45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

宝塚大学の日高氏らによる調査では、ゲイの男性の場合は65%が自殺を考えたことがある。そのうち15%は実際に自殺未遂を経験していることがわかっていることであります。自殺リスクも高い方たちであるということであります。そうしたことの中で、正しい肯定的な情報を得ることは大変重要だと思っています。  そうした中でありますけれども、鯖江市においては、まだ少し課題も残っているということであります。

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

挙げられた実践例といたしましては、文科省が発行しております「子どもの自殺予防」や「子どもに伝えたい自殺予防」を用いた教職員の方々の研修会の実施、それから、叱り方の研修、そして命の大切さを学ぶ授業や講座の実施、校内のいじめ防止対策の見直し、さらに、12月の人権週間と絡めた人権にかかわる読書指導などもございました。

鯖江市議会 2017-09-11 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号

一昨年12月、広告代理電通で東大卒で将来有望とみられていた高橋まつりさん、当時24歳が入社から9か月後に自殺しました。後日、厚生労働省は過労を原因とする労災と認定し、電通社内で長時間労働が蔓延しているかどうか、立ち入り検査を行いましたと。高橋さんの場合、2015年10月の残業時間は105時間に上り、翌月には鬱症状を発症したと厚労省が認めました。

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

教育大綱とは、大津市の中2いじめ事件自殺事件というのがありましたけども、こういったものに端を発して、世論の動きに連動しまして、地方教育行政における責任の明確化、迅速な危機管理体制の構築、首長との連携強化などを図るため、平成27年4月に、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律によって法制化されたものと承知しているところでございます。  

鯖江市議会 2016-12-13 平成28年12月第407回定例会-12月13日-03号

不登校いじめの問題について質問をさせていただきます。文科省は、10月27日に、2015年度の問題行動調査の結果を公表いたしました。それによりますと、全国の小・中・高校などが、2015年度に把握したいじめ件数は22万4,540件と過去最多を記録し、昨年よりも2割近くも増加したとしています。また、福井県内の状況では、いじめ認知件数は前年度比33件増の860件であります。

鯖江市議会 2016-03-07 平成28年 3月第404回定例会-03月07日-02号

自殺予防対策です。ちょっと難しい問題だとは思います。日本自殺者数の年次推移を見ますと、1970年代以降2万人台の前半で推移していたと。年間の自殺者数は今から30年前1987年、このとき旧国鉄解体がありまして、非常に不景気になったというところで2万人台前半がポンと上がって2万五、六千人にふえたと、これ全国で、というような。

鯖江市議会 2015-03-10 平成27年 3月第399回定例会−03月10日-03号

今回の教育委員会制度改正は、いじめが原因で中学生が自殺した大津市事件にあると言われています。市教育委員会事件への対応がまずく、異例にも市長が迅速な対応のとれなかった市教育委員会を厳しく批判したことで、形骸化した教育委員会の姿と首長による介入の是非が社会問題化したことに起因しております。  現行の教育委員会制度は、まず1、教育委員長と教育長のどちらが責任者かわかりにくいという。

鯖江市議会 2014-06-13 平成26年 6月第396回定例会−06月13日-03号

平成23年10月に発生をしました大津市の中学生いじめ自殺事件などをきっかけに検討されていた教育委員会制度見直し、教育長教育委員長を一体化するなどを柱とした政府地方教育行政法の改革案が、5月20日、衆院本会議決議され、参議院に送付をされました。6月22日が会期末の今国会中に成立をする見通しとなっております。  

鯖江市議会 2014-03-11 平成26年 3月第395回定例会−03月11日-03号

次、自殺予防などの相談窓口の強化と支援体制についてをお伺いしたいと思います。3月は自殺予防月間であります。鯖江市では、ここ10年間で170人の方がみずから命を絶たれています。未遂者の方も多くいらっしゃいまして、自殺者の20倍から40倍ほどおられるようであります。私は大変なことだなと思います。この数字、市長はどのようにお思いでしょうか。

鯖江市議会 2013-12-09 平成25年12月第394回定例会−12月09日-02号

行き過ぎたそういう指導熱の余り、言葉の暴力、あるいは直接の暴行が生じたり、子供同士のつばぜり合いの中で、そういういじめなどがあってはとてもたまったものではございません。氷山の一角であろうかとは思いますが、やはりマスコミはそういったことをとても取り上げる状況ですから、そういったところ、非常に注意深く観察をしていただきたい。

鯖江市議会 2012-12-11 平成24年12月第389回定例会−12月11日-03号

教育長(藤原宣章君) いじめの問題につきましては、9月議会でもいろいろと御議論をいただいたところでございますけれども、鯖江市内の実態でございますが、今年の4月から9月までの半年間の、文部科学省がその後行いましたいじめの緊急調査によりますと、小学校中学校いじめの件数は、全国では14万4,054件でございまして、約7万件でありました前の年に比べますと、2倍になっているというような実態でありました。

鯖江市議会 2012-12-10 平成24年12月第389回定例会-12月10日-02号

ことしは、滋賀県大津市いじめ、また自殺等の問題もあり、いじめ問題、心の教育問題というのがクローズアップされた年だと思います。鯖江市といたしまして、今後この問題にどう取り組んでいくのか、また課題は何なのかお尋ねをいたします。  次に、学校耐震化計画でありますが、順調に進んでいると思います。

鯖江市議会 2012-09-04 平成24年 9月第388回定例会−09月04日-03号

次に、鯖江市におけるいじめ問題についてお伺いしたいと思います。この問題は、私も含めまして昨日から3人目の質問になり、かぶるところもございますけれども、私見も交えて質問をさせていただきたく、お願いいたします。  最初に、大津市中学校2年生の自殺を受け、国が実態調査に乗り出すなど、いじめ問題が全国的に大きな衝撃を与えております。

鯖江市議会 2012-09-03 平成24年 9月第388回定例会−09月03日-02号

まず、いじめ定義、そしてまた現代いじめの認識についてということでお尋ねをしたいと思います。いじめというものに向き合いまして、その解決策を見出していくためには、まず、いじめというのは一体どのようなものであるのか考える必要があります。文部科学省においては、いじめの実態を把握し早期に対応していくために、いじめ定義を設けておりますが、その定義とはどのようなものか、まずお尋ねをしたいと思います。