88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

勝山市議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会(第3号 3月 4日)

次に、これまで長尾山総合公園整備については、長尾山開発推進協議会と継続的に協議を行ってきたはずですが、近年何ら説明がないとの声があります。現在の対応を伺います。  また、今後の予定につきまして、これについては福井県の計画が公表されました。勝山市では、その内容についてどのように把握しているのでしょうか。  福井県の予算案の中で、開館時期、位置が示されています。

勝山市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会(第2号 9月17日)

地域農業を持続的に発展させるための営農体制の調和、都市農村交流農村への移住・定住支援特産品開発推進販売奨励田舎暮らし農業体験厳選食材の精算・販売や6次産業化ブランド化地産地消の取り組みなど、多数の支援事業が実施されています。  そんな中、先般、農業従事者対象のアンケートがなされたと聞いています。

福井市議会 2019-09-09 09月09日-02号

民間投資をさらに集中的に呼び込み,民間主体市街地の再整備を促進するために福井市が申請していたもので,この指定を受けることにより一般財団法人民間都市開発推進機構から有利な金融支援を受けられるほか,税制上の優遇措置建築物に対する高さ制限容積率規制等が緩和されることなど,この内容について広く市民に周知するとしております。 

福井市議会 2018-06-11 06月11日-02号

本市におきましても,指定に関する情報やこの指定を受けることにより,一般社団法人民間都市開発推進機構から受けられる有利な金融支援のほか,税制上の優遇措置内容建築物に対する高さ制限容積率規制も一部緩和される内容につきまして,市政広報,市のホームページなどで市民の皆様に広く周知するとともに,再開発事業等の相談があった際にもお知らせしてまいりたいと考えております。 

福井市議会 2018-02-26 02月26日-02号

この指定を受けることにより,民間都市開発推進機構から有利な金融支援を受けることができるほか,税制上の優遇措置を受けることができます。また,建築物に対する高さ制限容積率などの規制も一部緩和されます。 現在進められております駅前電車通り北地区第一種市街地開発事業におきましては,民間都市開発推進機構からの融資と建築物に対する規制緩和の適用などを検討しているところでございます。 

越前市議会 2018-02-21 02月26日-02号

図書購入費は、平成28年度まではいろいろな開発推進交付金というようなものを活用して予算立てをしておりまして、補助率10分の10でやってた時代もございましたけれども、現在30年度におきましては、小学校17校ございます、23万5,000円で400万円。中学校は7校と分校がございまして、40万円掛ける7.5ということで300万円というような計上をさせていただいております。

敦賀市議会 2015-12-10 平成27年第5回定例会(第3号) 本文 2015-12-10

こうした中、去る11月23日のエネルギー研究開発推進会議におきまして、知事から会議の総括として、海外に行かなければ研究ができないという現状を危惧し、研究用原子炉を用いた基礎研究必要性が述べられたところでございます。  ただし、研究用原子炉につきましては、人材育成産業利用といったその利用目的ごとに規模やかかる経費も大きく異なることから、具体化する上でかなりの時間等を要するものと認識しております。

勝山市議会 2014-12-10 平成26年12月定例会(第3号12月10日)

以前から課題であります長尾山総合公園の2期計画区域用地買収整備につきましては、今年度も開催されました地権者地元区長で構成する長尾山開発推進協議会において、地区委員会を開催するなど今後も引き続き協議を行っていく所存でございます。  次に、市民利用についてお答えいたします。  長尾山総合公園には、市外、県外からの来園者が多くを占めております。

越前市議会 2014-03-05 03月20日-07号

次に、歳入15款県支出金中、総務費県補助金に計上された高速増殖炉サイクル技術研究開発推進交付金及び電源地域振興事業県補助金に関して、委員からは、越前市議会は、今日まで原発に関する意見書全会一致で採択しているところであり、これらの補助金等受け入れについては、慎重であるべきであるとの要望意見が出されました。 理事者からは、市税減収傾向の中にあって貴重な財源考えている。

勝山市議会 2013-12-10 平成25年12月定例会(第2号12月10日)

それから、10月25日付の調査研究会基本コンセプト案の中に、農商工連携による着地型観光開発推進を図り、観光誘客を促進するとありました。実は全国旅行業協会企画の中に地旅というのがあります。地旅とは、地域を誇りに感じている地元旅行会社が、そこを楽しみに訪れてくれる人たちのために企画しておもてなしをする旅のことです。

敦賀市議会 2013-03-11 平成25年第1回定例会(第2号) 本文 2013-03-11

今回の補正予算を見ますと、総務費企画費エネルギー拠点化計画推進基金積立金については、これまで高速増殖炉サイクル技術研究開発推進交付金等を使って敦賀市を危険な原発エネルギー拠点とするための予算であり、そのために駅前広域連携大学等を建てることについても反対の立場をとってまいりました。  

勝山市議会 2012-12-06 平成24年12月定例会(第2号12月 6日)

こうした中、現在、勝山市では、勝山農業者農業団体が行う新たな特産品加工品開発推進を支援する「かつやま逸品開発販路開拓事業」を平成22年度より取り組んでいるところです。  平成24年度には、特色ある米などのパッケージ開発販路開拓に取り組む2団体、2事業を採択の上、実施する予定としております。

勝山市議会 2012-09-11 平成24年 9月定例会(第3号 9月11日)

2点目、勝山市の地域の特徴に合った農産物加工品開発推進する考えはあるのか。  3番目、農業者の直接の現金収入となる農産物直売所の設置を推進する考えはあるのかをお伺いいたします。  次に、林業の振興について伺います。  森林には、水源涵養、大気の浄化、土砂災害の防止、保健休養などの多面的な機能があり、その重要性が注目されています。

勝山市議会 2012-09-10 平成24年 9月定例会(第2号 9月10日)

地権者地元関係者で構成している長尾山開発推進協議会からは、以前から第2期事業区域早期着手に向けた予算確保の強い要望があるところです。  この長尾山総合公園第2期事業区域は、第5次勝山総合計画都市計画マスタープランにおいて、市の重要施策に位置づけられており、里山を活かした自然公園としての整備を図っていく方針としています。

敦賀市議会 2011-12-22 平成23年第5回定例会(第5号) 本文 2011-12-22

また、施設整備財源については国の交付金である高速増殖炉サイクル技術研究開発推進交付金で全額賄っており、本市の財政を圧迫するものではありません。  駅前に立地することに関しては、地域に開かれた研究所として市民利用しやすい場所であり、研究所先生方の移動、学生の通学の利便性などを考慮し、適当と判断しております。

敦賀市議会 2011-12-12 平成23年第5回定例会(第2号) 本文 2011-12-12

施設に要しました総事業費は約20億で、その財源につきましては、国が研究機関等集積活用事業人材育成促進事業などに活用するために創設しました高速増殖炉サイクル技術研究開発推進交付金を充当しております。  次に、敦賀駅のバリアフリー化事業につきましてですけれども、現在行っております跨線橋の基礎工事は、当初計画よりおくれてはいるものの平成24年内の供用開始を目指しております。