168件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-03-08 2019.03.08 平成31年第2回定例会(第4号) 本文

これまで庁のプロジェクトチームを中心といたしまして、部局横断的な考え方をもとに、運営形態について、指定管理者制度方式、そして直営方式を比較して検討しているところでもございます。検討を進める中で、庁だけでなく有識者や市民の力をかりまして、行政のみの限られた知見と常識に縛られない有効な検討を進める必要があると考えております。  

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

◯6番(中野史生君) 私が思うには、世間の皆さんもそんなふうに申しておりますので、いろんなところから情報を得ますと、無償化によって大変助かる家庭が多いのは事実なんです。とてもありがたいことだと私も思います。子育て世代には大変恩恵もあり、家庭における所得額の実質の減少が続く中、一点の光明とも言える子育て支援であるというふうに私は考えております。  

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

さらには、「保健体育科の時間はもとより、技術家庭科、特別活動などにおいてもそれぞれの特質に応じて適切に行うよう努めることとする」と示されております。  これを受けて、各学校では学校の実情に合わせて性に関する指導年間指導カリキュラムを作成し、家庭地域社会との連携を図りながら、日常生活において適切な体育健康に関する活動の実践を促しているところであります。 ◯1番(今大地晴美君) 済みません。

小浜市議会 2018-06-21 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−02号

質問されましたとおり、有料老人ホームサービスつき高齢者住宅におきましては、訪問介護事業所などと同一の敷地に設置されている場合は同じ敷地の建物に高齢者が入居しておられるため、通常の高齢者のご自宅等に伺います訪問介護サービスを提供する場合と比較しまして、訪問するためのコストが少なくて済みますので、介護報酬が減算されるという制度になっております。

鯖江市議会 2018-06-11 平成30年 6月第414回定例会−06月11日-02号

有料化に当たっては、全ての市民に等しく負担を強いるということじゃなくて、やはり子育て中の家庭介護高齢者を抱える家庭、それから生活困窮者への配慮というのもやはり欠かしてはいけないんじゃないかなと思っております。  それで、実施する時期と市民への周知ということで、ちょっとお伺いしたいんですけども、全国の動向と鯖江市の現状を見ますと、有料化を具体化するために動き出すときではないかと思います。

敦賀市議会 2018-03-08 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文

看護師さんと医師との連携ということで、敦賀病院の敷地といいますか、スープの冷めない距離と言っていいぐらいのところですけれども、そういう敦賀病院との連携も欠かせないと考えますが、その方向性についてお伺いします。 ◯福祉保健部長(上坂義明君) お答えいたします。  病児保育施設の規模につきましては、220平米程度を予定しております。

敦賀市議会 2017-12-06 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第2号) 本文

放置していると二次障害、つまりは不登校やいじめの対象、また思春期になると家庭暴力あるいは鬱になって、今回の事例のような大変残念な結果になることもあるようでございます。  敦賀市としては、特別な支援が必要な生徒等をめぐっては、国の指針などに基づき支援体制を整えられているものと考えますが、確認のためにも質問してまいります。  

小浜市議会 2016-12-15 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月15日−03号

このように、男女共同参画社会実現のための取り組みは着実に進められてきてはおりますが、職場においても家庭においても、真の男女共同参画にはまだまだ多くの課題も残されております。男女が対等なパートナーとして性別による固定的な役割分担意識を解消し、仕事と家庭を両立させ、女性も男性も家庭地域の中でバランスのとれた生活が現在送れているのかというと、疑問符をつけざるを得ません。  

大野市議会 2016-12-14 平成28年 12月 定例会-12月14日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

理事者によりますと、化石発掘体験センターの整備については、当初、平成29年度の予算計上を予定しておりましたが、今般、国の補正予算に追加されたことから、今定例会で、補正予算工事請負費や設計監理委託料などを計上し、本年度工事着工を目指しているとのことであります。  

鯖江市議会 2016-12-12 平成28年12月第407回定例会−12月12日-02号

既に11月には河和田地区のシンボルであります、うるしの里河和田モニュメントの塗り直しを実施しておりまして、年度にはJR鯖江駅改札口の上部に設置されているPR看板のデザインの一新や、西山公園、本山誠照寺前にある看板は、案内に特化した内容にリニューアルするなど、こちらにつきましては年度に完成する予定となっております。  

鯖江市議会 2016-09-06 平成28年 9月第406回定例会−09月06日-03号

しかし、その取組状況には、町内によってかなり温度差があるのが現状でございまして、大地震のときなどの道路の寸断などで、関係機関の迅速な対応ができるとは限りませんので、日ごろから地域のつながりを強め、家庭での備えや近所での助け合いを意識し、逃げ場がどこにあるかを確認しておくためにも、自主防災組織単位での訓練は非常に大切だと考えております。  

大野市議会 2016-06-06 平成28年  6月 定例会-06月06日−一般質問−02号

それについては、教育学校だけで完結するものではなく、家庭地域を含めた全体で取り組むものです。少人数教育の中で、市の小規模校で立派に実践しているではありませんか。多人数の切磋琢磨は、競争による落後者を生む危険性も含んでいます。一人一人への目が行き届き、ケアするためにも少人数教育の充実こそ、求められるものです。  

小浜市議会 2015-12-21 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月21日−04号

第3款民生費、第2項児童福祉費、第3目母子福祉費、母子家庭医療費助成事業補正予算額326万7,000円について。  委員から、件数がふえているが相談、悩み等を汲み上げていく上で、現状の相談体制を問う質疑がありました。これに対して、相談内容については就労、金銭的なもので、母子福祉自立支援員1名と担当のグループリーダーで対応している。