242件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

理事の説明では、平成31年度までを計画期間とした大野市子ども・子育て支援事業計画が現在、策定されていますが、平成32年度から5カ年を計画期間とする新たな計画を策定し、その中で教育、保育の量、子ども・子育て支援事業見込みと提供体制などを定めるとのことであります。  これについて委員から、計画策定までのおおまかなスケジュールについてや、会議の委員構成に関する質問が出されました。  

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

また、提案理由の中の「児童生徒のよりよい学習環境の向上」とあるが、具体的な内容はとの問いに対し、これまで以上の小中一貫教育の推進を図ることや、今よりもよい設備の中で教育を受けることであるとの回答がありました。  その後、討論はなく、採決の結果、全会一致で原案どおり認めるべきものと決定しました。  

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

○議長(梅林厚子君)  教育委員会事務局長、山田さん。 ◎教育委員会事務局長(山田靖子君)  廣瀬議員のご質問にお答えします。  今、手元に資料がないので、はっきりと申し上げられませんけれども、設置要綱がありまして、そこでは学識経験であるとか、PTAの保護代表であるとか、校長先生などが委員として構成されていたと思っております。 ○議長(梅林厚子君)  教育委員会事務局長、山田さん。

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

一方で、平成23年4月に施行されました公文書管理法におきまして、歴史的事実の記録であります公文書といいますのは、議員さんおっしゃいましたように健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源としまして、主権である国民が主体的に利用し得るものと定められております。  

大野市議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会-目次

○ 大野らしい特色ある保育、教育環境の整備に対する思いは。 ○ ライフステージに応じた健康のまちづくりとは、具体的にどのようなものか。 ○ 国保連へのレセプトデータを疾病予防、健康づくり、保険事業財政の健全化にどの  ように活用するのか。4 底力をつける!農林業の活性化と産業の成長戦略について ○ 生産の高齢化が進む中、園芸作物の生産振興や有害鳥獣対策をどのように進める  のか。 

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

教育審議官(鈴木和欣君) 中学校での授業でSDGsについて学ぶ機会をということでのお尋ねでございますが、中学校社会科公民分野で学習する4つの内容、1つ、私たちと現代社会、2つ、私たちと経済、3つ、私たちと政治、4つ、私たちと国際社会の諸問題、あるいは公民分野の目標であります「(3)国際的な相互依存関係の深まりの中で、世界平和の実現と人類の福祉の増大のために、各国が相互に主権を尊重し、各国民が協力し

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

具体的には、プレミアム付き商品券の発行、キャッシュレス決済時のポイント還元、自動車・住宅購入への税予算措置、個人番号カードへのプレミアムポイント、防災、減災及び国土強靭(きょうじん)化対策、商店街の活性化、幼児教育の無償化や年金生活支援、飲食料品などへの軽減税率制度、増税時の柔軟な値上げを促す指針策定の9項目を挙げております。  

大野市議会 2018-07-24 平成30年  7月 定例会-07月24日−一般質問−03号

ポイントから7ポイント少ないという状況を踏まえ、また先ほど兼井議員も質問されていた大野へかえろう事業ですとか、結の故郷の奨励金の事業ですとか、またはたらく若者応援事業というのは、高校生を、高校卒業した方たちに対して大野に帰ってきていただきたいという思いの中でやっている事業というのが、この期間の中に含まれているにもかかわらず、ポイントが下がってしまったという部分を踏まえまして、選挙結果及び若者たちの主権

大野市議会 2018-07-23 平成30年  7月 定例会-07月23日−一般質問−02号

○議長(山崎利昭君)  梅林君の質問に対する理事の答弁を求めます。  市長、石山君。  (市長 石山志保君 答弁席へ移動) ◎市長(石山志保君)  梅林議員ご質問の学校再編計画見直しについてお答えします。  大野市小中学校再編計画については、平成29年1月に教育委員会において策定されています。  

