450件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2021-03-09 令和3年第1回定例会(第2号) 本文 2021-03-09

具体的には、福井県が掲げている事業例で申し上げますと、高齢者などが集まって行う地場産料理、伝統行事の伝承や高齢への配食、見守りのほか、農産物、特産品の加工・販売、農家食堂の運営などがふるさと茶屋活動内容となっております。  お話のありました愛発地区におきましては、愛発ん家という団体が今年度は高齢者の方への食材配布等を行っております。

勝山市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会(第4号 3月 5日)

高齢バスタクシー利用促進事業として3,053万9,000円、コロナ感染リスクからの利用減なのか、便数その他のより不便さからの減なのか、公共交通利用を推進しなければならない原因の特定コロナなのか、これができていないように感じます。  感染リスクとすれば、安易にバスや電車に乗れといっても市民は困ると思いますし、単に公共交通のインフラの支援となれば、これはコロナ関連予算ではないと。  

鯖江市議会 2020-12-18 令和 2年12月第427回定例会−12月18日-04号

これに対し委員から、高齢インターネット利用できない人への対応はとの質疑があり、理事者から、電話による受取予約は今までどおり継続する。会社勤めなどにより、日中、電話で予約することが困難であった方々が、インターネットで夜間や休日においても予約申込みを行うことができ、利便性が図られるものと考えるとの答弁がありました。  

敦賀市議会 2020-12-08 令和2年第6回定例会(第2号) 本文 2020-12-08

また、農作業に負担を感じる高齢から農地管理について相談があった場合には、市民農園開設についての案内もさせていただいております。  昨年度2か所の市民農園が追加開設されておりますけれども、そのうちの1か所につきましては管理に苦慮しまして耕作放棄地になりつつあった農地でございました。  

鯖江市議会 2020-12-07 令和 2年12月第427回定例会−12月07日-02号

この事業につきましては、鯖江警察署との連携によりまして、認知症高齢者の方が行方不明になった際に、いち早く発見し保護するために、QRコードのついた認知症高齢者見守りシールを、「鯖江市徘徊高齢SOSネットワーク事業」というものがございまして、これに登録しております高齢者の方、現在40名のうち、希望される方に配布をしているところでございます。  

越前市議会 2020-12-04 12月07日-05号

市民福祉部理事山崎智子君) まず、高齢者消費生活トラブルから守る支援といたしましては、市政出前講座などを通しまして特殊詐欺被害に遭わないよう注意喚起を行っているほか、市いきいきシニアクラブ連合会民生委員児童委員協議会連合会消費者グループ連絡協議会越前警察署本市関係各課などで構成しております市高齢安全・安心ネットワーク推進会議の中で、連携した支援ができるよう情報を共有し、消費者被害

おおい町議会 2020-09-15 09月15日-02号

しかしながら、侵入防止柵を設置していないまたは設置できない圃場については依然として猿被害に悩まされており、収穫目前で大切に育てた作物を奪われるなど、特に高齢の生きがいや耕作意欲を失わせている状況にあることから、侵入防止柵の設置をさらに促進するとともに、新しい技術に対応した助成単価の引上げや、出荷されない農家に対するさらなる支援策についても今後検討してまいりたいと考えておりますので、御理解賜りますようお

小浜市議会 2020-09-11 09月11日-03号

本市では、平成27年度に民生委員様の御協力を得ながら、ひとり暮らし高齢者高齢者のみの世帯等の要配慮者台帳を基に、要介護2以上の介護を必要とする高齢者や、自力で避難することができない高齢をまとめました避難行動支援者名簿を作成しておりまして、毎年、名簿の更新を行っております。令和2年4月現在の小浜市の避難行動支援者数は872名でございます。 

大野市議会 2020-09-07 09月07日-一般質問-02号

そのために、来年度開所予定の仮称和泉地域ふれあい交流センターでの和泉地区の取り組みや、高齢地域で支える仕組みを話し合う生活支援体制整備事業の進捗(しんちょく)状況、実績などを踏まえ、各地区の特性を生かした住民主体組織と公民館が連携、協働して地域を運営できる仕組みづくりに取り組んでいきます。 ○議長梅林厚子君)  林さん。 ◆3番(林順和君)  ありがとうございました。 

越前市議会 2020-06-16 06月17日-03号

また、各施設に対しましては、日ごろから正確な災害情報の収集あるいは把握に努めるとともに、避難準備高齢避難開始の発令時には速やかに避難できる態勢づくりについて指導を徹底をしてきてるところでございます。 今後は、各サービス事業所地域避難訓練にも参加できる仕組みを構築いたしまして、地域との連携強化に努めてまいりたいというふうに思ってございます。 ○副議長大久保健一君) 加藤吉則君。

大野市議会 2020-06-08 06月08日-一般質問-02号

介護高齢支援するため日々献身的に業務に従事していただいており、市内の社会福祉施設等からは感染者が発生しておりません。 国は、新型コロナウイルス感染症との長期戦を戦い抜くための医療、福祉提供体制確保として、第2次補正予算案において新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金を抜本的に拡充し、介護施設等に勤務し、利用者と接する職員の方への慰労金の支給を計上しています。