31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鯖江市議会 2018-06-11 平成30年 6月第414回定例会−06月11日-02号

当時の三上地方創生統括監が、本市におきましても、公共施設老朽化対策というものは大きな課題であると。現有する施設を今後も中長期的に活用していくためには、施設長寿命化というものが必要であり、大規模改修施設機器の更新など、今後多額の費用が見込まれ、財政的にも大変厳しいものと認識しております。

鯖江市議会 2017-06-23 平成29年 6月第409回定例会−06月23日-04号

ここで、統括理事三上裕介君から発言を求められておりますので、これを許可します。  統括理事三上裕介君。            〇統括理事三上裕介君)登壇 ◎統括理事三上裕介君) 議長にお許しをいただきましたので、一言御礼を申し上げさせていただきます。  私は、平成27年7月に、地方創生人材支援制度におきまして鯖江市に赴任いたしました。

鯖江市議会 2017-06-13 平成29年 6月第409回定例会−06月13日-03号

○副議長林太樹君) 三上統括理事。 ◎統括理事三上裕介君) 帰山明朗議員の御質問にお答えいたします。  日本における地方創生をめぐる現状認識についてのお尋ねでございますが、地方創生とは、少子高齢化に歯どめをかけ、地域人口減少地域経済の縮小を克服し、将来にわたって成長力を確保することを目的とする取組でございます。

越前市議会 2016-12-06 12月07日-04号

講師鯖江市が国から受け入れた三上地方創生総括監で、国の動きがよくわかる内容の講演でありました。人材活用面から、越前市として先を越されたような思いがしましたというのが本当のところであります。そのことが鯖江市に直接にプラスになる効果と、効果があらわれるとかどうかは不透明ですが、少なくとも情勢分析や国の動向を知る上では大きな役割を果たすことだけは間違いないというふうに感じた次第であります。

越前市議会 2016-11-29 11月29日-01号

││     (研修事項) 講  演 演題 「国の地方創生の考え方」         ││                 講師 鯖江地方創生統括監 三上 裕介 氏   ││  7 福井市議会議長会事務局長会                       ││     平成28年11月17日(木)福井市において開催された。         

鯖江市議会 2016-09-05 平成28年 9月第406回定例会−09月05日-02号

議長小竹法夫君) 三上地方創生統括監。 ◎地方創生統括監三上裕介君) KPIについてどのように捉えているかとのお尋ねでございますけれども、まず、昨年度中にほぼ全ての地方自治体で、いわゆる地方版総合戦略を策定しておりまして、その総合戦略の推進に当たっては、国の方から定期的にKPI数値目標進捗状況を把握し、検証するという、いわゆるPDCAサイクルを確立するということが求められております。

鯖江市議会 2016-06-14 平成28年 6月第405回定例会−06月14日-03号

○副議長(帰山明朗君) 三上地方創生統括監。 ◎地方創生統括監三上裕介君) 福原議員の御質問にお答えいたします。市の公式ホームページの多言語化対応についてのお尋ねでございますが、現行のホームページでは、一部は英語による市の紹介ページはございますが、ほとんどが日本語表記となっておりますので、外国語対応ができていないというのが現状でございます。

鯖江市議会 2015-12-08 平成27年12月第403回定例会−12月08日-03号

議長(末本幸夫君) 三上地方創生統括監。 ◎地方創生統括監三上裕介君) UターンやIターンなどの定住化施策についてどう考えているかというお尋ねがございました。  本市では、先ほど、議員、御指摘の人口ビジョンの中では、将来的には、若者世代社会減で推移するという見通しになっております。

  • 1
  • 2