200件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

東京オリンピック体操事前合宿推進事業に係る準備委員会に対する市の負担金として80万円を計上するものであるとの説明があり、これに関して、国体の後、継続して「体操のまち鯖江」をPRしていくことについて、鯖江市の発展に寄与する将来のイメージはあるのかとの質疑があり、東京オリンピックに向けて市民運動を中心に機運を盛り上げていきたいと考えている、ホストタウン計画においても、例えばつつじマラソンと絡めることや相手国

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

東京オリンピックに向けて、インバウンド時代が訪れることは必至です。  それに向けて、行政主導で先んじて手を打つことが必要です。  大野市には、奥越の小京都にふさわしい歴史的な財産があります。  中心市街地から自然豊かな山々が見えます。  おいしい水や食材もあります。  酒、味噌、醤油和菓子ソバなどの日本食の商業産業伝統もまだ受け継がれ、残っています。  

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

都市整備部長(鳥羽学君) 改正バリアフリー法の概要でございますが、平成30年5月に公布されまして、これにつきましては2020年に東京オリンピックパラリンピックが開催されることから、全ての国民が共生する社会の実現を目指し、高齢者障害者なども含めた一億総活躍社会の実現に向け取り組んでいくこととしており、その概要といたしましては大きく4つのことが示されております。  

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

提案理由でも申し上げたんですが、1年ちょっとでオリンピックですね。その4年後に新幹線敦賀開業と、冠山峠道路が開通します。6年後に大阪万博があって、8年後にリニアの名古屋開通です。その期間、まさに変革の時代を迎えるんです。一方で近隣の市を見ますと、福井市新幹線が通る、市街地再開発は進んでいる、いろいろな事業展開をやっています。お隣の越前市もそうです。

敦賀市議会 2018-12-18 2018.12.18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文

現在、リニアを含めて新幹線工事、それからオリンピックがもう間近です。加えて大阪万博の建設もいろいろとかかわってきます。  こういう中で、人材不足、鋼材不足、それから生コンなどの不足。そういったことが確実に予測されております。こういう建設及びそういう工事ラッシュの際、セメントが不足し、生コンクリートが不足する。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

特に2年後にはオリンピックもございますし、4年半後には冠山峠道路も完成します。あるいはまた、敦賀駅までの新幹線開業も整備されるわけでございますし、またその後には大阪万博があったり、その後にはまた名古屋までのリニア開通、その後には大阪までのリニア開通、いろいろな節目節目の事案がこれからずっと出てくるわけでございます。

敦賀市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文

さらにつけ加えますと、イベント開催や周辺観光地、そしてクルーズ客船の寄港時の連携を初め、外的要因といたしまして2020年の東京オリンピック開催、そして2023年の北陸新幹線敦賀開業、そして先般開催が決まりました2025年の大阪万博などの効果を活用いたしまして誘客に努めるとともに、できるだけコスト増にならないように努力してまいりたいと考えているところです。  以上です。

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

東京オリンピック、それから北陸新幹線の敦賀開業、そして2年前にありましたようにクルーズ客船ということで、インバウンドによって敦賀にやってくる外国人の方、これは当然ふえていくことを期待するわけですけれども、福井県に来ている外国人の方の状況というのは決してよくない。福井県の訪日外国人観光客の数は、ちょっと古い資料かもしれませんけれども全国44番目、4万八千云々。それから宿泊数も47番目。

大野市議会 2018-11-26 平成30年 12月 定例会-11月26日−議案上程、説明−01号

9月の越前おおの結の夜市を皮切りに、六呂師アルプス音楽祭、良縁の樹イルミネーション・縁のあかり、10月には産業と食彩フェア、三大朝市物産まつり、てらまつり、九頭竜紅葉まつり、11月に入り小京都物産五番まつりが開催され、特に今回の結の故郷越前おおの新そばまつり2018においては、テラル越前農業協同組合のご尽力により、元オリンピック女子バドミントン競技日本代表小椋久美子さんのトークショーや抽選会が開催

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

最終的には2020年4月までに、東京オリンピックが始まるまでには全て対応を終えるようというふうなガイドラインが出てますけれども、ちょっとお伺いしたいんですけども、事業者、飲食店、地方自治体は、それぞれどのようなことをいつまでに対応することを求められているのでしょうか。 ○副議長(丹尾廣樹君) 畠中健康福祉部長

敦賀市議会 2018-08-30 2018.08.30 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

2020年というと東京オリンピックの年。もうすぐやってくるわけですけれども、求められる力が変われば、学校教育も変わる。学校教育が変われば、はかり方も変わる。こういう言葉があります。その求められる力が変わっていきつつあるんだろうと思いますけれども、その中核の一つである共通テスト、これは大きな存在です。  そもそも、その求められる力はどのように変わってきているのか。

敦賀市議会 2018-08-29 2018.08.29 平成30年第3回定例会(第2号) 本文

このヘルプマーク、経済産業省においては、2020年東京オリンピックパラリンピックに向け、外国人観光客にもよりわかりやすい案内用図記号とするためヘルプマークも追加された。これにより、ヘルプマークが全国共通のマークになるため、多様な主体が多様な場所で活用、啓発できるようになり、広く普及し、認知度の向上も大いに期待されております。

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

また、アーチェリー競技では、インターハイにおいて丹南高校女子が団体準優勝、なぎなた競技では、全日本学生選手権において鯖江高校出身の仕入愛梨さんが演技競技において優勝、試合競技で準優勝、自転車競技では、JOCジュニアオリンピックカップにおいて、東陽中学校出身で科学技術高校の齋藤知樹君がジュニア男子3,000メートル個人追い抜きで優勝、さらに、U21デフバスケットボール世界選手権において東陽中学校出身の

大野市議会 2018-07-17 平成30年  7月 定例会-07月17日−議案上程、説明−01号

政府は、2020年東京オリンピックパラリンピックの開催を見据え、訪日外国人旅行者数4,000万人を目標に掲げ、各種施策を推進しております。  文化庁では、地域歴史的魅力や特色を通じて、わが国の文化・伝統を語るストーリーを日本遺産として認定し、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形、無形のさまざまな文化財群を総合的に活用する取り組みを支援しております。  

敦賀市議会 2018-06-13 2018.06.13 平成30年第2回定例会(第2号) 本文

これは九州の西郷どんでありますけれども、来年も九州大分県のマラソンランナー、それは再来年のオリンピックを見越して大河ドラマで放映される「いだてん」というのがあります。その後、福井県にもゆかりのある朝倉氏のところに身を寄せておった石田三成が放映されます。これは余談ですけれども。  

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

明年にはラグビーワールドカップが全国12の都市で行われますし、2年後には東京オリンピックパラリンピックといった大きな祭典が開催となり、参加国の選手団や外国人観光客等、これまでにない外国人の入国等によってはしか感染のリスクが高まることが考えられるのではないでしょうか。また、この秋には福井元気国体、障がい者スポーツ大会がございます。

鯖江市議会 2018-05-28 平成30年 6月第414回定例会-05月28日-01号

次に、大学との連携事業についてでありますが、昨年度より津田塾大学と連携し、東京オリンピックパラリンピックを見据え、地場産品を用いた外国人向けの土産品開発を進めております。去る3月には3日間、学生12名が鯖江を訪れ、地場産業の体験や工場見学等を通して鯖江を体感してもらい、土産品開発に向けてのアイデアを検討していただきました。