122件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

総務部長(藤田裕之君) 福祉避難所の指定状況についてのお尋ねでございますが、平成28年4月に内閣が発表した国の福祉避難所の確保・運営ガイドラインによりますと、福祉避難所の対象者として、「災害時において、高齢者障害者、乳幼児その他の特に配慮を要する者」と定められております。  

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

これは大阪のほうだと思うんですけど、災害時に保護者がいち早く子供の安否ができるように、学校携帯電話スマートフォンの持ち込みが議論されておりますが、まだこれははしりだと思いますが、教育委員会の考えはどのように思っていらっしゃるのかということをお答えいただきたいと思います。 ○議長(佐々木勝久君) 辻川教育長

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

また、同じく今年発生した大阪北部地震西日本豪雨、北海道胆振東部地震では、ブロックの倒壊や大規模停電避難行動要支援者に対する情報伝達、避難勧告・指示を出す基準なども問題となりました。市としましては、これらの問題を喫緊の課題と捉え、関係機関との連携や新たな課題への取組の強化を図ってまいります。  それでは、当面する市政の諸課題について申し上げます。  

福井市議会 2018-09-05 09月05日-04号

北陸新幹線福井開業を控え,複数の民間開発が現在進行しており,本市としても民間開発を加速させるため,ことし5月に内閣に対して都市再生緊急整備地域の申し出を行い,内閣が次期政令改正時に指定をするということをお聞きしております。 また,ことし1月には福井駅・城址周辺地区市街地総合再生計画を策定しておられます。

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

次に、持続可能な開発目標(SDGs)の推進に向けた本市の取組についてでありますが、先月5日に、外務省および内閣地方創生推進室、自民党の衛藤外交調査会長を訪問し、国連ニューヨーク本部で5月に開催されSDGs推進会議の概要を報告してまいりました。特に、議長のアンワルル・K・チャウドリー国連大使参加者の皆様から高い評価を受けました本市の女性活躍に関する取組を中心に紹介し、意見交換を行いました。  

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

このことに関しましては内閣消費者委員会に本年2月まで設置されておりました成年年齢引き下げ対応検討ワーキング・グループで座長を務めておりました法政大学教授の樋口氏は、親の同意なしにクレジットやローン契約ができるようになることが原因の一つであると、このように指摘をしております。

小浜市議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月14日−02号

まず初めに、北陸新幹線早期開業に向けたスケジュールにつきましてでございますが、12月の6日、新聞記事に北陸新幹線敦賀・大阪間の開業前倒しに関西広域連合関西経済同友会、京都大阪は5日、東京建設促進大会を開き、関西の情熱を見ていただきたい、関西が一体となって開く意義を強調するという記事が載っており、西川福井県知事も関西にはパワーがあるので早期に完成すると期待を込めたとありました。  

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

内閣自殺対策白書では、18歳以下の自殺学校の長期休業期間にかけて増加するというふうな傾向も指摘されておりますので、各学校では悩みを抱える児童・生徒の早期発見の取組、通信などを使って保護者に対する家庭での見守りのお願いなどを実施し、冬休みのネットパトロールの集中的な実施なども進める予定をしております。

小浜市議会 2017-06-23 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月23日−03号

市は、北陸新幹線敦賀開業および敦賀大阪間の全線開業を見据えまして、小浜線の高速化による新幹線駅への速達性やダイヤの改正など、円滑な乗り継ぎによる利便性、風雨に強く安全・安心な運行の確保などを強く求めており、市長もことし2月27日にJR西日本金沢支社長に対しまして要望したところでございます。

小浜市議会 2017-06-22 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月22日−02号

北陸新幹線の敦賀以西大阪間の整備ルートにつきましては、皆さんもご存じのように、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームの会合で昨年の12月の20日に敦賀駅から小浜市の東小浜付近、京都駅を経由して新大阪に決定をいたしました。また、今年3月15日には、京都・新大阪間を京田辺市の松井山手付近を経由して敦賀・新大阪間の全ルートが決まったわけでございます。

鯖江市議会 2017-06-13 平成29年 6月第409回定例会−06月13日-03号

主な支援策といたしましては、平成20年度内閣地方の元気再生事業の採択をきっかけに、今も継続して取り組んでおります「めがねのまち鯖江」元気再生事業がございます。これは、産地鯖江の再生をテーマに、つくるだけの産地から、みずからが売れるものをつくって売る産地の実現を目標に、市が事務局となりまして、鯖江商工会議所、それから眼鏡、繊維、漆器の三つの業界団体、この5者が一体となり取り組んでいるものです。

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

地方創生統括監(三上裕介君) 企業版ふるさと納税を活用した本市の取り組みについてのお尋ねでございますけれども、昨年6月に、内閣に対しまして、本市の空き家を活用した都市部の企業とのマッチング事業というものを内容とします、空き家利活用マッチングプロジェクトの地域再生計画を提出させていただきまして、同じく昨年8月に国の認定を受けたところでございます。  

鯖江市議会 2016-06-13 平成28年 6月第405回定例会-06月13日-02号

非常に私どもとしても力強い限りでございまして、何としてもしらさぎ、サンダーバード福井駅までの存続というものを名古屋の方は当然、フリーゲージが議論されておりませんので、これは長期的にもずっと持続していっていかなければなりませんし、サンダーバード大阪までの今、フリーゲージの議論がありますが、これもできるまでは、サンダーバードというものも私どもにとって大変重要な足でございます。

鯖江市議会 2016-03-07 平成28年 3月第404回定例会-03月07日-02号

◆20番(菅原義信君) 通常の委託契約なんだということでありますけれども、実は、これ平成24年1月、そして26年3月に改訂をされておりますけれども、内閣が「地方公共団体の適正な請負委託)事業推進のための手引き」というものを発表しているわけです。この中で、いわゆる各地方公共団体の中においてもこうした委託契約というのは随分広範囲に行われるようになったと。

小浜市議会 2015-12-14 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月14日−03号

昭和48年に、日本国有鉄道日本鉄道建設公団が出しました調査報告書によりますと、福井市付近から当時の米原町付近を経由いたしまして、大阪に至る米原ルートは、延長約210キロメートル。一方、福井市付近から小浜市付近を通り、大阪市に至る小浜ルートは、延長180キロメートルと、距離については小浜ルートのほうが約30キロメートル短く、時間については10分短いとされております。  

小浜市議会 2015-12-11 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月11日−02号

これまでにも、さまざまな所へ要望にも伺ってまいっておりますが、先日7日にはですね、敦賀以西ルートを議論いたします与党の検討委員会で、委員長を務められます京都選出の西田昌司参議院議員を訪ねまして、小浜ルートの優位性を強く訴えまして、意見交換をしてきたところでございます。  小浜ルートは、小浜市の発展はもとより国土の強靭化や日本経済を元気にするための重要な国家プロジェクトでございます。