2253件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

おおい町議会 2026-06-20 06月20日-02号

次に、子育て支援員の増員につきましては、支援員を雇用されている園、されていない園もございますが、各園では保育士資格は持っていないが保育に関する実習や研修を受講された保育補助者を新たに雇用することで保育環境の一層の充実を図っているところでございますので、御理解賜りますようお願いいたします。 ○議長(尾谷和枝君) 田中秀樹さん。 ◆2番(田中秀樹君) 最後の質問に入らしていただきます。 

おおい町議会 2023-12-13 12月13日-02号

質問の本題に入ります前に、まずは障害者の就労につきまして、町役場での障害者雇用率は法定以上の雇用率になっておりますかどうか、お聞きいたします。 ○議長(尾谷和枝君) 治面地総務課長。 ◎総務課長(治面地紀知君) 障害者の就労について、町の障害者雇用率は法定以上の雇用率になっているかとの御質問にお答えいたします。 

福井市議会 2023-09-09 09月09日-02号

また,現在計画中の駅前電車通りの三角地帯の再開発で雇用はどれだけふえると想定しますか。あわせて,その通勤手段,通勤用の駐車場はどうなりますか。附置義務駐車場で賄うのか,それともほかの駐車場を利用するのか,お伺いします。 そして,今後,観光消費額の上がる長期滞在型観光を目指すなら,長期駐車ニーズに応える大規模な高層民間駐車場が必要ではないでしょうか。今後の駐車場の整備方針の御所見を伺います。 

福井市議会 2023-07-03 07月03日-04号

相談は,中小企業雇用促進相談員と本市職員とで応じることとしておりますが,相談者の状況に応じて,働くことに悩みのある39歳までの若者への就職支援を行っているふくい若者サポートステーションと連携を図り,就労への不安や悩みなどの個別の事情に寄り添いながら対応してまいります。 

福井市議会 2022-11-20 11月20日-05号

次に,第106号議案 福井市一乗谷あさくら水の駅の指定管理者の指定について委員から,現在の指定管理者が5年の指定管理期間中に投資してきた設備や物品の取り扱い,また,現在雇用されている従業員の継続雇用について,次期指定管理者とはどのような話し合いが行われているのかとの問いがあり,理事者から,既存の設備等について次期管理者は,現管理者の了承を得られるものは可能な範囲で譲り受けたいとの意向を示しており,今後

おおい町議会 2022-09-24 09月24日-03号

質疑、財務会計システムの改修は来年4月1日から会計年度任用職員制度が開始されることに伴うものであるが、賃金雇用職員の勤務体系はどのようになるのか。答弁、現在の賃金雇用職員のフルタイム勤務、パートタイム勤務については基本的には今の勤務体系をそのまま引き継ぐ予定である。業務の内容によって、会計年度任用職員に移行するか、非常勤特別職に移行するかといった検討が今後必要になる。 

大野市議会 2022-09-02 09月02日-議案上程、説明-01号

本市においても、これまでの嘱託職員や臨時職員としての雇用ができなくなることから、会計年度任用職員制度への移行が必要となります。 現在、国などの制度設計の考え方や他自治体情報を収集するとともに、庁内で制度の運用についての検討を進めています。 報酬の水準、雇用形態などの詳細な部分を調整し、12月定例会条例議案を提出したいと考えています。 

大野市議会 2022-06-10 06月10日-議案上程、説明-01号

一方、小山工業団地においては、平成29年5月に物流センターを整備したタニコー株式会社が、第2期工事として新たにコイルセンターを増設し、10人の雇用を増やして稼動を始めました。 5月18日には、落成式と市民へのお披露目が行われ、タニコー製の機器を使った料理やお菓子などが市民に振る舞われました。 次に、公共交通について申し上げます。 

大野市議会 2021-06-18 06月18日-一般質問-03号

まずチャンスを生かすにつきましては、中部縦貫自動車道の県内全線開通や北陸新幹線の敦賀開業など、高速交通網の整備を最大のチャンスと捉え、その整備効果市民の皆さまと共有するため、本市が取り組むべき産業支援、観光振興、雇用促進など、幅広い事柄をまとめた大野市高速交通アクションプログラムを取りまとめたところです。 

越前市議会 2020-12-06 12月09日-05号

総務部理事産業環境部理事(蒲久美子君) 地域における多文化共生の推進に向けましては、生活者の視点で外国人雇用企業協力や支援は欠かせないものと考えております。外国人雇用企業には、外国人市民地域の一員として生活できる環境づくりのために日本語学習への支援や地域における防災訓練等への参加呼びかけなどが期待されます。 

越前市議会 2020-12-03 12月05日-03号

18年からこの企業立地促進補助金を掲げることによりまして、平成17年の越前市誕生以来、製造品出荷額等が県内の3分の1を占めるまで成長しておりまして、そのことによります各企業の投資、それとそれに見合う新規雇用の創出、そういったものを全て含めまして越前市の地域経済の発展につながっているということで、十分市勢に反映されているものと確信しております。

越前市議会 2020-11-28 12月03日-02号

そこで、お尋ねしますが、UIJターンの支援、雇用の創出、結婚希望の実現、出生率の向上、子育て環境の充実など人口減少に歯どめをかける対策として具体的にどのように考えておられるのか、所感をお伺いします。 また、現在越前市の雇用状況は、朝の渋滞が示すように市外からの雇用が大きくふえていることにあります。この市外から通勤している人たちを越前市に住んでいただけるようにすることが定住化への施策だと考えます。

越前市議会 2020-11-28 11月28日-01号

次に、経済雇用情勢については、内閣府が11月14日に発表した7月から9月期の国内総生産GDPの速報値によると、成長率は実質0.1%の増、年率換算で0.2%の増と4四半期連続のプラス成長となりました。一方、11月1日に福井労働局が発表した9月の県内有効求人倍率は1.96倍で、前月を0.01ポイント上回っており、全国5番目の高水準となっています。

福井市議会 2020-11-12 11月12日-03号

また,非正規雇用になり,収入が大きく減ったなどといった女性からの声をたくさん聞いています。 福井県は全国一,共働きが多い,働く女性が多い県です。福井市役所では,女性管理職の比率は20.1%で,目標の15%を上回っています。でも,ここから見ますと,理事者側に座っている中ではたったお一人で,余りにも寂しい状況です。 

福井市議会 2020-11-11 11月11日-02号

人口減少問題に対しては,産業雇用の創出と県外の若者や女性のU・Iターンの促進,結婚,妊娠,出産,育児に対する切れ目のない支援のほか,全国に誇る子どもたちの学力・体力を支える学習環境の向上は本市のさらなる強みとなりました。また,子どもたちに郷土に愛着を持ってもらい,その子どもたちを地域の宝として見守る地域教育なども重要と考えます。