運営者 Bitlet 姉妹サービス
514件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 おおい町議会 平成30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−02号 具現を、例えば第2子以降の保育料の無料であるとか、今回の妊産婦の医療費の無償含めてさまざまな取り組みを進めますと、よい取り組みだということで他の市町においても導入される、あるいはまた保育料の件につきましては、国なんかも徐々に追いついてくるというような状況にございます。 もっと読む
2018-09-04 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月04日−03号 最後に,幼児教育・保育無償についてお尋ねさせていただきます。  国は,人生100年時代を見据え,人づくりこそが時代を切り開く原動力であるとして,人づくり革命を掲げ,その柱となる政策が教育の無償であるとしております。 もっと読む
2018-09-01 福井市議会 平成30年 9月定例会-目次 ………………… 70    〇港道商工労働部長…………………………………………………………………… 70    〇水島秀晃君…………………………………………………………………………… 70    〇奥島光晴君     1 青少年の健全育成について…………………………………………………… 71     2 ブロック塀の安全対策について……………………………………………… 72     3 幼児教育・保育 もっと読む
2018-06-21 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−02号 さらに、昨年度はIoT技術を導入し、水温、酸素濃度、塩分濃度のリアルタイムでの把握や、給餌量や給餌のタイミングのデータを可能にし、効率的な飼育方法のマニュアルに向けた取り組みを開始したところでございます。  また、これまで手書きで記入していた作業日報のタブレットも行い、作業の効率に伴うコストの削減も図られていると考えているところでございます。 もっと読む
2018-06-20 福井市議会 平成30年 6月20日 予算特別委員会-06月20日−01号 この方針では、教育無償など人への投資を盛り込むほか、高齢者雇用を促す方針などが明記されました。また、地方の安定的な財政運営に必要な財源を確保するため、今後3年間を基盤強化期間と位置づけ、地方税や地方交付税など地方自治体が自由に使える一般財源の総額について、昨年度の地方財政計画の水準を確保するものとなっております。 もっと読む
2018-03-22 福井市議会 平成30年 3月定例会-03月22日−05号 まず,第45号議案 財産の無償貸付けについて(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡博物館(仮称)用地)について委員から,土地を無償で貸し付ける理由について問いがあり,理事者から,一乗谷朝倉氏遺跡は,福井市観光振興計画において別格の観光地と位置づけており,遺跡の魅力向上により観光誘客を図ることは本市の政策でもあることから,無償にすることで県の博物館整備に協力していきたいとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-16 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会−03月16日-04号 次に、議案第16号 鯖江市長の選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関する条例の一部改正について、議案第17号 鯖江市印鑑条例等の一部改正等について、議案第20号 企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性に関する法律に基づく市税条例の特例に関する条例の一部改正について、議案第30号 福井県市町総合事務組合規約の変更および財産処分について、議案第31号 財産の無償貸付について、議案第 もっと読む
2018-03-15 福井市議会 平成30年 3月15日 予算特別委員会-03月15日−01号 この中で、人づくり革命に関する2兆円に上る施策として、3歳から5歳児の幼稚園、保育園等の無償に8,000億円規模、低所得世帯対象の0歳から2歳児の保育無償に100億円規模、待機児童対策に3,000億円規模、低所得世帯対象の大学の無償に7,000億円から8,000億円規模などが主なものとして盛り込まれている次第であります。   もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.09 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 杉原千畝氏の人道的な行為がつないだ命のバトンとともに、この敦賀市民の無償の愛は道徳の教材として最適な一例であり、生きた教材だと思います。この教育委員会と各小中学校の取り組みが児童生徒、保護者、家族にまで広がり、敦賀市に愛着と誇りを持ち、一人でも多く将来の敦賀を担う子供たちにつながることを大いに期待しております。  以上で私の一般質問を終わります。  ありがとうございました。 もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.07 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 構想が目指すべきところは、産業構造の強化、複軸、エネルギーの多元でありまして、原子力発電を基軸に据えると先ほど答弁しましたように、その根底には原子力発電との共存共栄があります。  そのため、あくまで構想は、原子力発電を産業、エネルギー政策両面の基軸としつつもその複軸や多元を目指すというものでございます。 もっと読む
