10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鯖江市議会 2019-12-09 令和 元年12月第422回定例会−12月09日-02号

そういった高齢化社会の対応に合わせて10年後には北陸新幹線の敦賀開業と冠山峠道路の完成、また先ほど申しました2027年のリニア中央新幹線名古屋からの開通、こういった交通網の整備と連携をした、いわゆる経団連、あるいは国の計画の中で非常にうたわれておりますSociety5.0、IoTとかロボット、ビックデータ、こういったものがどんどん社会の対応手段として出てくるのは間違いございませんので、こういったものとの

鯖江市議会 2019-09-09 令和 元年 9月第421回定例会−09月09日-02号

それはロボットAIとかビッグデータとかIOT、これらによるまずSociety(ソサエティ)5.0を推進しようと、これは経済界が中心になります。2本目の柱はいわゆる国土強靭化なんです。これは、とにかく国を挙げてこの災害列島化したこの日本列島、とにかく国土強靭化に尽きるというようなことで2本目の柱です。なんと3本目の柱が女性活躍だったんです。

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

スマート農業実証事業では、今言われたように農食、それと農業者、民間企業地方公共団体等が参画して、「スマート農業技術のさらなる高みを目指すため、現在の技術ベルで最先端となるロボット・AI・IoT等の技術を生産現場に導入し、理想的なスマート農業を実証する取組を支援します。

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

今回は新たに本市と連携協定締結している国立大学法人電気通信大学の御協力のもと、最新のデジタル技術研究成果の紹介やAI・IoT技術の経営活用をテーマとした講演が行われました。また、今年も市内3中学校の1年生680人が見学に訪れるなど、幅広い年齢層に市内企業が持つ高い技術力をごらんいただきました。

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

今回も、眼鏡・繊維・漆器の地場産業を初め、商業工業学校などから計83の企業団体の出展が予定されているほか、新たな取組としまして、電気通信大学の御協力のもと、第四次産業革命時代の到来をにらんだAI・IoTロボットをキーワードとした講演会や仮想現実をテーマとするAR・VR体験、NC加工機械に関する体験、デジタル機器を活用した歩行・走り方教室など、来場者が実体験でき、自ら情報拡散に参加いただけるような

鯖江市議会 2017-09-11 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号

その背後にはIOTビッグデータ、人工知能、ロボットセンサーの技術的ブレークスルーを活用する第4次産業革命があります。第4次産業革命を実現する鍵はオープンイノベーション人材であります。技術の予見が難しい中、もはや自前主義には限界があり、既存の産学官の枠やシステムを超え、世界からトップレベル人材技術を要求される国となるかが、今後の教育体制にかかってくるものでございます。  

  • 1