭暴力あるいは鬱になって、今回の事例のような大変残念な結果になることもあるようでございます。  敦賀市としては、特別な支援が必要な生徒等をめぐっては、国の指針などに基づき支援体制を整えられているものと考えますが、確認のためにも質問してまいります。   もっと読む
2017-12-05 福井市議会 平成29年12月定例会-12月05日−03号 厚生労働省の調査によれば,高校の進学率は生活保護受給世帯や母子家庭世帯,そしてそのほかの世帯のどちらも9割を超えているのに対して,大学や専修学校への進学率は生活保護受給世帯や母子家庭世帯では4割代です。高い学費とその支援の弱さが進学への壁となっています。  先日,私はある母子家庭の親子から相談を受けました。 もっと読む
2017-09-11 鯖江市議会 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号 本市におきましては、長時間労働を是正するため、毎週水曜日をノー残業デーとして設定し、庁LANや庁放送を通じて周知するとともに、平日午後9時には退庁を促す庁放送を流しまして、職員への意識啓発を図っております。 もっと読む
2017-09-11 福井市議会 平成29年 9月定例会-09月11日−02号 いじめは,暴力,悪口,無視,不適切な言動や指導などにより心理的かつ物理的な面で精神的な苦痛を感じられるものと考えられております。本市の学校では,現実的にどのような内容のいじめが発生しているのか,またいじめによって不登校になった児童・生徒の件数は年間何件あるのか,過去3年間の状況を踏まえてお尋ねしたいと思います。   もっと読む
2017-09-11 鯖江市議会 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号 本市におきましては、長時間労働を是正するため、毎週水曜日をノー残業デーとして設定し、庁LANや庁放送を通じて周知するとともに、平日午後9時には退庁を促す庁放送を流しまして、職員への意識啓発を図っております。 もっと読む
2017-03-10 敦賀市議会 2017.03.10 平成29年第1回定例会(第4号) 本文 また、母子家庭等日常生活支援事業は、一時的に生活援助等が必要な母子家庭等に家庭生活支援員を派遣する制度でございますが、手続等で窓口に来られた方につきまして、こちらからパンフレットをお渡ししたり制度の説明を十分丁寧に行っております。 もっと読む
2017-03-10 小浜市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月10日−04号 子育てに不安や悩みを持つ世帯を支援するため、乳児家庭全戸訪問の実施や、子育て支援センターを中心に浜っ子こども園子育て支援室やつどいの広場などで、育児講座や相談、遊びの場の提供などを行っているところでございます。   もっと読む
2017-03-03 敦賀市議会 2017.03.10 平成29年第1回定例会(第4号) 本文 また、母子家庭等日常生活支援事業は、一時的に生活援助等が必要な母子家庭等に家庭生活支援員を派遣する制度でございますが、手続等で窓口に来られた方につきまして、こちらからパンフレットをお渡ししたり制度の説明を十分丁寧に行っております。 もっと読む
2017-03-01 福井市議会 平成29年 3月定例会-03月01日−04号 今年度より六条地区にある幼稚園,保育園並びに文殊地区にある幼稚園,保育園のそれぞれの保育園舎を改修いたしまして,認定こども園に移行され,順調に運営されているものと存じます。この1年間を振り返り,教育,保育面,保護者に対しての満足度,今後の課題など,どのような成果があったのかをお尋ねしたいと思います。   もっと読む
2016-12-15 小浜市議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月15日−03号 このように、男女共同参画社会実現のための取り組みは着実に進められてきてはおりますが、職場においても家庭においても、真の男女共同参画にはまだまだ多くの課題も残されております。男女が対等なパートナーとして性別による固定的な役割分担意識を解消し、仕事と家庭を両立させ、女性も男性も家庭や地域の中でバランスのとれた生活が現在送れているのかというと、疑問符をつけざるを得ません。   もっと読む
2016-12-12 鯖江市議会 平成28年12月第407回定例会−12月12日-02号 既に11月には河和田地区のシンボルであります、うるしの里河和田モニュメントの塗り直しを実施しておりまして、年度にはJR鯖江駅改札口の上部に設置されているPR看板のデザインの一新や、西山公園、本山誠照寺前にある看板は、案内に特化した内容にリニューアルするなど、こちらにつきましては年度に完成する予定となっております。   もっと読む
2016-12-12 鯖江市議会 平成28年12月第407回定例会−12月12日-02号 既に11月には河和田地区のシンボルであります、うるしの里河和田モニュメントの塗り直しを実施しておりまして、年度にはJR鯖江駅改札口の上部に設置されているPR看板のデザインの一新や、西山公園、本山誠照寺前にある看板は、案内に特化した内容にリニューアルするなど、こちらにつきましては年度に完成する予定となっております。   もっと読む
2016-12-07 福井市議会 平成28年12月定例会-12月07日−04号 まず,今回のパワハラや暴力について,市や消防局はどう受けとめているのか答弁を求めます。  消防は,火事や救急,災害という,いわば非常事態に立ち向かうための組織であり,日常から厳しい訓練を行い,上司から部下への指示系統も徹底された厳しい職場であることは私も理解しています。しかし,暴言や恫喝,暴力は厳しく退けられるべきではないでしょうか。   もっと読む
2016-12-06 福井市議会 平成28年12月定例会-12月06日−03号 田 高 義 君  特命幹        中 西 賢 也 君  都市戦略部長     堀  正 人 君  総務部長       山 本 みどり 君  財政部長       玉 村 公 男 君  市民生活部長     野 阪 常 夫 君  福祉保健部長     港 道 則 男 君  商工労働部長     浅 野 信 也 君  農林水産部長     岩 崎 文 彦 君  建設部長       竹  康 もっと読む
2016-09-15 福井市議会 平成28年 9月15日 予算特別委員会-09月15日−01号 ◆泉委員 それが多いのか少ないのかというと、どうなのかなというところですが、今ケーブルテレビに加入している御家庭でもふくチャンネルが見られないケースがあると伺いました。このような家庭があることは把握されていますか。 ◎山本総務部長 ケーブルテレビの契約家庭は、全てふくチャンネルの視聴が可能となっております。 もっと読む
2016-09-09 越前市議会 平成28年 9月第 5回定例会-09月09日−05号 ふるさと納税によって寄附をすると一定の基準であれば、その寄附額のほとんどが自分の住んでいる自治体で納めるべき所得税や住民税から控除をされます。つまり、自分が住んでいる自治体に本来納めるべき税金が、ふるさと納税をした別の自治体に寄附として移転するということになります。 もっと読む
2016-09-06 鯖江市議会 平成28年 9月第406回定例会−09月06日-03号 しかし、その取組状況には、町内によってかなり温度差があるのが現状でございまして、大地震のときなどの道路の寸断などで、関係機関の迅速な対応ができるとは限りませんので、日ごろから地域のつながりを強め、家庭での備えや近所での助け合いを意識し、逃げ場がどこにあるかを確認しておくためにも、自主防災組織単位での訓練は非常に大切だと考えております。   もっと読む