7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鯖江市議会 2014-09-17 平成26年 9月第397回定例会-09月17日-03号

その中で、堺屋太一氏は、戦後日本が積み上げてきた倫理と体制と制度の塊を抜本的に変えないと、流れを変えることはできないと提言されておりました。  今後、戦後世代の超高齢化社会にあって、東京大学の白波瀬佐和子先生は、人口規模の維持は、全年齢層に課題があると提言をしておられ、非常に共感できる内容でありました。  

敦賀市議会 2010-09-14 2010.09.14 平成22年第3回定例会(第3号) 本文

やはり今後においては、きのうも北條君やらいろんな人口減少の話やらしていましたけれども、「平成三十年」という堺屋太一さんの本があるんです。堺屋さんは、人口減少はこうなって、それにはこういうメリットがありますよ。ほやけども、こういうデメリットもありますよという中にこういうのが出てくるわけです。  

敦賀市議会 2007-09-13 2007.09.13 平成19年第4回定例会(第2号) 本文

この団塊世代の名付け親は、さきの経済企画庁長官で作家の堺屋太一氏であります。堺屋太一氏の著書に、「団塊がまた、時代を変える……。   〔「議長。」の声あり〕 ◯14番(和泉明君) 発言通告の範囲を脱していますので、休憩動議をお願いいたします。 ◯副議長(木下章君) 賛成ございますか。   〔「賛成。」の声あり〕 ◯副議長(木下章君) 暫時休憩いたします。             

敦賀市議会 2006-09-14 2006.09.14 平成18年第4回定例会(第3号) 本文

議会は、市内のまちづくりや歴史研究団体らで構成され、市や港湾担当者らでつくる事務局から行動計画を策定する上で実施するイベント案が説明され、内容としては堺屋太一氏が会長を務めるイベント学会や、ポーランドと敦賀の友好関係を題材としたシンポジウム、またポーランド孤児やユダヤ難民、欧亜国際列車関係資料の展示等、3つのイベントが示されました。  

敦賀市議会 2005-03-14 2005.03.14 平成17年第1回定例会(第3号) 本文

戦後生まれが今まさに、作家の堺屋太一さんが日本の近未来を予測した小説の題名だったが、発刊以来30年ぐらいたった今も息長く使われることも、当時の主人公の役人は心の中で「冬の準備を急がなければならない。」とつぶやくと小説では結んでおります。  今まさに団塊の世代の定年は本格的な高齢化社会の到来を告げる。

  • 1