91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

学校独自で児童・生徒、教職員、関係防災備品の備蓄はどのように今なっているのかお聞かせください。 ○議長(佐々木勝久君) 辻川教育長。 ◎教育長(辻川哲也君) 災害時における学校独自の備蓄があるのかというふうなお尋ねでございます。今現在、学校では学校が特に災害に備えて独自で備蓄しているという物はないというのが現状でございます。

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

教育審議官(鈴木和欣君) 中学校での授業でSDGsについて学ぶ機会をということでのお尋ねでございますが、中学校社会科公民分野で学習する4つの内容、1つ、私たちと現代社会、2つ、私たちと経済、3つ、私たちと政治、4つ、私たちと国際社会の諸問題、あるいは公民分野の目標であります「(3)国際的な相互依存関係の深まりの中で、世界平和の実現と人類の福祉の増大のために、各国が相互に主権を尊重し、各国民協力

鯖江市議会 2015-03-11 平成27年 3月第399回定例会−03月11日-04号

あと、これからの問題点でしょうけど、少年法と成人法の関係で20歳の成人の枠組みといいますか、そういう年齢の統一といいますか、そういった問題と、あとは教育問題ですかね。選挙権主権たる選挙権行使に対する教育の問題もありますし、憲法改正の議論とずっと一緒に並行してきたものですから、若干拙速な感じはします。もう少し今国会で十分議論をしていただいて、いい方向に持っていっていただけたらと思います。

鯖江市議会 2015-03-10 平成27年 3月第399回定例会−03月10日-03号

次に、公選法改正に伴う、小中学校主権教育の充実についてお伺いをいたします。  選挙権年齢を18歳以上に引き下げる公選法改正案が、今国会成立する見通しとなりました。選挙権年齢引き下げ後、初めての国政選挙となる見通しの参議院選挙が実施される16年7月には、約240万人が新たな有権者に加わることになります。

鯖江市議会 2014-06-12 平成26年 6月第396回定例会−06月12日-02号

東 井 忠 義                  教育委員会事務部長    友 永 英 宣                  監査委員事務局長     三田村 節 子    …………………………………………………………………………………………    〇説明補助として出席したもの                  政策経営部次長      田 中 一 男                  都市整備部次長

鯖江市議会 2013-12-20 平成25年12月第394回定例会−12月20日-04号

議長(末本幸夫君) 次に、教育民生委員会に付託いたしました請願2件について、委員長から委員会の審査結果について報告を求めます。  教育民生委員長 福原敏弘君。            〇教育民生委員長(福原敏弘君)登壇 ◎教育民生委員長(福原敏弘君) 教育民生委員会に付託を受けました請願2件について、12月13日に行いました審査の主な概要および結果について御報告申し上げます。  

鯖江市議会 2013-12-10 平成25年12月第394回定例会−12月10日-03号

国の方では、大規模校の管理職の現状に対処すべく以前より教頭複数制などを制定し、機能強化が図れるようにしておりますけれども、ぜひ、鯖江の教育委員会としましても、県の教育委員会へと求めていっていただきたいと思いますけれども、いかがでしょうか、お伺いします。 ○議長(末本幸夫君) 辻川教育長。

鯖江市議会 2013-08-28 平成25年 9月第393回定例会−08月28日-01号

また今日、地域主権地方分権改革によって自治体の自己決定、自己責任の範囲が拡大をされ、当然のことながら議会の役割も拡大をいたしております。つまり、これまで以上に行政監視能力を高め、政策立案能力の向上を図っていかなければなりません。そういう意味合いからも、第5章では、議会の機能強化をまとめさせていただいております。  第14条では、議員間の自由闊達な討議・討論を深めることとうたっております。

鯖江市議会 2013-06-20 平成25年 6月第391回定例会−06月20日-04号

議長(平岡忠昭君) 次に、教育民生委員長の報告を求めます。  教育民生委員長 帰山明朗君。            〇教育民生委員長(帰山明朗君)登壇 ◎教育民生委員長(帰山明朗君) 教育民生委員会に付託を受けました請願1件につきまして、6月13日に行いました審査の主な概要、そして結果について御報告を申し上げます。  

鯖江市議会 2013-03-22 平成25年 3月第390回定例会−03月22日-04号

議長(平岡忠昭君) 次に、教育民生委員長の報告を求めます。  教育民生委員長 帰山明朗君。            〇教育民生委員長(帰山明朗君)登壇 ◎教育民生委員長(帰山明朗君) 教育民生委員会に付託を受けました議案10件につきまして、3月14、15日の2日間にわたって行いました審査の主な概要、そして結果について、御報告を申し上げます。  

鯖江市議会 2012-06-11 平成24年 6月第387回定例会−06月11日-02号

これが、民主党政権が当初誕生した当時に、1丁目1番地としていた地域主権改革の言葉でありました。鯖江の市民主役条例も、まさに鯖江のことは、そこに住む市民の人が決めるんだ。行政は、その舞台を支える黒子である。そういった言葉を、たしか牧野市長は、市民主役条例をつくったときにおっしゃられたと思います。

鯖江市議会 2012-05-30 平成24年 6月第387回定例会−05月30日-01号

─────┼────┤ │ 第35号 │専決処分承認を求めることについて(平成23年│ 教育民生 │ 承 認 │ │     │度鯖江市後期高齢医療特別会計補正予算(第2 │     │    │ │     │号))                    │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第36号 │専決処分承認