71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

学習指導要領の全面実施に伴いまして、小学校では外国語活動、それからプログラミン教育、そして道徳教科化と、この3点が大きく変わるというふうなところでございまして、これらの学習内容が加わることによりまして、教職員の負担を少しでも軽減するために、そして指導力の向上のために、まず外国語活動におきましては、外国語活動・外国語科におきましては、全小学校外国人講師を派遣し、児童が楽しく授業を受けられるように

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

あわせて、教職員が新学習指導要領に対応した指導ができるように、市内の全教職員を対象に研修会も実施しておりまして、29年度は夏休みに実施したわけでございますけども、道徳教科化に向けた研修を行いましたし、来年度につきましては、「主体的・対話的で深い学び」、これは新学習指導要領基本理念でございますけども、これについての講演会を実施する予定でございまして、これから後も学校現場の先生方の意見をお聞きしながら

鯖江市議会 2017-03-14 平成29年 3月第408回定例会−03月14日-03号

この改定の中の施策の基本方針の2に「生きる力を身につけることで豊かな人間性育成を目指して、道徳教育の充実(追加)」とありますが、教育委員会として道徳教育の充実のための取組というのはどういう取組なのか、教育長の御所見をお伺いしたいと思います。 ○議長(小竹法夫君) 辻川教育長

鯖江市議会 2015-09-15 平成27年 9月第402回定例会-09月15日-03号

ですから、何と言いましても、親として子供を正しく導くということが必要であって、人間関係が希薄化して、規範意識が低下している中では、まず家庭で親御さんが子供としっかり向き合って、社会生活を営む上でのルールを守ることの大切さ、そして、社会を正しく生き抜く力、道徳心や、人とのきずなを育む意識などを醸成するということが重要になってくるというふうに思っております。

鯖江市議会 2015-03-09 平成27年 3月第399回定例会−03月09日-02号

まず、命の教育の充実につきましては、従来の道徳の時間の指導に加えまして、総合的な学習の時間保健体育授業特別活動学級の時間を活用して、発達段階に配慮しながら、命の大切さ、そして生きることの意味を問い直し、考える機会を持つことが重要で、新年度の学校教育基本方針の重点事項にも明示して、取り組んでまいりたいと考えております。  

大野市議会 2015-03-02 03月02日-議案上程、説明-02号

このような中、国では、約60年ぶりの教育制度改革に取り組んでおり、教育委員会制度の改革をはじめ、道徳英語教科化、小中一貫教育の推進や全国学力・学習状況調査の結果公表などの動きがあり、一方、昨年度は、全国の小学校でのいじめ、暴力事件が過去最多になるなど、家庭教育地域教育学校教育による規範意識の醸成が極めて重要な課題となってきております。 

鯖江市議会 2013-09-10 平成25年 9月第393回定例会−09月10日-03号

いじめが起きた場合には、学校がカウンセラーの協力を得ながら、いじめを受けた児童・生徒を継続的に支援するとし、校内の相談窓口の設置や、いじめに対する定期調査、道徳教育の充実なども決められました。いじめを受けた児童・生徒が安心して教育を受けられるよう、いじめを行った側の児童・生徒は別の教室授業を受けさせるとしています。  

鯖江市議会 2012-12-10 平成24年12月第389回定例会-12月10日-02号

また、特に未然防止の観点からでございますけれども、命、生命とか、あるいは生きることのすばらしさとか喜びというものを伝えるための道徳教育や心の教育、そういうものがより重要でございますので、各学校での道徳教育授業を中心に、全体として道徳教育もこれから強く推進していかなければならないと思いますし、またスクールカウンセラーもおられますので、こういう方々を活用した定期的な相談、あるいは教育相談体制をいうものをきちんと

鯖江市議会 2012-09-04 平成24年 9月第388回定例会−09月04日-03号

教育長(藤原宣章君) もちろん学校でも道徳教育や心の教育ということで、お互いに思いやりを持って接するとか、それから命の大切さを学ぶとか、あるいは友情のとうとさとかお互いの信頼関係をつくっていくとか、そうすることで生きる喜びとか、そういうすばらしさというものを体感するとか、そういう活動もやっておりますし、また御指摘のように、読書、あるいは芸術、文化を通じて情操を豊かにするということも一つの方策ではないかなと

鯖江市議会 2012-03-06 平成24年 3月第386回定例会-03月06日-03号

それから、また冬島町・下野田町地係の県道福井朝日武生線および四方谷町地係の県道徳光鯖江線の道路拡幅を現在進めております。東西方向の道路整備につきましては、長泉寺町・上河端町地係の県道鯖江美山線の新出跨道橋が昨年10月に開通したところでございます。また、沢町地係の県道上河内北中線のバイパスについても現在、整備を進めております。

鯖江市議会 2011-12-14 平成23年12月第385回定例会−12月14日-04号

昔と申しますと、どこを切って昔かと言われますけども、少なくとも私、昭和の前期に生まれた者でございますけれども、あと少しで60歳になりますけども、そうした昭和40年代、私が若いころには、まだ道徳観というものを基調とした、その中において倫理を、自分たちの若者の倫理の確立とか、倫理の拡大というものを図ってきたような気がいたしますが、昨今、今の若い人たち、ごくごく一部でございますが、道徳観を無視したような自分

鯖江市議会 2011-12-12 平成23年12月第385回定例会−12月12日-02号

現在、小学校では省エネルギーを含めましたエネルギー環境教育について、生活科社会科・理科家庭科・道徳などの教育課程の中で学習をいたしております。日常生活や社会で利用している石油天然ガス太陽光など、エネルギー資源の種類や入手方法、水力・火力・原子力・太陽光などの発電の仕組みやそれぞれの特徴について、長所や短所を整理しながら正しく理解をさせること。

鯖江市議会 2010-09-07 平成22年 9月第379回定例会−09月07日-02号

班別行動などを通して、みずから進んで考え行動ができるようになるとともに、将来に役に立つ社会道徳性や社会的行動力を身につける。また、校外での活動を通しまして、互いに親睦を深め、友情の輪を広げるということが考えられます。また、修学旅行の工夫といたしましては、児童生徒の実態に応じまして、目的地を選択したり、交通機関を考えたり、そういうことでグループ活動を取り入れております。