67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-01-08 2019.01.08 平成31年第1回臨時会(第1号) 本文

ことし開港120年、北陸新幹線まで4年、大阪万博まで6年。敦賀市の将来の発展のためには、目の前だけでなく100年先を俯瞰したグランドデザインの中での取り組みが必要だと思います。今後この新ムゼウムプロジェクトをきっかけとした全庁挙げての取り組みに期待したいというふうに思います。  

敦賀市議会 2018-12-18 2018.12.18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文

加えて大阪万博の建設もいろいろとかかわってきます。  こういう中で、人材不足、鋼材不足、それから生コンなどの不足。そういったことが確実に予測されております。こういう建設及びそういう工事がラッシュの際、セメントが不足し、生コンクリートが不足する。そういったときに起こるのが、やはり不慮の事故であったり資材の足らないところによる工期の延長が起こります。  

敦賀市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文

さらにつけ加えますと、イベント開催や周辺観光地、そしてクルーズ客船の寄港時の連携を初め、外的要因といたしまして2020年の東京オリンピック開催、そして2023年の北陸新幹線敦賀開業、そして先般開催が決まりました2025年の大阪万博などの効果を活用いたしまして誘客に努めるとともに、できるだけコスト増にならないように努力してまいりたいと考えているところです。  以上です。

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

全国レベルでは、今ほどの消費税の話もございましたが、2020年の東京オリンピック、さらには2025年の大阪万博が予定されております。その前に北陸新幹線の敦賀開業というのも控えておりますので、外国人、またお客様、都会のお客様という言い方は適当かどうかわかりませんが、そういった方に対しましてキャッシュレスというのは非常に有効であると考えております。  

小浜市議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月12日−02号

以降、食のまちづくり条例に示されました歴史と伝統を誇る食により持続可能な食のまちづくりを創造して展開していくというその理念、それからそういう精神に基づき進めてまいりました取り組みというのは、御食国若狭と鯖街道という日本遺産の認定や、ミラノ万博への出展など着実に成果を見せているというふうに考えております。  

小浜市議会 2016-12-14 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号

昨年のミラノ万博出展は、本市の食育事業や若狭塗箸をはじめとした食資源の魅力を再認識しますとともに、そのブランド力を高める機会となりました。以降、各省庁やメディア、自治体から食育や食文化については、まず小浜との認識が一層高まり、内閣府が出版する食育白書や農林水産省のパンフレットに、本市の食育事業が掲載されました。  

大野市議会 2016-03-09 平成28年  3月 定例会-03月09日−一般質問−04号

一方、国外におきましては、7月にフランスのパリで開催されましたジャパンエキスポ、そして10月にはイタリアのミラノ万博において、大野の水を提供するとともに、大野市を紹介し、PRを図ったところであります。  12月には人口減少対策会議の委員の方々に、本プロジェクトについてご説明し、主旨を理解いただくとともに、今後のプロジェクトの進め方についてご意見をいただいたところであります。  

小浜市議会 2015-09-10 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月10日−03号

本日の質問は、ミラノ万博の成果を今後のまちづくりにどのように生かしていくかということと、近年異常気象で心配される自然災害などの防災対策についてお尋ねします。  まず、ミラノ万博ですが、今回メインテーマが「地球に食料を、生命にエネルギーを」となっており、幾つかあるサブテーマに食育と食文化が入っておりました。

小浜市議会 2015-09-09 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月09日−02号

◆8番(今井伸治君) 市長におかれましては、ミラノ万博で先陣切ってのトップセールス、ご苦労さんでございました。  新聞でも連日特集記事扱いで、県民にもよいアピールになったと思います。今からが大事だと思います。  所信表明や広報おばまでも載っておりましたが、今一度、手応えと今後の方策をお聞かせください。 ○議長(垣本正直君) 市長、松崎晃治君。 ◎市長(松崎晃治君) お答えいたします。  

小浜市議会 2014-12-19 平成26年 12月 定例会(第5回)-12月19日−04号

産業教育分科会関係では、歳出、第7款商工費、第1項商工費、第2目商工業振興費、若狭塗箸発信事業(ミラノ万博日本館提供)261万8,000円について、委員から、日本館に提供される箸に若狭おばまのPR等入れられないのかとの質疑があり、これに対して、理事者からは、提供する箸については、デザインや規格などは提供先の業者の意向で決定されており、箸そのものにはPR等は施せないため、提供先での別のアイテム、例えば

小浜市議会 2014-12-11 平成26年 12月 定例会(第5回)-12月11日−02号

舞鶴若狭自動車道が全線開通し、今後も京都縦貫自動車道の開通や北陸新幹線の金沢開業による高速交通網のさらなる充実、ミラノ万博への出展、福井国体の開催など機会を逃さず、あらゆる手段により情報発信に努めてまいりたいと考えております。  よろしくお願いします。 ○副議長(三木尚君) 13番、風呂繁昭君。

鯖江市議会 2014-12-08 平成26年12月第398回定例会−12月08日-02号

産地の連携という観点でございますけども、丹南の地域は、越前漆器を初めといたしまして、今ほどの打刃物、和紙、それから焼き物、たんすと五つの伝統的工芸品の集積地ということで、非常にまれな地域となっておりますので、県の方も、越前ものづくりの里プロジェクト協議会というものを発足させまして、そういった事業の効果的な活用によりまして、今後、産業観光においても相互の連携を図りたいと思っておりますし、来年度、ミラノ万博

小浜市議会 2014-09-12 平成26年  9月 定例会(第4回)-09月12日−03号

今後も、京都縦貫自動車道の開通によります高速交通網のさらなる充実もありますし、ミラノ万博への出展、それから福井国体の開催など、舞鶴若狭自動車道の開通効果が生かせる行事が続きますことから、この受け皿として小浜市の観光もてなし基盤づくりを積極的に推進してまいりたいと思っているところでございます。 ○議長(垣本正直君) 6番、松崎圭一郎君。 ◆6番(松崎圭一郎君) ありがとうございました。

敦賀市議会 2013-03-13 2013.03.13 平成25年第1回定例会(第4号) 本文

大阪万博の頃から一貫して国策を、そして都会の皆さんの生活を支えてきた私たちは、一体これからどうすればいいのですか。規制委員会の言っている科学的根拠もよくわからない。これはまるで弱いものいじめのようでもあり、スケープゴートにされてしまうのではないか」。  同様の混乱と嘆きは、青森県の東北電力の東通原発でも起こっている。不要な混乱を社会に引き起こしているのだ。そしてその判断は恣意的だ。  

鯖江市議会 2008-09-03 平成20年 9月第369回定例会−09月03日-03号

このハピーは、2005年の愛知万博で開催された地域通貨サミットに参加した実績もありまして、さきに述べたように、市内の環境保全活動やボランティア活動について市民に親しまれ、市内162店舗のお店で買い物にも利用できるようになっておりますけれども、実際に利用されている市民の方からは、この地域通貨が市の施設でも利用できるといいなとの声も多く聞かれております。