運営者 Bitlet 姉妹サービス
397件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 おおい町議会 平成30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−02号 ◆14番(猿橋巧君) 特色選抜、これ国体もある中でオリンピックもあるということも含めて、スポーツに偏重しとるということで、特に若狭管内はボートとか、ウエイトリフティングとか、いろいろ偏っているスポーツがあるわけでございますので、これは問題だなあと、公平性からいって問題だと思います。  最後に、小・中学校で教科化される道徳について質問します。   もっと読む
2018-09-05 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月05日−04号 平成23年に障害者基本法が改正されたことが全国の各自治体では条例化を進める引き金となり,ばねとなり,加えて国を挙げての世界的イベントであります東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が条例制定を加速させているように思います。   もっと読む
2018-09-04 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月04日−03号 オリンピック同様,国体もスポーツの祭典であるとともに,文化の祭典でもあります。文化プログラムを通して福井の歴史,産業,食などを発信し,訪れてくださった方に福井にまた来たいと思ってもらえることが大切だと思います。福井県全体で400以上ある文化プログラムのうち,福井市では70以上のプログラムを開催するということで大いに期待するところではあります。 もっと読む
2018-09-03 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月03日−02号 政府はこの大きなイノベーションの手綱を緩めることなく,東京オリンピックが開催される2020年の訪日外国人数4,000万人を目標数値に掲げていますし,政府観光局の予想でも今後も順調に増加傾向は続くとされています。 もっと読む
2018-06-21 福井市議会 平成30年 6月21日 予算特別委員会-06月21日−01号 御存じのように、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。  オリンピック憲章のオリンピズムの根本原則の1つ目には、オリンピズムはスポーツを文化、教育と融合させ、生き方の創造を探求するものであると明記されています。 もっと読む
2018-06-12 福井市議会 平成30年 6月定例会-06月12日−03号 国では2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機とした共生社会などの実現を図り,全国におけるバリアフリー化を一層推進するため,バリアフリー新法が本年5月25日に公布されました。   もっと読む
2018-06-11 福井市議会 平成30年 6月定例会-06月11日−02号 2年後には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され,今まで以上にスポーツへの関心も高まってまいります。本市におきましてもスロベニア代表チームの事前キャンプ誘致を進め,国体・障スポで高まったスポーツに対する関心を持続していくことで,福井市スポーツ推進計画の基本理念である生涯にわたりスポーツを楽しむことができるまちの実現を目指してまいります。 もっと読む
2018-06-07 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−01号 2020年開催の東京オリンピックを控え、国内では今後4Kテレビが本格的に普及することが予想されます。これにあわせまして、ケーブルテレビ若狭小浜におきましても高度BS放送に対応するため、センター設備の整備と端末機器類の調達をことしの10月末を目標に約2,300万円をかけまして実施することといたしております。 もっと読む
2018-03-16 福井市議会 平成30年 3月16日 予算特別委員会-03月16日−01号 東京オリンピックが2020年に開催される状況の中で、外国人の観光客やインバウンドで多くの方を迎えていくためには、こういうものの整備も急務であると、私も思っておりますが、福井市での状況はどのようになっていると認識していますか。 ◎港道商工労働部長 委員お尋ねの本市におけるキャッシュレス決済の導入状況を示すデータについては、申しわけないですが、ございません。 もっと読む
2018-03-06 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-03月06日-03号 今後の動向ですが、東京オリンピックまでは国内経済は引き続き活発に推移するとの予測も出ており、人手不足は今後も続くものと認識をしております。 ○副議長(木村愛子君) 林太樹君。 ◆8番(林太樹君) そこで、人手不足と雇用の流動化への対応についてお尋ねいたします。現在の越前市内の大企業の活発な雇用環境は本市の中小零細企業にとってさらに深刻な人手不足に拍車をかけていると思われます。 もっと読む
