1675件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

勝山市議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会(第3号 6月15日)

1パーセントのニーズをいっぱい集めて、大きなニーズにする、このアイデアと政策立案可能性は、勝山だからこそできるし、このためには、観光の視点で見ていたものを移住定住視点で新しいチャレンジをする、ここに打開のチャンスがあるし、ここからが大切なんですが、私はこの定住、特に子育て世代にとって、中学生が自力で通学できるという今の勝山市の教育環境は効果的で必要な条件だと考えています。  

勝山市議会 2021-06-14 令和 3年 6月定例会(第2号 6月14日)

通学距離が遠くなった、友達の家が遠い、少人数の方が指導が細かいといったように、子供たちの学習や生活面で具体的な深刻な問題がやはり統合によって生じていると。しかし、そういった点はなかなか出てこない。学校統合は、おおむね歓迎されていると、皆さんから望まれてるんだと、こういうぐあいに国は言っているわけです。  

敦賀市議会 2021-03-22 令和3年第1回定例会(第5号) 本文 2021-03-22

角鹿小中学校の開校後の路線については、赤崎小学校及び咸新小学校に徒歩で通学していた児童をスクールバス通学とするため、6路線に増便しての運行を予定し、約2460万円の増額になる。東浦方面で2路線咸新方面で4路線となる。下校時には、下校時刻の差異に伴いバスまたはジャンボタクシー等運行する。

敦賀市議会 2021-03-11 令和3年第1回定例会(第4号) 本文 2021-03-11

通学する学生や保育園もあり、交通事故が心配です。  しかし地図をもう一度よく見てみますと、原子力災害時に国道8号や国道161号を通って滋賀県へ避難する場合、岡山松陵線を使う場合、岡山松陵線から道口へ抜ける道路があれば、整備することができれば、非常に役に立つ道路でないかと思います。

大野市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問、討論、採決-04号

大野市内防犯灯につきまして、その設置数は本年2月末現在6,078基あり、そのうち、各集落通学路などに防犯上必要な箇所設置され、各集落が管理している防犯灯は全体の84.5㌫、5,136基あります。 また集落集落の間で電灯等がない通学路で、市が設置、管理している防犯灯は942基あります。 市管理防犯灯は、大野地域に729基、和泉地区に213基あります。 

勝山市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第3号 3月 4日)

それに加えて、福井方面への通勤、通学の移動になくてはならない市民の足であるえちぜん鉄道も運休、代替バス運行できない状況でありました。このような状況は、道路で1月13日まで、えちぜん鉄道が1月15日まで続きました。  幸いにも大雪で混乱している時期は、たまたま土、日、祝日と3連休のため、混乱は最小限に免れたのではないかと思います。しかしその間、物流はほとんどストップしていました。

勝山市議会 2021-03-03 令和 3年 3月定例会(第2号 3月 3日)

今回はたまたま学校臨時休校中で、児童通学には影響はありませんでした。  私は、15日に、18日から学校を再開するとの報告を受け、現場を確認に行きましたが、県道は13日の朝のままで、片側1車線確保しかしてありませんでした。県道通学路ですので、通学路の確保はしてほしいと対策本部に連絡を入れ、16日、土曜日に除雪が完了しました。  個人の家は個人で始末しています。

大野市議会 2021-03-01 03月01日-議案上程、説明-01号

大野ですくすく子育て応援パッケージについては、本年度、第2子の保育料無償化や、子ども医療費助成対象者県内の大学などに通学する20歳までの学生に拡大するなど支援を充実しました。 新年度は、これらに加え新婚世帯に対し、住宅の家賃や引越し費用の一部を助成し、新生活へのスタートアップに係る支援を新たに設け、若者の結婚を後押しします。 

小浜市議会 2020-12-15 12月15日-03号

まず、件名1の横断歩道摩耗報告についてですが、質問に至った理由は、「湯岡橋東詰横断歩道が消えているよ、子供通学路にもなっているから見てきて」という市民の声です。 現場を確認したところ、実際に横断歩道はほとんど目視できないような状況であり、なぜこのような状態になるまで放置されているのかというふうに疑問に思ったからです。

おおい町議会 2020-12-09 12月09日-02号

例えばスポーツ好きな子についてはスポーツ少年団活動を通して地域指導者にお世話になりながらスポーツを通しての健全育成とか、文化的なものに興味ある子供たちにとっては文化少年団、それから公民館を主にして名田庄のほうでは鯖街道の踏破とか、それと公民館中心に合宿通学、学校ではなかなか経験できないような活動を、地域の特に大人の方を中心に御協力いただいていたしております。

敦賀市議会 2020-12-09 令和2年第6回定例会(第3号) 本文 2020-12-09

また、熊による福井県内での事故事例として、農作業中の事故、登山中での事故事例など、さらに通学中の事故等も想定され、多様なケースもあるため、熊等住居地域への侵入防止策及び熊等と遭遇したときの身を守る講習会等ネット環境のない市民及び小中学生への分かりやすい注意喚起が必要と思われるため、講習会等の開催について伺います。

鯖江市議会 2020-12-08 令和 2年12月第427回定例会−12月08日-03号

次に、年間運行本数でございますが、循環線を含めまして、各地区に10路線および通学便に7路線、計17路線での運行本数は、年間で2万1,393本となっております。この運行に対します利用者数は、年間で14万3,579人でございます。したがいまして、1人当たり運行経費は約402円となりますが、国および県の補助金額がなかった場合には1人当たり運行経費は659円でございました。

大野市議会 2020-12-08 12月08日-一般質問-03号

特に体力的に弱い小学生通学などの負担の少ない住環境を選びたいという親の気持ちは当然のことです。 このような働く世代の親の願いと、大野に住み続けたいという願いをマッチングさせることが、施策として非常に重要なことだと思います。 そこで、次の質問をします。 1点目、働く世代の流出を防ぐための手立てとして小学校は非常に重要だと思いますが、その小学校の存在をどのように考えますか。 

鯖江市議会 2020-12-07 令和 2年12月第427回定例会−12月07日-02号

そのため、農林関係部署だけでなく、森林環境行政に携わる全ての部署が、また、安全・安心なまちづくりの観点からも防災関係部署子どもたち通学路とも関係することから、教育委員会福祉関係部署、そして警察消防機関とも連携して、一丸となって素早く臨機応変に取り組むべきものであると考えます。  

大野市議会 2020-12-07 12月07日-一般質問-02号

3回目は中学校再編の例、校舎を新築又は長寿命化した場合の整備費用試算額通学時間と距離などを例示し、意見交換がなされました。 この回は再編した際の学校名などの取り扱い、教職員の配置、校区の見直しなどについての質問意見が出されました。 また再編後の校数によっては再度再編が必要になることが見込まれるので、そのことを含めて検討すべきといった意見が出されました。