9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会(第1号) 本文

まず1点目につきまして、不正競争防止法等の一部を改正する法律につきまして、まず概要を御説明させていただきますと、第4次産業革命のもと、IoTやAIなどの情報技術革新が進み、企業競争力データやその活用に移り変わりつつある。こうした中、ビッグデータ産業とのつながりにより新たな付加価値が創出される産業社会への対応が我が国の喫緊の課題となっている。

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

本市では、こうした生産性を向上させるような設備の導入に対して補助を行うほか、県ではIoTやAI設備を導入する際の補助を行って、働き方改革に取り組む事業所を支援しています。  本年度の事業所の取り組み状況をお聞きしますと、設備導入と併せて機械の配置を変更し、作業導線を単純化することにより、作業時間が減り、2人で行っていた作業が1人でできるようになったとのことです。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

次に、獣害対策ですが、農家組合の負担軽減のためのIoT通信技術を利用することについて質問します。  敦賀市には現在80集落の農家組合組織があります。農家自体が高齢化していることと比例して、農家組合役員自体も高齢化しています。なかなか農家組合役員をしてもらえる人がいないとよく言っています。  そこで、農家組合の現状について伺いたいと思います。獣害対策の面でもお願いします。

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会 目次

 第3号(3月7日) ○日程第1 一般質問  5番 浅 野 好 一 君 ───────────────────────── 119   1.園庭、校庭の芝生化について    (1) 保育園、幼稚園の園庭芝生化    (2) 小学校校庭芝生化   2.スマート農業について    (1) 国内、県内の取り組み事例    (2) 敦賀市内への可能性    (3) 導入支援策    (4) 獣害対策へのIOT

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

今回は新たに本市と連携協定締結している国立大学法人電気通信大学の御協力のもと、最新のデジタル技術研究成果の紹介やAI・IoT技術の経営活用をテーマとした講演が行われました。また、今年も市内3中学校の1年生680人が見学に訪れるなど、幅広い年齢層に市内企業が持つ高い技術力をごらんいただきました。

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

今回も、眼鏡・繊維・漆器の地場産業を初め、商業工業学校などから計83の企業団体の出展が予定されているほか、新たな取組としまして、電気通信大学の御協力のもと、第四次産業革命時代の到来をにらんだAI・IoTロボットをキーワードとした講演会や仮想現実をテーマとするAR・VR体験、NC加工機械に関する体験、デジタル機器を活用した歩行・走り方教室など、来場者が実体験でき、自ら情報拡散に参加いただけるような

鯖江市議会 2017-09-11 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号

その背後にはIOTビッグデータ、人工知能、ロボットセンサーの技術的ブレークスルーを活用する第4次産業革命があります。第4次産業革命を実現する鍵はオープンイノベーション人材であります。技術の予見が難しい中、もはや自前主義には限界があり、既存の産学官の枠やシステムを超え、世界からトップレベル人材技術を要求される国となるかが、今後の教育体制にかかってくるものでございます。  

  • 1