295件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

懇話会での検討を通じまして、福井しあわせ元気国体駅前PRブース等が実現されております。  今後の取り組みにつきましては、北陸新幹線敦賀開業を見据えた地域活性化に向けた取り組みについて協議するとともに、より効果的な人材確保策について協議を行ってまいりたいと考えております。  

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

また、運動公園陸上競技場改修事業につきましては、国体終了を受けて今後の活用を検討する中で、第3種公認を取得するとともに幅広い活用が可能となる施設とすべく改修工事予算を計上することができました。これも関係者の皆様に御理解と御協力をいただき感謝申し上げます。  さらに、新幹線敦賀開業に向けた施設整備や建設負担金及び並行在来線準備会社への出資金等を予算計上しております。  

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会(第1号) 本文

競技場につきましては、国体終了後の日本陸上競技連盟の公認取得を目指し、改修内容や利活用について競技団体等の関係者と協議、検討を重ねてまいりました。このたび、その方針がまとまったことから今回の補正予算に改修工事費を計上いたしました。  改修後は幅広い利活用が可能となり、多くの方々に愛され利用していただける施設となるよう関係団体と連携して取り組んでまいります。  

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

東京オリンピック体操事前合宿推進事業に係る準備委員会に対する市の負担金として80万円を計上するものであるとの説明があり、これに関して、国体の後、継続して「体操のまち鯖江」をPRしていくことについて、鯖江市の発展に寄与する将来のイメージはあるのかとの質疑があり、東京オリンピックに向けて市民運動を中心に機運を盛り上げていきたいと考えている、ホストタウン計画においても、例えばつつじマラソンと絡めることや相手国

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

50年ぶりの開催となりました福井しあわせ元気国体、障スポ大会では、福井県選手団の活躍で天皇杯、皇后杯を獲得し、多くの県民の皆さま方に感動と勇気を残して閉幕をいたしました。  今後の福井国体を一過性のものとせず、これを契機にスポーツの振興やそれを通じた健康増進といったことを推進していくとしています。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

昨年は、福井元気国体・元気大会が開催され、本市においても自転車ロードレース、相撲、カヌー競技をはじめとした各種競技を開催し、市民や関係団体の皆さまのご協力もいただきながら、本市を訪れた大会関係者や観客の皆さまをおもてなしし、無事に終えることができました。  二つ目、イキイキと暮らすについて申し上げます。  

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

国体のときにもプレ大会からテントにお店を出すということを募集しまして、たくさん出ていただきました。多分、福井県内で一番活性化して出していただいたんじゃないかというふうに思っておりますけれども、そういう中で、外に出て商売するともうかるんだなとか、商売していこうというお店が少しずつふえてきたというふうに感じておりますので、そういう機運を高めながらぜひつなげていきたいというふうに思っております。  

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

昨年の年間観光入り込み客数は、福井しあわせ元気国体・大会の開催や、COCONOアートプレイス、六呂師高原スキーパークの人工ゲレンデなど新しい施設のオープンなどにより、増加要因はあったものの、2月の大雪による国道8号・158号の通行止めや、7月から8月にかけての猛暑、秋の週末のイベント時の台風到来などの影響により、暫定数値ではありますが、約1万6,000人減の約198万8,000人となったところです。

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

福井しあわせ元気国体・障スポでは、トップレベルのアスリートによる数々の熱戦が繰り広げられました。観戦された方々におかれましては、その迫力や感動を間近で体感していただけたことと存じます。  本市といたしましては、この国体開催による機運の高まりを一過性のものとせず、スポーツ振興を一層前進させるため、新年度予算にボールゲームフェスタの開催に係る経費を計上いたしました。

大野市議会 2019-01-28 平成31年  1月 臨時会-01月28日−議案上程、説明、質疑、討論、採決−01号

また、昨年は福井しあわせ元気国体、福井しあわせ元気大会が開催され、本市においては、元気国体で正式競技自転車相撲、カヌーと公開競技のパワーリフティング、元気大会ではバレーボール競技聴覚障害者の部が実施され、全国から大勢の選手が来訪され、熱戦が繰り広げられました。  本市関係の選手も健闘し、福井県天皇杯、皇后杯獲得に貢献されたところです。  

鯖江市議会 2018-12-12 平成30年12月第416回定例会−12月12日-04号

また、しあわせ元気国体・大会の開催に合わせまして、主に体育施設とか文化施設観光宿泊施設等の施設について、改めて整備状況を確認を行いました。その中で車いすテニス競技の会場となった西番スポーツセンターにつきましては、車いす利用者が利用できるトイレの設置を行ったところでございます。 ○副議長(丹尾廣樹君) 石川 修君。

大野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

次に、福井しあわせ元気国体・元気大会について申し上げます。  9月から10月にかけて福井県で開催された同大会は、本市においては、公開競技も含めて五つの競技が行われました。  理事者によりますと、本市での大会の経済効果は把握できていないが、約3億円の予算に対して、約2億5,000万円の決算となる見込みであるとのことであります。  

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

平成30年4月1日付においては、対前年比に対し課の増減なし、室の増減なしとなっており、人事異動のポイントとして、一つ目としては再任用・女性・若手職員の積極的な登用を図っており、二つ目として福井しあわせ元気国体、しあわせ元気大会の成功に向けた事務局体制強化を図っておられます。そこで、お尋ねをいたします。

敦賀市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

また、今年度は国体選手等の利用がございました。石川県ほか5県の選手並びに監督、コーチ延べ555人に利用していただき、11月末現在で昨年1年間の利用者数とほぼ同数となっております。  とりわけ市内の小学5年生のほぼ全児童学校単位で宿泊学習を行い、キャンプファイヤーや野外炊飯等を通じて友達とのきずなを深め、自然に親しむ心を育んでおります。中学生においては、リーダー研修会等での利用を行っております。

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

一方、一月当たりでの超過勤務の最大時間は、国体業務に従事している職員で193時間となっております。  以上でございます。 ◯3番(北川博規君) 今ほどの御答弁の中で、一月当たりの最大時間、これはまた後においておきまして、全体とすると大きな改善がなされているということは数字の上にはあらわれているというのがわかります。

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

まず質問に入ります前に、天皇・皇后両陛下におかれては、9月29日、台風24号が接近する大雨の中、福井しあわせ元気国体、しあわせ元気大会の開会式にご臨席になられました。  福井県は、総合優勝の快挙を成し遂げ、無事閉幕となりましたが、大変印象に残る国体となりました。  今上天皇におかれては、いよいよ新年の一般参賀の後、平成31年の4月でご退位されます。  

大野市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−一般質問−02号

民間の事業者の方、大きなお金を掛けて改修することは難しいかと思いますが、心遣いといいますか、せっかく国体もありました、元気大会もございましたので、実際、障害をお持ちの方とまちなかを見て回って、配慮できるまちというのも、一つ売りとなると思いますが、そういったことについて取り組みいただけるかどうかお聞かせください。 ○議長(山崎利昭君)  民生環境部長、坂井君。

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

まず、9月から10月にかけて開催されました福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会が、選手の皆様の活躍はもとより、関係者の御努力によりすばらしい大会となり、大成功のうちに終了することができました。本市におきましては、国体では体操、新体操、なぎなたが、障スポでは卓球、車いすテニスが行われ、両大会の期間中、選手、監督、大会関係者、観覧者など3万人を超える皆様が本市を訪れました。