2018-03-01 福井市議会 平成30年 3月 1日 総務委員会-03月01日−01号 当初は、無償で貸し付けてもらえないかとか、いろいろな交渉をずっと県としてまいりました。いろいろ検討をしていく中で、この施設が平成5年築で二十数年たっていることから、今後施設や設備等の入れかえや改修に最もコストが見込まれるということです。これらのコストを計算した結果、借り受けて、たな子のような形で活用させてもらったほうが経済的でいいのではないかということで、今回、このようにしております。   もっと読む
2018-02-28 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月28日−04号 少子・高齢や女性の社会進出に伴い,介護と保育のニーズは年々高まっています。しかし,少ない給料や待遇がよくないとの社会全体からの声から,給料アップに向けて国が打ち出した制度が処遇改善加算です。介護職員と保育士,それぞれで加算の形は違っていますが,どちらの処遇改善加算も届け出を行った事業所の職員に加算される仕組みです。全国的には加算の届け出をしない,またはできない事業所もあるようです。 もっと読む
2018-02-23 小浜市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月23日−02号 主な事業といたしましては、本市で本年秋に開催されます国体の正式競技4種目、デモンストレーションスポーツの競技運営や、国体総合開会式で点火いたします炬火台をつくるイベント、郷土料理の無償提供を行います福井しあわせ元気国体開催事業に2億6,695万4,000円。 もっと読む
2018-02-21 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-02月21日-01号   │  〃  │ ├─────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │ 第30号 │福井県市町総合事務組合規約の変更および財産処分│   〃   │  〃  │ │     │について                   │      │    │ ├─────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │ 第31号 │財産の無償貸付 もっと読む
2018-02-19 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月19日−01号  日程42 第39号議案 福井市消防手数料条例の一部改正について  日程43 第40号議案 福井市水道給水条例の一部改正について  日程44 第41号議案 福井市公民館設置に関する条例の一部改正について  日程45 第42号議案 福井市少年自然の家の設置及び管理に関する条例の一部改正について  日程46 第43号議案 福井市監査委員に関する条例の一部改正について  日程47 第44号議案 財産の無償貸付 もっと読む
2018-02-13 福井市議会 平成30年 2月13日 議員全員協議会-02月13日−01号 国の平成30年度予算案は、これまでの歳出改革の取り組みを強化しつつ、人づくり革命や生産性革命を最重点した経済再生と財政健全を両立する予算とされています。  重点施策として、保育の受け皿の拡充、幼児教育の段階的無償など人への投資の拡充や、地域企業による設備・人材への投資促進など、生産性向上のための施策の推進などが示されています。   もっと読む
2017-12-14 小浜市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月14日−02号 施設の統廃合につきましては、本市におきましては施設の新規整備や大規模改修のとき、単体での整備は行わず、公共施設の複合や集約、広域などを基本としております。   もっと読む
2017-12-12 敦賀市議会 2017.12.19 平成29年第4回定例会(第5号) 本文 また、具体的にどのように半個室を進めていくのかとの問いがあり、多目的室は、交流施設であることから、あえて密閉したつくりにしていない点や費用負担も含めて、今後、半個室するかどうかについては指定管理者と協議しながら決めていきたいと思うとの回答がありました。  敦賀駅前広場の指定管理料は幾らで提示があったのかとの問いがあり、指定管理料については736万2000円であるとの回答がありました。   もっと読む
2017-12-12 鯖江市議会 平成29年12月第412回定例会−12月12日-03号 国は3歳児から5歳児の無償を打ち出しましたが、ゼロ歳から2歳児に関しては低所得者に対しての無償を検討しています。私はまず子供を産んでいただくためには何が必要か、負担がかからない程度に育てていただくことに対して質問をさせていただきます。   もっと読む
2017-12-12 敦賀市議会 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 そして、その設立に当たっては、用地の無償提供による支援や篤志家からの寄附を受けるなど、市と県、公と私が相互に協力し、昭和61年に敦賀気比高等学校は開学に至ったものと認識しております。  以上でございます。 もっと読む