2018-03-05 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号 最後になりますけれども、平昌オリンピックで銅メダルを獲得した女子カーリング選手、吉田知那美選手のメッセージにとても感動しました。御紹介させていただきます。  小さいときはこのまちには何もない、夢はかなわないと思っていた。だけど、今はこのまちにいなかったら夢はかなわなかったかなと思う。みんなもたくさん夢があると思うけど、大切な仲間や家族がいれば夢はかなう、場所なんて関係ない。   もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.09 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 現在、予定といたしましては、オリンピックの聖火に当たる炬火の火を起こすイベントをスポーツ少年団の子供たちを対象に実施したいと考えております。また、起こした火の披露式を初め、国体運営サポーターや市民を対象としたおもてなし講習会なども検討しております。そのほかにも、小学校の児童や高校の生徒の皆さんによる歓迎装飾の制作や、市民の方々による花いっぱい運動も計画しているところでございます。   もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 今回は、毎年の国体競技の中でも大きく取り上げられ、オリンピック選手の出場など非常に華やかな競技であります競泳のメーン会場になります本市総合運動公園屋外の50メートルプールについて、さまざまな観点で議論をさせていただきます。  また、市民の方々からいただきました御要望を基本として問題提起もさせていただきますので、しっかりと受けとめていただきたく思います。   もっと読む
2018-02-27 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月27日−03号 平成23年の障害者基本法の改正により手話が言語として位置づけられたことに始まり,2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催を前に,手話言語条例の制定の動きが全国で広がってきています。一般財団法人全日本ろうあ連盟によると,現在128の自治体で条例が制定されているとのことです。 もっと読む
2018-02-26 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月26日−02号 先日閉幕した平昌オリンピックを皮切りに,6月のFIFAワールドカップ,2019年のラグビーワールドカップ日本大会,そして2020年の東京オリンピックなど国際的なスポーツイベントが続き,日本全体でスポーツへの関心が高まることが予想されます。 もっと読む
2018-02-21 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-02月21日-01号 まず、基本目標Ⅰ「魅力ある雇用の創出」に向けた取組についてですが、国の地方創生推進交付金を活用して、東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせた訪日外国人向けの土産品等の開発に取り組んでおります。3月下旬には、本市と連携協定を締結している津田塾大学の学生らが鯖江を訪問し、地場産業の見学および体験を行った上で今後の製品開発の計画を策定します。 もっと読む
2018-02-19 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月19日−01号 観光の振興については,国体・障スポの開催や,その後の東京オリンピック・パラリンピックの開催,北陸新幹線福井開業を控え,観光誘客拡大の好機となってまいります。  永平寺町と連携して取り組んでいる周遊滞在型の観光では,新たに酒蔵周遊事業や一乗谷・永平寺のライトアップなどを実施し,一乗・東郷地区のさらなる魅力向上を図ります。 もっと読む
2018-02-13 福井市議会 平成30年 2月13日 議員全員協議会-02月13日−01号 109番、新規、東京オリンピック事前キャンプ誘致事業542万2,000円でございます。2020年東京オリンピック競技大会の事前キャンプ誘致に向けまして、スロベニア共和国の競技関係者を福井に招聘するなど、事前キャンプ地として選ばれるよう積極的な誘致活動を行ってまいります。  61ページをごらんください。  総合計画を推進するためにでございます。   もっと読む
2018-02-02 敦賀市議会 2018.02.22 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 さて、今月9日に開幕した平昌オリンピックでの日本人選手の奮闘ぶりや勝利に対する熱い思いは、私たちに大きな感動と勇気を与えてくれます。困難を乗り越え、目標に向かって努力することの大切さを改めて教えられたところであり、残る期間もあとわずかとなりましたが、さらなる活躍を期待します。   もっと読む
2017-12-19 福井市議会 平成29年12月定例会-12月19日−05号 さて,本市では平成32年の東京オリンピック・パラリンピックの開催にあわせ,大会参加国との交流促進を図るため,事前キャンプ誘致に取り組んでいるところです。今月8日,9日にスロベニア共和国のシモナ・レスコヴァル大使を福井市に招聘し,体育施設や宿泊施設などを視察していただくとともに,一乗谷朝倉氏遺跡や養浩館庭園など,本市が誇る歴史文化や食を初め,本市の魅力にも触れていただきました。 もっと読む