81件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2021-03-22 令和3年第1回定例会(第5号) 本文 2021-03-22

次に、第26号議案 敦賀市介護保険条例の一部改正の件について、主な質疑として、所得段階を増やすべきと考えるが、現行の10段階と設定した理由について伺うとの問いに対し、所得段階見直しについては、計画の策定委員会の中で協議を行っており、所得段階を増やしても被保険者1人当たり月額の減少が少ししか見込めなかったこと、令和3年度の制度改正において高額介護サービス上限額が引き上げられることに伴い高所得者

敦賀市議会 2021-03-10 令和3年第1回定例会(第3号) 本文 2021-03-10

給付には、高額介護サービスその他介護保険サービス等における各種給付との併給調整が必要であり、介護保険サービス利用者負担について本市独自の減免制度を設けているため併給調整が複雑化し、対象者の絞り込み、給付費算出等システムでの対応が難しく、時間を要している状況でございます。現在、県内他市でも1市のみが対応している状況で、ほとんどが取り組めていない状況でございます。  

敦賀市議会 2020-09-10 令和2年第5回定例会(第3号) 本文 2020-09-10

なお、介護保険料におきましては、納付相談等の際に、要介護認定を受ける前の10年間に2年間の消滅時効により納めることができなくなった保険料がある場合には、その期間に応じて介護サービス利用する際の利用者負担割合が引き上げられ、高額介護サービスなどが支給されなくなるという介護給付費給付制限対象となることを説明させていただいております。  

越前市議会 2019-12-03 12月05日-03号

保険給付費高額介護サービス給付事業のところですが、今回の増額補正になったというところであります。サービス費基準が平成29年8月から変わっただろうと思いますが、そこら辺とのこれまでの経緯と今回の増額理由ですね、その点をちょっと教えてください。(「議長」と呼ぶ者あり) ○議長(三田村輝士君) 山崎市民福祉部理事

敦賀市議会 2019-09-18 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 2019-09-18

介護保険法の規定に基づき、第1号被保険者の要介護認定を受ける前の10年間に2年間の消滅時効により納めることができなくなった保険料がある場合に、その期間に応じて介護保険サービス利用者負担割合が引き上げられ、高額介護サービス等が支給されなくなるという制限がかかるものでございます。  

福井市議会 2019-07-02 07月02日-03号

さらに,1カ月の利用者負担額上限額を超えた場合,高額介護サービスとして全ての利用者対象に超えた金額支給しているところでございます。 本市では,低所得者を含めてできるだけ負担とならないよう配慮しておりますが,国の責任においてさらなる軽減策を講じるよう,引き続き全国市長会を通じて国に要望してまいります。 次に,生活困窮者へのペナルティーについてお答えいたします。 

小浜市議会 2019-02-21 02月21日-01号

第5項高額介護サービス等費高額介護サービス減額で632万5,000円の減額でございます。第6項高額医療合算介護サービス等費財源振替を行うもので、補正はございません。第8項特定入所者介護サービス等費特定入所者介護サービス費減額などで566万円の減額でございます。 第3款介護サービス事業費、第1項介護予防支援事業費財源振替を行うもので、補正はございません。 

越前市議会 2018-09-07 09月10日-04号

また、高額介護サービス支給により、利用者負担軽減を国の基準に基づいて行っておりますので、本市独自の負担軽減策については現在のところ考えておりません。 また、利用者負担でお困りの方につきましては、先ほどの保険料と同様ですけれども、介護サービス事業者等と密接に連携をとりまして、丁寧な生活相談において解決に努めたいと考えております。 ○議長川崎悟司君) 前田修治君。

敦賀市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 2018-06-14

高額介護サービスこちらは延べ人数でございますが373名。介護保険の第1号被保険者介護保険段階の第1段階、こちらが254名。社会福祉法人による利用者負担軽減事業3名。一般健康診査、こちらが14名。フレッシュ健診につきましてはゼロでございます。がん検診が16名。最後に高齢者インフルエンザ予防接種が112名。  

福井市議会 2018-06-13 06月13日-04号

次に,必要なサービスが受けられているかどうかの調査についてですが,利用者負担割合が2割や3割の場合でも,1世帯当たり月額4万4,400円の負担上限額を超えた場合には,超えた金額支給する高額介護サービス制度があるため,多くのサービスを必要とする方にとっては,必ずしも負担額が2倍や3倍になるわけではございません。 

福井市議会 2016-12-07 12月07日-04号

また,国は高齢者世代内における負担公平化を図るため,介護サービスに対する個人負担割合高額介護サービスについて,昨年見直しを図ったところです。 現在は,先月11月25日の社会保障審議会介護保険部会において介護保険制度見直しに関する意見(素案)を提示し,高齢者世代のうち現役並み所得を有する方について利用者負担見直しなどを示しました。 

福井市議会 2016-09-06 09月06日-03号

この審議会医療保険部会では,高額療養費制度後期高齢者窓口負担あり方など,また介護保険部会では,高額介護サービス制度利用者負担あり方などについて,さまざまな立場から意見が出され,しっかりとした議論が行われています。本市としましては,今後もこれらの議論内容など,国の動向を注視しながら対応してまいります。 

福井市議会 2015-11-10 11月10日-03号

具体的には,食費居住費負担額軽減する特定入所者介護サービス費社会福祉法人等食費居住費を含む利用負担額原則25%軽減する軽減制度,1カ月の利用者負担額が定められた上限額を超えた場合に支給される高額介護サービス,世帯内で1年間に介護保険医療保険の両方の利用負担金額を合算して上限を超えた場合に支給される高額医療合算介護サービス費支給により,自己負担額軽減が図られています。 

おおい町議会 2015-03-11 03月11日-02号

例えば、自己負担額が高額になった場合に保険から給付されます高額介護サービスあるいはまた医療保険負担と合算して一定の負担を超えた場合に給付される高額医療合算介護サービス費等で、低所得者の方に対しては自己負担が低く設定をされております。更に、施設に入所されている低所得者の方に対しましては、原則自己負担となっております居住費食費につきまして、その一部を介護保険から給付しております。 

大野市議会 2014-07-22 07月22日-一般質問-02号

介護サービス利用当たりましては、利用者個人世帯所得状況に応じて、月額自己負担上限額が定められており、上限額を超えた場合は、高額介護サービスとして利用者支給される制度があります。 今回の2割負担対象となる方の上限額については、一般的な課税世帯の方で月額3万7,200円、さらに所得の高い方で月額4万4,400円とされています。 

福井市議会 2013-06-11 06月11日-03号

4つ目高額介護サービスそれから5つ目高額医療合算介護サービス費につきましては,1カ月または1年間の自己負担額課税状況等に応じて定められている限度額を超える場合に,超えた金額を払い戻すという制度でございます。こちらに対しては,支給対象者に市からお知らせと申請書をお送りしておりまして,それを市に申請することで払い戻しがされるという制度になってございます。