大野市議会 2018-07-01 平成30年  7月 定例会-目次

○ 岡田市政による「大野市小中学校再編計画」は教育委員会で見直すように伝えると  所信表明で述べられているが、なぜ見直さなければならないと考えたのか。計画のど  こに問題があったとお考えかを具体的に聞きたい。 

大野市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会-03月05日−代表質問、一般質問−02号

その後、さらに少子化が進行したことで、より多くの多様な個性と個性による磨き合い、高め合う人間力を育てる教育の実践のため、教育環境の充実を最優先課題と位置付け、平成25年から計画を見直すこととし、各地区及び保護の方々に延べ90回の説明会の開催や、パブリックコメントの実施など、約3年半をかけ、平成29年1月に大野市小中学校再編計画が策定されております。  

敦賀市議会 2017-06-13 2017.06.13 平成29年第2回定例会(第2号) 本文

◯1番(今大地晴美君) 先ほどの答弁にもありましたけれども、ブックスタート、そこに来れない保護の方がいる。それから教育フォーラムやPTAや学校の保護会、いろんなものに出てこれない保護の方がいる。そういった保護の方は切り捨てられるんですか。  ずっと昔から何度も私言っているんですよね。

大野市議会 2017-03-07 平成29年  3月 定例会-03月07日−一般質問−03号

教育の目的は、教育基本法において「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成として、必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない」と規定されていることを考えますと、再編計画は、将来を見据えた中長期的な計画でなければならないと認識しております。  

大野市議会 2016-09-13 平成28年  9月 定例会-09月13日−一般質問−03号

訴訟の恐れがあるだけでも、国の政策の自由度が失われ、国の主権が失われる重大性を持っています。  2015年10月5日、TPP交渉は大筋合意に達したと言われていますが、本当の合意ではなく、各国が都合よく読める玉虫色の文書は、何と1,600㌻に及び、英語、フランス語、スペイン語で、インターネットに全文公開されましたが、日本語の正文は作られず、公開されていないとのことです。  

大野市議会 2016-09-12 平成28年  9月 定例会-09月12日−一般質問−02号

今回の結果についてのお考えと、若者たちの主権としての自覚、そして政治への関わり方について、どのように考えているのかをお伺いします。  2項目目として、若いときに選挙に行かなかった世代は、その後の投票率も低迷すると言われております。  今後の対策についてお伺いをいたします。 ○議長(髙岡和行君)  廣田君の2項目目の質問に対する理事の答弁を求めます。  選挙管理委員会書記長、前田君。  

大野市議会 2016-06-06 平成28年  6月 定例会-06月06日−一般質問−02号

私は、3月議会における質問及び理事との討論で、次のことを明らかにいたしました。  学校再編の理由として掲げられている少人数学級、学校の問題点について、根拠がなく、教育条件整備を担う教育行政の努力と教職員の教育実践で克服できるものであるということです。  あらためて簡潔に申し述べたいと思います。  

大野市議会 2016-03-18 平成28年  3月 定例会-03月18日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

職・氏名   市   長  岡 田  高 大 君    副 市 長  下 河  育 太  君   教 育 長  松 田  公 二 君    企 画 総務  田 中  雄一郎  君                        部   長   民 生 環境  齊 藤  嘉 代 君    産 経 建設  朝 日  俊 雄  君   部   長                部   長   教育委員会  

大野市議会 2016-03-09 平成28年  3月 定例会-03月09日−一般質問−04号

教育行政の第一義的な責任が、教育委員長と教育長を一本化した「新教育長」であることや、首長の任命責任が明確化されることなどにより、これまでと何がどのように変わるのか、教師や学校、教育委員会の過剰な管理強化にならないのか、子どもの権利や自由がどのように保証されるのかなど、目が離せません。  そこで、今回、示された大綱案の主旨、大綱の位置付け。  子ども・子育て支援事業計画との整合性。