140件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2016-12-09 2016.12.09 平成28年第4回定例会(第4号) 本文

山陰近畿自動車北近畿豊岡自動車道山陰自動車道が近い将来完成することによって、敦賀から鳥取島根を通りまして山口県まで日本海側を横断できることになりまして、人の流れ、観光ルートですとか流通、物流の流れが大きく変わることが考えられます。  日本海を横断する高速道路ができることで、舞鶴若狭自動車道の人、物の流れはこれまで以上に多くなっていく。

小浜市議会 2011-12-22 平成23年 12月 定例会(第7回)-12月22日−04号

議案第76号 平成23年度小浜市下水道事業特別会計補正予算(第3号)       議案第77号 平成23年度小浜市水道事業会計補正予算(第3号)  日程第2 議案第79号 小浜市営駐車場設置および管理条例の一部改正について       議案第80号 小浜市スポーツ振興審議会条例の一部改正について       議案第81号 公立小浜病院組合規約の変更について       議案第82号 高速自動車国道近畿自動車敦賀線

敦賀市議会 2011-09-14 2011.09.14 平成23年第4回定例会(第2号) 本文

今回は、近畿自動車敦賀線1点に絞って質問をしてまいりたい、このようにも思っております。  若狭湾地域を貫く大動脈というようなことから、この計画につきましては昭和41年の7月1日、国土開発幹線自動車道建設法で7600キロメートルネットワークを制定、近畿自動車敦賀線の前身である近畿自動車舞鶴線の指定であります。

敦賀市議会 2011-09-07 2011.09.07 平成23年第4回定例会 目次

一般質問  25番 宮 崎 則 夫 君 ─────────────────────────  29   1.中学校教科書問題について    (1) 人間的に優秀な子供育成するための方策    (2) 教科書の内容の国旗国歌    (3) 領土問題    (4) 自衛隊   2.学校のいじめについて  26番 林   正 男 君 ─────────────────────────  37   1.近畿自動車敦賀線

小浜市議会 2005-12-22 平成17年 12月 定例会(第7回)-12月22日−04号

今までもこの話とは逆の立場であるが、近畿自動車敦賀線での公団に対する売買時には市が投資した舗装代などは加算して買ってもらっていたと答弁がありました。  また取得面積1万6,000平米の根拠についての質疑があり、文科省認可申請時点の平成18年5月では11クラスであるが、今後の変更条件などを勘案し12クラスで計画した。

小浜市議会 2004-12-07 平成16年 12月 定例会(第6回)-12月07日−01号

木崎五反田金堂線で木崎第33号37番1から木崎第31号4番11までの延長115メートルでございまして、近畿自動車敦賀線事業に伴う市道認定でございます。2路線目でございます。平野光明岸ノ下線で平野第20号8番4から平野第22号23番までの延長296.7メートルでございまして、平野4号支線と平野中央線を結ぶ道路として市道認定をお願いするものでございます。  

小浜市議会 2004-06-10 平成16年  6月 定例会(第3回)-06月10日−01号

同じく4項都市計画費の近畿自動車敦賀線関連事業につきましては、上加斗4号線に係るものでございまして7,275万円の繰り越しでございます。JRとの協議に不測の日数を要したということで平成16年12月中旬完成予定でございます。  最後に10款の教育費2項小学校費の小学校施設維持補修費、臨時でございますが681万4,000円の繰り越しでございます。

敦賀市議会 2004-03-05 2004.03.05 平成16年第1回定例会(第1号) 本文

それから、近畿自動車関連整備事業については、野坂架道橋改築工事の影響による着工のおくれ、白銀岡山線街路事業については、関係省庁との協議のおくれにより、それぞれ繰り越しをいたしたいというものでございます。  次のp.7、第4表地方債補正の変更につきましては、先ほどの歳出の説明で申しましたとおり、それぞれの事業費の確定に伴い調整をさせていただいたものでございます。  

