361件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

自転車活用推進法が2年前に制定され、2018年には自転車交通の役割拡大による良好な都市環境の形成、また、サイクルスポーツの振興等による活力ある健康長寿社会の実現、サイクルツーリズムの推進による観光立国の実現、自転車事故のない安全で安心な社会の実現を目標とした自転車活用推進計画も閣議決定をされております。  

鯖江市議会 2019-05-20 令和 元年 6月第418回定例会-05月20日-01号

公共交通・まちづくり特別委員会ならびに議会等改革推進特別委員会は6月6日に開催をし、公共施設使用料改定特別委員会は6月7日に開催することといたします。そして6月10日を最終日として本会議を開き、委員会における審査結果の報告を行い、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

そして、その中で、新幹線では安全・安定走行を確認して、在来線での急曲線部での目標速度を高める必要があると、こういった判断がされたのが平成22年9月でありました。その後、平成23年10月にて、在来線での急曲線部での安全・安定走行を確認したと。その後は、車両の軽量化と摩耗検査等を行っていったということでございます。  

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

次の質問は、北陸新幹線コミュニティバスなどの総合交通に関する業務を担当するため、新たに交通まちづくり課を設置するとのことでありますけれども、並行在来線運営会社の設立への準備作業などの業務を進める中、コミバスや福武線などとの連携、そして福井駅までの特急存続など、取組業務は山積しております。

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

次に、特急存続運動をめぐる情勢でありますが、今月6日に、議長を初めとする市議会議員の皆様や区長会連合会、鯖江商工会議所、鯖江公共交通振興会の皆様とともに、国土交通省および地元選出国会議員に対し、福井駅までの特急サンダーバードの存続が実現するよう要望活動を行いました。  国の回答に進展はなく、今後は、全県的な要望活動につなげていくことが、何としても必要との認識を新たにしました。

鯖江市議会 2018-12-12 平成30年12月第416回定例会−12月12日-04号

また、広域観光医療連携、公共交通などに関する取組に対しましても連携するというものでございます。 ○副議長(丹尾廣樹君) 菅原義信君。 ◆20番(菅原義信君) これは後でビジョンのところで触れたいとは思うわけですけれども、つまり、結局は福井市という中心都市があって、1対1、対等・平等の関係ではなくなってしまうんではないかと。

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

道路管理者は、道路を常時良好な状態に保つように維持し、修繕し、もって一般交通に支障を及ぼさないように努めなければならない。」また、除雪は安全で円滑な冬期交通の確保を図り、大規模な通行止めが生じないよう、また、一定程度の旅行速度が保たれるようにという意味で行われております。

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

────────────────────────┤ │    16日│ 日 │  〃                      │ ├───────┼──┼─────────────────────────┤ │    17日│ 月 │ 議会報告会運営委員会              │ ├───────┼──┼─────────────────────────┤ │    18日│ 火 │ 公共交通

鯖江市議会 2018-09-21 平成30年 9月第415回定例会−09月21日-04号

次に、教育費の小学校施設維持補修費について、ブロック塀等点検結果により不適合となった市内4カ所の小学校ブロック塀、または石やレンガを積み上げたものによる組積造のうち、3カ所について石積み擁壁の安全確認や内部鉄筋量の調査に必要な委託料、工事請負費の費用を計上するものであるとの説明がありました。

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

昨年5月後期高齢者医療保険者証の個人情報を含む文書の誤発送、公共施設の借地料の誤り、小規模事業者経営改善資金に係る利子補給に関する審査の不備、そして本年に入ると固定資産税課税の誤り、そして過失運転致傷・道路交通法違反、そして地域の積立金の横領、さらに消火栓を破壊する事故を起こした安全運転義務違反、事故不申告により当該職員さんが逮捕、当該の本人は略式起訴され、市は懲戒免職処分を科したところであります

鯖江市議会 2018-06-22 平成30年 6月第414回定例会−06月22日-04号

総務費の持続可能な地域推進事業費について、この事業はシェアリングエコノミーを活用して、地域社会が抱える課題の解決や新たな生活産業の立ち上げによる地域経済活性化に向けたモデル事業を国が地方自治体委託・支援するものとの説明であるが、鯖江としてどのような方向性のものを、また、具体的にどのようなものを行っていくのかとの質疑があり、これに対し、今回、この国の事業に15の自治体が採択を受けており、二次交通網の

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

政策経営部長(中嶋誠一君) 具体的にどのような協力をしたのかとのお尋ねでございますけれども、このライブの開催に当たりましては、主催者から事前に公共交通機関を利用してほしい旨の告知はされておりましたけれども、約6,000枚のチケットが完売であったことなどから、会場周辺の道路渋滞、また駐車場の不足などが懸念されました。

鯖江市議会 2018-05-28 平成30年 6月第414回定例会-05月28日-01号

初めに、先月18日に発生しました職員による過失運転致傷・道路交通法違反事案につきましては、被害者本人ならびにその御家族に対し、心からお見舞いを申し上げますとともに、市民の皆様に深くおわびを申し上げます。今後、捜査当局の判断が決定次第、速やかに人事考査委員会を開催し、適正な対応を行ってまいります。

鯖江市議会 2018-03-16 平成30年 3月第413回定例会−03月16日-04号

その中で、北陸本線の三セク化と福井鉄道を一体的に議論することで経営が改善する可能性、また、えちぜん鉄道も一体的に連携することで、嶺北地方公共交通機関ネットワークを維持していくという大きな議論の中で、5年間という区切りをしたものである。そして、次期スキームにおいて国と県は設備更新の支援を行い、鯖江市を含む沿線3市は維持修繕の支援を行うものであるとの答弁がありました。