敦賀市議会 2003-12-08 2003.12.08 平成15年第7回定例会(第1号) 本文

土木費の道路新設改良費でございますが、近畿自動車関連整備事業費につきましては、野坂架道橋整備事業に対する委託料と市道野坂9号線の改造工事費との事業費の調整を行いたいというものでございますし、次の県道整備事業費負担金4183万4000円については、県道津内櫛林線等の整備に係る負担金でございます。  

小浜市議会 2003-09-18 平成15年  9月 定例会(第4回)-09月18日−04号

次に第6目高速道路対策費、近畿自動車敦賀線関連事業6,248万8,000円について、木崎区の集団移転に伴う街区道路整備との説明でありました。そこで移転による電力通信、消火栓などライフライン関係で対応は個人となるのか団体か、また地元の対応窓口などはあるのかとの質疑に対して、基本的には集団移転だが、内容的には個々に個人の田畑へ移動することとなったため対応は個人となった。

敦賀市議会 2003-09-17 2003.09.17 平成15年第5回定例会(第2号) 本文

特に2010年を一つの目標といたしましたのは、近畿自動車敦賀線、舞鶴若狭自動車道がある程度開通する時期。これになりますとアクセス的に非常に近くもなりますし、反面、そういうことになりますと、その道路を無料にしてもらわないと困るというような、こういう御意見もございますけれども、やはりそういうことを踏まえて研究をしていく。8つの市町村が一つになった場合には、一体どのような形になるか。

敦賀市議会 2003-06-23 2003.06.23 平成15年第3回定例会(第3号) 本文

その一環といたしまして、昨年近畿自動車活用地域活性化調査というのを実施したわけでございます。なお、その調査の結果から、現在の大変厳しい経済状況でありますし、また物流、また新エネルギーに関します企業のアンケートも行ったわけでありますが、特に具体的な立地の希望というのは、例えばインターチェンジ、これは必要であるというのは聞かれなかったことも事実でございます。  

敦賀市議会 2003-03-10 2003.03.10 平成15年第1回定例会(第2号) 本文

また、近畿自動車敦賀線の調査が終了すれば地元に説明し検討していただくとの説明があり、全会一致原案どおり認めることに決しました。  第11号議案 平成14年度市立敦賀病院事業会計補正予算(第4号)については、全会一致原案どおり認めることに決しました。  以上が、本委員会に付託されました各議案の審査結果報告であります。議員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。

敦賀市議会 2003-03-05 2003.03.05 平成15年第1回定例会(第1号) 本文

近畿自動車敦賀線につきましては、来る9日、舞鶴東−小浜西インター間が県内で初めて供用開始されることになり、嶺南地域への大きな経済効果と残り区間の早期整備に弾みがつくものと期待しております。  また、敦賀市域における沿線地区との設計協議につきましては、昨年中にすべてが完了し、現在、幅ぐい設置に向けて詳細設計が進められ、一部の地区で取付け道路や水路等の構造について地元協議を始めております。  

敦賀市議会 2003-03-05 2003.03.05 平成15年第1回定例会 目次

平和教育   5.男女共同参画社会の推進について   6.樫曲地区の民間産業廃棄物処分場の問題について   7.原子力発電所について    (1) もんじゅの裁判と運転再開    (2) ふげんの廃炉    (3) 日本原電3・4号機増設    (4) 原子力防災の充実  新 陽 会  林   正 男 君 ───────────────────── 93   1.市長の政治姿勢について   2.近畿自動車敦賀線

敦賀市議会 2002-12-12 2002.12.12 平成14年第5回定例会(第2号) 本文

また後日議論をしたいと思いますけれども、十分にその気持ちは持っておりますし、直流化に向けて、直流化のみならずいろんなこれからの近畿自動車の問題もございます。今いろいろと議論にはなっておりますけれども、そういうものとあわせて、まちづくりは当然、受け皿づくりとしてこれからもしっかり対応したいと思います。 ◯副議長(増田一司君) 次に、小川三郎君。